私と猫のハッピーライフ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

馴染みの猫カフェさんに久しぶりに立ち寄りましたしばし猫たちとお喋りをして楽しい一時を過ご...

お星様になったウチの子「まっく」

大変ご無沙汰しております

 

TAKASHOです。

 

こんなカタチでブログを更新する予定ではなかったのですが。。。

 

わが家の黒猫1号「まっく」がお星様になりました。

 

7月31日㈬

0時37分

私に抱かれ、お膝の上で最期を迎えました。

 

13年前の7月1日に保護をして、

それから13年経って、7月31日が命日に。

色んな意味でアツイ7月です。。

 

可愛い亡き骸が保てているうちに火葬し、

小さくなってお家に帰ってきました。

 

肝臓を悪くし、さらに癌が進行していて、様子がおかしいと気づいたときは末期状態でした。

そこから2週間。。

 

猫にとっての2週間は長い闘いだったと思います。

本当によくがんばりました。

 

私は出来るだけ自然なかたちで、

まっくが自力で出来ることを助けてあげようと努めました。

 

お水も、

ゴハンも、

トイレも、

段差を減らした部屋のレイアウトも、

 

ひとつづつ出来ないことが増えてきて、最後はお水も飲めなくなりました。

 

猫に関わらず、

動物は自分の死期が分かっているんだと思います。

 

仕事から帰ったら、まっくがお気に入りの「秘密の隠れ家」に居ました。

きっとそこで最期を迎えるつもりだったのかもしれません。

私の声を聞き、顔を見るなり、普段鳴かないまっくが精一杯のチカラで2回鳴いたんです。

まるで「帰りが遅い!待ちくたびれたよ!」と言っているようでした。

 

それから片時も離れず側にいたら、ついつい眠気が。。

小一時間うたた寝して目が覚めたら23時半くらいだったかな。。

まっくの呼吸がものすごく小刻みに早くなって、、、

抱きかかえてお膝に乗せた瞬間に

「にゃ~~・・・」と一声あげて前足をピーンとして伸びをして、2回息を吐いて、、

目に生気が無くなり、ス―――っと全身のチカラが抜けていきました。。

 

 

本当に本当にがんばりました。

可愛くって仕方ありません。

 

出会った頃から運命だっていました。

手の平にチョコンと乗っかる程度の小さな体で、親とはぐれ眼病による目ヤニで目の前も見えず、体中ダニに包囲され、7月上旬の炎天下の道端にうずくまっていました。

通りすがりの私が見つけたのは奇跡のようなものでした。

薬浴するため首から下は丸刈りにされるものの、

バリカンの刃で肌に傷がついてしまうほど小さな体はガリガリでした。

 

先住猫の助けもあって、

やさしくて、ビビりで、美人が好き(笑)な立派な黒猫男子に成長。

 

茶トラのみゅうとも仲良し^^*

 

三毛猫ちーこにも優しい^^*

 

13歳で最期を遂げたことに

「ちょっと早かったね」とか言う人がいますが、

寿命の長さで幸せな生涯を計るものではないと思っています。

 

末期症状だと宣告されたときから亡くなるまでの2週間、

私は「飼い主」として「家族」として、まっくの幸せだけを考えてきました。

まっくが淋しくないように、

まっくが辛くないように、

まっくの居心地が良いように、

最期に「楽しかったな、幸せだったな」って思ってほしくて。

 

何も思い残すことはありません。

 

まっくと出会ったことに感謝しているし、

最期に寄り添えたことに、魂が震えるほど感動しています。

 

ありがとう。

ありがとう。

大好き。

 

インスタやFacebookのほうで経過をチェックしてくださり

温かいメッセージをたくさん頂きました。

心から励まされ、感謝の思いでいっぱいです。

 

まっくの魂は、しばし休憩をとり新たな道に向かいます。

 

ありがとう、まっく

お疲れ様、まっく

みゅーたんが少し寂しそうにしているけど大丈夫だよ^^*

 

4ニャンから3ニャンになった我が家ですが、

またブログ更新の際にお読みいただけたら嬉しく思います。

 

長文で恐縮ですがご報告とさせていただきます。

 

 

 

動物と飼い主をつなぐ懸け橋になる

こんにちは TAKASHOです。
 
今朝目覚めたら囲みに合ってました。
両側から完全ロック🔑
可愛い顔をして見つめているので、起き上がってしまうのも忍びない。。。
朝からキュン萌え地獄です(苦笑)
 
可愛すぎる、やめろー
 
重い、、起きたい(涙)
 
 
本題に参りますm(_ _)m
 
7年前に保護をして、その後素晴らしい家族のもとに嫁いで行ったロシアンブルーのももちゃん(旧名すもも)。
平成最後の2月2日に虹の橋を渡りました。
 
次の日の朝にはお花を届け、里親様に引き止められるも頑なに、ももちゃんの亡骸に会いに行くことはありませんでした。
 
冷たい人と思われたことでしょう。
そうかもしれません。
言い訳もしません。
 
今でも涙は出ます。
 
でも、哀しみよりも「急がなきゃ」という思いが私を追いたてるのです。
私の潜在意識のなかに抑え込んでいたものが、ももちゃんの最期をきっかけにヒョッコリ顔を出しました。
あの子は最後に私に大きなメッセージを置いていきました。
 
 
我が家には猫が4匹います。
改めて、この子たちを迎え入れると決めた日思い出しました。
私は全員と約束しています
 
何があっても一生幸せにする
 
私の手に委ねられた責任でもあり尊い命です。
 
私は子供はいませんから、「お腹を痛めて産んだ子供と一緒にするな」と怒られるかもしれませんが、
目に入れても・・(痛いけど)痛くない(かも)くらい大切な私の家族。
私にとっては一姫三太郎の可愛い子供たちです^^*
 
最期の時を迎える時まで、自分は塩を舐めて生きてでも猫たちにお腹を空かせる気はありません。
責任もあるし、後悔もしたくない。
私の人生に大きな影響のある存在です。
 
 
近い将来、動物と飼い主をつなぐ「かけはし」になりたいです。
 
 
抱きしめると温かくて、モコモコしていて、命を感じ、ホッとしますよね。
守ってあげたい。
ずっと一緒にいたい。
その思いは動物にも伝わるし、どんな生き物も愛されたいのです。
 
虹の橋を渡った「ももちゃん」の里親様は定期的に瞑想会を開いてくださいます。
2月2日にお別れをしたばかりの哀しみの最中を重々承知の上、無理を言って2月20日の満月の日に開催していただきました。
本当にありがとうございました。
 
 
ももちゃんと姉妹のように仲良くしていた娘さんの泣き顔をみるのは苦しかったですが、
瞑想会の参加者様の中には、
猫への苦手意識が「ももちゃん」によって猫好きになったという方、
ももちゃんが瞑想会に乱入してくるのをあえて楽しみに狙っている方ww
みんな、みんな、ももちゃんのことが大好き。
そんな方たちが一斉に集まってくださった、素敵な満月の追悼瞑想会でした。
 
 
瞑想後にお気遣い頂いた里親様の手料理が美味しくて美味しくて(*´ω`*)
ほっぺが落ちちゃいそうとはこの事かと思うほど(*^^*)
 

 
遺影にも使われていた、里親様とっておきの写真を頂きました^^
 
我が家に飾ると里帰り、したみたい^^*
おかえり、すもも(旧名)。
 
 
 
ももちゃんが置いていったメッセージ。
実現させます!
 
 
ガンバる蔵~
 
お読みいただきましてありがとうございます 拝
 
 

人に命を委ねる動物たち

おはようございます。

TAKASHOです。

 

 

受けとめ方は様々あると思います。
私の個人的な考えのもと書かせていただいておりますのでご容赦ください。

 

 

人間も、犬も猫も鳥も、昆虫たちも、

命あるものは、生きていることに終わりが来ます。

 
人間界では、例え病気になったとしても、迎える最期の時をコーディネイトするこが可能です。
ですが、人間以外の動物にはそれができません。
野生の生き物たちは自然に任せています。
それで良いのです。
 
ペットは違います。
 
「ペット」と呼ばれる動物たちは、人間が人間の意思で家族に迎え入れます。
 
人間の子供のように、成長していつか自立していくことはありません。
生涯を人間に委ねるしかないのです。
 
そんなにハイリスクな生涯を強いられているのに、ペット達には法律で守られている権利がありません。
だからこそ、人間の事情で振り回してはいけないと私は思うのです。
里親制度は国をあげてもっと確率するといいなと思います。
動物が好きでも好きではなくても、そういう術があるという知識があるだけでも、殺処分という恐ろしい言葉が消えていくのではないでしょうか。
 
飼えなくなったら保健所に?
ダッセー!っていう世代を育てたいです。
 
 
さて、かつて保護をし里親様の元で大往生を迎え虹の橋を渡ったももちゃん(旧名すもも)。
里親様の心情を思い、御花をお届け致しました。
ももちゃんの雰囲気に合わせたアレンジメントフラワーで少し寂しさが紛れてくれたら、、、なんて、悲しみはそんなに甘くないですが。。。
 
 
 
家族にとっては、温もりや肌触り、視線や息づかい、トイレの砂をザックザックさせる音などが全身の細胞に焼きついています。
荼毘についた後、ひしひしと切ない気持ちが続き、喪失感でいっぱいになると思います。
今は泣いてもいいんです。
いっぱい思い出してあげてほしいです。
大丈夫。
悲しみは必ず癒え、温かい思い出だけが残る日が来ます。
 
 
カワイイ。。(´∀`*)
 
 
私も大切な家族を亡くした経験があります(´;ω;`)
毎日泣いて脱け殻状態。
私が仕事にいっている間に虹の橋を渡ってしまったので、「なんで私の居ない時に?」って悲しく思ったり、最期を見守ってあげられなかったことを懺悔しました。
でも、後で冷静に考えてみると、
私のことを13年間に渡り観察していた子でしたから、私の手間を避けるように週末の日中にこっそり旅立ったのだと気づきました。
 
 
2月2日に虹の橋を渡ったももちゃんに私ができたことは、
素敵な家族に繋ぐことができたこと。
それは私の誇りでもあります。
 
 
たくさんの愛情を受けて、次の世界に旅立っていきました。
里親様には、最期まで寄り添って下さったことを心から感謝しております。
 
人間と共存する動物は、一生自立することのない子供よのうな存在です。
他の言い方をするならば、
人の手を必要とする尊い命。
飼い主になると決めた以上は、最期まで飼い主を全うする責任があります。
 
法律上では「モノ」だとバカにする人もいます。
でも、人間と同じ、感情もあるし痛みも感じます。
命に垣根をつくらず、人間だからこそしてあげられることに忠実になれる優しい日本になってほしいです。
 
 
私もうちの猫とお別れしないといけない時が来ます。
 
朝目覚めたときに側にあるこの温もり
 

 
抱っこしてほくして「ギャン鳴き」する(汗)
 
 
ホカペでゴロゴロ
毎日当たり前のように見ている光景
 
 
いつ何が起きても悔いの残らないよう最期まで「家族」でいようと思います^^
それは、責任から来る思いだけでなく、私自身のため。
 
この子達は、神様から頂いたギフトだと思っています。
 
 
お読みいただきありがとうございます
 
 

保護猫が幸せな家族と過ごし、そしてお星様へ

TAKASHOです。

 

2012年10月に保護をしたロシアンブルーの女の子。
ももちゃん(旧名すもも)。
昨日の夕焼けが美しい時間にお星様になりました。
 
 
猫が嫌いで、人間が大好き。
わが家のオジサンズを蹴散らしていましたww
 
 
 
この頃は、私の髪型もショートだったなぁ^^
 
 
 
 
 
美しくて、高貴で、
わが家の子には高嶺の花の存在でした^^
 
 
 
 
 
 
黒猫まっくは美人が大好き。
毎日すももに怒られながらも懲りずに追いかけていました(笑)
 
 
 
たまにゆるーい雰囲気もかもしだします^^
 
 
 
 
里親さんからお電話を頂き、
泣きながら「長生きをさせてあげられなくてごめんなさい」と言われました。
 
何を仰いますか!
 
長生きをすることが重要なわけではないと思っています。
保護をしたときのことを思い出せば、あの時保護して良かったと思っているし、
里親候補の方を1件蹴ってまで、運命の家族を探したことも、
そして、本当にビビビッとくる運命の家族に巡り合ったことも、
全てが奇跡でした。
 
何の心配もなく、里親様に丸投げをさせていただけたのは、信じられる方だったからこそです。
 
ももちゃんを保護したときは、大きな耳にたくさんのカサブタが付いていました。
治りかけると掻きむしったのでしょう。
血がどころどころ滲んでいました。
 
 
 
正義感で命の保護をすること自体は簡単です。
でも、そのあと病院に連れて行き、適切な処置をします。
そこには少なからずお金がかかります。
重い病気や、怪我を負っていたら結構な負担額を強いることになります。
そして、家族に迎えるのか、迎えないのか、必ず審判の時が来るのです。
 
命と向かい合う覚悟が必要です。
 
でも、今は情報をシェアできる時代だし、
自分一人で抱えこまないといけない訳ではありません。
 
私はこれから先の人生においても
目の前に健気な動物と遭遇したら、放っておくことは出来ないでしょう。
 
 
ももちゃんを保護をした日のことを鮮明に覚えています。
里親様との面談の日も、譲渡した日のことも。
ヒーラーをしていらっしゃる素敵な里親様に出会い、愛に溢れた毎日を送っていました。
 
里親様にとっては切なさと淋しさでいっぱいかと思います。
ももちゃんは、とっても素敵な家族に囲まれて、いつも一緒で、楽しくて嬉しくて幸せだったはずです。
最期の一瞬まで側にいてくれてありがとうございます。
 
ももちゃん、出会ってくれてありがとう。
あなたと出会い、里親様との出会いをつなげてくれたのは、誰でもなくももちゃんです。
心から感謝しています。
 
天国はきっとステキなところだよ。
幸せに過ごしてね。
 
 
 
ももちゃんを保護をして、わが家で暮らし始めた当初のブログはコチラから(約半年続きます^^)
気にしてくださる方は是非
 ↓
 
 
お読み頂きましてありがとうございます
 
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>