一定の心を保つために | 一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子のインナービューティーライフ
2019-01-30 23:12:52

一定の心を保つために

テーマ:インナービューティーライフ

皆さま、こんばんは。

ご無沙汰しております。

日本プロトコール・マナー協会の船田でございます。

 

ご無沙汰ぶりの更新ですのに、この始まりはいかがなものかと存じますが、

わたくしは、導線が短いところがございます。

たびたび、意外ですねと、言われますが・・・

 

気が短いのは子供のころからの性質でして、ですから、

どうものんびりしている方とお付き合いしますと、どこかイライラする傾向にございました。

 

ですが、この仕事をはじめ、自分の立場を考えますときに、どのようなとき・人と接するときであれ、

一定の心であることが大切だと、常に肝に銘じ、改善してまいりました。

 

しかしながら、講座・研修・執筆・打ち合わせをはじめ膨大かつハイクオリティを求められる仕事が重なり、

あちらこちら飛び回っている日々が続き、徹夜も多くなってまいり、

すっかり立場にあった心を保てていないことに気づきました。

昨日の朝方4時過ぎでした。

 

振り返りますと、最近、自分の心のコンディションを保つために大切にしておりました習慣を

すっかり忘れておりました。

 

心がギスギスするとき、心に余裕をなくするとき、

わたくしは美しい言葉に触れることで、ホッとし、心の角が取れるという特徴の一つがございまして、

毎晩、美しい言葉に触れたり、綴ったり、紡いだり、そんなことを習慣とし、均衡を保っておりました。

 

ところが、ここ最近、その時間さえとることができず、その時間は少しでも睡眠の時間に充てるよう

にしておりました。

 

一番大切にしておりました筆まで無くしてしまっておりました。オーマイガー!

 

睡眠時間を削ってまで働いたり勉強したりと起きていることは決してよくないことです。

でも、もし、その睡眠時間を削ってまでも、自分がいきいきといられるのなら、

それは必要な時間だと実感しております。

 

わたくしにとり、美しい言葉は、心を変えてくれる、そんな大切な存在です。

そのようなことを思いだしたこの頃でした。

 

さて、自分の心を一定に保つため、人さまが喜んでくださるものを最大限に提供するため、

自分にとり大切な習慣を取り戻し、実践しております。

そうしましたら、一気に、全てが良い方向に動き始めました。

まさに、言葉は、「言霊」です。

うわべだけではなく、心から想うこと願うことが大事だと思います。

 

人それぞれ、心の安定になる手段は違うかと存じますが、

ご自身のよき習慣を大切にしてくださいませ。

 

お写真のお茶は、お茶どころでもあります静岡からご受講くださっている

生徒さんからの頂き物です。

 

こんなに思ってくださり、有難い限りでございます。

 

わたくしへの励ましとお気遣いあふれるチョイスに、感激いたしました。

もったいなくて、まだいただいていなかったのですが、立春にスタッフと共にいただきたいと思います。

Hさん、どうもありがとうございました。

 

さて、明日も、早朝からあちらこちらに飛び回る予定です。

 

寒い一日になる天気予報ですが、元気にまいりましょう。

 

日本プロトコール・マナー協会

オフィシャルサイト

http://www.protocol-manner.com/

 

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス