中曽ちづ子ブログ  NHKから国民を守る党 秋田美輪さんを救う川西市民の会
6月27日 土曜日 18時30分~
定例の秋田美輪さんを救う川西市民の会で拉致問題啓発街頭活動です

18時30分から 20時 までです。
雨の場合は、アステ川西~川西能勢口の陸橋で行います

同時にNHKから国民を守る党のNHK撃退シールも欲しい方に差し上げていますので
川西でほしい方は受け取りにいらして下さいませ




コロナの影響で啓発できませんでしたが
有本恵子さんのお母様、横田めぐみさんのお父様がお亡くなりになり
悲しみでいっぱいです。啓発を再開します。

参加者の方はマスクをお願いします。

川西市は全国に先駆けて、自治体市町村単位での
朝鮮学校への就学補助金事業を廃止しました。
全国に波及することを望みます。

北朝鮮は、韓国との 共同連絡事務所の爆破という暴挙に出ています。
平和とは程遠い暴力の国。こんな国の指導者 金一族を崇拝する教育を
日本国内で行わせてはならないし、通う子供たちは悲劇です


拉致問題

安部首相は、衆議院選挙の時に
自民党政権で自分が首相の間に拉致問題を解決し、被害者を
取り戻すと約束しましたが、いまだに進展はありません。

日韓関係を悪化させるばかり、韓国には強い態度で接しながら
北朝鮮のミサイルにも拉致問題にも ものを言わない
中国に対して配慮し、大臣はひとりも靖国参拝しない

これでは 政府は北朝鮮や中国寄りではないかとさえ思えます

政府は本当に拉致問題 解決する決意があるように感じられません。

令和2年1月の安倍内閣総理大臣年頭記者会見では

北朝鮮と、日朝平壌(ピョンヤン)宣言に基づいて諸問題を解決し、不幸な過去を清算して、国交を正常化するとの方針も揺らぎません。最も重要な拉致問題の早期解決に向け、金正恩(キム・ジョンウン)委員長と、条件なしで、直接向き合う考えです。

との発言でした。 不幸な過去は、日本人拉致問題です。清算、拉致問題未解決のままの国交正常化などとんでもないことです。



6月27日
土曜日 18時半~ 川西市 拉致問題啓発 署名活動


拉致問題解決 時間がありません。
第四土曜日開催 阪急川西能勢口北側 ドコモショップ前
(雨天の場合は阪急電車からJR川西池田までのアステ川西連絡通路です。)
よろしくお願いいたします
旗や啓発チラシ、パンフレット、署名用紙は用意します
拉致被害者全員奪還のため、多くの人に
拉致問題を知ってもらい意識を高めることが必要です

拉致被害者、特定失踪者全員奪還のために戦い続けなければならない。
日本人は苦しむ被害者を見捨てることのないよう目覚めなければならない
啓発を続け、風化させることを防がねばなりません



拉致問題は、継続しなければなりません。
日々、いろいろなニュース、報道の中でまた拉致問題は埋もれてしまい
啓発が必要であります。

川西市議会でも一般質問をして市の姿勢を確認させていただきました。




※2012年よりはじめた啓発活動 
ご協力いただいた方々には深く感謝しています。
2500筆の署名を政府拉致問題対策本部に送付しています

※金正恩に対し、中国の北朝鮮大使館と総連本部に抗議文を
何度か送付しています。
http://ameblo.jp/chiruko12/entry-12266715782.html



5月10日

菅義偉官房長官兼拉致問題担当大臣も参加してニューヨークの国連本部で開催された日本政府主催のシンポジウムには特定失踪者家族会から幹事で秋田美輪さんのお姉さん、吉見美保さんが参加しました。


14日
スイス・ジュネーブで開かれた国連の人権理事会で、北朝鮮に対して日本の拉致被害者の即時帰国に向けた行動を取ることなどが勧告されました。 国連の人権理事会で北朝鮮の人権状況について約5年ぶりに審議が行われ、14日に260を超える項目の勧告が採択されました。


15日 北朝鮮は拉致問題解決の国連勧告を無視しました。
拉致問題の勧告「拒否」と北朝鮮


北朝鮮と条件なしで対話すると安部首相は言いはじめました。

5月24日には
東京で 特定失踪者、拉致被害者のご家族らが
全員、拉致被害者、特定失踪者の顔写真をもってデモ、国会要請、集会をされました




20時ころより、川西懇親会&ミーティングを行います。
ぜひご参加下さいませ。 感謝申し上げます