こんにちは。
千葉市中央区で上級シューフィッターが足のサイズをハンド計測して、

幸せのパンプスをおすすめするCHICAGO靴店の日原健一です。

 

足のサイズ計測はこちら 
CHICAGO靴店ホームページはこちら
アクセスはこちら 
インスタはこちら 
足のサイズ計測のご予約はこちら 

 

ブログを読んでいただいてありがとうございます。

今回のテーマは、『ほとんどの人が知らない。ぴったりのパンプスを選ぶときに大切な感覚。』です。

 

 

ぴったりのパンプス試着体験会に参加していただいた方、ありがとうございます。

いただいたコメントの一部です。

『自分がいつも足が広いと思って、広いパンプスを選んでいたけど、勧められたぴったりのパンプスを履いてみたら、足を入れた瞬間は痛くなるかと思ったけど、すき間なく足にピタッとして履けた。』


『なかなかパンプスが合わないので、ネットを参考にして、自分で自分の足を計測してみた。私の足は幅広だと思っていた。CHICAGOで計測してみたら、広くないですよと言われてびっくり。』

 

 

 

 

ぴったりのパンプスは、足の横幅と同じ横幅ではありません。

足の横幅よりも少し細くて狭いパンプスが、ぴたっとして中で足が動かず、かかとがパクパクしないで履きやすいようです。



写真にすると、こんな感じ。

この感覚は体験しないとわかりません。

自分ひとりで靴屋さんで選んでいたらたどり着きません。

まして、ネットで一足だけ取り寄せて、自宅で試着してもわかりません。

 



パンプスに理解のある先輩やお母さんや店員のアドバイスを参考にして、近いサイズのパンプスを何足か履き比べていくと、たどり着きます。


足の横幅よりも細く狭くできたパンプスが履きやすいことを、昔から靴職人の間では 『 ころし 』と表現していました。

『 おはぎ 半殺し 』で検索すると、おはぎのお米のつぶつぶをすりこぎで搗いて (ついて) 半分つぶした状態が『 半殺し 』 と言うようです。
足本来のサイズでなく、少し細く狭く締めた寸法の状態を 『 ころし 』 と職人は表現していたのでしょうか。

足に合うパンプス選ぶときには、インソールやストラップよりも、まず 『 ころし 』の感覚が大切です。

痛くないぴったり。

 

パンプス自体が、足を軽く痛くない程度に締め付ける感覚です。



足を束ねて、アーチをサポートして、骨格を整えるイメージです。 

 

適切なころしのパンプスを履くと、背筋が伸びて腰が楽と言うコメントもいただきます。



広いから楽

そう思いがちですが、楽というよりはゆるくてかえってパンプスの中で足が動いて擦れて痛くなって、足を傷つけます。

 

この写真は、かかとにすき間があり、甲の抑えもゆるそうです。

履き心地を触れて確認できれば万全ですが、歩くとパクパクする予感がします。



足のサイズ計測は、ネットを見ると、自分でも簡単にできるように書いてあります。

計測できても、その結果があやふやだったり不正確だったりすることも多いです。

計測結果を基にして足に合うパンプスを選ぶには、別のスキルが必要です。


あなたのお悩みや足のことを感じて、パンプス特有のつくりや履き心地を感じている靴店の店員は希少かも。

パンプス選びで店員は大事です。

イベントは終わりましたが、ぴったりのパンプスを体験したくなったらCHICAGOにお気軽にお声掛けください。

 

 

 

足に合うパンプスがみつかると 

🍀 背筋が伸びてスタイルが良くなります。 

🍀 立ち居振る舞いがエレガントになります。 

🍀 着ていかれるお洋服が増えて、ファッションの幅が広がります。 

🍀 スニーカーでは行けないようなところにもお出かけできます。 

🍀 パンプスのことを気にしないで過ごせるので、お仕事の効率が上がります。 


🍀 重い書類をかかえて緊張する就職活動に集中できます。

🍀 外反母趾や巻き爪やタコなど足のトラブルの悩みが軽くなります。