Document of March 11, 2022 VSE's Last Journey⑪ | たいちょ〜の心のつぶやき 第2章

たいちょ〜の心のつぶやき 第2章

『縁は、連結する』鉄道など交通を中心に音楽、演劇etc…興味の赴くままに、日々呟き語るブログ。
※ここんとこすっかり鉄道ネタばかりになりました。
基本乗り鉄目線で日々の記録を出しています。

出したいネタは日々溜まっていく。
かと言って、出し過ぎると諸々収拾つかなくなってくる。
別の要因で身体や精神の疲労も重なってくるので、ギリギリでマイペースを持続。

ロマンスカー史上最大の乗り鉄は、まだ続く。


3月11日、19:36。
運転席回りの設備トラブルで6分遅れとなった「ホームウェイ81号」は片瀬江ノ島に到着。
もしそのまま遅れが増大していたら、最悪藤沢〜片瀬江ノ島間は打ち切りになった可能性も。
それだけに少しばかり気を揉んだが、まだ片瀬江ノ島での折り返しに余裕があったのが幸い。

定期最後の片瀬江ノ島駅は、利用客と撮り鉄で混雑。
といえども、3月26日に団臨運行が既にアナウンスされていたのもあったからか、復路に回送で
定期運行の幕を下ろしたLSEの時に比べれば、まだ遥かに大人しい方だったのである。


それもあったからか、まだこの時には自分も気持ちの余裕がそれなりに残っていた。

気温も低かったし、うまい具合にクールダウンさせてくれていたのだろうか。

それでも、人が多い方に向かうと現実に引き戻されたりするのだがね。
それぞれが思い思いに、最後のVSEとのひとときを過ごしていた。

ホーム灯に照らされて浮かび上がる、VSEのシルエット。
これまでに静かな頃に幾度となくこうしたシーンはあったはずだが、結局また最終日にこうして
混んでいるときに限って乗りに来てしまったのは、また今後の課題になる。
もっとも、最終日特有の空気感を写真にパッケージすることも好きなのではあるが。

そんな複雑な気持ちを持ちながら、いよいよ最後の旅に向けて準備を始める。

一時改札外に出て、乗車が始まった折り返し「えのしま2号」となるVSEの姿も。
定期列車として残された時間は、いよいよわずかだ。