エピゲノムの変調と修復

テーマ:

エピゲノムとは、ゲノムの配列ではなく、

ヒストンの脱アセチル化やDNAのメチル化

のような化学修飾により規定される遺伝情報

のことでした。

このエピゲノムの変調ががんだけでなく生活

習慣病や各種神経精神疾患の原因の一つであ

ることもわかっています。

一方、妊娠中の母体が極端なダイエッターで

あった場合、生まれてくる子供が太るという

ことが知られています。その原因として低栄

養状態で胎児期を経過することにより、胎児

のエピゲノムに変調が生じ生下時に脂肪を蓄

積するような代謝が優位となることが最近の

研究で判明しました。おそらく胎児は生まれ

てくる環境が生残に厳しいものになるであろ

うことを感知し予め代謝系を修飾したことに

よるものと推定されています。

 

しかしエピゲノムの変調は継続するわけでは

ないようです。普通の栄養状態で育った子供

は数年で正常なプロポーションに戻ります。

 

ということはエピゲノムの変調で生じる疾患

ももとに戻る可能性があることが考えられま

す。現時点でどのような環境の変化により、

その変調が修復されるのかについて全容は解

明されていません。

今後、適正な環境の個別最適化が進むことが

期待されます。

 

 

 

 

AD