湯たんぽのブログ

 さまざまな難病治療にいわゆる代替医療を用いて対処している『湯たんぽ』が日頃考えていること、経験していることを書きます。難病のなかでも、線維筋痛症や慢性疲労症候群の病態や治療を中心に書き込みます。


テーマ:

 4−5年前に首の痛みから始まって、今では全身に痛みが拡がった男性の患者さんが受診されました。

親孝行な息子さんが車いすに乗った患者さんを連れてきてくださったのです。

 

 聴き取れないほどの小さな声で、一言二言お話される方です。

お顔がむくんでおります。

手を触れると恐ろしいほど冷たい手でした。

 

全身がほとんど固まったような状態で、診察が難しかったのですが、全身が冷えておりました。

特に腰が痛むとおっしゃるのですが、おなかが冷えきっており、氷のようです。

腰の筋肉は細く、軟弱な状態でした。

筋肉が軟弱で冷えきっているため、ご自分の身体を支えるだけで負担が大きくなり、痛みがでるのだろうと推測しました。

こんなに冷えきっているので、冬眠しないといけないほど身体の活力が低下した状態になったのです。

圧痛点の存在から線維筋痛症といって構わない状況でした。

また、疲労倦怠感の状況から、慢性疲労症候群の合併している可能性が高いと考えられます。

 

 湯たんぽ美人で身体を温めると、気持ちがいいとおっしゃいます。

腹直筋にはこりがありましたので、綿花を利用した班目式間接灸を行なったところ、腰が楽になったとおっしゃいます。

 

 すぐにできる痛みの改善法をいくつか覚えて頂き、自宅でも試みていただくこととしました。

さらに、可能ならばお灸を覚えに受診を勧めました。

 

 冷えはバカにできません。

こんなに冷えていても、本人が全く気付かないこともあるのです。

 

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 

https://www.dr-madarame.com

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。