{6F052E63-F4DC-4B6F-92F5-E18E67F9FDA9}

9月も半ばを過ぎましたが、

まだ昼間は暑いですねー。

子育てのお悩みについて少し。

今はなんでも、すぐに調べることができる時代で、

わからないことや、子育てで悩むと、

スマホに聞くと、いろいろ答えらしきものは出てきますよね。

ただ、子育ての難しいのは、

子どもによりけり、親によりけりで、

答えは一つではないことも。

そして、書いてあることをやってみて、速攻解決することもあれば、

オムツが取れる取れない、夜泣き、みたいに、

その子どものタイミングを待つしかない、

時間が過ぎるのを待つしかないこともあれば、

工夫したらいいこともあれば、

親の考えや気持ちが変わらないと難しいこともあるのです。

私は、何々でなくてはならないという考えではなくて、

これもあるし、あれもあるよね、

こういう考えもあるし、

と、いろんな角度から物事を捉えたり考えたりできるようになることが、

問題解決力を上げていくのにも、

生きやすさにも、子育てでも大切と思ってます。

いろんな角度から考えたり、見たりするには、

雑多な親子を実際に見聞きしたり、

ざっくばらんに、子育てのしてるもの同士が直に話して、

うちの子はこうなのよー、

あそこの子はこうなのねー、

あー、うちだけじゃないのね、

じゃ待ってみようか、

こんなものか、

と、小さな日々の不安や迷いを払拭できるような場がとても役立つように思うし、

極端な考えややり方を見ることで、

ほどほどさがよりわかるので、

正解ばかりを追いかけると、極端に走っていることに気がつきにくく、

何がほどほどかわからなくなる。

子育てのように思い通りにはならないことの多い事態では、

ほどほどを見つけるのが大変な時代かもしれないですね。

完璧をつい求めがちな子育て。

でも完璧を目指すと、親子共に苦しくなることも多い子育て。

何がいいのか、わかりにくい子育て。

テキトーでいいと言われても、テキトーがわかりにくい子育て。

悩みは尽きませんね。

でも、それでいいのです。

迷いながら試行錯誤し、

親として人として、

子どもに育ててもらうことの方が多い(私がそうだった)。

でも、悩んだときは

胸の内を話せるなら話して、

一人で抱えない方がいい。

一人だとろくなことを考えないから(人はマイナスに陥りやすい)。

子どもは親のマイナスの思いも吸い込みながら育ってしまうから。

どこでもいい、安心して話せる場を見つけてください。

話すことで自分軸が見つかることも(*^_^*)

しっかり話すと、子どもの話もしっかり聞けるようになりますよ(*^_^*)


カウンセリングルーム心奏HP