初対面。

テーマ:
11月19日、無事に産まれてきてくれた次女。



病院では、丁寧に丁寧に検査をして頂きまして。



約二週間の入院期間を経て、ようやく先日、元気に退院することが出来ました。



そこで待ち構えているのは、長女チャン子との【初対面】というビッグイベント。



こういう場面で、ちゃんと慎重に上の子の気持ちを尊重してあげながら下の子と接しないと『赤ちゃん返り』をすると聞いておりましたので、親は緊張でいっぱいでした。



ただでさえ、先に退院したママにベッタリな日々だったもんで。



そんな状態で口癖のように言う言葉。



ママ、ピーポーピーポー、いかない?
(ママ、病院に、いかないよね?)



ママの入院が心配なのと寂し過ぎたのとで大混乱だったチャン子に対し、ママが赤ちゃんを抱っこして連れて帰ったら・・・こりゃ大変な事になると思ってました。



なので初対面は、ママとチャン子がお留守番してる所に僕とお義母さんが次女を抱っこしてお家に帰るという作戦を練っておりました。



次女、退院当日。



チャン子は珍しく、大好きな保育園の登園を嫌がりました。



チャン子が保育園にいる間にお部屋の準備や区役所に提出する書類をまとめる予定だったのに。。。



予想外の展開にアタフタしながらも、僕がお仕事中ずっとお義母さんが手伝ってくれたおかげで、何とか準備を終えて。



でも、ママが区役所に提出しにいこうとするだけでチャン子は大暴れ。



とにかく誰とも離れたがらないチャン子。



結局、ママとお義母さんと3人で区役所に行くことになりました。



そこへ僕がお仕事先から区役所にて合流して、書類の最終仕上げをして提出。



チャン子が大暴れした話をするママもお義母さんも、あまりの大暴れにお疲れだった様子。



そんな状況だったからか、満場一致だったのは『もう、みんなで病院に迎えに行っちゃう??』という事でした。



せめてロビーでママとチャン子を待たせて、僕とお義母さんで次女を入院着にお着替えさせたり退院手続きしたりしました。



僕が次女を抱っこしながらロビーに向かうと、買ってもらったおにぎりを持ってウロチョロしてるチャン子がいました。






次女を見た瞬間。



ずっと落ち着きのなかったチャン子が、優しい笑顔に包まれて、「うわぁ〜♪」と喜びながら近づいていきました。



かわいいねぇ!



って言いながら次女のほっぺをツンツンして、



いもうと、あったよぉ〜!



ってママとパパとおばあちゃんに報告してくれました。



赤ちゃんを見てすぐに『妹』っていう認識をした事にビックリなのと、『妹』って言葉を覚えてるのにもビックリしたのと。



とにかく、このファーストコンタクトでチャン子の笑顔が見られたのが、何よりもホッとして。



タクシーで帰宅中、チャン子がずっと赤ちゃんを見つめてウキウキしてました。



お家に着いたら、もう我慢できなかったのか、ほっぺにチュー♪♪






もう何度も何度も抱きしめて、何度も何度もほっぺにチューをするチャン子。



もしかして、ずっと楽しみにしてたのかしら。



ピーポーピーポーを繰り返していたのは、ママへの心配に加えて、産まれた次女と会えるはずなのに会えない不安もあったのかしら。



そして何より、退院するのを何となく気づいていたのかしら。



それを証拠に、我が家に次女が帰ってきて以来、チャン子はすっかり大人しくなりました。



抱っこでしか寝れなかったのも、穏やかに布団から寝れるようにも戻りました、



更には、次女のオムツ交換を手伝ってくれたり、食欲も増したり、言語の上達も加速したり。



一気にお姉ちゃんになった気がします。



その姿、愛おしさに拍車がかかっております。



久しぶりの新生児にメロメロなのと、新たなチャン子にメロメロなのとで、毎日が大忙しです。



こうして、無事に初対面が終えた事を報告させて頂きます。



尚、今後から次女は【チャン奈】として、ブログでは呼ばせて頂こうと思います。



どうぞ宜しくお願い致します。