夫婦世界旅行-妻編

夫婦世界旅行-妻編

2001年4月から1年間、世間では中高年に括られる夫婦2人して、世界一周を目指し、貧乏旅行した時の日記です。とにかく楽しく読んでいただければ。画面左端の「ブックマーク」の「夫婦世界旅行―妻編part1へ」をクリックすると、一番最初のページへ飛べます。

ce qui arrive arrive !


テーマ:

2017年12月 徳島・香川旅行

 

6 調べて行けばよかった善通寺

 

讃岐である。琴平にも評判のうどん屋さんは点在していた。

そのリストも手元にあった。チョキ

しかし、なぜか姉は善通寺に行きたがり、そちらに行ってもうどん屋はあるでしょということで、そちらへまず移動。電車

土讃線でほんの4~5分の移動なり。(一本逃すと次は20分は来ないので、要注意。あせる

 

だいぶ傷んだ感のある木造駅の前は、立派な大通りで。キラキラ

しかし、立派な建物も並んでいるが、閑散~とした感じ。カラス

人もほとんどいないし、活気もない。ダウン

 

駅前からまっすぐ伸びている大通りを徒歩20分ほど行けば善通寺があるはず!

「善通寺」と駅の名前にもなっているので、さぞ大きなお寺なのだろうから、

参道もそれなりの賑わいが音譜……と思っていたら、

大通りは「参道」というムードはひとかけらもなく。ダウン

広い道路がより広く感じる街並み~。えー?

 

うどん屋や製麺所が見当たりません~。あせる

やがて2軒ほど見かけたものの、営業してないみたい……?あせる

空がどんよりしているから、通りも余計さむざむしく感じます~。汗

 

(後日、調べたら、善通寺にもうどん屋や製麺所がいっぱいあった! サーチ

しかし、それらは駅前大通りからは逸れた、駅からはちょっと奥まった通りにあるのだった! ちゃんと調べて狙いを定めていかねば、徒歩旅行者はうまいうどんにはありつけぬのだ!えーん

 

つまらない通りを20分歩くのは、つまらん。ダウン

が、通りの先にはこんもりしたお山が連なって見えてきて、せめてもの風景であった。太白山(仙台)太白山(仙台)

 

腹ごしらえもままならぬまま、大通りの右手に善通寺の五重塔が見えてきた。ひらめき電球

 

 

大通りからちょっと右へ入ると、善通寺。

 

 

お願い事が 善く通る寺」……そういう意味だったのか! 本当か? うどん屋が見当たらないんですけど~? 美味しいうどんが食べたいんですけど~?ぐすん

 

……これも後日、ネットで調べたら、サーチ

五岳山 善通寺の創建は、『多度郡屏風浦善通寺之記』(江戸時代中期成立)によると、

唐より帰朝されたお大師さまが、御父の寄進した四町四方の地に、師である恵果和尚の住した長安・青龍寺を模して建立したお寺で、

大同2年(807)臘月(陰暦12月)朔日に斧始めを行い、弘仁4年(813)6月15日に落慶し、

父の諱『善通(よしみち)』をとって『善通寺』と号したと記されています。」 となっ!ポーン

 

弘法大師のご尊父の名前から付いたんじゃん~!

それにしても、807年創建とは、古いっ!びっくり

そして、弘法大師誕生の寺、となっ?ビックリマーク

 

金堂(本堂)」。

 

境内には見事な楠が! ううむ。この木に会えただけでも、よしとするか、と思える楠。ウインク

大きな楠って、たいていどや顔をしているのだけど、

ここの楠の大木は、ちょっと疲れて見えた……のは、私がお腹が空いていたせいでしょうか。汗

 

でも、こちらの楠は元気なムード。アップ 背が低めなのは、お年のせいかな? 樹齢千数百年とか?

 

 

空海の像って、各地の寺でよく見かけるけれど、ここの像は、私には響かないなぁ。ダウンねー

うどんにありつけない苛立ちからか、

寺の空海像にまで、不満を感じ始め、

なんでも空海像を置けばいいっつーもんじゃないわよー! パンチ!

と、心のどこかで毒づく私であった。

 

だがしかし、後日ググって知ったことだが、サーチ

 

ここ善通寺は、「京都の東寺、和歌山の高野山とならぶ弘法大師三大霊跡のひとつ」となっ!ポーン

 

この善通寺の中には(「西の院」テリトリーに)、弘法大師が生まれたときに用いた産湯の井戸がある、となっ! びっくり

(知らずに、見てこなかったww。遅くとも700年代から井戸として使われ、今に至る? 〝井戸歴“、長っ!あせる

 

どうやら弘法大師がまさにこの地で生まれたということらしい。

弘法大師の父(当時この地の豪族)の地所で、

その地に父の名を冠した寺を弘法大師が創建したのが、善通寺ーーということのようだ。びっくり

 

なんという由緒正しき歴史あるお寺であったことか!

そーとも知らず、

「立派そうだけど、取り立てて面白みがあるという寺ではないね~ねー」などと思い、

むしろ境内の隅(もしかしたら、境内の外にあたるのか?)の五百羅漢を楽しく拝見。

 

 

五百羅漢の顔って、いつもそこら辺にいるどこかのおじさんのような表情をしていて面白いなぁと思う。ラブ

いつらのどこが「羅漢」(仏教において最高の悟りを得た聖者)なのか? といつも失笑してしまう。ウシシ

とても人間臭くて、面白い。音譜

 

そして、門の辺りでやおらすり寄ってきた野良猫と興じる。

 

薄汚く、なにやら病気ももっていそう。かわいそうに。

「ごめんね。何もあげられるもの、持ってないんだよ。うどんも食べてないよ」と独り言ちるのであった。汗

 

余談だが、

「願い事が 善く通じる」善通寺、とは上手く語呂を合わせたなと思う。

 

で、

便秘が治る「便通寺」なんてあったら、参拝客が後を絶たないんじゃないかなぁと思ったことであった。にひひ

 

 あと一話、つづく。


テーマ:

2017年12月 徳島・香川旅行

 

5 金毘羅船船

 

旅の最終日、香川県の琴平(コトヒラ)に来たからには、金毘羅(コンピラ)様を奥の院までお参りしようということになった。口笛

 

ホテルで参詣用の竹杖を借りて、いざ金毘羅様へ。

 

竹杖なんて要らなかったかな? と思われるほど緩い階段道を上っていく。口笛

 

午前中は店もまだ開いておらず、道行く人影もまばら。

 

ちょっと階段が本格的になってきた。あせる

 

階段の途中途中に踊り場のように道が平らになって、お店が並ぶ。

階段を上っては、店を冷やかし、休みなどして皆上るのだろうね。音譜

 

 

ちょっとした公園だか神社だかも階段の途中にある。

奥の方に銅像が。びっくり

琴陵宥常(コトオカ ヒロツネ)銅像

 

日本水難救済会創立者 元金刀毘羅宮宮司 (←この場合は「ことひらぐう」と読むのかな?)

 

明治維新後、「金毘羅大権現を金刀毘羅宮と改め、御本宮再宮や、琴平山博覧会を開催し、晩年には海の信仰を掌る金刀比羅宮宮司として日本水難救済会を創設」するなどして、「今日の金刀比羅宮の礎を築いた宮司」さまらしい。

 

今の金毘羅様の繁栄はこの方あってこそ、なんだね~。びっくり

 

なので、同じ敷地内には「掃海殉職者顕彰碑」などもあり。波船

 

第二次世界大戦で瀬戸内海などに沈んでいた機雷「6万7千余」!ゲロー

それを昭和20年~27年までの6年間かけて「掃海」したと。滝汗

その間、79名が殉職、とな!ゲッソリ

戦争が終わって平和な道を築くために、さらに多くの命を犠牲にしなければならなかった。えーん

そりゃそうだろうが、そんなことを我々はついつい忘れがちだ。あせる

“戦後処理”に命を捧げた人々に、合掌……。

 

さらに階段を上る。そろそろちょっとしんどくなってくるが、あせるあせる

ここで294段目。御本宮まであと491段」と言われれば、よしゃ、もう一息と頑張れる。グーあせる

(……ということは、御本宮まで階段は全部で785段? ――ネットには1368段とあったけれど?)

 

青銅大燈籠

発願者は、山形県の「斯波兼松」さん。

鋳造者も山形県の「小野田才助」さん。

同型のものが、山形県山寺に一基 宮城県金華山の黄金寺に一対奉献」とな。うーん

 

山形と宮城と香川。どんな繋がりがあるのかしらん?はてなマーク

それにしても、発願者の「斯波」さんの「斯波」って、岩手県の地名ではなかった? ううむ。歴史に詳しい人ならもっと色々なことがわかって面白かったろうに。汗

 

狛犬も出てきたので、本堂に着いたかと思ったら、まだまだのようで。あせる

 

さぁ、ここからが参道よっ! て感じ。あせる

標語は、「笑顔でしあわせ こんぴらさん!!」。

 

 

おお? これは丸山応挙の絵では? と絵に気を取られていたが、

後日写真を確認したら、こここそが

青銅像になっていた「琴陵宥常宮司」さまが創設したという「日本水難救済会」の「琴平出張所」ですと! (本部はいずこ?)びっくり

 

何の場所なのだかよくわからないけれど、訪れた時には

なにやらとても心地よい空間だったところ。キラキラキラキラキラキラ

 

湧き水があったり。キラキラキラキラキラキラ

 

階段の向こうに大きな木々が見えてきた。本宮かな?ラブラブ

 

やっと本宮かと思ったら、「旭社」だって。本宮違うんかーい。笑い泣き

 

まだ?あせる

本宮は、まだ?あせるあせる

まだまだ?あせるあせるあせる

 

まだまだまだまだ? あせるあせるあせるあせるあせるあせる

ってか、小さな神社がちょこちょこ出てくるけれど、

本宮への道、間違えてますかね?笑い泣き

 

 

また階段?あせるあせる

 

階上に現れたのは、甲羅の上に「百度石」なる長方形の石を乗せた、ちょっと奇妙な亀さん。びっくり

 

なんの説明もないので、「百度石ってなんどす?」状態。はてなマークはてなマークはてなマーク

 

後日調べたら、「百度石」とは、「お百度参り」をするときの石らしく。

神殿とこの石の間を百度お参りする、その目安の石なのね。おーっ!

しかし、なぜに亀?はてなマークはてなマークはてなマーク

「水難救済」に尽力しているから、海関係で、〝神の使い“的な意味合いかな?!?

 

 

見晴らしのよいところに出た。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

山々の手前に讃岐平野が広がる。

 

 

山の向こうには瀬戸内海、瀬戸大橋などが見えることもあるようだが、この時は霞んでよくわからなかった。汗

しかし、「讃岐富士」なる「飯野山(イイノヤマ)」(標高422m)のシルエットはくっきりと見えた。チョキ

 

 

そして、やっと本宮らしきところに着いた!クラッカー

 

しかし、小さな神殿があちこちにある感じ。あせる

そして、なぜか〝ソフトバンクのお父さん“にも似たような犬っこが納められている。まるで古くなったお守りのようだ。はてなマーク

 

ここでいいのだ。ここが本宮であるぞ! と言わんばかりの狛犬。グー

 

 

これが本宮なんだね?はてなマーク

 

さて本宮まで来たからには、もうひと歩きして奥の院へ! と思っていたのに、グー

奥の院(「奥社白峰神社」)は、「先日の台風」で参道が崩落して通れない、との看板が! がっかり!ガックリ

 

お札所(?)のようなところには、沢山の船の写真や絵が!びっくり

海上の安全を祈っているんだね。船

 

 

「世界初アルミ缶リサイクルソーラーボート」まで奉納されていた。びっくり

 

結構急な階段が。

こちらの階段から上ってくれば、本宮へすぐに来られたようだ。てへぺろ

(復路はこちらから降りてみた。)

 

少し降りたところに

こんぴら狗」!犬

 

本宮の札納めのところに犬が何ぴきも並べて置かれていたのは、この犬だったのか!ひらめき電球

 

江戸時代、金毘羅参りへ行けない飼い主が、自分の犬の首に初穂料と道中の食費を入れた袋を巻き、旅人に託し、犬が飼い主の代わりに金毘羅参りを果たしたらしい! 

ほんまかいな?ゲラゲラ

犬を託された旅人は、道連れもでき、番犬代わりにもなって案外喜んで引き受けたかもね?

飼い主の願い事を書いた札を首から下げて、袋を首に巻いて歩くわんこはさぞ可愛らしかったろう。ドキドキ

 

復路、苔むしたさざれ石を見たり、おーっ!

 

どや顔の木(楠?)を見あげたり、おーっ!

 

東屋で、買ってきておいたビールで一息ついたり。(ちなみに私はビールではなくお水。)ウシシDASH!

 

こちらを進めば「待宵山」らしい? 

なんともゆかしい山の名前にそそられたり。ラブ

 

 

散って枯れ始めた紅葉の道を楽しんだり、口笛

 

 

歌碑から、金毘羅宮が「象頭山」なる山の中腹にあるのだと遅ればせに知ったり。(「象頭山」または「琴平山」ね。)びっくり

 

まだ散らずに残っていてくれた紅葉をめでたり。キラキラ

 

高橋由一館なる美術館があって、後ろ髪引かれたり。ニコ

 

備前焼の狛犬に見入ったり。ニコ

 

……している間に、お山を下りてきて、

商店街らしくなり、

 

二階のベランダの柵(?)部分の、竹と虎の彫り物に舌を巻いたり、びっくり

 

和菓子屋さんで一服したり。DASH!

 

さて、おうどんを食べに行こうと、善通寺へと向かったのだった。グー

 

 

復習:

高橋由一 

日本近代洋画の祖」とな。江戸時代生まれの近代洋画家さん。江戸時代生まれなのに、名前もハイカラね。ウインク

(ネットより画像拝借)

 

 もちょっとつづく

 


テーマ:

書きかけのままは気持ち悪くもあるので、いまさらながら、徳島・香川旅行のつづき~あせる

コンサートの翌日は、香川に移動しました。

 

2017年12月 徳島・香川旅行

 

4 栗林公園

 

徳島から香川まで、高速バスで移動するか、悩んだが、

結局鉄道で移動。電車

そして、まず訪れたのが、栗林公園(リツリンコウエン)。

 

 

東京ドーム3.5個分、「大名庭園の中では最大級」という広さ。びっくり

 

6世紀後半には地元豪族・佐藤氏の小さな庭」だっというから驚き。びっくり

 

現在のように広大な庭園になったのは、江戸からのこと。

1631年頃にこの地を治めた生駒家の家臣・西嶋八兵衛(にしじまはちべえ)によって手掛けられた治水工事により、広大な庭園の基礎が築かれました。庭造りは1642年から高松を治めることになった初代高松藩主・松平頼重(よりしげ)にも引き継がれ、100年以上経た1745年、5代藩主・頼恭(よりたか)の時代に完成。以来、歴代藩主が修築を重ね、明治維新に至るまでの228年間、高松松平家の下屋敷として使用されていました。

歴代藩主の力で、100年以上かけて現在の広い庭園に整えられてきたんだ。グー

明治になって「公園」とされたけれど、江戸時代だったら、私など足を踏み入れることもできなかったろうね。あせる

それにしても、6世紀の頃から庭とされてきた地が、いまだに庭であるって、凄いよね。ニコニコ

 

季節によるけれど、早い時は朝の5:30から入園できるようだ。素晴らしい!チョキ

 

まずは、姉のお目当て(?)の船に乗ってみた。

笠をかぶらされて、青い目の船頭さんの船に乗る。びっくり

「Youは何しに船頭に?」と思わず聞きたくなったけれど、

聞きたがりの私なのだが、船頭さんは無口な方で、

なんとなく話しかけるムードもなかったので、あせる

ほぼ黙~って広大な池を巡ってもらったのだった。ダウン

 

池が大きいので、乗り応えがある。この船でのお池巡り、お薦めである。チョキ

 

「栗林公園」というのに、栗林があるわけではなく、(昔はあったという説もあるよう?) 

とにかく手入れの行き届いた松が見事だった。キラキラ

 

 

カワセミ!ラブ

 

まぁ! 鴨!(マガモ?)爆  笑

 

マガモ女子?ニコニコ

 

 

カラス!ニヤリ

写真に撮っているときは気が付かなかったが、

よく見ると、お食事中だったようで、鳩らしきものを食べている。滝汗

 

築山の上から眺めると、庭園の広さがよくわかる。キラキラキラキラキラキラ

 

園内は松だけでなく、色々な植物が植えられていた。

 

真葛(サネカヅラ) (ビナンカヅラ)

植物の名札の裏には、百人一首の歌が書き留められていた。

「名にし負はば あふ坂山のさねかづら 人に知られで くるよしもかな(三条右大臣)」

 

そうそう。その「さねかづら」だ。ひらめき電球

名前しか知らなかった植物に会えると、これか~!と嬉しくなる。音譜

 

蘇鉄も随分立派だった。当時はすごくハイカラに思われたろうね。

 

チシャノキが印象的だった。びっくり

 

小枝が剣山のように! 大きくて存在感のある木だった。滝汗

 

後日調べたら、

チシャノキって、「和名は、若葉の味がチシャに似ていることから」とな。

でもって、「チシャ」は、「レタス・サラダ菜・カキチシャ・タチヂシャ・サンチュなど」の総称みたい。

つまり、「チシャノキ」って、ざっくり言えば、〝レタスの木“?ウインク

若葉の頃訪れたら、この葉っぱ一枚食してみたいものだ。ラブラブ

(でも、大木だから、若葉に手が届かなそうではある。あせる

 

茶室や洋館など見ごたえがあった。

栗林公園の入り口脇には、大きなお土産屋さんもあって、旅行者には便利だ。(ちょっとお高めだが。)

 

午後には琴平電車に乗って、琴電琴平(コトデンコトヒラ)へ。電車

「きんぴら」ではなく、「ことひら」なのだ? よぉわからん。!?あせる

 

子供が喜びそうな電車であった。可愛い。爆  笑

 

なにやらイルカちゃんがあちこちに見受けられた。可愛い。爆  笑

讃岐とイルカって、何か関係があるのかな?

 

琴平電鉄社内広告も面白い。「さぬき弁のマナー講座」。爆  笑

 

 

お宿の食事は美味しくて盛沢山。

かやくご飯の他に、しっかり讃岐うどんも。さすがうどん王国だ。爆  笑

 

讃岐うどんというと〝腰がある“というイメージだけど、

案外色々なタイプの讃岐うどんがあるのに、驚いた。ラブ

私はむしろ軟かめのうどんが好き♪ 柔らかめの讃岐うどんはとっても美味しい。恋の矢

 

今日の復習:

 

「名にし負はば あふ坂山のさねかづら 人に知られで くるよしもかな(三条右大臣)」

 

「恋しい人に逢える「逢坂山」、一緒にひと夜を過ごせる「小寝葛

 (さねかずら)」その名前にそむかないならば、逢坂山のさねか

 ずらをたぐり寄せるように、誰にも知られずあなたを連れ出す方

 法があればいいのに。」(「ちょっと差がつく百人一首講座」https://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/025.html

 

           まだつづける


テーマ:

「ほたるの川のまもりびと」 もっと上映してほしい!

 

映画「ほたるの川のまもりびと」 蛍

監督:山田英治→https://hotaruriver.net/

 

 横浜は明日8月10日まで、ジャック&ベティで上映されてる。http://www.jackandbetty.net/access.html

見にいきたいけれど、あいにく行けない。なーんで埼玉でやらないかな?ショボーン

 

 

https://youtu.be/rk5fz8002Tg予告編

 

長崎の川棚町こうばる地区に半世紀ほど前に持ち上がったダム建設計画とずっと闘い続けている人々の話。

 

日本各地にはダムが沢山ある。必要なダムももちろんあるだろう。

日照りのときも、ダムが人々の生活を支えているというところも沢山あるだろう。

だが、その必要性のない(あるいはなくなった?)、検討違いのダム計画もいくつかあるようだ。パンチ!

 

50年以上経った今なおダム建設に対し反対運動をし続けている人々を追ったドキュメンタリー映画が「ほたるの川のまもりびと」らしい。

 

こういう真摯な映画は、是非見にいってあげたい。ドキドキ

どうして小さな名画座などでしか上映されないのかなぁ。えーん

シアターをいくつも併設している大きな映画館は、そのひとつでこうしたまじめに社会に訴える映画を上映したらよかろうに。パンチ!

 

以下、サイトの引用。

 

長崎県川棚町こうばる地区にダム建設の話が持ち上がったのが半世紀ほど前。50年もの長い間、こうばる地区の住民たちは、ダム計画に翻弄されてきました。現在残っている家族は、13世帯。長い間、苦楽を共にしてきた住民の結束は固く、54人がまるで一つの家族のようです。ダム建設のための工事車両を入れさせまいと、毎朝、おばちゃんたちは必ずバリケード前に集い、座り込みます。こんなにも住民が抵抗しているのに進められようとしている石木ダム。この作品には「ふるさと=くらし」を守る、ぶれない住民ひとりひとりの思いがつまっています。」メモ

 

石木ダムの建設計画は、約半世紀前の1962年に持ち上がりました。
事業の主体は、長崎県と佐世保市。ダムの目的は利水と治水。利水とは水道事業。
しかし、人口減により水需要が年々減少している。また治水の面では、石木川は、注ぎ込む川棚川の流域面積の9分の1にすぎない。その川にダムをつくることで、果たして治水に有効なのだろうか。
地域住民は、ダム建設の根拠について、もう一度検証すべきとしています。
メモ

 

なぜ長崎県と佐世保市は、石木ダムを強行に建設しようといまだにしているのか??

誰がなぜこのダムの必要性を言い出したのか??

 

この映画を見てきた友達の話では、このダムは今も建設され続けているらしい。びっくり

50年以上経っていまだに完成していないダムって、どーなん?はてなマーク

いまだに現地の人々を説得できていないダム建設って、どーなん?はてなマーク

50年間そのダムの建設に関わってきた費用その他って、いったいどれほどなん?はてなマーク

映画を見ないことには詳しいことはわからない。あせる

 

2018年7月9日付のデジタル「毎日新聞」には、

 

長崎県と同県佐世保市が計画する石木ダム事業(同県川棚町)で、水没予定地に住む地権者ら109人が、国の事業認定の取り消しを求めた訴訟で、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)は9日、請求を棄却し、一部を却下する判決を言い渡した。原告側は控訴する方針。

なる記事がある。

(有料なので、この記事の続きは読めなかった。汗

 

……いったいどういう理由で住民たちの訴えを却下したのだろう?真顔

 

わからないことだらけだけれど、

50年以上も住民たちが毎日毎日反対運動を続けて、彼らの住まう厳しくも美しい自然を命を張って守ろうとしているのだろうということは、容易に推察される。

それに対し、きちんと説得できない公権力側に非があるとしか私には思えない。パンチ!

 

これから日本各地の小さな心ある映画館で上映されるかもしれない。

ほたるの川のまもりびと」、見られるチャンスのある方は、是非!ラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブ蛍蛍蛍蛍蛍


テーマ:

いまさらながら、徳島・香川旅行のつづき~あせるあせるあせる

 

2017年12月 徳島・香川旅行

 

3 がらくた

 

徳島を訪れた一番の目的は、桑田佳祐の「がらくた」コンサート!

学生時代からずっと大好きなサザン。ラブ

貧乏学生だったので、すべてカセットテープにダビングしてもらって聴いていた。音譜

当時のテープはよれよれになったのでもう捨ててしまったけれど、

サザンの曲を聴けば当時が思い出される。ドキドキ

今回はサザンではなく、桑田佳祐だけのコンサートだけど、それもよし。アップ

 

実は、姉がサザンのファンクラブに入っていて、今回のコンサートチケットも申し込みまくり、なんと3か所分当てたのだった。合格合格合格

私はまさかそんなに当たると思っていなかったから、当たったらどこでも一緒に行く! と言っていたのだが、さすがに全部行く余裕はない。滝汗

ので、徳島だけご同行させていただくことにしたのだった。あせる

ちなみに姉は3か所のコンサートにすべて行ったツワモノである。グーグーグー

 

鳴門の渦潮を見た後は、眉山をしかと眺めることもなくバスで一路徳島駅へ出て、DASH!

駅から別のバスでコンサート会場の「とくしまアスティ」へ。DASH!

立派な会場だった。キラキラ

 

 

会場では、腕時計のようなライトを渡される。それだけでも

なに、これ? ライト? はてなマークあせるあせるあせる

へぇ、こんなのをしてみんなで腕を振るわけね、とドキドキしながら言われるままに腕にはめたはいいが、

これ、ど、どーやって明かりをつけるわけ? とおろおろ気味の私。滝汗

自動的につくのよ、腕にはめていればいいのよ真顔、と勝手知ったる姉。

 

コンサートへ行き慣れていない私は手ぶらだったが、

姉はしっかりと桑田佳祐コンサート用のタオルを持参しておる。

ほぉ! そんなものまで! と恐れ入る私。びっくり

姉はTシャツも持っているが(各コンサートごとにTシャツがあるらしい)、今回は自粛しておいたとのこと。

ほぉ、いったいどんだけグッズを持っておられるのかと驚く私。びっくり

会場の入り口で売ってたから、タオルだけでも買っておいでよ真顔、と姉。

矢沢永吉ファンならずとも、タオルというのは応援の必須アイテムであるようだ。

まぁ、タオルなら他に使い道もあろうかと思い切って買ってみた。あせる

腕にライトをつけて、首に大きめの鮮やかな黄色と青のタオルをかけて、

俄かファン(いや、別に俄かではないのだが)の出来上がりであった。チョキ

 

コンサートはもちろん楽しく盛り上がって、やっぱりコンサートはこーでないと♡って感じ。アップアップアップ

最初からみんな総立ち状態。アップアップアップ

 

ところが、私の真後ろのお客さんは、なぜか全然立たない。足がお悪い風でもなかったが?アセアセ

なもんで、私が立つとステージが見えまい……と遠慮されるのだが、

ここで後ろの席の人のことを慮って座っているというのも、なんだか筋が違う気がして、申し訳ないけれど、立ち続けちゃった。

私の後ろのお客さんは、ステージではなく私のダブンダブンと揺れるお尻ばかり見る羽目になったことだろう。あせる

このことだけは恥ずかしいやら、申し訳ないやら、残念なことであった。ダウン

 

姉は新潟と東京でのコンサートと比較して、色々説明してくれる。

同じタイトルのコンサートでも、会場によって、衣装や意匠を多少変えているらしい。

その土地に合った演出を取り入れているようだ。

その会場の能力にも差があるようだった。

徳島は特に会場のライトニング(というのか? ライトの采配)が素敵だった。虹キラキラ虹キラキラ虹

 

さて、コンサートの後、いかに帰るかも問題である。グー

コンサート後は帰る客でごった返すそうで、

駅までの帰りのバスは満員、タクシーも行列で1時間待ち……なんてこともあるようで。滝汗

いざとなれば、駅まで3・5キロ。のんびり歩いて帰ろう音譜というのんきな私とは違って、

姉は、コンサートのラスト5分というあたりでそっと会場を抜けて、タクシーかバスを捕まえるのよ!グー と主張。

コンサートの終わりといっても、アンコールもあろうし、どこで切り上げるかが問題だよね、と思ったのだが、あせる

さすがコンサート慣れしている姉は、

アンコール曲なども2つ3つ聴いたところで、そろそろ行くわよっ! 真顔と席を立つ。

忍者のように会場を抜けると、あちこちに同じように会場を抜け出てきた人々がちらほら。

そして、余裕で出てきたなぁと感心して歩く私に、

姉は、ほら、行くわよ! 真顔と小走る。シュタタタっと小走る。

慌てて姉を追っていくと、あせる

みごと送迎バスが待機しているではないか。

この送迎バスは姉も想定外だったようだが、(ネットで調べても、送迎バスが出るとは書いてなかった)、

無事に乗り込み、実にスムーズに駅まで帰ってこられたのであった。チョキ

 

この夜、ホテルのエレベーターで乗り合わせた女性が、やけににっこりアイコンタクトをしてきて、よかったですね!とコンサートのことを少し話し始めた。えっ

なぜ私もコンサートへ行ったとわかるのか? とびっくりしたが、

私は首に例のタオルをかけたままだったのだった。ゲラゲラ

彼女は今回でなんと、10か所目の「がらくた」コンサートだという!ポーン

姉以上のツワモノだった。

彼女に出会ったのは、我々がコンサート会場を出てから優に2時間は経っていただろうか。

おそらく最後までコンサートを楽しみ、人込みの中、バスなりタクシーなりを長いこと待って帰ってこられたのだろう。汗

ファンって、本当にピュアでありがたいねぇ。ラブラブ

 

 

さて、会場をそそくさと抜け出て帰ってきた我々だったが、はたと困ったことがあった。

食べるところを探したが、駅周辺だというのに、お店がやっていないのだ!ゲッソリ

日曜日だからだとしても、大きな駅なのに、どーして?あせる

 

辛うじて見つけたラーメン屋に入る。

 

 

鯛ラーメン、うましっ!ラブ

カラっと揚げた鯛の何か(身だかしっぽだか?)がこれまた美味しくて。

音譜音譜音譜

 

鯛ラーメンに魅了されて、復路愛媛の高松空港で思わず買った

鯛塩ラーメン。

徳島や愛媛、それぞれに鯛ラーメンがあるのかな?

 

土産に買ったインスタントラーメンの方は、ちょっと魚臭い気もしたけど、

徳島を思って「鳴門ラーメン」に仕立てて楽しみました♪ウシシ

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス