西部邁先生を偲んで。

テーマ:


保守派論壇の重鎮、西部邁先生が亡くなってしまった。

私も何度も西部先生のことは当ブログで取り上げさせてもらいましたが、時にむちゃくちゃな事も言いつつ、大正論を投じて我々を楽しませてくれました。

亡くなる直前のビデオを転載させてもらいます。

▼ 【平成29年 年末特別対談】西部邁氏に聞く[桜H29/12/29]
https://www.youtube.com/watch?v=9AGzVcr6V8w&t=128s

このビデオはかなりむちゃくちゃです。笑
そして自殺することについて何度も言及しています。
 

▼ 国家の基礎を与え方向づけるインフラとスープラ 
【ゲスト】表現者criterion編集長・藤井聡〔内閣官房参与・京都大学大学院教授〕TOKYOMX「西部邁ゼミナール」
https://www.youtube.com/watch?v=OgDwQ0RNg8k

 

 

▼ 「プライマリーバランスの大嘘」 
藤井聡〔表現者criterion編集長〕が西部邁ゼミナール長と『国民社会の今と未来』を考える!」 TOKYOMX 西部邁ゼミナール 毎週土曜午前7:05放送中
https://www.youtube.com/watch?v=6D3AX75K78w

一月に西部先生が主催していた「表現者(クライテリオン)」を藤井聡京大教授/内閣参与が引き継いだようですので、西部先生は終活をしていたのだろうと思います。西部先生が後継者に藤井先生を選んだのはさすがとしか言いようがありません。

藤井聡先生は中野剛志さんや三橋貴明らと同クラスタに属していて、橋下元大阪市長の大阪都構想を実現寸前で瓦解させた功績があります。
アベノミクスの2本目の矢にもその理論を採用された国土強靭化論を説いた大きな政府主義のケインジアンと言えるでしょう。


▼ 西部邁ゼミナール特別講義【1】「言論をめぐって」 
Guest 青山忠司〔表現者塾頭〕 2018年1月20日〔土〕放送
https://www.youtube.com/watch?v=5kwFfCNUZeI&t=6s

 

こんなところで書いてもしゃべっても、、、はっきり言う、僕の人生はほとんど無駄でありました!」と最後に語る西部さん。
まったくその通りで、笑ってしまったw

これが遺言なんですね。
自死を選択することも権利であります。

こんな腐った世の中です。 私は彼の抗議の自死を讃えたいと思います。


三橋さんの逮捕といい、安部批判を続ける保守派に立て続けに不審なことが起こると、なんだか怪しいなとも感じてしまいますが、西部先生には明確に自死の意志があったようです。

 

 

左右問わず学者や政治家が西部先生の死に言及しています。
本当にかっこいい論客を失ってしまいました。
安倍が死んでもこうはならないでしょうね。

西部先生の弟子の中島岳志・東京工業大学教授

 

昨年対談をしたウーマンラッシュアワーの村本さん

  20年前には朝生で天敵だった宮台真司・首都大学東京教授
 

 

左派の山口二郎法政大学教授
 
朝生でも一緒に活躍した舛添要一・前都知事/東大教授

 

 

作家の適菜収氏

 

 

 

  保守派評論家の古谷経衡氏

 

 
西部邁氏は立派である  :小林よしのり
https://yoshinori-kobayashi.com/14902/
西部邁氏は『死生論』の中ですでに自決の予告をしていた。
わしが「あとがき」を書くと、随分喜んでくれた。
予告通りに自分で自分の人生に決着をつけるとは立派だ。 
西部氏とは公私にわたってあまりにも深く付き合い、従米エセ保守とのイラク「侵略」戦争を巡る戦いでの共闘は、その頂点だった。
わしが「保守」を自認するようになったのも西部氏の影響である。
謹んで哀悼の意を表します。
 
西部先生の死には、悲しいとともに清々しささえ感じてしまいます。

 

 

【おまけ】

▼ 西部邁 初登場? 『朝まで生テレビ!第16弾「原発」』を語る

https://www.youtube.com/watch?v=jCfdXwUghm0

87年らしいです。

東大教授を辞める直前なのかな。

出演者を「挑発したいと思います」なんて言いながらのなかなかのニヒリストっぷりです。

西部先生が見た目からしゃべり方までまったくの別人で笑えますw

 

 

 

以上、本日はここまで。

ご覧いただきありがとうございました。

また次回


cargo
GOKU