CONOまま高齢2人目不妊治療奮闘記
  • 02Nov
    • スプレキュアで2日後の採卵準備をする

      病院で言われた通り、採卵の2日前に、排卵を誘発するスプレキュアという点鼻スプレーを鼻から噴射しました採卵の時間から逆算すると、23時半と0時の2回普段10時には寝ており、寝不足続きの私にとっては、かなり酷な時間でした絶対寝てしまう自信(どんな?)があったので、両時間にアラームをセット20時半の時点で、かなり眠かったので、娘の世話を夫にまかせ、寝てしまいました23時に夫から起こされ、2回のスプレーは、遅れることなく時間通りに、噴射することができましたこれ、1時間遅れたりすると、採卵の計画時間が変わってくるらしく、絶対忘れないでと看護師から念押しをされていましたひとまず、採卵前の準備は終わりました。あとは、2日後の採卵日を待つのみです2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒子宮外妊娠の疑いがありましたが流産でした

  • 01Nov
    • 採卵の日が決まりました!

      最後に採卵したのが、昨年の11月約1年ぶりの採卵となりますこの日は土曜日だったので、混むことを想定して、1番のりで受付をしましたまずは、内診で卵胞の大きさを確認先生は何も言いませんでしたが、おそらく順調な感じでしたその後、採血をして、ホルモン値の確認1時間程したら、採血の結果がでました採卵日が決まりましたおぉ、今回は1回で決まった!採卵日は4日後となりました採卵日2日前に実施するスプレキュアをもらい帰宅今年から、採卵の時間が遅くなったので、スプレキュアの時間も、同じ分だけ遅くなりました23時半と0時。私にとっては、完全に寝ている時間忘れないうちに、アラームをセットしました今回は、初期胚移植をしようかどうしようか…もう少し考えます2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒子宮外妊娠の疑いがありましたが流産でした

  • 30Oct
    • 内膜の状態とホルモン値の状態を確認

      産科で流産手術後、初めての生理がきたら、不妊治療再開してもいいよと言われていたので、さっそく不妊治療専門の病院へ行った久しぶりの先生前回、先生と話をしたのは、子宮外の疑いから、転院のための紹介状を書いてもらった時でした診察室に入ると先生は、「ちゃんと着床してたみたいだね。」とだけ言い、すぐに次の治療の話に移りました過去のことを、いろいろほじくり回されて話をしたくなかったので、あっさりしていましたが、私には都合が良かったです内診室に入り、エコーで内診した後、ホルモンの値を確認するため、採血をしましたここで、hcgの値が戻っていれば、治療が開始できる1時間ほど待つと、血液検査の結果がでましたホルモンの値は正常に戻っているため、治療を再開できるとのことでしたここにくるまで、約3ヶ月とても長く感じましたクロミッドというホルモン材をもらって帰宅次の来院は1週間後ですこの日に、卵胞の状態をみて、良ければ採卵が決まります2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒子宮外妊娠の疑いがありましたが流産でした

  • 29Oct
    • 流産手術をして初めての生理がきました

      手術を受けて、1ヶ月と1週間。いつくるかと待ちわびていた生理がようやくきましたこれで、内膜のリセットとなるので、妊活を再開できます。これまで長かった…子宮外かもと言われたのが、今から2ヶ月半前のこと結局のところ子宮外妊娠ではありませんでした生理も何ヶ月ぶりだろうか…久しぶりすぎて、最後の生理がいつだったのか思い出せません凍結杯がないので、採卵からのスタートとなります。1からのスタート、うまくいってほしいと願うばかりです2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒子宮外妊娠の疑いがありましたが流産でした

  • 26Oct
    • 流産手術後の経過観察です

      流産の手術をして1週間が経過しました今日は、外来の診察で、子宮がきちんと元に戻っているかを確認しますエコーで内診をした後、先生の話を聞きました手術でかき出しものを病理検査に出したので、その結果内容説明でしたラボからの報告書によると、子宮内から採取されたものは、タイノウ、絨毛、脱落膜であり、病理検査からの診断でも、流産で間違いないとのことでした子宮外妊娠か、それとも流産かの判断が遅れたことを先生は、申し訳なさそうに私に謝っていました一方、先生の話によると、次の排卵のための卵が卵胞の中にスタンバイしているそうですただし、流産手術後の子宮内膜はかきだしをしているため、きれいな膜ではなく、ボコボコとした膜になっているので、1周期あけて完全にリセットした状態にした方が良いとのことでしたこの産婦人科では、IVFはできないため、また不妊治療専門のクリニックに戻ることになります主治医の先生は、クリニックの先生に、今回のことを返書して連絡しておくと言っていました今回の私の事例は、大変めずらしく、主治医の先生にとっても、初めての体験だったようです子宮内膜が薄いのに妊娠。その卵は育つことはなかったので、そのまま流産というかたちになりました不妊治療のクリニックの担当医は、始め子宮外妊娠を疑っていたので、私の今回起こったことを聞いて、びっくりすると思います先生の見解では、3週間もしないうちに生理がはじまるでしょうとのことでしたそれなので、次の治療開始は、来月あたりになりそうです現在凍結胚がゼロの状態なので、採卵からのスタートとなります先が長く、かなり憂鬱ですが、気持ちを入れ替えて、いちからまたがんばります2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒子宮外妊娠の疑いがありましたが流産でした

  • 25Oct
    • 流産手術(ソウハ)の日が来ました。痛い(友人証言)手術とは聞いていたが…

      流産手術は日帰り入院となります麻酔をかけるため、病院から一人での来院は絶対にしないでくださいと言われていました夫に、仕事休んでもらい、病院まで送ってもらいました最初は子宮口を開くために、タンポンのようなものを入れましたそれから、10分くらい経過したのち、今度は筋肉注射をしましたおしりだったかな…かなり痛かったので、何のための注射か聞いたところ、麻酔をききやすくするための注射でしたまたしばらく休んだ後、点滴を入れに来ました点滴は手術中に麻酔をいれるための前準備だそうです20分ほど待つと、いよいよ手術の時間となり、看護師さんから呼ばれました自分の足で手術台(といっても診察台のようなもの)に座らされ、麻酔の注射と点滴が入れられましたそれからは意識がもうろうとして、何が起こっているのか、あまりはっきりとは覚えていませんただ、うつろながらも、下から機器がいれられて、何かされているのは、感覚がありました痛かったのか、痛くなかったのか、今ではよく覚えていませんが、激痛ではなかったのは確かです手術は10分くらいで終わり、そのまめ仮のベッドまで、自分の足で歩いていきましたつまり、ここまでは完全に眠っていないということです仮のベッドに移ってから、すぐに眠ってしまい、1時間は寝ていたと思います目が覚めた時に、丁度看護師がきたので、そのタイミングで車いすに載せられ、日帰り入院の病室に運ばれました部屋に入ると、お昼ごはんが出ました。薄味の煮魚とごはんと味噌汁。朝から絶食だったのでおいしかったですその後、まだ麻酔が効いているのか、眠気がとれず、すぐに寝てしまいました2時間程寝たのち、少しずつ目が覚めてきたので、夫の運転で帰宅となりました9時に入って15時に帰宅だったと思いますこの日は、夕方になっても眠気がとれないので、早めにゆっくり休むことにしました次の日、何事もなく出勤しましたが、体はなんともありませんでした2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒子宮外妊娠の疑いがありましたが流産でした

  • 24Oct
    • 話がまた一転!!!CT検査の結果を聞きに産婦人科へきました。そこで意外な結果を聞くことに…

      先日のCT検査の結果を聞きに、通院中の産婦人科外来へきました出勤前の朝一で来たので、外来患者一番乗りでした外来の診察が始まり、放射線科医から送られてきた、CT検査報告書をもとに、先生とのお話から始まりました報告書には、子宮内膜に胎嚢を疑う構造物ありと書かれていました。エコー検査時から見えていた、子宮内にあった胎嚢らしきものは、やはり胎嚢だったようですしかし、この3週間、約10mmという大きさのまま成長が見られないということから、産婦人科主治医より、稽留流産という診断がつきました。要するに、子宮内での流産ということです最終確認として、再度胎嚢が成長していないことをエコーで確認しました最後に、先生より、処置をどうするかと問われました選択肢は2つ保存療法⇒自然に卵がでるのを待つソウハ手術⇒子宮内の卵をかき出す手術をするいずれも、メリットデメリットがあります私は、先生に2人目がほしいので、早く妊活にうつれる方にしたい旨を伝えました先生からは手術を提案され、4日後にスケジュールを入れてもらいました不妊治療クリニックの先生からの、「子宮外妊娠しているかも」から始まり、転院して産婦人科の先生からの、子宮外妊娠⇒妊娠⇒子宮外妊娠CT撮影から放射線科医の妊娠産婦人科医からの流産いろいろなことがありました体外受精で移植したのが、7/12ソウハ手術を決めたのが、9/9長い長い2ヶ月間でした。ようやく、この子宮外妊娠騒動が終息しそうです2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 23Oct
    • 総合病院へ行ってCTでお腹の撮影をしてきました

      産婦人科の先生の見解では、hcg値が上昇しているのに、子宮内の胎嚢が大きくならないこの事実から、やはり子宮外妊娠をしていて、どこかで赤ちゃんが育っているのではないか?子宮内にある胎嚢らしきものは、疑胎嚢ではないか?ということでした子宮外妊娠であれば、どこに赤ちゃんが着床しているのか、確認する必要がありますそのためには、CTもしくはMRIでの検査が必要まずは、CTで確認するため、予約をした病院でCTでお腹の撮影をしました人生初の、造影剤を入れてのCT撮影でした造影剤を入れるための針って、こんなに太いの?しかも針を入れる時って、こんなに痛いの???というのが、感想でしたしかも看護師さん、針を刺す時1回目失敗した…「ごめんねぇー」って軽く流されたけれど、かなり痛いです…(泣)造影剤なしで撮影後、造影剤を投入して撮影造影剤入れた瞬間、体が熱くなると聞いていたけれど、実際のところ造影剤が一気に体中にまわり、子宮部が急に温かくなり、「え、私、もらした???」という感じでした撮影は、20分程で終わり、すぐに帰宅しましたCTのレポートは、通院中の産婦人科病院の主治医の先生に提出されることになっています4日後の診察で、結果を聞くことになりますが、いったいどこで赤ちゃん育っているのか…「おぉーい、どこにいるのぉー?」2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 22Oct
    • 生殖医療では、考えられないことがおこるもの。しかし妊娠をあきらめCTをとることにしました

      これまでの経緯をおさらい!不妊治療クリニックで子宮外妊娠かもと診断される⇒子宮外妊娠を治療できる病院へ転院⇒転院先の病院で子宮内にタイノウらしきものが見え、正常妊娠かもと診断されれる⇒経過観察の末、タイノウの大きさに変化がないので流産していると診断される⇒念のため測定したhcg値が上昇している⇒やはり子宮外妊娠の疑いが強いと診断されるhcg値が上昇していたため、先生より、もう一度、子宮の様子を見せてほしいから、病院に来てほしいと言われましたこの診察で、子宮外妊娠が確定し、今後のスケジュールが決まると思ったので、夫にお願いして、いっしょに病院に来てもらいました超音波で子宮内を確認胎嚢と思われていたものは、相変わらず成長はしていませんでしたここで「心拍見えた!!!」という奇跡が起こらないか、淡い期待を持っていましたが、そんな期待もむなしく終了内診が終わり、夫と、先生の話を聞きました。先生の見解では、・子宮内膜の薄さ、・Hcgの値、・子宮内に何も見えない、・胎嚢らしきものが成長しないがhcg値があがっている、・ホワイトリンクのようなものがタイノウの周りに見えない・たとえ子宮外のどこかで赤ちゃんが見つかったとしても、成長する可能性は低い、いろいろな観点から、子宮外妊娠の可能性が極めて高いと言われました私が生殖医療での妊娠のため、あり得ない事が起こってもおかしくないので、先生もなかなか判断がつかない様子でした最後は私達夫婦同意のもと、母体の命を優先することになり、赤ちゃん着床の場所を探すため、CTで撮影しましょうということになりましたCTで見つからなければ、MRIという流れで卵がどこに着床して育っているか、さがすことになりますなぜすぐにCT, MRIを行わなかったのかというと、成長中の赤ちゃんが大量の放射線をあびることになるからです。CTは別の総合病院になるので、先生に紹介状を書いてもらい、予約をとってもらいました最後にhcg値を測定するため採血をして、この日の診察は終わりました帰るまえに、数日前に47歳にして奇跡的に自然妊娠、自然出産した、会社の先輩の赤ちゃんを見て、会社に戻りました先輩に事実を話すと、いままで我慢していたものが、一気にはじけ、涙があふれ出てしまいました先輩もいっしょに泣いてくれましたそして先輩は「こんな歳でも妊娠出産できたんやし、信じてがんばれ!」と励ましてくれました明日hcg値を聞くため、先生に電話をすることになっていますおそらくhcg値は上昇しているんだろうな。赤ちゃん、どこにいるの?2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 21Oct
    • えぇぇ、やっぱり子宮外妊娠?どっちだよ!!!

      昨日の採血の結果を確認するために、病院へ電話をしたところ、先生より意外な言葉が…「hcgの値が、まだ上がっています。前回2055で、今回が4018です。」結局のところ、いろいろな可能性が考えられるので明日の流産手術はキャンセルになりました子宮の中に見えていた、胎嚢らきしものは、もしかしたら胎嚢ではないかもしれない。最初の見解の通り、もしかしたら子宮外妊娠かもしれない私の子宮内膜の薄さで赤ちゃんが育つとは考えにくいいろいろと仮説を立てながら、状況を解決しようとしています。子宮外妊娠⇒妊娠⇒子宮外妊娠と話が二転三転しているので、私達夫婦は、何を信じて良いのかわかりません先生より、4日後にもう一度見せてもらえませんかと言われたので、再度診察となりました。いまとなっては、子宮外妊娠という最悪の事態しか考えられないので、ワクワクもありません赤ちゃん、どこにいるのぉー?2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 18Oct
    • 胎嚢が確認されて1週間経過しました。成長具合は…

      この1週間、とても長く感じた…先週の時点での診察では、先生より、「成長が遅いように感じられるので、覚悟はしておいてください。」と言われていましたそれでも、期待はしてしまうもの「早いだろ!」と思いながらも、家族中、私の2人目妊娠モードになっており、私も期待で胸が膨らむ前回の診察から1週間がたち、子宮内の胎嚢の様子を超音波で内診しました先生:「赤ちゃんの様子をみます。」私:「赤ちゃん?先生、赤ちゃんって呼ぶの早くないですか?」と思いつつも、望みを捨てていなかったので、期待をしながらモニターにうつる子宮の様子をがん見していました先生が胎嚢の大きさを測定。10.1mm前回9.8mmだったので、育っていない…この時点で、妊娠継続が不可能だと察しました診察が終わり、先生から話を聞くと、やはり成長がとまり、流産であるとのことすぐに手術の準備の段取りが始まりました先生から都合を聞かれ、少しでも早い方が良いと伝えると、2日後に手術が決まりました全身麻酔になるため、家族同伴で来てほしいことを念押しされました明後日、お腹の中の子とお別れ不妊のクリニックで子宮外妊娠だと診断され、転院した後、まさかの妊娠発覚最後は残念ながら、流産という形で終わりましたが、この卵の可能性を最後まで見届けることができましたそれなので、不思議と悲しいという気持ちは、生まれませんでした卵ちゃん、約9週間よくがんばったねひと時の幸せ時間をありがとう2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 17Oct
    • 胎嚢の大きさは育っていましたが、子宮内膜は薄いままです

      今日は胎嚢が確認されてから、初めての診察でした不妊治療のクリニックでホルモン剤の服用をやめた2日後に月経のようなものがあり、その時に出血とともに内膜がはがれたため子宮の内膜が薄めの状態でしたということは、薄い内膜での妊娠それなのでなおのこと胎嚢が確認されただけでは、安心はできません職場から午前中、休みをもらい、病院へ行ってきました名前が呼ばれて、内診室に入り、先生とあいさつを交わしてから、すぐに検査が始まりましたモニターに子宮の中が映し出され、胎嚢が確認されました先生が胎嚢の大きさを測定すると、9.8mmという数字が見えました確か前回は、5mmくらいだったはずなので、成長はしている感じそれ以外に、下の方にも、なにか大きめの黒い空間が見え、先生はこちらの大きさも測定していました内診が終わり、先生からの話を聞くために、部屋を移動。先生が超音波の写真をカルテに貼りながら、話をしてくれました「周数に対してhcgの値が低いので、成長の速度が遅いのが心配です。しばらく、不安を抱えることになってつらいでしょうが、成長しない可能性もあると思っていてください」あまり、期待をしないようにしていましたが、やはり先生の口から現実を聞くとショックです先生に、「この内膜の薄さで心配なのですが。」と伝えると、先生は、「私の経験が浅いからなのか、このような内膜の薄さでの妊娠例を見たことがありません。本当驚きです。」とおっしゃいました主治医の先生は、とても誠意があり正直に話をしてくれ、とても信頼できる方です誰しも先生との相性というものがあると思いますが、私は、この先生と話をしていると安心して話を聞くことができます。うまくいってもいかなくても、この先生に最後まで診ていただきたいなと思いました2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 16Oct
    • えぇぇぇ?子宮外妊娠のはずが、妊娠???

      前日に、先生から「血液検査の結果は、明朝にでるので電話で知らせることができます」と言われていたので、病院へ電話を入れました先生に電話をつないでもらうと、先生は落ち着いた口調で話出しました先生:「こちらへ初めて来た時のhcgの値覚えていますか?855でしたね。」私:「はい、覚えています」先生:「昨日の検査で出た結果は、hcgの値2500です」私:「えぇー、そんなに上がっているのですか?」先生:「はい笑。2500まで上がっているということは、先日のエコー検査で見えた胎嚢のようなものは、初見の通り胎嚢だったということです。」私:「はい。わかりました」先生:「それなので次回は超音波で診察をします。予定通り、来週の火曜日に来てください」私:「ありがとうございます。よろしくお願いします。」私の目の前で、今何がおこっているのか…不妊治療専門のクリニックで子宮外妊娠かもしれないと診断され、産婦人科へ転院こちらで、子宮外妊娠の治療をしようと準備をしていたところ、経過観察の時点で、まさかの子宮の中に胎嚢が見えることにまさかの子宮外妊娠では、なくなったという事実がおこっています移植日から計算して、今日は、7週目あたり本来なら4週目で胎嚢が見えるはずなので、3週間遅れの胎嚢の確認でしたこの先も何がおこるかわかりません。目の前のことに一喜一憂せず、起こったことを一つずつ、受け入れていこうと思います私が2人目妊娠が開始した頃から飲み始めた葉酸サプリメントを紹介します。【ベルタ葉酸サプリ】 今まで、葉酸のことを気にしていなかったのですが、やっぱり高齢になると、少しでも何かに頼っていた方が安心します。妊娠のためというよりも、気休めのためと言ったほうが良いかもしれません2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 15Oct
    • 先生から聞いた話をそのまま夫に説明すると…

      これまでの体外受精の経験から、着床したけれど、次の週には、成長が止まっていたということが何度かあったので、私も夫も、目先の事実で一喜一憂しない習慣がついていますそのため、今回の子宮内に胎嚢が見えたのでもしかしたら妊娠しているかもしれないという事実を説明しても、夫は、「そうか。まぁ、あんまり考えないようにしよ」とだけ言っていましたそう。私達は、これまでいろいろな事があったので、妊活に関しては慎重な思考が働いてしまいます。待つことだけが最善策だと、私達はよくわかっています2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 14Oct
    • えぇぇぇぇぇーーーーということが起こりました

      メトトレキサート(MTX)前の最後の外来hcgの値を確認するために、病院にきましたお盆休み中の私は、娘の保育園登園を夫にお願いし、朝一で病院に向かうことに8時半すぎに名前が呼ばれ、先生とのお話の前に、診察台でエコー検査がありました。先生が、内視鏡を入れ、子宮の中の診察を開始した時…「おっ!ちょっと待てよ!」え?先生、何かに反応してる?何々???その言葉を最後に、内診は終わりました。そして、洋服を整えると、看護師さんから、夫は一緒に来ているか?と聞かれ、何かが起こっていることを察知今回、夫はいっしょに来ていないため、私一人で先生の話を聞くことになりました今日の予定では、採血をしてhcgの値を調べるだけだったのですが、先生から何か説明があるとのこと先生の前に座るとすぐに、先生はエコー写真をカルテに添付しながら話をしだしましたその内容に私は言葉を失ってしまいました先生の話では、子宮内膜が薄くなっている状態だが、エコーで確認すると胎嚢のようなものがみえるとのこと先生には、「どういうことですか?」という言葉しかありませんでした一つ確定している事実は、この先、この胎嚢の状態を診ていきたいので、来週のメトトレキサート(MTX)は中止するということだからといって妊娠したかというと、それは様子をみていかないとわかりません疑妊娠かもしれないし、成長するには弱いかもしれない様々な不思議が起こったそうですこのような事に関して、これまで前例があったのかなんて、怖くてきけませんでした私の場合、ホルモン補充周期に体外受精で戻した胚移植なので、自然妊娠をした方とは状況が違います先生も何とも言えないようで、今起こっている事実だけを私に説明してくれ、4日後に再度診察を受けるように指示をうけました。2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 12Oct
    • 夫が病院にかけつけ先生より子宮外妊娠の処置の説明をうけました

      看護師さんから名前を呼ばれ、先生の部屋へ通されました先生からは、現在の状況を夫に説明hcgの値が低い状態で上昇している妊娠週数からみると、とても低いが、hcgの値が出ているということは、どこかで杯が着床している可能性が高い移植日から計算すると、6週3日もし子宮外妊娠をしているなら、非常に危ない状況先生は、早めの処置をした方が良いとおっしゃいましたそして処置の方法の説明へ卵管に着床した場合、着床した部分の卵管を切除する方法があるが、それをすると卵管のつなぎ目ができて、それが子宮外妊娠の原因になる可能性がある最近では、メトトレキサート(MTX)という薬物療法がありそちらだと筋肉注射を5日間連続行うものなので、手術と違い体への負担も小さいからと勧められましたただし、これは5日間連続で行わないといけないようで、この日はお盆前の火曜日そういうわけでお盆休みがあけた、6日後のお盆明けの月曜日から開始することになりましたメトトレキサート(MTX)は、hcgの値が8000以上あると受けられないそうで、治療前の金曜日にもう一度、外来で診察をうけhcgの値を検査するように指示がありました私と夫は、しょんぼりしながら行き場のないやるせない気持ちを抱えながら病院を後にしました2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 11Oct
    • 転院先の病院で子宮外妊娠であると先生に告げられる…

      今日はやるせない思いでいっぱいでした産婦人科で行った血液検査の結果が出たので病院に向かったわたし看護師から名前が呼ばれ、診察室へ。前回とは違う先生診察台にあがり、まずはエコーで子宮内を検査移植日から計算すると6週3日目になる正常妊娠であれば、心拍が見える頃…子宮の中をいろいろな角度からみるが、心拍のようなものはどこにも見当たりませんでしたそして先生とのお話。「前回の検査でのhcg値は、855でした。少しずつですが、あがっていて、ほぼ子宮外妊娠で間違いないと思います。」ショックで胸が張り裂けそうでした涙をこらえるのに必死で先生の話を聞くことにhcgの値855というのは、正常妊娠であれば、この時期5000くらいあるはずなので、低いしかし、子宮外妊娠の値としては、高いそうで、すぐにでも処置をしないといけないということでした「旦那さん、今から病院に呼ぶことできますか?」夫を含め、先生と3人で今後の処置について話をしたいそうでした私は、夫に電話をし、すぐに産婦人科へ来てもらうようにお願いしました30分程で夫は、病院に到着再度受付をし、夫と待合室で順番が来るのを待ちましたこの時2人の会話はほとんどありませんでした…2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 10Oct
    • 転院して子宮外妊娠の処置の準備が始まります

      不妊治療のクリニックでは、子宮外妊娠を処置するキャパがないため、転院となりました主治医に紹介状を書いてもらい、次の日に診察の予約を入れてもらいました子宮外妊娠が事実となった場合、卵が違うところで成長すると、危険が生じることもあるため、時間の猶予はあまりありませんでした次の日、就業後に診察のため産婦人科へ向かいました紹介状の宛先の先生の診察が始まりました内視鏡検査が行われ、エコーでは何も映りませんでした先生:「おそらく子宮外妊娠でしょう。とりあえず1週間様子をみます。来週、もう一度きてください。」1週間後の診察の予約を入れて、帰宅しました…2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 08Oct
    • やっぱりやっぱりやっぱり子宮外妊娠?

      2日後に再度病院に来るように言われ、病院にきました受付を済ませると、看護師さんが待っていたかのように、私のところに来て、採血を先にするから、処置室に来るように言われました採血が終わり、結果が出るまでの間に、先生からの問診と内診私の身には異常がないので、その旨を伝えました内診では子宮の中の検査内視鏡で確認するも、とくに異常はないようでしたそして、血液検査が出るまで、待合で待つことに…30分程で番号が案内されました再び先生の部屋に入ると、先生が渋い顔をしながら、やはりhcgの値がゆるく上がっているとおっしゃいました先生は、他の所への着床の可能性が高いことを私に伝え、子宮外妊娠した時に治療ができる、病院の先生への紹介状を私に差し出してきましたもう最初から用意してあったようです病院の選択の余地なし?と思いながらも、娘の出産と同じ系列病院だったので、異論はなく、だまって紹介状をうけとることにしましたこんな形で産婦人科にお世話になるなんて思いもしませんでした。明日、子宮外妊娠をしているかもしれない私は、産婦人科へ行き妊婦さんに囲まれて、診察を待つことになるのかと思うと気が重くなるばかりです…2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?

  • 07Oct
    • 子宮外妊娠って妊娠じゃないの?

      子宮外妊娠を疑われてからは、毎日毎日、寝ても覚めても、このことばかり考えています子宮外妊娠で妊娠継続者は、いないそうです卵は子宮内膜に着床して、育つことができるそうで、それ以外のところで着床しても育つことがないそう子宮外妊娠がおこる確率は、1%ただし、それが体外受精となると、確率が5%と上がるそうです高齢不妊治療中の私なぜ、このタイミングで子宮外妊娠?1日でも、1時間でも、1分でも早く、妊娠したいと思っていた私にとって、このタイムロスは、今後の妊活に対する不安を助長するものでした子宮外妊娠したら、次に妊活に戻れるのはいつだろうという思いばかりが、頭をよぎります胚を移植してから1週間の生活を振り返ってみました移植2日目に、ジムに行って、エアロバイクをゆるく10分程やった程度で、とくに激しい運動をしていたわけではなく、けっこう普通に生活していました1人目の娘を授かった時は、移植後1週間は、普通に10km走ったりしていたので、それに比べたらかなり安静にしていたはずそれなので子宮外妊娠がおこったのは、たまたま運が悪かったと思うしかありません妊活で悩む今、結婚後2年は、ランニングに打ち込みたいから、子供はまだいらないと言ってしまった、私の決断が悔やまれます頭の中が子宮外妊娠でいっぱいですが、日々の生活は待ったなし保育園へ娘を迎えにいきました娘と誕生日が近く、0歳児の入園の頃からいっしょだった、お友達のお母さんとお迎え時間がいっしょになったので、彼女から話を聞くことに…というのも、彼女は、娘さん出産後、確か子宮外妊娠を経験していることを思い出したからです彼女の場合は、体の不調から検査するために病院に行ったそうですすると着床後4ヶ月が経過しておりそれが子宮外妊娠であることが判明したということでした卵管に着床していたため、すぐに入院手術になったそうです卵は卵管の中で育っていなかったから良かったものの、大きくなっていたら卵管が破裂し、命の危機があったそうです治療は卵管片方を切除する方法だったようで、今は卵管が片方しかない状態そんな彼女が明るく自分の体験を私に説明してくれた時に思いました気持ちを切り替えて前向きになろうと…2人目不妊治療これまでの記録採卵1回目:5個⇒全て受精しなかった2回目:2個⇒1個は未熟卵。顕微授精3回目:6個⇒2個は顕微授精。4個は受精    1個⇒移植、2個凍結、3個培養を続ける⇒1個胚盤胞になり凍結、2個細胞分裂ストップ4回目:これからスタート予定移植1回目〜4回目:妊娠しなかった5回目:胚盤胞を移植 初期胚2個凍結⇒着床⇒成長ストップ6回目:初期胚を移植⇒着床しなかった7回目:初期胚を移植⇒着床しなかった←もしかして子宮外妊娠?