カフェ・コンセール・エルムのブログ

カフェ・コンセール・エルムのブログ

名古屋市千種区吹上にあるシャンソニエ『cafe concert ELM』のスタッフブログです。
ライブ情報だけでなく、シャンソン情報、イベント情報、はたまたスタッフの小話など色々更新していきます♪

~エルム歌手出演催事スケジュール~

毎月のライブ情報はこちら

http://www.chanson-japonaise.com/elm/

◆…一般公開催事

○…一般非公開催事



◆2023年1月29日(日)
「小宮俊英&七瀬紫ライブ」
会場:カフェ・コンセール・エルム
時間:14:00開演
入場料:3,000円(お茶付・自由席)
出演:Vo小宮俊英、Vo七瀬紫、Pf木須康一




◆2023年2月3日(金)
「人生のオアシスライブ/エトワールシャルマント」
会場:カフェ・コンセール・エルム
時間:14:00開演
入場料:6,000円(お茶付・自由席)
出演:Vo芹沢祥子、Arp牧野将典、Pfティトモンテ




◆2023年2月18日(土)
「人生のオアシスライブ/コフレ・ドゥ・ソン」
会場:カフェ・コンセール・エルム
時間:14:00開演
入場料:6,000円(お茶付・自由席)
出演:Vo岡山加代子、Per大岩よしお、Pf若山しのぶ



◆2023年2月19日(日)
「アンシャンテ発表会」
会場:カフェ・コンセール・エルム
時間:14:00開演
入場料:無料 ※要整理券
出演:Pf片桐一篤、講師 青山桂子 他


◆2023年2月21日(火)
「心のワクチンライブ/水野喜久」
会場:カフェ・コンセール・エルム
時間:14:00開演
入場料:カンパ制
出演:Vo水野喜久、Gt牛丸健司




◆2023年2月25日(土)
「可児教室発表会」
会場:可児福音教会
時間:14:00開演
入場料:無料 ※要整理券
出演:Pf若山しのぶ、講師 青山桂子 他




◆2023年2月26日(日)
「魅惑のシャンソン~音楽は世界を結ぶ~」
会場:碧南市芸術文化ホール シアターサウス
時間:14:00開演/16:00終演
入場料:800円(自由席)
出演:Vo芹沢祥子、Alp牧野将典、Pfティトモンテ




◆2023年3月10日(金)
「あなたと私のお昼のシャンソン/松本幸枝」
会場:カフェ・コンセール・エルム
時間:14:00開演
入場料:4,000円(自由席・お茶付)
出演:Vo松本幸枝、Gt牛丸健司




◆2023年3月12日(日)
「吹上シャンソン教室発表会」
会場:カフェ・コンセール・エルム
時間:14:00開演
入場料:無料 ※要チケット
出演:Pf片桐一篤、講師 愛紀 他


◆2023年3月19日(日)
名古屋市内催事 詳細後日


◆2023年3月21日(火・祝)
「心のワクチンライブ/水野喜久」
会場:カフェ・コンセール・エルム
時間:14:00開演
入場料:カンパ制
出演:Vo水野喜久、Gt牛丸健司






~新聞・雑誌・TV~


◆毎月1日発売
北白川書房「月刊なごや」
加藤修滋コラム執筆中
恵美イラスト掲載

◆毎月10日発行
マネージメントプロ
「ナゴヤ劇場ジャーナル」
シャンソンの扉コーナー

◆毎月第一水曜日
朝日新聞・夕刊
「アプローズ」

Bonne annee 2023晴れ

新年、あけましておめでとうございます!

門松門松門松門松門松

 

今年もカフェ・コンセール・エルムを宜しくお願い致します!

 

 

ーとか挨拶しといて、ブログタイトルは……

あれ?これって先月のイベントですよね(^▽^;)

そう、昨年9月から続く毎月連続劇場コンサートの締め括り

12月18日「シャンソンプロムナード」のレポを書かないままに

終ってしまったということに気が付いた新年早々のやらかし具合に、自分でドン引き叫び叫び叫び

 

ってことで、新年一発目の投稿は扶桑文化会館ステージ・レポでございます♪

 

 

青山桂子さん、岡山加代子さんというエルム両巨匠が揃い、

イケメン男性デュオ=ル・シャトー・ドゥ・バン、

そしてゲストにパトリック・ヌジェさんという

見応えありまくりメンバーで華やかにお届けしたステージ音譜

しかもバンドがピアノ片桐一篤さん、ギター牛丸健司さん、

ベース名古路一也さん、ドラム大岩よしおさんという

これまた豪華メンバーで、

お客様からも「すっごく良かった!」のお声を頂きましたチョキ

CDが飛ぶように売れましたから\(◎o◎)/!

 

では、皆様のステージ衣装写真ご紹介しまっす★

 

Le Chateau de bain♪

ヴォーカル月森幸哉さん、ギター遠藤マサアキさんのユニット。

昨年2月に出演して、お客様の心を文字通り鷲掴みしたらしく、熱烈ラブコールに応えて12月にふたたび出演というめちゃ嬉しいお話(≧▽≦)

「パリの空の下」「黒いオルフェ」「ラ・ボエーム」「シャントゥ」と甘~い声で月森さんが歌えば、情熱的なギターで遠藤さんが包み込むというTHEマダムキラーぶりを発揮飛び出すハート

ハイチェアに座る姿がサマになるって、スタイルよくないと

出来ないですよね~ついでに顔も良くないと出来ないですよね~(●´ω`●)ナニソレ

声量のある声で高らかに歌い上げるもヨシ◎

一方、二人の声が重なるととても耳に心地ヨシ◎

冒頭からフランスの香りが客席中に広がりましたフランス

 

 

そして、ここから各国の名曲巡りに出発です音譜音譜音譜

 

青山桂子さんが歌うのはイタリア歌「ヴォラーレ」アップ

か、か、か、か、か、かっちょ良すぎ(/ω\)ドキドキ

ステージの上をあっちにこっちに、楽しい~♪

ーーーからの、ポルトガル歌「暗いはしけ」とかもう、

ギャップにやられる★

バンドが作り出す印象的なサウンドと青山さんの魅惑ヴォイスに、大きな拍手が起こりました★

アメリカ歌「What a wonderful world」は優しさたっぷりで、

低い音も高い音も全部が愛情に満ちている青山さんの歌唱が

ピカイチですキラキラキラキラキラキラ

そしてまたまた雰囲気が即座に変わってメキシコ歌「キエンセラ」!!このスイッチの切り替えワザ、惚れ惚れしますドキドキ

 

 

岡山加代子さんはジョージア歌「百万本のバラ」赤薔薇

タイトルだけで拍手が起こるほどに大人気曲★

アルゼンチンへ飛んで「チェ・タンゴ・チェ」は

カッコイイの塊でした( *´艸`)

最後の、ピョコってやつが可愛いんですよね~ラブラブ

日本で韓流ブームを巻き起こしたドラマ主題歌「最初から今まで」を歌えば、切なくて切なくて……名曲です◎

そしてペルーと言えばこの曲、「コンドルは飛んで行く」!!

岡山加代子さんリクエスト最多曲で、素晴らしい超絶高音に

拍手喝采でした(*^_^*)

 

 

そして実は、チラシには載っていないのですが

もう一人飛び入り歌手の方がみえまして………

七瀬紫さん★☆彡

9月に開催された全日本シャンソンポピュレール・コンクール

全国大会において見事優秀賞を受賞された七瀬さんが、

急遽出演することに(≧▽≦)

全国各地から集まった猛者(笑)たちにひるむことなく、

実力発揮で受賞とは……なんて頼もしいニューフェイス飛び出すハート

受賞曲「ブルースを歌う少女」を、当日着た衣装で再演!

それはそれはカッコよく決まりましたが、素の七瀬さんは

ほよよーんタイプなんですよ(*^_^*)

衣装が違うだけでこんなに印象が変わるのもスゴイ!

ほよよーんな雰囲気全開で、日本の歌から「瑠璃色の地球」を

お届けしました♪優しい歌声が会場に響き渡って、

お客様からもたくさんの好評を頂きました音譜

 

3人並ぶと背の差加減がちょうどいいという(笑)

2部の始まりは青山さん&岡山さんによる

「ジュテーム・ア・ラ・フォリ」と平和を願って「廃墟の鳩」!

二人が揃うと最高のハーモニーラブラブ

 

 

そして、満を持しての登場パトリック・ヌジェさんアップ

明治おいしい牛乳、EKワゴン、トヨタ・ポルテ、トヨタ・エスティマ、KDDI……数々のCMにも出演してお茶目な雰囲気で

大人気のフランス人アコーディオン奏者&歌手フランス

え、写真がないって?

そらあなた、カメラ小僧のアヤネも「ちょっと撮らせて~」とは

言えないですよ。。。。。

なんせチキン野郎で(/・ω・)/

「A Paris」「Mon manege a moi」「Garde-moi la derniere danse」「Le pont Mirabeau」「Sans toi ma mie」「Vie violence」と素敵な楽曲アレンジと歌声とトークで、会場はそれはそれは大盛り上がり!!!!!!

青山さんも岡山さんも七瀬さんも、ル・シャトーのお二人も

舞台裏で大盛り上がり(笑)

盛り上がりすぎて、終演後のCD物販、アヤネ一人でてんやわんやですよパーそれぐらい、皆様の心をギュッと惹きつけるなんて、

やっぱりヌジェさんはすごいなぁ(≧▽≦)

 

そしてすごいのはバンドメンバーも然り。

アレンジされたヌジェさんの楽譜…ちょっとハプニングもあったにも関わらず、すんばらしく演奏したミュージシャンの皆様、

いやもう、なに、惚れるよ?(´▽`*)

すごい×すごい=でらすごい。

 

 

そして、照明・舞台のアースワークさん…

9月の劇場コンサートに引き続きとてもカラフルで幻想的な

カラー使いでステージを彩ってくれましたキラキラ

 

 

音響カメレオンスタジオさんも、歌いやすく聞きやすい音作りに

感謝ッッ(^_-)-☆

 

 

会場の扶桑文化会館のステージからの眺めはいつ見ても

壮大な景色だし……

 

こんなに大きな看板を作って下さって、目立ち度MAXグッド!

 

会館スタッフの皆さんもすごく気さくで、

今回もアヤネはベラベラとお喋りしちゃいましたチョキ

コミュ障なアヤネだけど、扶桑文化会館の方々はなんか

毎回すっごくウェルカムで迎えてくれえるから

ついついお話ししたくなっちゃうのです飛び出すハート

一人じゃなくて、全体がそういう雰囲気の中イベント開催出来るってすごくありがたいことですね音譜

 

 

また扶桑文化会館でシャンソンステージが出来ますようにアップ

そして、それが実現した時はぜひぜひ、ぜひぜひ、ぜひぜひ

今回来れなかった方も遊びに来て下さいませ(^_-)-☆

 

最後は、なんとステージの上での全員集合写真ドキドキ

めっちゃイイ写真でしょ( *´艸`)

ヌジェさんもいるし、こんな写真撮るなんてナイスカメラ小僧って思うでしょ( *´艸`)

 

………これ撮影したのYUJIさんなんで(/・ω・)/

え……アヤネどこにいたの?

ってそれを私が聞きたいよ!!!!!

どこにいたの私!?叫び

知らぬ間に写真撮影するYUJIさん。出来る男に温かい拍手を。

 

 

ーーーとこんな感じで新年幕開けブログが去年のレポに

なってしまいましたが、まぁアヤネなんてそんなもんですパー

ゆる~い感じで見て下さい(-ω-)/

今年はカフェ・コンセール・エルム35周年!!

あれやこれや企画したいと思いますので、

今年もエルム応援隊宜しくお願い致します(^ε^)-☆Chu!!

 

 

エルム・スタッフのアヤネです★

 

12月1日(木)

シュヴァリエ教室の下条万里子さん・渡会美子さんによる

平和希求ライブ」開催されました(*^-^*)

 

 

本当は春に開催する予定でしたが中止となり、

その後いろいろ、いろいろあって12月にようやく開催ビックリマーク

ーーーーとなったら、今度はピアノ加藤修滋さんが出演できずあせる

加藤ハツ館長が遺した言葉【歌い手には、平和を願う歌を

歌う義務がある。何故なら平和でなければ文化は育たないから】を胸にずっと平和希求ライブや<マチネ>を続けて来た

加藤修滋さんが不在の中、心細さや不安な気持ちを抱えながらもその思いをしっかりと受け取って

下条万里子さん・渡会美子さんがお届けした心を込めたステージに多くのお客様がお出かけ下さいました★☆彡

 

ピアノは片桐一篤さん★☆彡

流れるようなピアノ、ドラマチックなピアノ…

片桐さんのピアノのファンの方、エルムにも沢山みえますラブラブ

 

最初は下条万里子さんの「子供の頃」で開演!

下条さんはとにかく子供大好き感で溢れていて、

この曲もそうだし、「愛し児へ」も子供への愛でいっぱい飛び出すハート

歌詞に出てくる「戦(いくさ)」や「戦い」という単語を

一層強調して歌うとこも、愛の深さを感じます!

タイトルを言って、前奏が始まる前に腕を出して赤子をあやす

動作から入るの、下条さんらしくて素敵だなぁ◎

子供への思いはすごく滑舌良く歌うのに、

「誇り高き人生の灯」では抜け感を持って強弱をあまりつけずに歌うことで、過去を思いながらランプの隣にいる女性の姿が

浮んでくるようです!!

実は下条さん、昔エルムで開催されたジャクリーヌ・ダノの歓迎会にも参加したダノ・ファン飛び出すハートダノの「やさしさ」が情熱的で感動しちゃって大好きなんだって(≧▽≦)

お孫ちゃんが、おうちで歌を練習してるとこ絵に描いてくれた

なんて、ほっこりエピソードも交えて歌う大好きさが滲み出る

歌い込んだ1曲に、拍手ビックリマーク

リベンジ曲として紹介したのは「枯葉によせて」。

少しハスキーな声が哀愁を感じさせ、ラストの消えていく感じが

グッときましたキラキラリベンジ、大成功ですネ(^_-)-☆

チャレンジ曲として選んだのは「心遥かに」。ソロのラストに

チャレンジ曲を持ってくるなんて、こういう積極的な一面も

下条さんの魅力的なところですラブラブ

“たとえ色褪せても、あなたとの思い出は美しく残る…”って

せ、せ、せ、切ない(/ω\) 胸がギュッと締め付けられたけど、

下条さんの手の振りがすごく滑らかでキレイだから見惚れ

ちゃいました(●´ω`●)チャレンジ、大成功ですネ(^_-)-☆

 

 

渡会美子さんも前半は反戦歌を3曲。

“映画を知る前は元気いっぱいのイメージだったこの花、

今はイメ―ジが変わりました”と「ひまわり」を歌唱。

曲目をトークで言わないの、イイなぁ☆彡

渡会さんって普段は喋って笑って喋って笑ってのエンドレス(←w)ですが、ステージ中のトークでは素を見せないんですキラキラ

そういう姿勢、かっちょいい\(^o^)/

「愛の追憶」はレッスンで学んだことを実践して、自分なりの

色も添えて歌い、拍手喝采ビックリマーク

“あたたかい愛を重ねて…”のトークにもはや涙・涙な「愛しかない時」。反戦歌としてじゃなく、全てを愛で包みたい気持ちが

歌に滲み出て、すごく印象的なステージでしたビックリマーク

「恋心」はメジャー曲だからこその難しさがありますが、渡会さんは自分のカラーを出しながら安定の歌声◎

シャンソン大好きだけど、ジャズも大好きと古い映画音楽の

ジャズバラード「My Foolish Heart」。

英語だから先に内容を語るのですが、それがシリアスで

逆に客席から笑い声が…(^▽^;)迫真の演技すぎた?(笑)

「寄せては返す、波のような女性の心模様」ですね!

そして最後に選んだのは「いのちの歌」。

“今、生きているから大好きな歌が歌える”と命への感謝を込めて

歌う姿に、またもや涙(ノД`)・゜・。

“育ててくれたこと”でいつも泣いてしまいます(ノД`)・゜・。

こういう時、やっぱり歌の力ってすごいなって思う。

歌にすることで伝えられるし、受け取れる。

そんなことをジーンと感じていたら、もうエンディング曲に

なっていましたビックリマーク

 

2人で歌うのは「野に咲く花のように」音譜

2019年に発表会で使った歌詞カードが、自分と渡会さんの

分だけひょっこり出て来たと話す下条さん。

え、、、それってもはや歌う運命じゃないですか飛び出すハート

歌っている時、時計の振り子みたいな横揺れがお揃いで、

なんと可愛らしいことかと思う自分も、ステージ裏で一緒に

横揺れしちゃう、そんなほっこりする時間でした( *´艸`)

 

 

たくさん色々な事があった2022年の終わりに、

「平和希求ライブ」の開催を実行してくれたお二人に

心から感謝しますッッ!!

毎月22日に開催していた「平和希求ライブ」は2023年は

一旦お休みとなりますが、

別の機会にこうして気持ちを共有する方々と一緒に思いを形に

していけたらと思っています!!

 

急な依頼にも関わらず引き受けて下さった片桐さんにも感謝キラキラ

夜のエルム・ライブのピアニストも片桐さんで、

いつもおんぶにだっこです(^▽^;)

 

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました音譜音譜音譜

エルム・スタッフのアヤネです★

 

寒い寒いといいつつも、まだモコモコソックスはいていないし、

腰に毛布巻いていない(←冬のアヤネの定番スタイルドキドキ)から

なんだ~余裕じゃーん!って思っていたら、

どうやら明日から極寒の予報が:;(∩´﹏`∩);:あせる

皆様、今夜は防寒準備ばっちりで行きましょうグッド!

 

 

12月8日、木曜日ですが昼下がりの音楽会が開催されました!

加藤修滋さんと共にお届けする「平和希求ライブ<マチネ>」に荻野和子さんが出演する予定でしたが……

急遽予定を変更してバンド伴奏でお届けする「昼下がりの音楽会」にビックリマークだから、月曜日じゃなくて木曜日。

 

 

 

ピアノ木須康一さん、ベース岡田充弘さん、

パーカッション大岩よしおさんの豪華サウンドに乗せて、

堂々たる荻野和子オンステージ、レポはじまりはじまりー♪

 

はじまりはじまり~とか言って、早速に一着目のドレスを

撮影し忘れるという大ポカをやらかす私泣

シンプルな黒系ワンピースに紫のコサージュでアクセント

な感じです!はい、皆さん妄想タイムです!

以下、ドレス姿を妄想しながらお読みくださいまし(^_-)-☆

冒頭は「それぞれのテーブル」。

昔の恋人とお店でバッタリ…歌い終わりまでいじらしい雰囲気

を帯びて、終わった恋を思う荻野さんの声、切ない(/ω\)

「アドロ」はスサーナを聴きまくっただけあるという歌!!

愛するだけでは言い足りない、狂おしい程に相手を思う気持ちで、でもそれがドロドロしたものにならずにいるとこ、拍手☆彡

 

一人で何曲も歌うって本当に大変だと思いますが、

カンペは隠しておきたい(←w)パー

予定では暗がりでコソって出して、チラってみるはずが、

一番照明が明るいタイミングでよっこらせと出してくる、

その堂々さに乾杯赤ワインいや、完敗(笑)

「サバの女王」をギャグで紹介するのはツッコミたい気持ち

になりますが、その後に笑わず歌に入れる切替スイッチ、

すごいです(^▽^;)

そして今度は“歌の世界では若い男にもなれるんです、へへへ”と

ニヤってメンズスイッチ入れて「サンフランシスコの六枚の枯葉」。“毎月22日に開催していた平和希求ライブが大好き”と

反戦歌「二つのドイツ」をお届けした後は、バンドさん達に

その場を委ねていそいそとステージを去る荻野さん…

その背中に一言ピアノの木須さんが

“えはてなマーク……アコーディオン弾きははてなマーク

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

慌てて舞い戻る荻野さんに、客席中が大笑いなのはご想像の通り。こんなに爆笑の中でまたもや切替スイッチ発動して歌う

「アコーディオン弾き」は、さすが歌いこんだだけある名唱キラキラ

だってね、歌の終盤聴こえてくるアコーディオンの音色に

愛する人を重ねてのめり込んでいく感じがよく見るパターンだけど、荻野さんはずーーーっと愛する人のみを思ってる感じ。

言葉にすると弱いけど、会場のお客様はそう感じた方も

みえると思います◎

 

 

ここでようやく本当にバンド演奏タイム♪♪♪(笑)

3人による「sweet memories」は懐かしさと切なさで

胸がキュっとなります(/ω\)

その後のまさかの聖子ちゃんトークby木須康一アップアップアップ

レアなものを見ちゃいました★

そして写真のドレスで登場した荻野さんは、またもや

タイトルを間違えてバンドさん達アワワワワあせる

“歌詞が難しくていつも間違え……やだ、こういうと本当に

なりそうだから駄目だダメだッ”と本人もアワワワワあせる

お客様はクスっとどころかヒーヒー笑いですよパー

「空しいつぶやき」は確かに難曲ですが、耳に残ってクセになりますね( *´艸`)

そして「やさしさ」。色んな声の引き出しを持つ荻野さんですが

この歌は素の荻野和子100%で飾らない感じがGOODドキドキ

娼婦好きというと語弊がありますが(笑)、

荻野さんの娼婦ソングは定評があって今回も「愛しのジョジョ」

をお届けしましたキスマークなにがすごいって、歌唱力は勿論だけど

「そのままでイイヨ」ってところアップアップ

あれ、本当にサイコーでした☆彡歌に入ってるから出た言葉☆彡

娼婦ソングその2は「朝日のあたる家」。

娼婦ばっかりですぅぅぅぅなんてトークからの歌い出し、

グッときましたビックリマーク1曲の中で声色がころころ変わるの。

決して器用ではない荻野さん(←アヤネも大概失礼w)だけど、

作品を自分の中に落とすのが上手だと思います(●´ω`●)

最後は「ソレアード」クローバー

ピアノのポロンポロンと、パーカッションのシャララがめちゃ

優しい音で、子供への愛がいっぱいつまったステージには

鳴りやまない大きな拍手が起こりました\(^o^)/

 

アンコールに用意したのは「下町の太陽」晴れ

男はつらいよシリーズが大・大・大好きな荻野さんが

目をキラキラさせてトークするの、かわゆい(●´ω`●)

倍賞千恵子さんのデビュー曲を、木須さんのコーラス付きで

お届けしました音譜

 

 

最初からずっとウッカリ連発の荻野さんだから、

もう何が来ても驚かないゾって思っていたのに、

まさかバンドさん達の名前を忘れたんじゃなくて

楽器名を忘れて固まったのには、爆笑しました(≧▽≦)

名前じゃなくて、そこ来たかーーーーって(笑)

優しく耳打ちする大岩さんのジェントルマンさ、素敵飛び出すハート

 

 

そんな感じで喋って笑って、飛ばして笑われて、

でも歌に入ると荻野ワールドで心にキュンッや、ジーンや

グッを色々与えてくれるハートフルなステージアップ

 

荻野さんがプレゼントしてくれたラスクが美味しすぎて、

バンドメンバーもスタッフもバクバク食べちゃったチョキ

 

耳も心もお腹も大満足な一日でした(≧▽≦)

 

 

ご来場いただきました皆様、ありがとうございましたドキドキ

これにて、昼下がりの音楽会2022Autumnは終了です!

次回は、2023年Springでお会いしましょー★

現在出演者募集中ですので、気になる方はアヤネまで!

052-733-0085

mail@chanson-japonaise.com