リブログです。”内部告発!猫カフェMOCHAの杜撰な管理体制” | CatSocion*啓発活動中

CatSocion*啓発活動中

幸せを待っている猫のために・・・


テーマ:

ワタシ自身が調べたことではありませんが、

バルボウイルスによって、子猫何匹も死に至り、

著名な猫カフェ「MOCHA」が関東全店をしばらく閉店にするそうですね。

 

 

このブログで、内部告発をまとめていらっしゃいます。


 

 

大阪心斎橋店には、2016年12月末、

オープン間もなく、

偵察に行ったことがあります。

 

画像はその当時のものです。

 

 

 

豪華な内装に、

こんな資金はどうしたんだろう?

ブランド猫はどこから来たんだろう?

と、疑問ばかりの猫カフェで、

怪しいニオイは今だから言えるのだけど、

(身内には伝えてました)

プンプンしてました。

そして、やっぱり!ということです。

 

 

 

 

 

店内は、かわいいブランドの子猫ばかり15匹くらいいました。

 

 

ワタシたちの経験から、

子猫の飼育は、本当に大変です。

急病には、毎日、自宅と病院の通院で24時間振り回されます。

 

 

きっと、裏では大変なんだろうな〜と思っていましたが、、、

この子猫たちは、病院にも連れて行ってもらえず、

 

店内感染で、たくさん亡くなっていったそうです。

 

 

この子達は、どうなったのかなぁ?

 

 

 

パルボウイルスは、最も、恐ろしいウイルスですが、

ワクチンをしていれば、防げたはず。

3種ワクチンに入っています。

 

何故!?

ワクチンをしていなかったのか?

 

ワクチン接種をしていない子をお店に出したのか?

 

たった、2〜5千円のワクチン代をケチったのです。

 

めまいがするくらい、腹が立ちます!

悲しい涙より、悔しい涙がでます。

 

 

また、

パルボ菌は強いので、ちょっとそっとでは、消滅しません。

 

外から自宅に持って帰る場合もありますので、

大人猫さんにも必ず、ワクチンをしてあげてください。

 

 

ワタシのまわりの保護猫カフェさんは、

きちんと管理をされてから、

猫を店内に出されています。

 

 

ビジネス本位の

ブランド猫カフェは、

どこか、

ペットショップと同等の意識や思考があるのでは?

 

 

以前より、ブランド猫の猫カフェと保護猫カフェは、

天国と地獄ほどの差があると言ってきましたが、

今回、このMOCHAが噂とおりであれば、

実証されたことになります。

 

 

ペットショップ、

ブランド猫の猫カフェ、

いりません!

 

 

 

 

catsocionさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス