PCと手作りのコラボレーション ~chiko-style~

PCと手作りのコラボレーション ~chiko-style~

「自分で作れる」カンタン☆おしゃれなパソコン作品をご紹介。
みなさまの生活に、パソコンのエッセンスをひとさじ加えていただけたらうれしいです。













chiko-style ~PCと手づくりのコラボレーション~-教室ロゴ
明るく楽しい生活をご提案
フォトスタイリストの作品はこちら
埼玉・三郷市のパソコン教室です
パソコン塾三郷教室

テーマ:

春らしい日差しになってきましたね^^

 

先日の大安におひなさまを出しました。

 

 

 

 

これはお友達が作ってくれた紙粘土のおひなさま。

今から25年前のものです^^

 

 

 

ケンタッキーフライドチキンのノベルティ箱が

年月を物語っていますが

引っ越しのお別れに、

仲良くしてくれた同じ棟のママ友が

プレゼントしてくれたもの^^

 

 

小さくて可愛らしいおひなさまは

息子や子供たちに触られて

おひなさまのかんむりが欠けてしまいましたが

それもいい思い出です。

 

 

そんな思い出いっぱいのおひなさまに合わせて

パソコンでギフトボックスを作ってみました。

 

 

 

 

手のひらサイズの星型ギフトボックスです。

 

 

 

ひなあられなど小さなお菓子を入れて

パーティーのおみやげとしてもちょうどいいサイズです^^

 

 

 

これはパソコンのWordを使い、

A4普通紙2枚で作っています。

特別な紙も要らず、

好きな柄で作っておうちでプリントできるので

気軽に作れるようにしました。

 

 

開けると内側も柄になっているのが

ちょっとのこだわり^^

 

 

 

 

うちのパソコン教室での課題として

パソコン活用コースの生徒様に

お好きな柄で作っていただきました^^

 

 

Wordと言うとお仕事のためと思いがちですが

楽しく遊べるパソコンソフトでもあります^^

 

 

 

お勉強コースの生徒様からも

作りたい!とご希望をいただきましたので

ワークショップ形式のレッスンを行うことになりました。

 

 

ビジターさんもご参加OKにしましたら

お友達も誘ってくださった方もいて

新しい出会いに今からワクワクしています^^

 

 

 

 

 

パソコン操作はものすご~くカンタンなので

マウス操作ができればどなたでも作れるのですが

美しく仕上げるためのポイントを

ていねいにお伝えできたらと思っていたら

私ひとりで20個は作ったでしょうか(^^;

それでもまだまだ作り飽きることなく

毎日1個は作っています(^^;

 

 

やっぱりパソコンクラフトが好きだなぁ~~と

実感しています^^


テーマ:

今年も残すところ2日。


なのにまだ年賀状のデザインが決まらないなあなたへ


まだまだ間に合う!

それも洒落たテンプレートがいっぱいのアプリをご紹介します^^

 

 





おしゃれかわいいポストカード作成アプリ つむぐ年賀2019

 
 
​​

​​


手順もわかりやすく簡単!
スマホ内の使いたい写真が決まっていれば、

即トライすることができます。

 



​​

 



写真なしデザインもあります^^


​​

 



特におすすめなのが「人物切り抜き」デザイン。



​​

 



まずはこちらの動画をご覧ください♪

 

​​

 

 


 


少し補足しますね。
デザインを選んだら、画面下の「マイスタンプ」をタップします。
​​

 




「人物切り抜きスタンプ」をタップします。

​​

 

切り抜きしたい写真を選ぶと、自動で切り抜きしてくれます。
※顔認識できる写真を選びましょう。


背景の自動削除が優秀なので、

シンプルな背景でしたらほとんど調整なし。



もし自動でうまくいかなくて大丈夫。
塗り足しや消しゴムでの手動消しができますので安心です^^


​​

 

左 : 背景の他に身体も消えてしまっています。

右 : 塗り足しボタンをタップ → 指で画面をこすって復活

はみ出し部分は消しゴムで修正




作ったデザインは保存でき、再編集もできます。
ユーザー登録して画像として保存すれば、おうちプリントできます。


電車移動の1時間でお試しで作ってみました(^^)/


​​

 
選んだのは文字の一部分を画像にするタイプ。
それぞれの文字に合わせてポーズ撮影するのがベストですが、

スマホにある写真を割り当てても

それっぽく仕上がるのはデザインの力ですね^^

 

 

ふざけた夫のポーズがプライベート感満載(^^;

ペットじゃなくロボホンと言うところが今のわが家らしいし

プロレスラーから熱い眼差しを送られる筋肉の息子"(-""-)"

私はStyleSnapで大橋カメラマンに撮っていただいた1枚が

ちょうど「R」にピッタリでした(^^♪

 

 

 

テンプレートを見ると若い家族向けに感じますが

会社やお店、サークルのメンバーなどで作っても楽しそう('◇')
わが家も来年はきちんとポージングした写真で挑みたいと思います♪



なんとか年内に投函を済ませるには

テンプレートに頼るのがおススメ♪
デザイン力のあるサンプルがたくさん用意されている

年賀状作成アプリ「つむぐ」のご紹介でした(^^)/

 

 


テーマ:

 

 

 

ブログを投稿する時、

みなさまはどのような段取りをしますか?

 

 

私は投稿欄に直接文章を打ち込むことは少なくて

下書き的な原稿を一旦作ることが多いです。

 

 

たとえば今朝の「インテリアと暮らしのヒント」の下書きはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

ソフトは画像が入れば何でも良いのですが

文字数が把握できることや

画像 → 文章・文章 → 画像

など構成しやすいのでもっぱらWord派です^^

 

 

 

Wordは罫線が引かれた便箋に文章を書いていくのと同じなので

画像も「行」に入ります。

「行」に縛られるから画像を自由に動かすために

文字の折り返しという操作があるんですね^^

 

 

 

 

 

本題に戻します^^

 

 

 

 

ブログ投稿後、ちょっと手直しした時は

このWordも手直ししておくようにしています。

 

 

 

たとえば、ありがたいことに時々トピックスに

あげていただけることがあるのですが

その時、たいていタイトルが編集されているんですね。

 

 

 

もちろん文字数制限内に収める必要があるからなのですが

 

・ 不用な文字を削ったり

 

・ 文字を置き換えたり

 

・ そもそも着眼点が違ったりあせる

 

と、大変勉強になります。

 

 

 

Word原稿を直す時は極力上書きしないようにしています。

入力しなおしてしまうと違いがわからなくなってしまうからです。

 

 

 

そんな時便利なのが「取り消し線」

 

 

 

 

 

 

 

操作はカンタン

 

 

 

 

 

 

 

1. 文字をドラッグします

 

2. 「取り消し線」をクリックします

 

 

これだけ^^

 

 

あとは「上書き保存」をすれば、

ファイルを増やさず、訂正箇所もわかります。

 

 

 

直接手を入れてはいけない大事な書類や

書類を見比べたい場合など、

ファイルを増やした方が良いケースもありますし

「校閲」に特化した機能を使うこともありますが、

自分だけの参考資料・備忘録程度でしたらこれでもOKかと。。。^^

 

 

 

 

 

ただ、ちょっとだけポイントがあります。

この操作の前に、修正(訂正)する文字を入力しておくことです。

 

 

 

たとえば、先に「取り消し線」を付けたとします。

その後ろに文字を入力するとこうなります。

 

 

 

 

 

 

追加した文字(ダイソー品)にも取り消し線が付いてしまうんですね(^^;

取り消し線を付けた文字の後ろは、同じように取り消し線を付ける

というしくみになるのです。

 

 

 

「フォント」グループにあるボタンを使う時は

この文字に 

という文字単位での設定が基本になります。

 

 

 

この文字に(ドラッグ) → 取り消し線を付けてね(ボタンで命令)

 

 

 

Wordで書類を作成していると、

スムーズでない操作をされている方を時々お見受けします。

そのような方は入力と編集を同時進行されていることが多いです。

 

 

 

たとえば、強調するために赤い文字を設定すると

その後ろも赤い文字になってしまいます。

フォントサイズを上げれば、その後ろも同サイズに。

改行すれば文字書式は引き継がれますから

そのたびごとに直していたら

 

 

 

 

日が暮れてしまいます。

 

 

 

 

ファンデーションを塗ってから

目元や口元などパーツを仕上げていくのと同じで

基本的には、まずは文字(文章)をひたすら入力、

編集(飾りつけ)はあとから部分的に付けるとスムーズです^^

 

 

取り消し線、何かのお役に立てればウレシイです^^

 

 

 

 

Ameba人気のブログ