侵攻性の悪性リンパ腫の標準治療は抗がん剤

+標的薬です。放射線治療は併用する場合も

しない場合もありますが、もし併用する時は

IFRT(病変のある領域をすべてカバーする

超広範囲照射野での治療)となっています。

最近、悪性リンパ腫の放射線治療はPET-CT

などで確認された病変のみに限局した高品位

照射(ISRT)が勧められるという報告が見られ

ます。ただしその場合でも全身治療である抗

がん剤+標的薬を省略できるわけではありま

せん。

7年前に標準治療を拒否した侵攻性悪性リン

パ腫を経験しました。

たまたま成功した例であり、今でもこの方法

をお勧めする根拠はないことをお断りしてお

きます。

でもこの方が治ったのは事実ですし、今日、

電話で元気なお声を聞き、これでよかったと

安心しました。

やはり、

自分のがんを治すのは自分自身なのだと

いうことを改めで感じました。

 

 

症例 50歳 女性 悪性リンパ腫 ステージ2

3年前 左鼠径部腫大 生検実施するも放置

次第に増大しCTなどで複数のリンパ節腫大

生検にてML(DLB)、標準治療として抗がん剤

+標的薬勧められるが拒否

当院初診

 

PET-CTにて腹部-骨盤部のリンパ節腫大確認

標準治療がR-CHOPであることを再三説明す

るも拒否され、放射線単独での治療を希望

 

全病変に43.3Gy/13回3週のIGIMRT(画像

誘導下強度変調照射)

 

6か月後 PET-CTにてCR

sIL2R(腫瘍マーカー)

治療前2640 → 3か月後258(正常)

7年経過後も無再発生存

 

 

図 IGIMRT線量分布図

IFRTでなくISRT用の分布が選択されている

 

 

図 治療前 PET-CT

 

腹部大動脈以下の多発リンパ節腫大(水色矢)

中央に正常膀胱の取り込みを認める

 

 

 

 

図 治療6か月後PET-CT

病変の完全消失を認める

正常な心、腎、膀胱への取り込みのみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD