Happy new Year!

 

家庭内バイリンガル教育を応援するモス幸子です。

さて、みなさんはお家でお子さんに英語で

話しかけていますか?

世の中便利になったもので、

今はYouTubeで無料で英語の子ども向け番組も

簡単に観られますが、

付けっばなし、見せっぱなしに

していませんか?

 

前にもお話しましたが、

大事なのは親が一緒に英語学習に参加することです。
 

子ども向け番組の代表”Sesame Street“は、

アメリカだけでなく全世界でお馴染みの長寿番組で、

YouTubeでも視聴できます。

子ども向け番組にも関わらず一回の放送で使われる

語彙の数が膨大で、番組を見て育った子と

そうでない子とでは学力の差が現れる、

という研究結果も出ているほどです。

 

また子ども番組でも現代の問題や宗教的な

内容を絡めたりと、日本のものと視点が違って大人
でも面白く観ていただけるはずです。
 

YouTubeチャンネルでもう一つ

ご紹介したいのが、

日本に住んでいるアメリカ人ママの

アイシャさんという方による

「バイリンガルベイビー」というチャンネルです。

 

彼女はもちろん英語ネイティブですので

お子さんには英語で話しかけていて、

全ての会話が英語と日本語の字幕入りなので

とてもわかりやすいというのが

バイリンガル教育の視点からは一番の

おすすめポイントなのですが、
さらに注目してほしいのが話しかけの内容です。

 

彼女は献立やお家のインテリアのアイデアなど、

常に子どもに質問のシャワーを浴びせ、

選択肢を与えています。

 

子どもの頃からこうして瞬時に選択する能力は、

日本の教育ではなかなか育てるのが難しいかと思いますので、

ここはご家庭で強化していける部分ではないでしょうか。

 

質問の仕方については次回詳しくお話したいと思います。


最後に、今回も読み聞かせにお勧めしたい絵本を

ご紹介します。

 

”GoodnightMoon”「おやすみ おつきさま」という定番の絵本です。

Goodnight Moon

 

日本語版も浸透してますので

ご存知の方も多いと思いますが、

だからこそ是非英語で読み聞かせに
チャレンジしてみて下さいね。

 

うちの息子は各ページに出てくるネズミを探す
のが大好きで、

読み聞かせの際に

”Where is the mouse?”

という質問ゲームを何百回もさせられました。

 

絵本は、その時子どもが興味を示さないからといって
諦めないで下さい。

何ヶ月か、また何年かしてやっと興味を示すということが
よくあります。

その時の子どものブームに付き合ってあげて下さいね。