最終のセッションでは、滑舌を取り扱います。

調音とか構音と言われる分野です。

 

日本語の母音をきれいにするには、

母音三角をイメージするとよいようです。

 

舌が口の中のアーチに向かって、どう動くか

をつないでいくと、日本語は、中舌アを底辺に

前舌エ→イ、後舌ウ→オ、そしてアの底辺に

戻るという、逆▽になっています。

 

これをすると、滑舌がよくなるだけでなく、

口腔内の奥行をつかって、立体的な調音が

できると思います。

 

関東に来て、最初に申し込んでくださった

個人セッションの方が、先日終了となりました。

歌の先生でした。

感謝です!

 

歌唱と言葉で大きく使い方が異なるかなと

思われるのは、pitchだと、

以前のブログでざっくりと書きましたが、

調音とそれに関係した共鳴のさせ方も

歌唱と言葉では違うかなと思います。

 

この二つを使って演技の世界では、

キャラクターづくりをすると思います。

歌唱では、高音になればなるほど

言葉ほど調音を明確しないような

印象を受けます。

 

歌唱の方にセッションをすると

言葉と歌の違いを考えるので、

面白い発見があります。