テーマ:





たかくは今回のドガドガプラスの主演です。

出会いは『浅草カルメン』ですから、丸々2年前。

第一印象は優しい、そして透き通ったガラスっぽい印象の男でした。

ドガドガプラスは五回目の出演で、5回中4回、劇中で死亡するという奇跡。
そのうち3回は"絶命シーン"がありました。

なんでぇ、毎回死んでるのかい!と思ったあなた!

絶命シーンを演じる俳優に必要な要素の1つは"色気"です。たかくにはそれに相応しい色気があるのです。

そんでもって、毎回本当に死ぬんじゃないかと思うほどのテンションで散っていきます。

最近のドガドガプラスを観てるお客様はきっと、たかくの絶命シーンをよく覚えてると思います。
記憶に残る魅力を放ちながら散っています。


なんだかわからないが、妙な色気があるんです、彼には。

今回の人形の家では彼が遂に主役。

身のこなしも、初めてドガドガに出た時からは想像もできないくらい成長しております。

かっけぇ!って思う瞬間がいくつもあります。

"学ぶ"という行為が好きか否かで役者の成長速度は大きく変わると思いますが、たかくの素晴らしい所は、学ぶことに対してとことん貪欲であるという所です。

次から次へと吸収する。

『今日できない』

が許せないんだと思います。直接聞いたことないのでわかりませんけども。

"今日できないことが悔しい"というのはとても大切だと思います。前もブログで書いたような気がしますが、僕は、役者というのはできないことを探して、できるよう努力するのが一等だと思ってます。

できてないことを、他の誰が許しても自分が許さないという感覚があると、すごく役者は素敵になると思います。

たかくは、できないままにしませんから稽古をしたらした分だけ良くなります。

今回の冒頭、たかくのシーン、ものすごく良いです。

もちろんオラとのシーンも良いですが、舞台上で1人で訥々と話すたかくが、なんだかとっても色っぽく、成長したとなぁとかいう身内の欲目を差し引いても『お、主演が出てきたぞ』って思います。

あと、望月さんの台詞はとにかく難しいのですが、オラとのシーンにしろ、独白にしろ、全部意味がわかる!これはすごいことです。

台詞が難しければ難しい程、お客さんからの信頼を勝ち得るのが難しくなります。

基礎能力というか、言葉を通す力がないと『ん?なんて言ってるの?』となってしまい、終いには『この人何言ってるかわかんないから聞かなくていいか』となってしまうこともあります。

ドガドガに限ったことではありませんが、難易度の高い戯曲と向き合うとき、役者はとにかく言葉と戦わなくてはなりません。
特に主役や、分量を多く抱えた役、時代背景を説明する役などは、全てのお客さんに過不足なく情報を伝えなければ作品が成り立たないと思います。

それをまだ若いたかくが実現していることが本当に凄い。
言葉を通すためには身体に負荷がかかったりもしますし、感情的なものとの両立も、とってもしんどい事ですが、たかくは稽古中盤あたりからどんどん言葉をモノしていき、本番が始まった今、本当に立派に主演を務めています。


ふとした瞬間の横顔、柔らかすぎるピュアな笑顔。
客席に面切って堂々と演じる姿。

たかくにしかできない、色気と軽やかさと太さを持った役になったと思います。




川又崇功を是非応援してください!!



全部書き終わって、『え?俺誰目線なの?』と思いましたが、まぁいいか。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログを書こう!!

まずは、本日ドガドガプラス『人形の家NTD』無事初日が終了しました。
お客様に感謝!!ドガドガプラスはお客様との相互作用で完成する劇団です。
笑って頂けて、本当に嬉しかったです。

{FF6C2689-EE22-4D52-B953-902EA437AFCE}


そして、少しだけ余裕ができたので、ジョンシルバーを振り返ります。

年末、大晦日が千秋楽の『ホムスイ』が終わり、全く休まず唐ゼミ☆の『あれからのジョン・シルバー』に突入しておりました。

この作品、本当に書きたいことが多すぎる作品でした。
日本演劇界の巨人、唐十郎さんのジョンシルバー三部作の最終章、姉を探し求める片手片脚の男"花形"を演じることになったわけですが、これがもう本当に!!本当に!!本当に!!
自分の芝居人生の中でナンバーワンに大変な役でした。
しかも、ホムスイが大晦日千秋楽で、唐ゼミの本場がなんと2週間後!!

時間が無いのはもちろんですが、1ページ丸々くらいはザラにある、とんでもない長ゼリフがいーーーっぱい!!もうね、雨あられ、出て来る度にこれでもかと喋り倒す役!!

しかし、これくらいの逆境は、何度も味わってきました。

やれるさ!!!

何もかも切り捨てて、徹夜しまくれば覚えるのは不可能ではありません。

しかぁーし!!

この花形という役、先程も言った通り"片手片脚"なのです!!

具体的に言いますと、義足です!!
左脚をぎっちり折りたたんで金具で留め、義足をつけて歩くのですが、これがもうね!本当に!死ぬほど痛い!
{BB90156A-53C5-4723-8253-199468D1751A}

↑こういう感じです。


日々を五体満足で過ごしていることを奇跡と感じる程に辛いのです。

義足をつけているだけで、RPGの毒の沼にいるように徐々に体力を削られていくのです。

その状態で長ゼリフを言うと、即酸欠状態になります。真冬の公演にも関わらず脂汗がとまりません。

よいこは絶対真似しちゃダメです。




そして、2幕序盤でその義足すら奪われます。



そこから20分間、シンプルに片足立ちです。


いま読んで下さってる皆様、片足でこのブログを読んでみてください。
ただ片足で立つだけでも、とっても辛いのがわかると思います、できれば全力で大声で音読してみてください。たぶんすぐにバランスが崩れます。


さぁ地獄の片足シーンがやってきました。

この状態で花形、飛びます、何度も。

そして義足を取り返し、台詞を言いながらゆっくりと立ち上がります。


思い出してください、花形は『片手』です。
右手は使えません。

左手には取り返した義足を持っています。

つまりどこにも掴まるこができないのです。



この時、すでに片脚のまま10分以上経過しています。
限界を3回くらい超えた先にこの"ゆっくり立つ"という苦行が待ってるわけです。

しかも、絶対にふらついてはいけないシーンです。

あの時みた景色は一生忘れないと思います。
視界は曇り、脚は震え、肺は破れそう、自分の心拍が耳の奥で鳴りまくる。
本当に凄まじい景色でした。



でもまだ終わりじゃありません。

2幕ラストのシーン。

演出の中野さんの稽古中の一言



『丸ちゃん、最後この台に乗って台詞言える?』



三途の川の鬼と話してるのかと疑うほどの無慈悲な一言!!



さすがに即答しました。

『やれます』


限界の限界の限界の限界を超えた先に、さらに地獄が待っていました。

乗る台は、舞台の後ろ側、乗った後に前を向いて台詞を言わなければなりません、使える時間はおよそ2秒、セットの都合上掴める場所が側面のみ、しかもこちとら片手片脚、左手には拳銃を持っているので、実質使えるのは右脚のみ!!


さぁどうするべきか。


答えは1つ、回転しながら飛ぶ。です。

回転しながら飛んで、右腕をくの字に固定してセットの側面に引っ掛け右足のみで着地してバランスをとる。
これしかありませんでした。

{82DA2CEC-07ED-4B97-AB5E-6FE7E7B25D89}


↑こういう感じです。


この後もしんどい2幕ラストの最後のシーンがあるのですが、説明するのが難しいので省きます。

義足でたくさん歩くって感じですかね?





僕は思うのですが、演出家は役者がそれをできるかどうかとかは考えないほうがいいです、たぶん。

やれ!といえば役者はやりますから、なんとしてもやりますから。

最終的にこの回転ジャンプ、余裕でできるようになりました。
初日は酸欠で倒れそうだったこの役も、千秋楽にはある程度余裕が残った状態で2幕を終えられました。

毎回、とても越えられないような壁を用意してくれる中野さんには本当に感謝しています。

できなかったことができるようになって、初めて役者は成長すると思います。"できないこと"を見つけるのが至上命題です。
2018年、一月一日、『やばい!これ絶対無理だぁ!!』という絶望から始まった作品でしたが、終わってみると本当にとんでもないものを得た作品でした。
これも、中野さんをはじめ、唐ゼミの皆様、スタッフの皆様、そして唐さんの戯曲のおかげです。

復帰戦とは思えない凄まじい芝居を魅せた椎野さん、益々上手く、力強くなっていく熊野くん、一撃で全てを支配する禿さん、あらゆるジャンルを網羅する中野さんの演出と、書きたいことは山ほどありますが、今日はこのへんで。




そして、明日からも人形の家NTD、がんばります!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ホームスイートホームはじまり駅のおしまいの日、明日で千秋楽です。
駅長役だからなのか、所属劇団の本公演だからなのか、なんだかわからないけど、駅に来る人たちに異常に感情移入してしまいます。

今年1年は本当に激動というか、自分の状況が180度変わりました。
応援してもらえるということが、こんなに力になるんだと驚きました。
年間16本の舞台に立たせていただき、34歳にして新たな出会いがたくさんありました。
クジカンキカクからはじまり、ホムスイまで、全ての場所で良い出会いがありました。

そんでもって、世の中って良い人が多い!!

皆さん、しんどい事もたくさんあるだろうに、いつも劇場で笑顔なんですよ!!すごくないですか??
感謝をどう伝えたら良いのかわからなくて、ただ『ありがとうごさいます』を連発してしまうことも多々。


演劇は"芝居を披露する"場所だという感覚が強くて、技術だとか、理論だとか、とにかく永遠に狂ったように修行していく職業だと思っていました。
今ももちろんそういう気持ちはありますが、"楽しんでもらう"をプラスしたら、なんというかすごく自由になれますね。
こうでなければいけない!って考えよりも、これも良し!あれも良し!やれること全部やるぞ!と思ったほうが、全体的に幸せですね( •̀ᴗ•́ )

なんの話かわからなくなってきました。

とにかく、感謝!!
この恩をもっと返していきまする!!

まるやま

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。