がんの保障のスペシャリストが伝える!信頼できる情報のつかみ方!

がんの保障のスペシャリスト
アメリカセカンドオピニオンサポートのメディエゾン日本窓口
がん患者・家族で構成された「がんの保障研究会」主催
がん患者支援・がん征圧チャリティイベントの運営の経験から
困りごとの解決方法や日々感じたことをお伝えするブログです


テーマ:

◽︎がん経験者への生命保険の引受の緩和が広がるか



昨日、某生命保険会社が10月中旬から、がん経験者の方の第一分野(死亡保障)の引受緩和のニュースが飛びこんできた。




現状、がん経験者の方が生命保険を加入する場合は、多くの保険会社が、完治後、3〜5年ほど、加入が延期になるケースが多い、また保険会社によっては健康診断データやCT画像を何度も提出することにより、何回も診査がチャレンジができ、加入が認められるケースがありますが担当者のスキルレベルが左右されます。




今回の保険会社のニュースでは、昨今の治療技術の向上、最新の統計やがん専門医の見解を参考に、第一分野の引受基準を見直すことにしたようです。


今回は

大腸がん

胃がん

乳がん

子宮頚がん

甲状腺がん


が見直しになるようです。





某保険会社の引受を見直し前後をみてみると





例)乳がん


【引受基準見直し前】


(乳がんで治療終了後)

0〜5年が引受不可

5年〜10年が保険料の割増+保険金の削減期間があるか引受不可

10年〜通常引受の可能性あり


【引受基準見直し後】


(乳房非浸潤がんで治療終了後)

0〜4年が保険金の削減期間があり

4年〜通常引受の可能性あり


(手術あり、抗がん剤治療なし)

0〜10年が保険金の削減期間があり

10年〜通常引受の可能性あり



(手術あり、抗がん剤治療あり)

0〜4年が保険料の高額割増+保険金の削減期間がありか引受不可

4年〜15年割増+保険金の削減期間があり

15年〜通常引受の可能性あり



改正前後で引受基準が少し緩和に確かになりました。




業界的に他の保険会社も今後、緩和はされていく予想はできます。早く広がって欲しいです。



しかし、

がんと向き合い、自分らしくがんと共に生きるためにも保険会社が緩和することで、慌てて入るのではなく、納得してライフプランニングを担当者と一緒に考えてから加入して欲しいですね。



{04EDD35A-893C-4D50-A5EA-16AC8F85B52D}








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
□生命保険の良い担当者を見極める3つのポイント



普段、私は生命保険のコンサルティングと医療のセカンドオピニオンのサポートをしていますが、本日は、生命保険の良い担当者を見極める3つのポイントを書いてみようと思います。



生命保険の仕事を始めた時に、外資系生命保険の営業手法を叩きこまれ、生命保険は義理や人情やプレゼントで入るのではなく、お客様それぞれの必要な保障を一緒に共有し、納得頂いた上で、保険契約をするものと私は考えています。




みなさんもご存知のとおり、
生命保険は形があるものではなく、無形な商品であり、見たり、触ったり、試したりができません。



加入時は、
生命保険約款という一般の人には難しそうな専門用語で書かれているルールを保険外交員が概要や注意事項を噛み砕いて話をして、保障内容に納得して、さらに、説明がわかりやすかったかどうか?なんだか信用できそう、感じがいいという、結局、保険外交員の人間力というフィルターで加入しているケースが多い気がします。




生命保険は入り口(保険加入時)と出口(保険金給付受取時)があります。




【1つめのポイント】
生命保険の担当者で大切なのは、潜在的リスクに気づかせてくれて顕在的リスクを含めて一緒に保障を考えてくれる人


入り口である、加入時の
生命保険を考える際に必要なのは保障です。


保障とは、ある状態がそこなわれることのないように保護し、守ること(コトバンクより)と書いていありますが、
保障は潜在的リスク+顕在的リスクを考えることが重要です。


なぜ大切かというと、人は誰も悪い出来事を望まず、あまり普段考えずに生活しています。よって経験者以外は出来事は理解できても、出来事により起こること(身体的・精神的・社会的な苦痛)がなかなかイメージできません。


よって、潜在的なリスクを気づかせてくれて、一緒に保障を考え、共有できる担当者が必要になります。





【2つめのポイント】
生命保険や周辺知識を持ち合わせ、実際の保険使用時に迅速なアドバイスや手続きができるプロフェッショナルであること


実は、生命保険は、死亡保険金を受取ることは、そんなにテクニックはいりません。即日に必要など緊急性がある場合は担当者に手伝ってもらう方が楽ではありますが、それ以上に亡くなる前に、支払う保険料(かけ金)の支払い方や支払い期間や保障期間や保障金額を契約後に変えたする際に適切なアドバイスや手続きをしてくれるか、また、周辺知識をアドバイスしてくれるかが大切です。
いわゆる契約期間中と出口に役に立つかですね。よく入り口だけ良い事ばかり話してばかりで、万が一の時に役に立たない出口素人もたくさんいる業界です。気をつけてください。


3つ目
一番大事なことですが
誠実であること。


分からないことを知ったかぶりしない、嘘をつかない、約束を守ることができる人ですね。




私もパーフェクトではありませんので、自戒をこめて書いています。



上記の

生命保険の担当者で大切なのは、潜在的リスクに気づかせてくれて、顕在的リスクを含めて一緒に保障を考えてくれる人

生命保険や周辺知識を持ち合わせ、迅速なアドバイスや手続きができるプロフェッショナルであること

誠実であること。



をしっかり見極め信頼できるバランス良い担当者をセカンドオピニオンをして見極めてください。

保険は高額な金融商品です。しっかり考えて加入しましょう。

{E62C36B4-AD35-4F3B-80F5-25920756675C}


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
◽︎介護保険は難しい


{83ECD3CB-113B-4E94-9312-440F90C51F87}



昨日はがんの保障研究会の番外編で、ヘルスコミュニケーションファシリテーターの吉田智美さんに介護保険の概要と地域包括ケアの概要をわかりやすく説明して頂きました。


{7731C6D0-AFA1-409B-85E5-12203D32D709}

{1712B1C0-44AE-42CE-8110-D08CF02E6A39}

{D3412E55-DD47-4B5C-A600-EF296E787D59}

{030BF225-E6A1-459D-9275-70AC65FC8F24}

{B01BFA1A-2883-47DC-956C-BE2721D22AE1}


介護保険制度はサービスも金額も市区町村で変わり、ケアマネージャーの力にも左右されます。


かなり複雑なんです。
これを一般で、すぐに理解するのは正直難しいです。



地域包括ケアも機能していくのはまだまだ時間がかかると思います。



なかなか公的制度の細かいところを理解するのは難しいので、少しづつ、このブログでも紹介していきます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
□AYA世代のがんの保障


我々が活動している一般社団法人がんの保障研究会のFBページがオープンになりました。
これから記事をあげていくので、よろしければ”いいね”をお願いします。



さて、今回のブログは
AYA世代のがんの保障について、お話したいと思います。
AYA(Adolescent and Young Adult)世代とは思春期・若年成人15歳〜30歳前後、欧米では39歳以下の世代を指します。



この世代は、学校、恋愛、仕事、結婚、出産など人生の変化を多く迎えます。



日頃、
ライフプランニングをする時に国の社会保障制度を含めて情報提供をする必要があります。


医療費は
高額療養費制度などが医療保険、がん保険に関係し、

残された家族の生活費は
遺族年金が収入保障保険などに関係し、

老後の資金は
老齢年金が年金保険や養老保険などに関係し、

生活費は
傷病手当金・障害年金が就労不能保険など関係しています。


また、
AYA世代の方のライフプランの際に忘れてはいけないのが、公的介護保険がないことではないでしょうか?



40歳〜64歳の年齢もがんの場合は余命6ヶ月と診断を受けないと介護保険は利用できません。
ご存知の通り、39歳以下の年齢の方は介護保険の適用はありません。


年間でAYA世代15歳〜39歳のがん罹患数は全国で約2万人。
(出展:『全国がん罹患モニタリング集計2012』)


がん情報センターの2016年の推計で日本全国で約100万人が、がんに罹患するので、約2%はAYA世代ということになります。


厚労省の年齢別死因は
15歳〜19歳、20歳〜24歳、25歳〜29歳の死因の3位が”がん”
30歳〜34歳、35歳〜39歳の死因の2位が”がん”


がんでも部位によりますが、介護が必要な状態になるのは限られた時間かもしれません。


しかし、AYA世代のお客様が、がんになり介護が必要となった場合でも、経済的に困らない生活の願いを叶えるための情報提供は必要だと思います。


AYA世代の方と面談する場合は、是非、介護保険がないことを伝えたいですね。


AYA世代の介護について、おすすめイベント
リレー・フォー・ライフインジャパン2017東京上野

AYA世代の介護について国立がんセンター東病院の医療ソーシャルワーカー坂本はと恵先生が、17時10分から講演予定です。是非、学びにおでかけください。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
□ジャパンキャンサーフォーラム


8月19日、20日にコングレスクウェア日本橋にて
が開催されました^^


{E506FCC6-016E-4301-90A5-E3326705F50A}


実は、今までリレー・フォー・ライフのイベントなどが重なり、参加ができなかったのですが、念願の初参加。



興味あるプログラムばかりでしたが、

{DC8F7668-CF2F-4B90-8741-2D98959E8A2B}


私は1日目はこんな感じ



{8BBCFDEF-01A6-4645-9DF3-1433F5AD8223}


こちらのセクションで得たこと
今まで、3つのサイトを横断しないといけなかった臨床試験の検索や先進医療をがん情報サービスの
がんの臨床試験を探すで検索げできます。

サイトが便利になっていました。
但し、手作業やマンパワーの問題で、更新が遅いのが難のようです。

何年後かに、タイムラグのないくらいに情報が更新されるサイトになってるといいですね。


 
{73EC16CC-90D5-4FF9-8AB6-B84EE43DDE69}

轟さんの話は、3年前のご主人のがん患者学会や患医ねっとなどで聴いていて、昨年、ご主人を見送られてお話を聴いてみたく思いました。

こちらのセクションで得たこと
確かに最期の場所は自宅という理想もあるが、患者さんや家族にとって、一番良い場所は、家庭ごとに違う。なるほどなと思いました。

また、キューブラー・ロスの死を受容する5段階モデル(①否認②怒り③取引④迎うつ⑤受容の話がセクション内にありましたが、

佐々木先生にも質問させて頂きました。

私自身の家族での体験や日頃、相談を受けることがあるので第2の患者である家族も同じ様に5段階のプロセスは経りますよね?家族がバラバラに地方にいる場合も、それぞれプロセスを経たり、感情に差があったり大変じゃないですか?とお伺いしました。情報共有なども必要ですよね?

はい。家族もこれから課題がありますねとおっしゃられていました。



{9530859A-E543-4230-94DF-E926C8759D42}

ライフネット生命は今ではいろいろな保険会社で販売し始めた、アメリカではスタンダードの働けなくなったら時の保障の就労不能保険の先駆けの会社でもあります。
発売当時、良い商品だなと感じでいました。
ですので、少し話を期待していましたが、アンケートデータの説明がほとんどで、あまり興味はもてませんでした。新しい保険と付帯サービスの話もありましたが、せっかく経営者である岩瀬社長が登壇されるなら、もっと会社の経営ビジョンやがん社会に対してどのような成果を生んでいくのかのような話が聴きたかったです。。。泣

得たものはアンケート結果くらいでしょうか。



{67528AAE-0932-47DB-98D7-03E8F60CCAFA}

今回一番、びっくりしたセクションでした。

中国のがん患者さんは
2,500万人

一年間で新たに429万人が、がんに罹患し、280万人ががんで亡くなる。

日本のがんの5年生存率は65.2%


中国のがんの5年生存率は30.9%


まじか。。。

さらに、ビックリしたのは誤診率

脳腫瘍70%
転移性骨腫瘍40%
大腸79%

大腸が79%って。。。???

出典元が、書いてなかったので、元データはわかりませんが、すごい数字です。

また、健康保険は都市部と農村部でも保障内容が違い、さらに戸籍がある地域でしか治療を受けれない。

分子標的薬も自由診療だそうです。

また、日本でもクリニックなどが、インチキ医療をしている現状がありますが、

中国は、魏則西事件という中国ではがんで有名な病院が治療効果のない治療行為をし問題となったそうです。

日本もヤバイが中国ヤバすぎる!!!
こわっ!

セミナー後いろいろ徐さんとお話しができました^^



2日目はゆっくり午後から行きました。

{5255FCA8-FF12-4FA0-93E3-67405B3D4632}

まずは、弊社でも講演をして頂いたことのある川越先生。

介護保険のスタートから一人暮らしの家で最期を迎えることが可能になった話。
現場の医師だから伝わる素晴らしい話でした。
是非、機会があれば、みなさんも話を聴いてみてください。



{B2D5F47F-B6EE-4398-A2D1-79B061BB0312}

そして、”がんノート”と”キャンサーペアレンツ”の共同企画
4人のがん経験者の就労をテーマにせきららに話をしてくれました。
まだまだ社会はがん患者には厳しい現状。
独身、夫婦、家族、それぞれ大変です。
がん対策基本法で社会も少しづつ良くなっていくことを期待したいですが、国民が声をあげていかねばいけませんね。




{0E4DC4AC-2147-4F18-AAB0-FF1E2477ACCD}

最後は今年のテーマである”shin”

新は藤原先生
真は勝俣先生
信は樋野先生

藤原先生は遺伝子治療について
勝俣先生はインチキ医療について
樋野先生は、がん哲学について
の話でした。

この中で一番響いたのは、
樋野先生の
ハピネスよりジョイフル

がんになったら、
幸せを感じることより楽しむことが大事。


いつも、
ひょうひょうとしている樋野先生ですが、
ズバッと響く言葉が突き刺さります。

今年のリレーにも登壇頂きます。
お楽しみに。


濃厚な2日間でしたが、とても良かったです。


CNJの皆様、ご登壇の先生、ブースの患者会や団体の皆様、ボランティアの皆様、参加者の皆様お疲れ様でした。


来年も参加します^^
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。