君へ

中学最後の夏の大会が近づいている君へ

※ここで書く「君」とは、不特定多数です。特定の誰かではないです。

 

もうすぐ中学バスケが終わります。

愛知県の場合は、ジュニアの大会に出るなどもう少しだけ続ける人もいるけれど、

全国的にはほとんどの中学3年生にとって最後の大会です。

僕の地元の熊本県もそうです。

 

中学バスケが終わるということは、君と僕との対話がなくなるかもしれないことも

意味しているので、最後のメッセージを送ります。

 

ここまで頑張ってきて、最後の最後になって

集大成を見せようとはりきっている「君」もいれば

最後になって、「なかなかうまくいかない」「レギュラーとして出れないかもしれない」

様々な人がいます。

 

今日はどちらかというと、うまくいっていない「君」へ

 

君が何か夢(目標)を持っていたとしよう。

なんでもいいんだけど、「医者になりたい」「世界一のパン屋さんになりたい」

バスケットボールでいうならば「上位大会に出たい」「勝ちたい」「試合に出たい」

など。。。

 

例えば「試合に出る」という夢(目標)があったとして

これが達成できた場合はいいのだけど。

これが達成できなかった時、「君」はどうする?

 

世の中にはそのような選手が多くいます。

試合には一度に出ることができるには5人で、

ベンチに入れるのは15人、これはルールです。

 

最後になって、夢(目標)が達成できないかもしれない状況で、

①ある人は、それでも最後まで諦めずに努力をしたとしよう。

②ある人は「もういいや」と諦めてしまったとしよう。

 

僕は毎年、多くの中学生プレーヤーに出会います。

部活チーム、クラブ、選抜チーム。。。本当にいろいろな選手がいます。

 

そんないろいろな選手の中で、

上記の①の境遇の選手は、最後の最後まで努力して、

夢(目標)を達成できなかった、ということもあり得ます。

しかし最後の最後まで頑張り努力する姿は輝いています。

 

もし夢(目標)が達成できなかったら、例えば試合に出ることができなかったら、

その努力の時間は無駄なのか?

 

僕は。。。そうは思わないんだ。

苦しんでいるときに努力することは、決して無駄な時間ではなく

もっとも成長できるチャンスでもあるんだ。

 

そして。。。上記の言葉を繰り返します、

最後まで諦めずに頑張る人は輝いているんだ。

 

僕から最後にお願いしたいことは、

最後まで輝きを失わないでほしいんだ。

 

ここまで自分自身の夢(目標)に向かって頑張ってきた君は

本当に輝いていたと思う。

だから最後の最後まで輝きを失わないでほしい。

夢(目標)に向かって、最後までやりきってほしい、

そう思っています。

 

 

 

コーチNより

 

 

良い記事だと思ったら下のランキングバナーにクリックお願いします(^_^)
人気ブログランキングへ