彫金 覆輪留めのリング

テーマ:


前回、ブローチの台に覆輪留めの枠をつけて石を入れたのですが、今回は石に合わせた土台から作ってリングを作成しました。
あらかじめどんなデザインで作りたいのか考えてくるように言われていて、石枠を上下で押さえるタイプのデザインにしました。
石は真ん丸のグレームーンストーン。
光が当たるとシラーが綺麗に入ります。
光っていないときはグレーなので、枠のシルバーと同化してかっこいいです。


ちょっと枠の高さが高すぎたんですね。
だから、石はちゃんと固定されているんですが、石との間に隙間ができたようになってしまっています。
次回作るときにはもう少し石枠の高さを考えないとダメです。
でもこのデザインはすごく気に入っていて、出かけるときに良く着けてています。





引用元:彫金 覆輪留めのリング

彫金 透かしブローチ

テーマ:


この作品は板を糸鋸でくりぬいて透かしを作る練習です。
まだブローチを作ったことがなかったので、ブローチを作ることにしました。
デザインは自由に書いていいということだったので、羽っぽくしたかったんだけど、細かくくりぬくのが難しくて、おおざっぱになってしまって、羽なのか葉っぱなのかよく分からなくなりました。
本当は次の課題が覆輪留めだったのですが、ここにどうしても石を入れたくて、覆輪留めも一緒に教えてもらいました。

ここで一つミスしました。
シルバーを使っているので、本当はブローチの裏にsilverという刻印をするのですが、石枠をつけるときに間違って裏側に付けてしまい、刻印が表に来てしまいました~。
もう~初心者あるあるですね・・・。
まぁ自分で使うからいいけど、次回は気を付けます。


覆輪留めは石を入れた後にタガネという棒の先を枠に当てて、棒の反対側を金づちでたたいて少しづつ石を押さえていく技法ですが、まぁ~どこをどのくらいの強さでたたくのかわからなくて、全然石が留まらなかったですね。
先生がお手本でやってくれたんですけど、タガネの動かし方が細やかでリズミカルにたたくんですよ。
私も真似しようと思うけど、たたこうとするとタガネを持っている手に力が入ってしまって、上手く動かないんです。
ほんの数ミリずらしたいんだけど、大幅にずれたところにタガネが動いちゃったりして、タガネの先を見ながら打つから、金づちが空振りしたりして、全然うまくいきませんでした。
結局ある程度倒した後、最後のところは先生がやっている様子を見て留めてもらいました。
結局先生に石を固定してもらった形になったのですが、先生がやっている様子を見るのもとても勉強になります。
道具の持ち方、動かし方、角度、強さなど、見ながらじゃないとわからないことも多いです。
生徒さんがよく「理屈もわかるし、イメージもしているのに手がその通り動かないんです」っておっしゃっていましたが、まさにそんな感じです。

それから、ブローチピンの部品をロウ付けするのも難しかったです。
半分ロウを溶かしておいてそのあとパーツを押さえながらバーナーでもう一度あぶるというものですが、「パーツが小さいので熱しすぎるとパーツが溶けますから気を付けけてね」っていわれたら、ビビっちゃってなかなかつかず・・・
これも経験していかないとコツが掴めませんね。

後で気が付いたんですけど、ブローチピンの隙間にチェーンを通すとネックレスとしても使えちゃうんですよ。
これもなかなか良くて、ネックレスとしても着けて出かけています。





引用元:彫金 透かしブローチ

彫金 板と線のピアス

テーマ:


彫金はここからは板と線を使うというだけで自分の好きなものを作っています。
この時はピアスを作ることにしました。
板の上に線を乗せてくっつけるロウ付けの練習です。
先生にお願いして玉を作る方法を教えてもらって、玉も付けてみました


板が長いのにフックも長いと間延びしたようなデザインになってしまうので、フックはあまり長くしませんでした。

板の部分はフロスト加工して、ちょっといぶし銀にしてあります。
線のところだけ磨いて光らせています。
着画はこちら。





引用元:彫金 板と線のピアス

彫金:2つ目のリング

テーマ:


彫金の2つ目のリングは縄目模様で、いぶし銀です。
前回のリングはロウ付けが1か所だけでしたが、このリングはたくさんするところがありました。
男性でもつけられるようなかっこいいデザインですね。
これも先生のデザインを私サイズに作っています。





引用元:彫金:2つ目のリング

12月から始めた習い事

テーマ:


今年の初めだったかな、「昨年末からずっとやってみたかった習い事を始めました」って書いたら、生徒さんとか見てくださっていて、何を始めたんですか?っていろんな方に聞かれたんです。

実は、彫金を習い初めまして、毎週習いに行っております。
仙台にいるころも教室がないか探したのですが、私がやってみたい内容の教室がなくて、あきらめていたんです。
せっかく関東に移り住んだのだから、電車で東京にも行けるし、ちょっと遠くても習いに行ってみようかと教室を探したところ、3キロくらいしか離れていないところに素敵な教室を発見!
もうすぐに電話して体験教室に申し込んで、先生の作品や教室の内容を確認して、その場で申し込みしてきました。

私がやりたかったのは、ロウみたいなワックスをを削って形を作る鋳造系ではなくて、金属の板を切り出したり、たたいたりして作品を作ることをやってみたかったんです。
ワックスで作る技術もいずれ教えてもらうんですけど、最初は地金を使った技術が習いたかったんです。

思ったより力がいるし、バーナーの火加減とか難しくて、まだよく分かっておりませんが、カリキュラムに従って作品が出来上がっていくのはわくわくします。
自分が作ったものを身に着けて出かけるのも楽しいんですよ。
出来なかったことができるようになるのって面白いですよね。

どんなものを作っているんですか?って質問もあったので、出来上がった作品をご紹介します。

最初は糸鋸の使い方で、ひたすら銅板に書いた図形通り切り抜くというものをやったのですが、その次からは指輪を作りました。
これは初めて作った指輪です。


シンプルなんですけど、糸鋸で線を入れたり、やすりで削って面の角度を変えたり、表面を磨くためにひたすら紙やすりで磨いたりと、簡単そうなんですけど、結構時間がかかります。
線が濃いところと薄いところがあったりするのですが、形になったことが嬉しいですね。

デザインは先生が考えたデザインを自分のサイズで作っています。





引用元:12月から始めた習い事


オーダー品3つのうちの最後の作品が完成しました。
この作品は鯨歯細工をただペンダントトップにするのではなくて、以前作ったアロマオイルを含んだコットンを入れておくワイヤーバスケットを裏側に付けてほしいというものでした。
鯨歯細工とバスケットが送られてきて、そこに図が付いていたのですが、「おぉぉ!なかなかの難題だぞ!」っというのが正直な気持ちでした。
まず、アロマポットをつけるということはアロマオイルがしみ込んだコットンがワイヤーにつくということなので、変色するようなワイヤーは使えません。
必然的にステンレスが一番いいよねってことで材料は決定。
穴がいっぱい開いている鯨歯細工をどうやって固定する?
鯨歯細工をペンチでちょっとガリってしちゃったら壊れるでしょう・・・(; ̄ー ̄A
ステンレスの切り口で傷つけないように気を付けないと!

さらに、バスケットは丸くて胸に当たった時に転がるから、鯨歯細工をつけたときに細工がちゃんと正面を見てくれないかも、などなど不安材料がいっぱいでした。


でも、バスケットを裏につけるんだから、とにかく胸に当たった時に転がらないようにバスケットの形を少し平らにして転がらないようにしました。

次にどういうラッピングでペンダントトップにするかを決めました。
今回は裏側にバスケットをつけるので、裏側はすっきりさせたいなということで、爪留めに決めました。

バチカンをどうする?
通常、爪留めはフレームでバチカンを作っているのですが、アロマポットにバチカンが付いているんですよね。
それを利用するほうが綺麗にできるでしょう。
そうすると、爪留めのフレームは丸く輪が開かないようにしなくてはいけません。
細工が華奢なので細いステンレスワイヤーで輪が開かないようにするために、今回は芯のステンレスワイヤーの輪をロウ付けで閉じました。
こうすることで、細くても強度が増しました。


私が、今回一番恐れていたのは、爪を倒す時に挟みすぎて鯨歯が破損させてしまわないかということでした。
そこで、一番リスクがない形で固定する方法を考えました。
爪は細めに作って、上から抑え込んで固定するのではなくて、鯨歯の模様の穴に入れるというもの。
爪は左右対称のほうが綺麗なので、なるべく左右対称に作りましたが、穴は左右対称に開いていないんですよ。
だから、近くの穴に入るように少し爪の角度を変えて倒してセットしました。
それでも最後のちょっとはペンチで押さえないといけないから、緊張したわ~!
何とか綺麗に収まり、爪も全体の雰囲気を邪魔しない太さになったと思います。

こんな感じで穴に入り込んでおります。


心配していた胸につけたときのゴロゴロ感ですが、ちょっと平らにしたことで安定して全面を向いててくれます。

横から見るとこんな感じ。
トルソーは胸がまっ平だからそれでもちょっと浮いたように見えますが、人間の体につけるとちゃんとしっとりと安定してくれます。





引用元:鯨歯細工とワイヤーのアロマポットの合体


今日は教室でした。
前回の続きを完成させて、もう一つ同じものを作るのに、モチーフを何度も練習されてきました。
上手くできなかった場所はちょっと修正するだけで綺麗な渦巻きにすることができます。
周りへの石の巻き付けは次回までの宿題です。



次の課題に入りました。
めがね留めです。
これが今日作った初めてのめがね留めですが、すごく綺麗にできていますよね!
輪の大きさも左右の巻き回数も同じです。


めがね留めは、ワイヤーを長いままで作っていくと無駄が少なくていいのですが、ビーズ屋黒猫では短いワイヤーで作れるようになってから長いワイヤーで作る方法を教えています。

綺麗に作るにはくるくる巻き付ける前につくる輪が綺麗にできているかどうかが決め手です。
ビーズの穴の延長線上にちゃんと円がまっすぐ隙間なく乗っていて、左右の大きさが同じことがポイントですね。
ここがうまくできていないまま巻き付けてしまうと後から修正することができません。

巻き付ける前に輪を作る練習をしましたよ。
「難しい~」って言いながら、こんなに綺麗にできていますうよね。


一生懸命作っています。
細かいものが見えないという方には、拡大鏡付きのスタンドを使って作っていただきます。





引用元:教室の様子とめがね留め


オーダー品2つ目。
ガラスのアロマポットをラッピングしてネックレスにというご要望でした。
ガラスの真ん中にあるポケットに香りを含ませたコットンを入れて持ち運ぶためのアロマポットですね。
これをワイヤーで包みました。


トップの上部にはハートの中に渦巻きを入れてみました。

今回は、精油を使うので、それがついてもワイヤーの色が変色しないものがいいと思って変色しにくいステンレスワイヤーで包んでいます。
そして、このデザインにしたのには4つ理由があります。

1)ガラスの表面に引っかかりがなく、つるんとしているので、全体的にホールドして押しても引いてもしっかり固定されていること。
2)洋服に引っかからない事。
3)ガラスの丸みを感じられるデザイン。
4)ガラスがぶつかっても割れないようなプロテクターのような役割を持たせる

こんなことを思って作りました。


このガラスはカボション型でそんなに高さもなかったので、爪留めもできたのですが、カボションが結構大きめで爪も大きくなることから、洋服に引っかかりやすいかなと思って止めました。
全体的に包むようなデザインで丸みを生かして3点留めの変形型のデザインにしました。


枠の中にガラスを落とし込んで、裏に作った底部分にガラスが当たるようにします。
底の部分の枠は、表から見たときに目立たないようになりべくガラスの縁に沿うように作っています。


周りのフレームがプロテクターのようにガラスを守ってくれるので、ぶつかったり落としたりしてもガラスの縁がむき出しになっていない文割れにくくなったんじゃないかなと思います。

こちらが着画。


オーダーしてくださった方は仙台でお店をやっているときからのお客様なのですが、香りを販売されている方です。
この香りは香水やただの精油(アロマオイル)ではありません。
精油の香りを長持ちさせる調合を研究され、独自の調合により通常すぐに飛んでしまう精油の香りを15時間持続させることに成功されました。
香水と違ってアルコールを使わず、精油そのものの香りを心地よい香りを長時間楽しめるので、化学薬品の匂いが苦手という方にも人気です。
詳しい内容はこちらで見てみてくださいね。
Rhodopis





引用元:ガラスのアロマポットのワイヤーラッピング


5月とは思えないほど暑い日が続きますね。
昨日は町内の運動会で午前中にお手伝いに行ってきたのですが、帰宅後ドッと疲れが出て頭痛がしてきました。
炎天下だったので、頭が熱くなりすぎてしまったようです。
午前中だけだから大丈夫だと思ったんですが、強烈な暑さでしたね。
皆さんもお気を付けくださいね。

さて、今日はネックレスに仕立ててほしいという品物を3つお預かりしました。
そのうちの一つ鯨歯で作った菊ですね。
小さい菊でこれをワイヤーでラッピングしてほしいということだったんですが、どのようにラッピングしようか悩みました。


結構小さい割に高さがあるんですよ。
爪留めしても3点留めにしてもどちらも菊の模様を邪魔してしまうんですよね。
菊が綺麗に見えない、どうしよう・・・。
そして、ひらめいたのは綺麗に見せるためにはワイヤーのラッピング技法にこだわる必要ないんじゃないのってことでした。
この鯨歯の菊は一つづつ穴をあけてあるんですね。
だから、淵に一番近い穴にワイヤーを通して固定すれば落ちる心配がありません。
でも、その穴を起点にバチカンを作った場合、重量がその穴だけにかかった時に欠けてしまう可能性があります。
そこで、ぐるっとフレームをつけて、そのフレームにバチカンを付けました。
そうすることで、バチカンが引っ張られたとしてもフレームに加重されて鯨歯そのものには圧力がかかりません。
このフレームの中に鯨歯細工が収まっているように固定すればいいわけです。


裏から見るとたくさん穴が開いている様子がわかると思います。
中心は円柱のような形のもので真ん中に途中まで穴が開いていたので、もしかしたら、ここに接着剤何かの固定できるような細工になっているんだと思います。
裏側はフレームの下で鯨歯細工と渦巻きを一緒に留めて、鯨歯細工がきちんと固定されるようにしています。

小さいのでラッピングは表に渦巻きなど作らずシンプルにしました。




引用元:鯨歯細工のオーダー品