chihointokyoの毒皿ブログ

生活お役立ちのつもりがツイッターのノリでお笑いに...ということで毒を食らわば皿まで、と命名したブログ名。
311以降はそのまま原発・放射能関連満載に。


テーマ:
[ケイ素サプリについては、こちらのサイトでも最新情報を
まとめています→ ケイ素サプリメントの選び方]

*****

以前に見たことがあるケイ素(珪素)サプリによる末期ガン克服の情報、書き起こしアップが出ました。
ケイ素で肺がんを克服した例
体内でのメカニズムに関しても解りやすい説明が出てきます。骨も血管も爪に至るまで、ケイ素によって守られている、といいます。合計ほんの18グラム程度ですが全身に存在しているんです。

ケイ素は他の栄養素を助ける働きをするとも言われ、カルシウムやコラーゲンなども、ケイ素と一緒に摂取することによって効果が高まる、あるいは、実際に効いているのはケイ素かもしれない、とまでいう見方も出ています。

この1年、Googleアラートでケイ素情報を取寄せてきましたが、産業用の情報がほとんどで、体に摂取するサプリや飲食物にあたるのは主に次の4つ。
からだ天国(植物系ケイ素サプリ)【2015年7月追記】
ウモプラス(鉱物系ケイ素水溶液)
リシリア(利尻島のミネラルウォーター)
SilicaComplex(タブレット)(スギナから抽出したタブレット食品)
シリシア(ゲル状の飲むサプリ)
※価格等に関しては、一番下に別途記載しました。

私は上3つを試してみて、ウモプラス数滴とシリカコンプレックスのタブレット2錠は今でも常用しています。(用途と経済性での選択で、本当は全部常備したいです。)使用体験者の声には信じられないほど多様な効果が見られますが、私の場合真っ先に感じたのが疲労しにくく、疲労時の回復が早くなったこと。気管支が弱かったのに風邪と無縁になった事など。また傷や吹き出物、虫刺されの手当の即効性や、肌のリフティング効果も実感しています。

ケイ素には震災前ごろにたまたま興味を持って色々試しましたが、7つも記事を書いていました( ´艸`)
ケイ素 (健康・ヘルスケア)の記事
地殻の28%を占め、地球上で酸素(47%)の次に多い「元素」なのに人体への必要性が解明され出したばかりというのが興味深くて。

他にも、旅先でコレラらしき症状となり、救急車を呼ぶことを考えていた医療関係ビジネスの方が、ドイツで買って携帯していたケイ素サプリ(おそらくシリシア)を飲んだら治ってしまったという例も。私はその時、雑誌記事のコピーを見て、その方がどうしていらっしゃるかWeb検索したのですが、既に80代で、日本橋のオフィスを拠点に元気に活動を続けられている事を発見しました。トライアル作成されたらしい1~2記事だけのヤフーブログ経由でした。(ここまで記憶しているのにお名前が思い出せず再検索失敗 orz...)。

アトピーや高血圧、糖尿病などの持病を抱えている方が、一番ケイ素摂取の効果が出やすいようですが、末期ガンやコレラのような、死に至る病でも効いたと思われる例があるのは注目に値します。どんなサプリや薬も効き目には個人差があり、体調不良がケイ素不足のせいでなければ補っても違いは出ませんが、カルシウムや鉄分のように人体に必須の「元素」として、頭の隅に置いておくといいのではと思うのです。

何より、水晶のようなケイ素99.9%でできた鉱物(で、水に入れると徐々に溶ける特殊な石)を米軍兵士が安全な水が確保できない土地へ行くために常備している、ということから浄化作用が如何に優れているか想像できます。

若い間は体内にケイ素を保持している量が多く、20歳前後をピークに加齢とともに減ってくる。つまりもっとあった方がいいのに吸収できないか、排出が増えてしまう。歳をとると体力が落ちて疲れやすくなるのと、ケイ素の減り方が比例しているようなのです。

最近は昔ほど水道水や野菜に土からのケイ素が含まれなくなったので、吸収しやすいサプリやミネラルウォーターで補うことで体質改善できるというのは理に適っていることになります。

放射能による被曝では、あらゆる細胞が攻撃されますが、一番目に見える形で現れるのが癌。肺がん患者であった金子昭伯さんの末期症状を取り去ったのがケイ素の補給であるとすれば、罹患する前に免疫システムの強化で予防できないでしょうか。

最近、突然死などのニュースが増え、その犠牲者の何人かは福島県立医大に運ばれている、ということにすごく悔しい気がしました。(大手マスコミは報道しないし、しても因果関係はスルーかこじつけばかりですが。)

例の安全デマで福島県人を大量に被曝させた犯罪者とも言える山下俊一副学長が、さぞ欲しかろう検体となってしまう上、お見舞いに行く人たちも空間線量の高い所を通らなければ行けない場所です。

本当は多くの病は、難病も含め、医者の治療なしに治る場合も案外あるのがわかってきました。2月に現代ビジネスに掲載されたように、ガン検診のせいでガンが却って増えているという見解が出ています。
岡田正彦・新潟大学医学部教授 長生きしたければがん検診は受けるな
この中で、岡田教授は「私はありったけの関連論文を読んできましたが、放射線を浴びても、それを上回るメリットがあるということを科学的に証明した論文は、1本もなかったのです」と書かれています。

サプリも食事療法も単独では万能ではないですが、全国に汚染食品が蔓延してしまった今、免疫システムを強化できることは、運動とともに、なんでも意識的にやってみる価値はあると思います。季節にもよりますが、体温が1度低下すると免疫力が3割落ちるともいいます。

改めてコストを整理すると、
からだ天国(植物系ケイ素サプリ)2014年発売の植物系ケイ素サプリ。鉱物系よりも安全で、ケイ素粒子が小さく、表面積が大きいため、吸収率が数十倍と見込まれます。希望小売価格19,000円ぐらいですが、現在オープニングセールなどのため、14,000円前後で販売。推奨の0.5~2.0ccを毎日5回ぐらいだと、50日~200日なので、予防であれば半年ぐらい持ちそうです。【2015年7月追記】

ウモプラス
500mlボトル、送料込2万円前後。まとめ買いの割引+無料サンプルなどで1~3割安くなる感じ。どの代理店で買うかではなく、購入数量で異なります(他の製品も大抵そうです)。3~4か月持つと言われますが、体内摂取はSilicaComplexのタブレットと組合せると1年以上もつ気がします。私の場合、両方で月当たり2500円以下。飽く迄治療ではなく免疫力等サポートとスキンケアとして。

リシリア(利尻の水):
2Lx12本まとめ買いすると7920円ぐらいなので1本660円。ミネラルウォーターとしては高価ですが、これがケイ素の吸収度もサプリ並みなら、10%もケイ素を含有しているので絶対お得ですが長期に試しておらず…。軟水で美味しい水です。

SilicaComplex(タブレット):
iHerbなら、180粒ボトル約2000円。総額16,500円までの購入は輸入関税ゼロです。1日2粒摂取だと3か月分。佐川急便による送料は国内配送より安い5ドル程度。ちょっとまとめ買いすると無料。3~5日ぐらいで届きます。NOW社製品は国内ネットショップよりiHerbのほうが安いです。(英語になっていたら日の丸マークで日本語に設定してください。)

シリシア
500ml約8000円。まとめ買いやサンプルボトルなどで1割ぐらい下がる模様。一見ウモプラスの半額ですが1日大匙1杯飲む場合、減るのは早いかも。ウモは平均すると10滴ぐらいを1日3回程度でいいのでかなり長持ち(美容のため塗布するのは別)。サプリとしての安全性は、上のどれも販売ページに詳述してあるのですが、ドイツのレホルム製品で約40年家庭の常備薬(胃腸薬)として使われてきた点は一番安心かもしれません。


余談ですが、末期ガンを民間療法で完治したという話は、
 ●全身乾布摩擦で皮下の毛細血管を刺激し続けた
 ●良質フコイダンを食べた
 ●ビタミンCを点滴した(口径では十分な量が摂れない)
 ●ケイ素サプリを飲んだ(今回紹介したケース)
などの例があり、そのうちまた取り上げたいと思います。(密かに乾布摩擦はすごく効くのではと思っており、代替として入浴時はボディブラシやヘチマを使っています。)
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
[ケイ素サプリについては、こちらのサイトでも最新情報を
まとめています→ ケイ素サプリメントの選び方]

*****

なんだかこのブログでヘルスケア・テーマの柱みたいになってきたケイ素まるちゃん風

ブログ内【ケイ素】記事の検索結果は→こちら

 (アレルギー・血圧・美肌・アンチエイジングに体質改善対策)


コスト的にも、食事の一部として摂りたいので、2~6か月は持つというシリカ・コンプレックス(Silica Complex)

お得サイズを取り寄せました。送料込みで2,730円なり(初回500ポイントOFFでしたわーい)。

1タブレットで40mgのケイ素が含まれているので、吸収がよければサプリとしては十分。食物にも水道水にも多少含まれてるし、毎日ワカメを大量に食べてるから足りるということにしよう♪顔に塗布したりスプレーしたりではないので、効果がわかるのは当分先になりそう。

chihointokyoの毒皿ブログ-Silica Complex ケイ素サプリ 個人輸入


左端の容器です。大きいですね~( ´艸`)。海外のサプリや薬でも、こんな大きいボトルは初めて。手前はウモプラス(umo)50ml

のボトルです。無料や格安の試供が終わるとこのサイズで4000円。(レギュラーサイズの500ml

だと18,500~20,000円)ケイ素を全部ウモで摂るのはちょっとお高い。

chihointokyoの毒皿ブログ-Silica Complex ケイ素サプリ 個人輸入


中の錠剤もおっきいです!幅8mm、長さ22mm、厚みも5mmぐらいあります。が、楕円形の錠剤だし、そんなに硬くないのですぐ噛み砕けます。1錠を2回に分けて食べることもできます。

レビューで、体の為に臭いの我慢してると書いてるのをみたけど、大して臭いません。漢方服用したことある人ならどうってことないと思います。

chihointokyoの毒皿ブログ-Silica Complex ケイ素サプリ 成分表


成分表。別途納品書に一部日本語で載せてくれていますが、ベジタリアン仕様なので動物性のものは入っていません。

chihointokyoの毒皿ブログ-Silica Complex ケイ素サプリ 成分表


1日1~3錠、できれば食事と一緒に。(人間のからだは長年の習慣で、食事をしないとスイッチが入らないので、サプリだけ、というのは効果が薄れるといいます。が、どれくらい違うのかデータは見た事ありません。ビタミンCに関してはそのままでも同じくらい効くと体感してます。←切らすとすぐ風邪ひく体質でした。)

「シリカはシリコン(ケイ素)とも呼ばれる、自然界に存在する非金属の物質であること」などが書かれています。(シリコンは珪素という元素で、シリカはケイ素酸化物という説明の仕方も存在しますが、国によって発音やスペルも若干異なります。)

chihointokyoの毒皿ブログ-Silica Complex ケイ素サプリ 納品書


クッション封筒に入っていたのは、製品と3枚のシンプルな紙だけ…。というのが実にありがたいwwwかお。大量の紙ゴミは本当に迷惑だから。

この「シリカ・コンプレックス、サプリンクスさん経由で個人輸入扱いですが、16,500円未満だと12~18%の輸入関税や5%の国内消費税がかからない。1万円以上の買い物は送料無料です。)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
[ケイ素サプリについては、こちらのサイトでも最新情報を
まとめています→ ケイ素サプリメントの選び方]

*****

ケイ素にハマった

ものの、液体はいずれも高価なので、只今個人輸入の錠剤サプリ(シリカ・コンプレックス)を待っているところです。スクワットしてると多少ひざに負担を感じるので、今のうちから関節ケアかなかお、と。

他にも人気の栄養食品やサプリはあるけど、ケイ素という元素自体が補助的栄養素として必要不可欠と思うようになりました。(とうとうフラミンガム研究の本

まで買う始末w。特別ケイ素についてではなく、コレステロール等、成人病のリスクファクターを最初に解明した研究ですが。)

私自身はアレルギーや血圧の問題がないので、急激な変化や目立った結果はわずか。粘膜や血流に直結している問題だと短期で結果が出るし(早いと初日から)、長期で煩ったものは希釈液であれ原液であれ、根気よく続けないと結果が見えてこない。これは体験談を読んでいても感じるところ。アンチエイジングや美容は後者の問題ですね。

ところで、稀釈液用スプレーボトル、フタを外したままうっかり数日使わず放置してたら、目詰まりして噴射できなくたってしまいましたウキャー!。で、まち針をちょっと差したところ、なんとかまた開通きゃぁ~。ミネラルだから乾燥した箇所が凝固した模様。

chihointokyoの毒皿ブログ-スプレーの目詰まり まち針


(使い捨て時代に育ったので、すぐ諦める習慣がついてたけど、ここ数年、修理可能なものが沢山あることに気づきます。)

さて、アレルギーがない、といっても、チョコのドカ食いのせいもあってか、ニキビもどきが右顎近くと小鼻のそばにできました!!!!!!!!。そして両方、ウモ(umo)が効いて治りました汗。清潔にして、ニキビ用の薬品かアルコール消毒程度でも治ったかもしれないけど、早いな、という体感と、天然成分という安心感はありました。

ただし、右顎近くのデキモノは、無意識に潰してしまってから気づいてウモを指先でつけ、翌朝からそのまま忘れてケアしなかったせいか、治りは早かったけどまだシミみたいになってますグス・・・

特別な薬剤ではなく飽くまでサプリなので、細胞がしっかり入れ替わって欲しいなら、代謝促進のために、ビタミン補給のように数時間おきにちょくちょく追加塗布しなきゃいけないな、と思いました。

小鼻の横のできかけは、潰さなかったのもあるのか1日でほぼ消滅しかけ。就寝前に開始して、日中も時々塗布したのがよかったようです。

ちなみに、皮脂を分解する作用のため、ツッパリ感が出る場合がありますが、希釈液のスプレーを数時間おきに行っていると、2週間くらいでリフティング効果があるという体験談がありました。購入者にお肌の専門家がいらしたんで気づかれたのです。

残念ながら、ケイ素含有量では確実に勝っている利尻島から届いたミネラルウォーターのリシリアは飲み終わってしまったので実験できません。美味しいので、できれば毎日飲みたいけど、割安錠剤で体内摂取は済むならそれでもいいかな、と検討中。

ただ、ウモ(水溶液)でも、ドイツのシリシア(ゲル状)でも、リシリア(水)でも、体験談はだいたい似ています。血流をよくすることや、骨、関節、内蔵、肌を含め細胞の結合が強くなることで改善される症状にはどれも結果が出ている模様。

そして、究極的に免疫力がアップするので、少しずつ長期摂取・塗布で体質改善、緊急時に大量摂取することで、コレラやガンまで退治する力がつくようです。

効果が出なかったケースや比率をもっと知りたいところですが、サプリとしてまだあまりポピュラーではないのでデータ不足。長期戦でなければならない時に、即効性を求めて止めてしまったり、万能薬と勘違いして、他の必需栄養素をとらなかったりするとダメみたいです。

ただ、英語の少々専門的サイトでも、ケイ素(Silicon)は、非常に重要なミネラルとしては、驚くほど過小評価されている、みたいなことが書かれていました。

ウモ(umo)は、発売自体が2007年12月という新しさなので、ケイ素の効果として雑誌などで紹介されていることは、購入者の感想文以外はシリシア等、別製品の結果が多いのです。ケイ素であって、水晶の水溶液でなければいけないという必然性は調べているけどみつけられない。

リンクス社では鉱物に含まれているケイ素を強調していますが、他のサプリや研究でわかるように、農産品や海藻、水道水さえ多少のケイ素は含んでいます。

水溶液は確かに希釈してスプレーに使うなど、使い勝手の良さは否定できません。

リシリアをそのままスプレーしても、肌のアレルギーが治ってもおかしくないと思うのですが、マーケティングとしてはそこはローションを買って欲しいのでしょうね。水をそのままスプレーしたという体験談がまだみつからないです。今のウモプラスが終わったらやってみよう♪



ブログ内【ケイ素】記事の検索結果は→こちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。