ケルビム法律事務所弁護士ブログ

ケルビム法律事務所弁護士ブログ

相続・離婚・事業承継・医療・医業経営・労務に関する問題はケルビム法律事務所にお任せ下さい。私たちが全力で貴方のお悩みを解決いたします。
まずはホームページからお気軽にお問い合わせください。

こちらのブログのコメント覧からのご相談は受け付けておりません。

ご質問・お問合わせは、下記のホームページよりお気軽にご連絡下さい。
ケルビム法律事務所 http://www.cherubim-law.gr.jp/

威力業務妨害罪について。

威力を用いて、人の業務を妨害すること。。

先生の本を読んだら面白かった。

「威力」は人の意思を制圧するに足りる勢力を示すこと。暴行脅迫より広く、それに至らない程度の威迫行為も。

例)デパートの食堂配膳部で蛇をまき散らす。

総会屋が株主総会の議場で怒号。猫の死骸を事務机の引き出しに入れておいて被害者に発見させる。

店の前にたむろして入店を妨げる。実際にこんな裁判例、

判例があると書いてありました。

似てるのが233条後段の偽計業務妨害罪。

公然と相手に障害の存在を誇示すれば「威力・・」で、非公然とこっそり行われれば「偽計・・」ですって。

宅配ピザのバイクの座席に見えるように大量に釘を刺しておけば「威力・・」であり、見えないように釘を刺して

座れば刺さるようにしておけば「偽計・・」のイメージですって。

妨害の恐れがある行為があれば現に業務妨害の結果が発生しなくとも足りる。。。これを

危険犯とする(侵害犯ではない)。ふむふむ。

今、試験会場や、飛行機の中でマスクをめぐって威力業務妨害罪という言葉を耳にしますが、

どうであれ、周りの受験生、搭乗者は動揺したはず。

さきほどの猫の死骸を、、、なんて、サイテーですよね。

猫大大大好きの私はそれを聞いただけで「アウトーーーー!!」って叫びたくなります。

こんな世の中ですが、何とか楽しいことを見つけ、明るく過ごしたいです!(^^)!

そうそう、今日事務所の大きな花瓶の桜の枝、きれいな桜の花をいっぱいつけました。

私はそれを見ているだけでもとっても癒されます。

あなたは何を見るとホッと優しい気持ちになれますか?

ではまた、次回、お元気でお過ごしください!(^^)!

 

ケルビム法律事務所

事務局 小林