信託銀行から払い戻しをしてもらうために、必要な書類を集める必要があります。

めんどくさいのは、故人の戸籍謄本の提出ですが、平成30年から「法定相続情報一覧図」というものができて、法務局で発行してもらった紙一枚あれば、その代わりとなるのだそうです。

銀行2行と税務署に提出するであろう戸籍謄本がこれで代行できるとは、なんと便利な制度であろうか。



戸籍謄本、住民票、自分で作成した一覧図、申請書を携えて大田原の法務局へ行きました。窓口に「法定相続情報証明書はこちら」という窓口に行くと、
「以前に窓口に来られましたか?」(いきなり来るやつはいないらしい)
「いいえ、でも書類は揃えてきました」
「(書類を精査して)はい、受け付けました。できあがるのはあさって7日の水曜日なのでまたお越しください。これらの書類はお返しします」
「えっ、そんなにかかるんですか。明日帰ろうと思ってたのに」
「郵送しましょうか?重要書類なので書留料金と封筒が必要です」
封筒は法務局のを貰えることになったものの、「切手はそこの角を曲がって、コンビニで買ってきてください」
「えええー」
ここまで来たら受け取って帰りたい、水曜の朝またくることに予定を変更。

朝早く来るからと念押しして、よろしくお願いしますと言って一旦帰宅しました。
なかなか道は遠いのであった。