水素水が「がんに効く」などと効能をうたって

販売した業者が逮捕されたという記事が載って

いました。世の中にはこの文脈によく似た話が

溢れています。

小林麻央さんが表参道の水素風呂に入ったとか

誇らしげに記載している医療機関のサイトも見

受けられます。

また、ビタミンCが「がんに効く」ということ

を大々的に標榜している医療機関もあります。

これらの共通点は活性酸素種を消去するという

性質をもっている点です。

現在の抗腫瘍治療に用いられる抗がん剤や放射

線などは活性酸素種 / フリーラジカルを介して

細胞毒性を発揮することが知られています。

そうするとすごく単純に考えると、水素水や

ビタミンCなどの還元作用の強い物質は、がん

治療を妨害することになります。

ちなみにビタミンCについては還元型と酸化型

があり、体内に入った元々の還元型ビタミンC

は急速に酸化を受け酸化型ビタミンCに変わり

この酸化型ビタミンCはグルコースとよく形状

が似ているため、がん細胞が間違えて取り込み

抗癌剤の代わりを果たすという仮説があります。

しかしながらビタミンCは体内で合成できない

非常に貴重な物質でありヒトではリサイクル

して使用するべく、酸化型を還元型に戻す働き

が肝臓で行われています。

ということは結果的に大量のビタミンCが投与

されると尿から排出されるまで肝臓でのリサイ

クルを繰り返し癌細胞自体の保護に役立つこと

および肝臓への負担が生じることが想定されま

す。

このように「がんに効く」というメッセージの

中には論理的には逆の作用を持つものもあり、

注意する必要がありますね。

 

AD