ゴールは決まっている

テーマ:
個展の最終日、
とてもステキな
ご夫婦との出会いがありました。




こちらの笑顔がチャーミングな女性、
ブログを書いてるので

以下「デイジーさん」と
勝手に呼ばせていただきます。





カフェの中にデイジーさんとご主人が
仲良さそうにニコニコしながら
入ってこられて、


なんか、妖精みたいな方が
いらっしゃったなー。


と思ったんです。




気になったのですぐに近づいて
声を掛けようとしたら


「やっと、楽になれたね。
これからはもう、楽しむ人生。」


みたいな声が空から降ってきたので
よく分からないまま伝えて、
話を聞くために座ってお茶したんです。




その間もデイジーさんは
にこにこ〜ふわふわ〜っとしてて

隣にはふわふわ柔らかい宝物を
大切そうに見守るご主人。



お二人の和ましい雰囲気が
なんだか良いなぁ〜と思ったので思わず

「お二人はどういうきっかけで
出会ったんですか?」

と、ヅカヅカと質問したCHIE。
(↑相変わらず遠慮ない人たらし)





そしたら

「私たちまだ結婚して5年目なんです。」

と答えるデイジーさん。



てっきり長年連れ添ったおしどり夫婦
だと思っていたのでびっくりしてびっくり


なんでも、
デイジーさんとご主人は知人の紹介で
「お見合い婚」だったそうなのです。




デイジーさん

「若い頃はね、結婚したい!って
願っても願っても叶わなくて
自分を責めてばかりいたんです。

でも途中で
もう、諦めようって思って。


その時ちょうど
お見合いの話をいただいて、
結婚につながるか分からないけど
会ってみようと、ふと思って。


そしたら会った時に、
この人とならもう頑張らなくても大丈夫
 ってなんか安心感を感じて、

交際期間がほとんどなく
すぐに結婚することになったんです。」






…なんていい話っ!!
              笑い泣き笑い泣き笑い泣きキラキラキラキラ




お二人とも、
結婚して5年経った今も
“大人の恋愛” を楽しまれてるような
雰囲気で、エピソードを
聞きながら心が温まりました。





「若い頃はね、何もかもがむしゃらで
恋愛をするにももっとがむしゃらで
力が入っちゃってたんです。


それが大人になって
少しずつ力が抜けてきて、

一番良い時期にご縁がありました。


若い頃だったら
こんな恋愛ができなかったと思う。。


今だからこそ、
大切にしたい自分が見つかって
大切な人との結婚ができました。」






そう笑顔で話す
デイジーさんの言葉を聞いて
やっぱり運命って、必ず、




それぞれの形で
自分に合う幸せ


に行き着くように

決まってるんだなぁ。。。と思いました。





出会うタイミングも

最終的なゴールも

学びも

みんなそれぞれ。



同じ幸せなんて一つもないんだから、
周りと比較したり、焦っても仕方ない。



「違い」こそ人生の楽しみで、
その違いを


受け入れ、
楽しめるようになったら
自分にぴったりな ゴールに辿り着いてる





あんなに幸せそうな “大人の恋愛”
を見た後は、

むしろ、ゆっくりでいいやーーって
なんだか気持ちが楽になりました。





*****




「出会う時期は決まっている」



というと
え?じゃあ全ては決まってるの?



じゃあ、引き寄せと真逆じゃないか!


臨む現実も全部
自分で創れるんじゃなかったの?!




と混乱してしまいがちですが、
これについては深い理解が要るので
今まで特に取り上げられなかった
のだと思います。


今日はこれについて
詳しく解説しますね。







私たちは皆、生まれてくる前に


「どんな経験をするか」
「どんな人に出会うか」
「いつターニングポイントを迎えるか」


など、自分で選んだ青図(下書き)があって
その青書きは魂にインプットされています。







だから必ず、人生は
あぁ、これで良かったんだと思える
場所に辿り着くようになっていて


その目的地に向かうまでは
「前兆」という目印がある。



ピンチの時だって、
迷わないように


文字であったり
時には誰かになって、
いつも偶然を装ってそっと
標石が置かれています。




その標石も
自分が迷いそうなところに
置かれていて、

まるで全てを見通していたかのように、
振り返れば、全ての出来事が
ベストなタイミングで

起きることは
起こるべくして起きています。





青図のレールの上を歩んでいる時、

人は自由を思い出し
自分自身で思い通りの人生を
創造しているように感じることができます。



青図には“レール”があるけど、
そのレールは“自由な道のり”。



「あぁ、私はこれがしたかったんだ」
「そうそう思い出した!」




願いが叶う時、
喜びを感じるのはもちろんですが
それ以上に



自由



を感じませんか?



そう、だって元々は
自分がこうなりたかった人生だから。

お金持ちになりたい
愛する人と幸せになりたい
ワクワクすることをし続けたい


“こうなりたい自分”

の行き着くところって
結局は「自由」なのです。






だから人それぞれの
幸せの形にはバリエーションがあるけど


運命の形はどれもみな
「自由」なのです。






そう考えると

自分=自由=幸せ=運命



どれもみな同じ定理になって
自分で選ぶ=運命に従う

になるんですよね。




“この私”を選んで生まれてきた時点で
“運命の私” であることは絶対的だから


「この自分のすべて」が
「運命のすべて」なのです。



自分が創り出しているというと
引き寄せの話になり、

全体が創り出しているというと
運命は決まっている、


と言葉が変わるだけで
同じことなんですよね。



全体も、自分も、
自由な姿をしているんです。



運命論に納得できないなら、
「世界は自分で創れる!
運命は変えられる!」って
思って動いてみると分かります。


そうすると

「あ、全部思い通りじゃん。
こんなパーフェクトなことってある?
運命ってあるのかもしれない!」

と後から気付けます。


運命を信じるのも
自分を信じるのも同じことです☆







「こうしたら幸せになれる」とか
「こうしたら成功する」って
途中のゴールを目指すんじゃなくて


今ある中で
自由を感じれること


をしよう。




「時間がたくさんある〜」とか、
「甘いもの食べちゃお〜」とか、
そのくらいの手の届く範囲内の
自由でいいんです。


身近な自由を感じることで、
その先は青図のレールに繋がっていて
真のゴールなのです。




「これがないと…」って悩んで
自分を苦しめているなら、

いっそ振り切って
もういい!って諦め半分で手放してみよう。


それってすごく勇気が必要で
怖いことなんだけど、でも


その時に解き放たれた
自由が、あなたの求めてた
ゴールに連れていってくれる。




*****


あの時デイジーさんが言ってた言葉。


「今だからこそ、
大切にしたい自分が見つかって
大切な人との結婚ができました。」



「大切にしたい“自分”が見つかって」
って言い換えると

「大切にしたい“自由”が見つかって」
のことなのだと思います。



自由を取り戻した今だからこそ、
自由な恋愛を楽しんでるんでしょうね。





自分の人生は、
自分自身

面白がれるようになったら
それで大成功なんだよ☆






星年末のお知らせ

みずがめ座12月15日(土)
トークライブ「ミステリーナイト 」
チケット発売中


ふたご座WEプレ会員様限定
「CHIEと忘年会!」
申し込みスタート




星個人的なご相談は
公式サイトからお願いします。

毎月お悩み相談にお答えしてます






【今日このブログを書きながら聴いた曲】