かまくら春秋社の「詩とファンタジー」
という、詩とイラストレーションの雑誌が
『まるごと林家木久扇』という別冊を
現在、企画中だそうです。

その企画の中で、「漫画と落語」という
対談をするために、昨日の夜遅く
林家木久扇師匠とお話しすることができました。

ご存知と思いますが、木久扇師匠は
大ベテランの落語家でありながら、
むかし日本一、似顔絵の上手な清水崑先生に
弟子入りして、四年間も猛勉強した
すばらしい漫画家でもあります。

対談では、落語も漫画も、
人を笑わせり、癒したり、
時には、「詩」や「哲学」を語ることも
共通していますねー、という
お話をしました。

昨夜はずいぶん遅くなったのに、
翌朝はお仕事。なんと、7時の飛行機で
広島へ向かうそうです。

ワシよりひとつ
お兄ちゃんなのに(80歳)、
まぁ、お元気お元気‼