カルマの解消に散歩!

テーマ:

こんにちは

 

今日は、何もする気が起きないとき

 

少し気分が落ち込んでいるときにできる

 

カルマの解消法をお話します。

 

日本には、”犬もあるけば、棒に当たる”ということわざがあります。

 

これは、膠着しているカルマが、現象となって現れ出ることに例えられます。

歩く → 棒に当たる

因果関係です。

 

実は、カルマに打ちひしがれているときは、もう一つ、じっとそこにとどまるというやり方と

アクションを起こしてそのカルマをガス抜きするという方法があります。

 

じっととどまるというのは、大変根気がいりますが、効果があり、

例えば、座禅ですべての行動、思考を停止するという方法です。

これは、実は最終目的というか、

エゴ体としての身体を超越し、エゴが持つ特有のカルマを

超越していく究極の方法です。

 

しかし、これができるまで練習するのは、いわばライフワークに近く、

本当にカルマの仕組みを納得し、超越したいという強い、強い信念が必要です。

 

それに対して、

今日のお話は、カルマをガス抜きのように、少し揺らしてみる方法です。

こちらは、いたって簡単。

ただ、将来には、是非、座禅のようなカルマを根本から解消する方法にも挑戦してください。

 

さて、一番簡単なガス抜きは、散歩に行くことです。

散歩に行くと、まさに、犬も歩けば、棒に当たるごとく、じっとしてた時にくらべて、エゴ体がもつカルマが

いくら余計に現象となってくれます。

 

知っている人に会って、挨拶できたり、

道行く人を見て、何か発見したり、

自然についての気づきがあるかもしれません。

 

これら、どんな種類の出来事も、カルマのタネが、現象として自分に物理的な影響を

与えた結果です。

 

そして、カルマが現象として認識されたら、カルマは解消します。

 

本山博先生はこれをたとえて、

炭酸飲料水には炭酸(カルマ)が含まれ、栓を開けると徐々に気体として外気に散っていき、

ついには、それは完全に飲料水からなくなる。

と言っています。 揺さぶれば、より早く炭酸が抜けますよね。

 

もし、今なにか嫌だなと思うことがあり、膠着状態が続いていたら

散歩に出てみてください。

きっと何か気づきがあることでしょう。

 

それでは、皆様の幸福をお祈りしています。