猫の器

テーマ:
我が家には2匹の黒猫がいます。
目の中に入れても痛くない3歳♀と1歳♂です。


器屋さんなので自作の名前入りの器でご飯を食べています。

猫は気道の作りが犬とは違うので、頭や首を下げて食べ辛いんだそうです。

だから足付き。

確かに、知らなかった頃は足の無い器を使っていましたが、犬のように上から覗き込むように食べるのではなく、床にかがんで伏せるようにして丸まって食べていました。


おヒゲが縁に当たるのも具合が悪いそうで、径も大きめに。






これは本当に重くて安定があって良いのですが、くびれがないので扱い辛い...。手の小さい私は、片手でヒョイっとは持てないし、洗う時によく滑らせてヒヤヒヤしていましたが、ついに落として欠けさせてしまいました。

安定感抜群なのですが、残念ながら今はほとんど使っていません。







これはお水用。
たくさん入るようボウルが大き目、高さは10.5cmです。
もう少し高い方がいいかなぁ。







これは下の子が成長途中で作ったので11cmなのですが、想定以上に立派に育ってくれたので(5.7kg)ちょっと小さ過ぎになってしまいました。

食べ辛そうなのでいつもは箱の上に乗せて使っていますが、作り直さなきゃと思っています。







これが14.0cmあって上の子(4.7kg)にはちょうど良い高さ。

とても食べやすそうです。



径も12.5cmと大きめで、真ん中のグレーの部分はラス1ポケット。
ご飯が少なくなると滑って食べ辛そうなのでここに落ちるようにと。

ちょっと遠慮がちな穴なので、もう少し深くした方がうまく落ちてくれそうです。

足が細めですがあまりくり抜いていないので、重さは十分あります。
食べるのには問題ないのですが、2人で追いかけっこしている時にぶつかるとやっぱり一番倒れやすい...。



毎日洗うのにくびれは必須ですが、重ければ重いほど良い。
足もどっしりしていた方が良い、でも前足の邪魔にならないように。



まだまだ改良が必要です。



今のところ商品化の予定はないですし、仕事の合間にしか手掛けられませんが、使い勝手を追求する良い勉強になっています。


猫たちは器よりも中身の方が重要だと申しておりますが。