ある企業の方針から その2 | キャリア・カウンセラー札幌のブログ

キャリア・カウンセラー札幌のブログ

キャリア・カウンセラー札幌の活動内容やキャリア・カウンセラーとしての雑感を記載しています。

ある企業の社長方針からの抜粋です。

 

改革にあたっては「やってみよう精神」を合

言葉に、成功の可能性があれば「やってみる」。

失敗と判断したら「速やかに方向転換する」。

すなはち「トライ・アンド・エラー」を絶え

間なく繰り返してまいりました。

その結果、当社はこの度、今後の成長を具現

化するために、「お客様の暮らしに役立つお

店」を基本的な考え方とし、「接客文化の浸

透による営業力の強化」、「新規顧客の継続

的増加」、「暮らしに必要な実需商品の拡大」

、「調達改革による低価格・高粗利の実現」

、「独自のデザイン及びコンテンツの追求」

、「店舗の大型化による1店当たり売上の増

加」の6つの行動指針を策定しました。

これらを遂行することで、新たな3ヵ年の中

期経営計画(平成30年2月期~平成32

2月期)を達成していく所存であります。

 

この方針は事業の展開において我々の法人と

似たようなものを感ずる。

やってみよう⇒失敗と判断したら「速やかに

方向転換する」⇒行動指針(我々は大きくは

2つ)。

ただ、未だないのは中期計画か。

いずれ何かの機会に、このことを考えてみた

い。

ここ数年間の活動は、リタイア後の自由時間

の活用(仲間も似たような境遇で同時に活動

可能だった)で自由自在にやってきた。

そして、活動力や活動両の向上の効果を充分

に発揮してきた。

今後も、この活動の維持拡大が出来れば、中

期的にも成功できるであろう。