「これはペンですか?」「いいえ、これは丸山正吾のブログです」

テーマ:
スターダストインフェルノが終わりました。
御来場下さった全ての皆様、本当にありがとうございました。
最後まで公演が続けられたのは、お客様のおかげです。感謝で爆発しそうです(*´ω`*)

お手紙や感想などで

「所長が見ていた景色ってどんな景色?」

という質問があったので、説明しようと思います(*´ω`*)

皆大嫌い所長さん!
サイコ野郎なのか?極悪人なのか?
そもそも何考えてんだかわかんない!!と思われたお客様もたくさんいると思いますゆえ、説明しやしょう。


まず、台本上に書かれてる台詞から、所長のなんとなぁくの目的を探ってみます。
とりあえずパッと見で使えそうな、所長の台詞たちを並べてみます。

「君の真っ直ぐなところ好きだったよ」
「ここでは私は所長で、お前の上司だ」
「博士の事は私が誰よりよく知っている」
「私の目的はファーゼスト人を売りさばくこと」
「君たちにとって愛とは一体なんだ?教えてくれ、実に興味深いことなんだ」
「ファーゼスト人には愛は無いと思ってた」
「それもひとつの愛の形だろ?」
「殺すのか?私を」
「リブートだ」

次に、所長の周りの人たちの使えそうな台詞を並べます。

「所長に言われたようにモグラを殺せばよかったのか?(アニ)」
「今はそんなこと関係ない(博士)」
「愛の形はひとつじゃないはずよ(博士)」


さぁ、並べてみると不思議ですね。
所長、愛と博士の話ばっかりしとる!!

今回の所長、基本的に嘘つきという設定にしました。
大袈裟に言えば、脚本に書かれてる台詞全てに裏があると設定したわけです。

例えば
「好きだった」には「今でも好き」
「博士のことを誰よりわかってる」には「わからなくなった」
「目的はファーゼスト人を売りさばくこと」には「目的は別にファーゼスト人を売りさばくことではない」
というように、思ってる事と出てくる言葉が全然違う人って事ですね。

何故そうしたかというと、脚本上、所長の言葉が全部本当だとすると、すごく巨大でシンプルなキャラクターになってしまう気がしたからです。
それも悪くないのですが、

「愛と人間と人間ではない人間に近い生命」

が中心にある物語なので、今回は複雑で、ミニマムで、人間っぽい人物像にしたかったんだと思います。

『思ってる事と出てくる言葉が違う』

というのは、ザ・人間って感じですよね。
好きな人に素直になれない。
嫌いな上司に作り笑いする。
本音で接する人間が少ない。
こんな感じのよくいる普通の「人間」です。


一旦まとめると

所長はファーゼスト人を売るのが最終目的ではなく、未だに博士に執着し続けてる、愛の話ばかりする人。
という感じになります。

お、うっすら人物像が見えて来ましたね。



次に、所長に起こる出来事を並べます。

ファーゼスト人の脱走、博士の裏切り
博士の出奔
ファーゼスト人との会話
博士帰還
自爆

これも博士まみれです。


さぁ、今度は箇条書き?で、所長ストーリーを書いてみます。

━━━━━━━━━━━━━━━

所長と博士は昔いい仲だった事があり、モグラを殺せと命じたあたりから不仲になり決別。
ファーゼスト人脱走に際して、博士の裏切りに気付くが、脅すことしか出来ず、博士はいなくなる。

職員から報告を受け、博士の関与を確信、博士がファーゼスト人の為に自分の元を離れた事に気付く。


その後ファーゼスト人に八つ当たり。
煽って煽って煽りまくる。
この辺りから、本当の目的が研究からズレ始め、博士、及び愛についての執着に変わる。

「愛とは一体なんだ?」
はファーゼスト人に対する唯一の、本心からの言葉。

ドクターを脅した際に、フレートが命懸けで仲間を守る姿を見て、愛に近いものを感じる。

同じくドクターを脅した際に
「妹をこれ以上苦しめたくなかったから毒殺しようとした」
というドクターの言葉を受け、言葉では反発しながらも、その愛の形を認める。

既に博士にバレているファーゼスト人移送日をズラさす決行した理由は、そのタイミングで博士が来る事がわかっていたから。

この時点で所長の目的は
「博士に殺して貰うこと。それが博士から自分への愛の証拠である」
に、変わっている。

博士が研究所からいなくなる前までの目的は
「ファーゼスト研究と販売」

いなくなった後は
「愛とは何か知りたい」

博士が戻って来る時には
「殺してほしい(愛してほしい)」

と、劇中で目的が三段階に変化しているということですね。

一旦は博士に銃を向けられるが、博士はアニの説得により銃を降ろす。

殺してもらえない=博士からの愛を完全に失ったと自覚

「あーあ、馬鹿馬鹿しい」
という言葉の裏には
「僕は全てを失った」
という意味があります。

全ての可能性を失い、所長はファーゼスト人を人質にとり、ファーゼスト人を撃ち殺します。

ファーゼスト人はそれぞれに死ぬ間際、哀しくも美しい愛の形を見せます。

死して愛を手に入れたファーゼスト人を憎みながら、所長は自爆の道を選びます。

━━━━━━━━━━━━━━━

と、ここまでが僕が勝手に作った所長ストーリーです、、、が!!!ここからです。

今回のスターダストインフェルノというシリーズは
"同じ世界を繰り返しながら、運命に立ち向かう"
という大きな設定があります。

「リブートだ」

という台詞、所長が繰り返しに気づいているのか?
それとも輪廻的な意味でのリブートなのか?

僕は"気づいている"という設定にしました。

せっかくリブートという台詞を言うのだから、ただ言うのではなく、何か中身が必要だと考えたからです。

アミという大きなパソコンがあるとして、常に不変であるプログラム=人間。
可変プログラム=ファーゼスト人。
だと仮定して、お客様(スペクテイター)はそのパソコンのモニターを見ているとしましょう。

不変プログラムである以上、博士の愛を手に入れられる事はありませんが、何度も違うルートを通りながらリブートを繰り返している所長。

つまりラストシーン、皆が起爆コード解除をしてる様を見つめる所長は

「この景色、これで何度目だろう」

とか、そういった事を考えています。

心理的には、可変プログラムであるファーゼスト人に対する憧れと絶望感という感じですね。

これに外見的要素、例えば立ち振る舞いや手クセ、リアクションをやり過ぎないギリギリくらいにキャラクタライズして、中身はミニマムで人間っぽい、外見はキャラクターっぽい、台詞は全体は自然っぽいけど、
部分的に演説的、という構造にしました。

あと普段あまり悪役をやらないので、一切同情できないような、徹底的に悪い人をやってみたかったので、「常に相手の嫌がる事をする」というテーマでやってました。
嫌な言い方、嫌な距離感、嫌なボリューム。

見て欲しいであろうタイミングでは、相手を見ない、
見て欲しくないときはじっくり見る、相手が強く出たら受け流し、弱さを見せたら徹底的に追い込む。
絶対笑っちゃいけない時に笑い、普段は全く笑わない。
という、自分が「こういう人周りにいたらすごく嫌だなぁ」と思う人物像です。

この人、大嫌いだわぁって思ってもらえてたらいいな(*´ω`*)



いやー、思ったより長くなりましたが、これが所長の作り方です。
ですが、作品と役はお客さんのものですから、僕がどう考えて作ったのかは関係ありません(*´ω`*)
直接観て、感じて下さったものが所長の人物像です。

サイコ野郎でも良いですし、わけわかんない人でも全然OKです!!(*´ω`*)


個人的には、博士に撃たれて死ぬルートがあれば良かったなぁ。。
所長以外誰も死ななくてみんなハッピー。
あ、でもそれだと博士が嫌な気持ちになっちゃいますね。。


僕はシリーズ完結編のみの参加でしたが、千秋楽のハルカとエマのシーンは奇跡の様なシーンでした。

岡くんなのかハルカなのか、しばまりちゃんなのかエマなのか、役者と役が現実と虚構を行ったり来たりしてる感じで、1年間積み重ねたキャラクターや、辛かった事、楽しかったこと、全部溢れている様でした。

「これが、愛。やっとわかった」

という台詞で嗚咽が出そうになりました。
岡くんはスタダスを愛してたんだなぁって。

きっとあのシーンは、お客さんにも届いてると思うなぁ。。
だってあれは確実に本物の気持ちだもの。

良いシーンだったなぁ。。
こんな奇跡みたいな瞬間があるから、舞台っていいなって思います。
涙腺ぶっ壊れおじさんの涙腺は完全に崩壊したぜ!!笑


というわけで、長々読んで下さった皆様、ありがとうございます。


テーマ:
オバスマ2018が終わってしまいました。

とても幸せな毎日を過ごさせてもらいました。

オバスマの事というより、極個人的な話で恥ずかしいのですが、このブログは恥晒しブログと銘打っておりますので、しれっと今思ってる事を書きまする☆


僕は自他ともに認める没個性俳優なのですが、今回のタカマツをやらせてもらったことにより、もしかしたら、自分が持つお芝居における最大の個性は「愛情」なのかもしらんぞ、と思いました。
具体的にどういう事?と聞かれたら僕もよくわかりません。
「スーへの愛情が良かった」とかなんとか言われて、その気になってるだけかもしれませんが、もしかしたらと思っています。

そもそも僕は自分より他人が好きですから、自分の為より組織の為だとか、周りからの期待、信頼、恩なんかのためのほうが圧倒的にがんばれます。

自分のことが嫌いとかじゃなく、ただ単に自分より他人のほうが好きなのです、ポジティブに。


応援してくださる皆さんや、共演者のみんなが『まるさんてすごいんだぞ』って周りに言ってくれたりすることに対して"その人たちがそれを言ったことで恥をかくのが嫌だ"という思いがたぶん僕の最大のモチベーションです。

言ってくれた人たちの見る目が本物であると、誰が見ても思うようにせにゃならんです!!


僕を推してくれたマネージャーさん、こんな無名の役者を使ってみようと思って下さったプロデューサーさん、演出家さん、応援してくれる皆様、丸さんがタカマツで楽しみとTwitterなどで書いてくれた皆さんが、恥をかくような事は絶対にあってはいけないのです。

お芝居が自分一人で作るものじゃない以上、僕がダメで傷つくのは僕だけじゃありません。

だから常に最大限の努力をせにゃいかんのです。

いやいや、しかしもちろんサボってしまうこともあります。
なんやかんや"やらない理由"を見つけてサボるのです、丸山という生き物は。まったく、愚か。

たぶん「今回丸ちゃん、ダメだったな」とガッカリさせてしまった公演もあるでしょう。

もっと頑張っておけば良かったと何度後悔したかわかりません。そういう後悔はゲロ以下の後悔で、最低の後悔です。

自分の怠けで他人を傷つけるなんて本当にうんこです。

お客さんにも様々な事情があります。
仕事の事や家庭のこと、健康面などいろんな事情で、今回が丸山を観る最後になるかもしれない。
"次"が無いかもしれない。



一度共演してから、ずっともう一度共演したかった大先輩の俳優さんが、今年亡くなりました。

その人は、本当に本当に本当に素敵な俳優でした。
初めて観たときから、ずっと憧れでした。
日本刀の様な声、一瞬でお客さんの心を掴んで、でも次の瞬間には突き放す、でもいつの間にかまた掴まれているような凄まじい演技、軽くて重くて柔らかくて速くて硬い。
台詞を自分の言葉として発する事のリアリティの深さ。
何もかもが驚くほど魅力的でした。

シャイで皮肉屋、普段は常に冗談ばかりのその人が、一度だけ僕に「みんな自分自身でいるのが嫌だから役者やってるんだよ。でも、だからこそ怖くても板の上では自分でいなくちゃね」
と言いました。

その言葉が無かったら、僕はサンミュージックに所属はしなかったと思います。今のような環境に飛び込むことはしなかったと思います。




僕はたぶん芝居と100万回結婚できるレベルで芝居が好きです。マニアだと思います。
芝居に対して好き以外の感情がありません。

そして、芝居以外のコミニュティがありません、芝居に関与しない友達も、中学校の同級生の青木くんくらいじゃないでしょうか。

今これを読んで下さってる方々も、きっとみんな芝居が繋げて下さった人たちだと思います。

読んで下さってる人たちも携わり方が違うだけで、きっと芝居が好きですよね?



僕は芝居を好きな人が好きなんですね。

芝居を観る、作る、演じることが好きな人が好きです。
そんでもって、僕のまわりには好きなものしかないので、だから僕は他人が好きでいられるんですね。



納得。

すっきり☆


お芝居を頑張るのは役者なのだから当然ですが、"もっと"を与えてくれるのは周りの皆さんです。

感謝という言葉じゃ足らんですね。

親が子供の為ならなんでもできると思う心が愛なのであれば、僕が周りのためになんでもできると思う心もたぶん愛です。

だから自分の個性がもしかしたら"愛情"であるかもしれない事は、僕にとってすごく誇らしい事です。


自分がどんなに望んでも、ずっと手に入れられなかった"個性"というものを、いつの間にか周りに与えてもらってたってことです。

それってすごくないですか?

まだこれが個性かはわかりません、そもそも個性って自分で決定するものじゃないような気もしますしね。

だけども、とりあえず今は『相手を思いやる芝居において丸ちゃんの右に出るものはいないね!』と言ってもらえる役者になる事が僕の目標になりました。
ありがとうございます!!

この個性の芽を大事に育てようと思います(*´ω`*)


そして、このことに気づかせてくれたオバスマという作品は、一生忘れられない、とても大切な作品になりました。
ありがとうオバスマ!好きだオバスマ!!

いやぁ、我ながら気持ち悪いブログを書いてしまったぜ!!
おいおいどうするよ、これ載せるのか?

勇気いるなぁ。。。

数えてみたら、愛という言葉が5回、好きという言葉が11回も出てきてます。
ストーカーからのラブレターでも、そんなに沢山好きだ愛だと書きはしないでしょう。

自分が恐ろしいです。

深夜におっさんが気持ちの悪いブログを書いています。

ホラーです。


しれっと、ほとぼりが冷めてから、しれっと更新します( •̀ᴗ•́ )





テーマ:
やっほう!
久しぶりの日記だよ(*´ω`*)

今回は只今絶賛稽古中のオーバースマイル2018についての今、丸山が考えてることを書きますよ☆



「名作」と呼ばれる作品を大幅リライトするのは、とても勇気のいる作業だと思います。

普通は中々できません、人は成功体験をなぞるものです。

オーバースマイルを過去に観てる身としては、本当に久保田さんという人は、恐ろしいほど客観的に自分の作品を観てるんだなと思いました。


新しい要素や、設定も加えながらも、かなり大胆にカットをしています。接続詞を少し変えたり、状況を変えたり、恐らく評判の良かったであろうシーンすらも排除して、物語の深度を大幅に深めています。


だから今回のオーバースマイルはとてもシンプルにしてディープです。


我が子の肉と骨をグラインダーで削るような苦しい作業だったと思いますが、僕は確実に面白くなっていると思います。


完璧なものとは、足すものでなく削るものが無くなったものを指す的な言葉があったような気がしなくもないのですが、まさにそれです。


その作家としての苦悩と矜恃と心意気、役者が応えんでどうする!!とメラメラしております。


より深く、いろんな可能性やら関係性やら日常性やらを考えてプランニングし、馴染ませて、そんでもってそいつを全部捨てて、新鮮に物語を体験せにゃいかんです。




稽古は馴染ませる為にやるものですから、何百回繰り返しても良いのです(僕の場合です)


台詞は何万回言っても大丈夫です。

台詞は言うというより磨くという感覚に近いと思います。

もう覚えたし、そろそろ飽きたなぁって思ってからがスタートラインです。


なぜかというと、人間は喋る前に「〇〇と言うぞ」とあまり考えません。

そういうのを考える時はだいたい、渡り廊下で告白したり、おっかない上司に遅刻を謝罪したりするときです。


普段は漠然とした意思(感情)があって、それに応じた呼吸や表情や身体速度の変化(動き)があって、言葉があるだけです。



心→体→言の順です。


それから、人間は会話の中で予測、発見、驚きを繰り返しております。リアルタイムにそれらを繰り返しながら会話をしています。

おかげで、日常生活での会話は基本的にとてもテンポよく行われます。



これが、お芝居となると頭の中でいろんな事を考えます。

次はこのセリフ、この位置まで歩いて、、こういう言い方がいいかな?など。


これら全て雑念です!!煩悩!!ファック!!

要りません!消え去れ!って感じです。


お芝居は、これら全ての事柄を無意識下で行うのが理想です。とっても難しいですが、理想はこれです。


(ここまでのブログを9月4日に書いたのですが、5日?か6日の稽古で、久保田さんが日常会話について、似たようなことを言及してて、このシンクロすごいなって思いました、刃牙最凶死刑囚編くらいのシンクロニシティですね)


つまり、何が言いたいかというと、自分でも何言ってんだかわかりませんが、何千回も言った台詞は、役の意思が無意識に反映されるレベルまで己の身体に染み込むということです。


あ、ここで大切なのは「言い方」を決めて練習してはならないということです。

相手の出方で話し方が変わるのは日常、当たり前に起きることなので、日常を再現するような台詞、状況であるならば、あくまでも役や台詞が持っている意図、意味、なんかそういう感じのやつをイメージしながらやります。


じゃないと機械みたいな台詞になってしまいます。


努力家で真面目な役者が陥る罠です。


(薔薇という台詞があるとして、真っ赤な薔薇をイメージして100回繰り返すのと、何もイメージせずに100回繰り返した場合だと、前者のほうが出来上がった台詞が肉感的になります)


ここまでで、台詞を反復することはなんとなぁく意味があるのかな?という気持ちになりますよね、なりましたね、なったとしましょう。



次は「発言する」ということがどいういうことであるかという話になります。


「台詞は言うものでなく、言わされるもの」という格言?もあります。

上のほうに書いた、予測、発見、驚きみたいなものが、台詞を言わせてくれるのです。


例えば


「昨日食べたリンゴが美味しくて食べすぎてしまった、まるで天使とダンスをしているような気分だったよ」


という台詞の次の自分の台詞が


「そのリンゴはきっと、恋をした天使のほっぺたが地上に降ってきたものなんだよ」


だったとします。


例文に愕然としないで読み進めてください、僕も自覚してます、愕然としてます、例文がうんこ。



続けます。


その場合、前の台詞のどの部分が台詞を言わせてくれるのでしょうか。


もちろん正解はありませんが、不正解はたぶんあります。

個人的には、全部聞いた後に言わされるのは不正解です。

昨日食べたリンゴ←頭にリンゴが浮かびます(発見)

美味しくて食べすぎた←美味しさを想像します(発見)

まるで天使とダンス←そんなに美味いの?と思ったりします(驚き)

をしているような気分だった←この部分は「しているような」まで聞けば「気分だった」は何となく予測できます(予測)


というようにリアルタイムで情報が高速処理されます。

全部聞いた後にリンゴを想像し始めるような事は、脳内では、基本的に起こりません。


少なくとも「そのリンゴ」は「昨日食べたリンゴ」と「天使とダンス」に言わされているのではないだろうか。

昨日食べたリンゴに興味を持たされ、天使とダンスに思考させられ、気分だった←の最中に、ある程度の喋るイメージを持ち、「そのリンゴ」に至ると。


こういった脳内の作業は言葉にするとめちゃくちゃ複雑ですね。


この複雑な作業を無意識下で行う、人間ってすげぇっていつも思います。


こんなスーパーコンピューターみたいな事を無意識下で再現することに挑む、「役者」というものがどれだけ難易度の高いものかということです。

きっと一生かかってもリアルさにおいては、日常会話には勝てません。



「台詞を言う」という事"だけ"でこれだけの複雑さです。

にも関わらず、お芝居にはこれ以外の要素がてんこもりです。


解釈、キャラクター性、状況、記憶、設定、仮定、推測、立ち位置、身体性、お客さん、向き、音響、照明、ちょっと考えただけでもこの有り様です。


これらにプラスしてもっとも厄介な壁「感情」というものが立ち塞がります。


感情というものが喜怒哀楽だけならば、お芝居はどれほど楽でしょうか。


感情は無限です。


まじで無限です。


なぜなら人生において全く同じ感情になることは絶対にありえないからです。

一瞬たりとも全く同じ感情というものはありません。


絶対です。


似たような感情が発生することはありますが、全く同じ感情が生まれることは絶対にありません。


あったとしたら、記憶喪失の人が全く同じ経験をした場合です。しかし、時間という概念上に生きる人間には、全く同じ経験という事象もまた起こりえません。


すごく簡単に言うと、同じ人にされた同じ行為に怒ったとしても、2回目には「またやりおった!」という記憶がプラスされてますから、更に怒ったり、諦めたりなんらかの変化があるということです。


感情は煙のように曖昧で、鉄のように硬く、四次元ポケット並の蓄積力を持っています。


人間が記憶する生き物である以上、感情には無限のバリエーションがあるわけですね。




青いもの←でイメージするものが、現在の状況や、読んだ時間、記憶、果ては交友関係その他で大きく変わるように、感情も無限に発生します。


更に!


更にです!!


この感情!!自分だけでも無限のバリエーションがあるのに、、




人によって違うのです。




もうなんか怖くなってきましたね。


役者とは無限に存在するいくつかの色の中から、その役や作品に合う(と個人、及び演出家が推測する)ものを使用して、絵を描く仕事なのです。


ここまで書いてきてアレですが、このブログなんなんでしょうね、僕もわかりません。


続けます。


感情の話はもはや意味不明なので終わらせます、強制終了です。



まぁとにかくアレですよ、なんやかんやでお客さんが喜んでくれりゃあいい訳です。


お客さんに喜んで貰うためにお芝居やってる訳ですから、役者が作る仮定で何を考えようが、観てもらって何かを持って帰るなり、その瞬間だけ楽しんだりしてくれればOKです。



ただ、なぜこんなブログを書いたのかというと、自分でもよくわかりませんが、今回のオーバースマイルは、頭がショートするくらい考えて稽古に臨む価値のある作品だということです。



僕はこの作品、大好きです。


初めて観る方、何度もオーバースマイルを観ている方、多くの方が楽しめる作品だと思います。



たくさんの人に観てほしい、たくさんのひとが楽しめる作品です。


こういう脚本、作品に関われて、とっても幸せです。



明日は最後の稽古!


頑張ります!!





Ameba人気のブログ