アマゾン河での旅

テーマ:
ワシがまだ若ーい?、40歳の時、
松本零士さん(41歳)たちと、フランスから
超音速旅客機「コンコルド」に乗って、
アマゾン河を旅した時のお話を、

今、発売中のビッグコミック誌
『ひねもすのたり日記』に描きました。

一緒に旅をした仲間に
漫画家の萩尾望都さんもいてねー。

ジャングルの中を探険中、萩尾さんの
ある後ろ姿が可愛いくて・・ワシが
うっかりつぶやいた一言が萩尾さんに
聞こえてしまい、「失礼ねっ」と叱られた
エピソードも。


その日の夜、『静寂を聴きに行く』という
ツアーで、カヌーに乗せられて・・・・
真っ暗なアマゾン河から見上げた、
天の川や星々が、まぁでっかく近く
見えたのが、いまだに忘れられません。

(この夜空のどこかに宇宙人が・・・・
フフフ・・わかりますかな?)