断酒てへ日常

断酒てへ日常

断酒を続けること、そのために断酒例会に毎日出席を続ける日々

 断酒会でいろいろな人の体験談を聞いていると、まあそれはいろいろな人がいます。すんなり断酒が継続しているかと言う点でもその違いはあります。その中でも断酒する意思はあってしばらくは断酒が続くのだけど、何かのはずみでついまた飲みだす。そしてまた断酒に戻る、と言ったことを何度も繰り返す人たちがいます。再飲酒のたびに入院する人もいて、何回となく入退院を繰り返すことになります。

 こういう人たちの家族はかなりつらい思いをするようです。「ああ、やめてくれている」と、喜んでいるとまた飲みだすのですから、裏切られた感が強いのでしょう。家族の人たちの体験談での嘆きは半端ないものがあります。

 

 どうして、こんなことが起きるのでしょうか。私は幸いにも、医療につながって断酒を始めてから一度もスリップすることなく現在まで来ていますので、スリップの繰り返しと言う経験はありません。ですから、なぜかを推定してもあくまで仮説にすぎないことをご理解ください。

 

 どうやら、何度めか少なくとも2回目以降のスリップでは、「つい飲んでしまった」そんな風に語られることが多いようです。どうやら何が何でも酒を飲まないでおこうという強い意思が感じられないのです。そこには飲んでもまた止めればいいだろう、と言った意識が感じられます。また止めればいいというのはそれほど止めるのに苦痛を感じないと思っているのでしょう、また以前にも止めたことがあるのですから、以前止めたときそんなに辛くなかったから、「また止めれば」と思うのでしょう。

 

 止める時の苦痛はさぞかしその人の体質などによるのでしょう。そして再飲酒~再断酒のプロセスを苦痛と感じないなら、スリップの繰り返しは何度でも繰り返されるということになり、家族の嘆きはますます深くなっていくのでしょう。

 医学的には、少量でも飲酒を続けることによって、脳収縮をはじめとする体各部へのダメージの累積がどんどん深くなっていくのは間違いないのですが、そんなことは飲酒者にとっては何の抑止力にはなりません。

 

 スリップ癖とでもいえばいいのかそんな人たちに癖がつかないようにすべきなのでしょう。おそらく断酒を決意して断酒しその後の最初のスリップにおける経験がもう二度とスリップしたくないとなるのか、またスリップしてもまた止めればいいになるのかの境目なのではと思います。

 

 最初のスリップこそ避けなければならない、と言う事なのでしょうか。失敗してもまた挑めばいいというものではないという事なんですかね。となるとやっぱり断酒は難しいものですね。


 ランキング投票用のバナーはサイドバーに設置してありますが、リンクもつけておきます。

クリックいただけると励みになります。