こんにちは。

沖縄名護教室講師

金城日菜です。

 

昨日は中学生と高校生との授業でした。

 

私は授業の冒頭で、

何気ない会話を少しして

 

ウォーミングアップというか

空気を和ませる時間を必ずとるように

心がけているのですが

 

この時に高校生の子が

夏休みのある日、友達と思い立って出発した

ママチャリ大冒険の話を聞き

 

ツボにはまり大爆笑して

授業に切り替えるのが大変だった

 

金城でした。笑い泣き

こんな子ども達との時間が私は大好きだなぁ~~と

再確認できた時間でもありました(^^)

 

 

授業では

職業を分類するワークなどをやりました。

 

そしてその後

「これをやってみて、何か気づいたことある?」

と質問。

 

私が想像していた答えは

 

「自分はこの分野の職業に意識があるんだと思った」

「人をきれいにする仕事が思いつかなかった」

「仕事はいろいろな内容を含んでいて

職業の種類は分けにくいんだなと思った」

 

↑こんな感じを予想していました。

 

しかし、全く違う返事が

返ってきたんです爆  笑

 

 

高校生の答えは

「これからの時代、AIの進歩や

伝達の方法が変わっても

人と関わる仕事は、残っていくんじゃないだろうかと

思いました。」

 

この回答にワクワクして嬉しくなった私は

「でもさ、配達の仕事なんかは自動運転が

実用可能になれば、宅配や出前や郵便なんかの

運ぶ分野の仕事は、もしかしたらなくなると思わない?」

 

すると

「うん、それはそうかもしれないです。

でも、自動運転が可能になったとしても

事故が起きたら責任をとるのはロボットには

できないし、相手の気持ちを汲み取ることや

人とのやりとり、に関する部分はやっぱり人間じゃないと

だめだと思いますね。」

 

おねがい

このワークでこれを考えられる

子どもの力ってすごいし

 

この子のものごとを純粋に捉える力

自分の考えをアウトプットする力

感動させられました。

 

そして、一緒に学んでいる中学生の弟君は

少し人生を長く生きている

お兄さんの話をよくきいていて

きっとたくさんのことを吸収しているのです。

 

こんな会話は家ではなかなかできないことかもと

考えると、この家族の大切な時間を共有できることに

また感謝があふれる時間でありました。

 

 

 

金城