伏見稲荷

テーマ:
お彼岸に行きそびれたお西さんの大谷本廟にお参りしてきました。今日明日が報恩講という催しで、参拝者が多かったです。いつもと違う礼拝堂でお経をあげてもらいました。
 
その後伏見稲荷に行ってみようというわけで、京阪に乗りました。
平日なのにこちらのほうもすごい人出で、外国人観光客の多いことと言ったら、驚くばかりでございます。
 
参道の焼き鳥屋にはあのウズラの姿焼きがありましたよ。「国産 スズメ焼き鳥」は店内お召し上がりのみで、店頭販売はしていなかったのでした。食べる勇気はないものの、見てみたかったわ~。

千本鳥居の山道が幻想的で異世界に誘われるようです。狐の魔力かな?

 

池まで来たところで疲れてきたので、戻りました。

 

おみやげに狐せんべいを購入。

 

お昼は京阪モールで麻婆豆腐定食。

 

朋あり遠方より来る

テーマ:

今朝、ダンナの友人がポール・マッカートニーのチケットを取りにうちへ来ると聞いた。 「昨日言ったじゃないか」 「覚えてなーい」 掃除もしていないし、コーヒー出すにも客用のカップもないが、ままよ。そのまま出かけました。

 

 帰宅したら、ダンナが3500円もするカップを一客買ったというじゃありませんか。

image

 

 「高いんじゃない?二組くらい買えそうだよね?」 どうも値段を見間違えて高いの買ったらしい。おかげで現金が足らず、チケット代金の18500円の釣銭を用意していたのに手を付けてしまう。 

 

 

さてそのころ友人はナビが古くて、車がなかなかたどり着けないまま、いたずらにぐるぐる回り続けていたそうな。 

「いま近くにいるんだけどわからん」 

「でかいマンションあるからその前で待っててくれる?そこまで歩いていくから」 

「あのー、今○○兄弟社ってとこにおる」 

「それやったらマンション通り過ぎたな、じゃその先の交差点のミニストップで待って」

 「あー、あったあった」

 

 すったもんだでようやく家に来たというのに、友人は忙しいのでと家には上がらず、お茶も飲まずに帰っていった・・・・。コーヒーカップはどうなった。 チケ代2万円を受け取ったのですが、おつりがないというと、釣りは後でよいというではないですか。ほんとにすみません。 

 

部屋へ戻ると肝心のチケットを渡していないことに気づく!! 今日一日かけて何してたんだろうね!おじいちゃん二人の行く末が心配です。 

 

電話で話をして来週神戸で落ち合うことにして、チケットとおつりはその際に渡すことになりましたとさ。

落語家の桂文喬さんは、ダンナの学生時代の同窓生という縁で、昨日の大阪天満繁盛亭の独演会に呼ばれておりました。

そのお土産が紅白まんじゅうでして、久々にもらいましたわ~。

おめでたいことのお裾分けありがとうございます。

 

 

文喬さんのお弟子さんに山本真由美(桂喬香)さんという方がいらして、話題の映画「カメラを止めるな」の主題歌を歌っているそうです。落語家ではなく歌でブレイクしてしまうのですね。