こんにちは。
千葉市中央区で

上級シューフィッターが

足のサイズをハンド計測して、

幸せのパンプスをおすすめする

CHICAGO靴店の日原健一です。

 

足のサイズ計測はこちら 
CHICAGO靴店ホームページはこちら
アクセスはこちら 
足のサイズ計測のご予約はこちら 

 

ブログを読んでいただいてありがとうございます。
今回のテーマは、『サイズを計測して試着もしたパンプスが痛くなるのはどうして?』です。

 


足のサイズを計測して、時間をかけて試着して、一番相性の良いパンプスを選んでも、残念ながら痛くなることがあります。

ご相談のお客様は、かかとが食い込んで足が擦れてつらい症状でした。

エアコンやパソコンなどの電化製品だとスイッチを入れれば、誰でも同じように使えます。


CHICAGO靴店で扱っているパンプスは革製品がほとんどです。しっかりした作りになっています。新品のときには硬いと感じるかもしれません。
革製品のパンプスには独特の個性があって、足に慣らす時間が必要です。
3回4回と履いているうちに少しずつ足に馴染んで、柔らかくなってきます。
時にはゆるくなることもあります。
パンプス選びの難しいところです。

ご本人の足の形で、ご本人の体温で足に馴染むように慣らしていくのがベストですが、そうもいかない時もあります。

今回のお客様はたいそう辛い様子でしたので、パンプスをお持ちいただいてCHICAGO靴店で履き心地の調整をしました。

 

 

まずはつらい原因を確認します。

きつくて擦れて痛くなる時と、ゆるくて足が動いて擦れて痛くなる時とどちらもあります。

 

 

使い方をよく伺って、試着して再度歩いていただいて、どこが痛いのか、どこが食い込むのか、ピンポイントで教えていただきました。

ご購入の後の履き心地の調整もCHICAGO靴店の仕事です。
お求めのパンプスが辛いようでしたらお気軽にご相談ください。