犬好き麻酔科医ブログ

犬好き麻酔科医ブログ

海外臨床留学麻酔Dog、カブリオレのお送りする、
最新論文から、医療の未来像まで。
日々精進。

おお、
NEJMにSSIの話題が。。。。

Dexamethasone and Surgical-Site Infection

デキサメサゾンは、PONV予防に術中使われます。
でも、
ステロイドによって、
二次性の高血糖によって、
感染が増えんじゃね、疑惑はあります。

8880 名の手術患者。
定時で、非心臓、2時間以上、
で、皮膚切開層が、5cm以上。
で、
デキサメサゾン 8 mg
プラセボ
の比較。

で、
30日SSIを調べる。
noninferiority margin 2.0 %。

データは、8725 名。
デキサメサゾン 4372
プラセボ  4353

この内、
13.2% (576、 572 づつ)
が、DM持ち。

SSIは、、、、、
デキサメサゾン  8.1% (354/ 4350 patients)
プラセボ  9.1% (394 /4328)
で、非劣勢。

DMの有無、
SSIの部位などで見ても、
差はない。

PONVは、
デキサメサゾン  42.2%
プラセボ 53.9%
RR, 0.78; 95% CI, 0.75 to 0.82

高血糖イベント(DM無しで)は、
デキサメサゾン 22 /3787 (0.6%)
プラセボ  6 /3776 (0.2%) 。

ん。
デキサメサゾンで、SSIは増えることない‼︎
と力強く言えますな。
でも、、、、、
PONVって、外人に多いんかな?
日本人で、ここまで多いとは思えん、実体験上。。。





Effect of Helmet Noninvasive Ventilation vs High-Flow Nasal Oxygen on Days Free of Respiratory Support in Patients With COVID-19 and Moderate to Severe Hypoxemic Respiratory Failure
The HENIVOT Randomized Clinical Trial

HighFlowNasalは、着実に地位を高めてます。
コロナでも、使われてます。
Nippvの大将であるヘルメット型との比較。

イタリア、4ICUのRCT。
109 patients 。P/F ≤200の呼吸不全。

ヘルメット型、設定で、
Peep 10-12、PS, 10-12 、
で、最低48時間。
その後、Highflownasal (n = 54) か、
最初からHighflownasal (60 L/min) (n = 55).

primary outcomeは、
28日後呼吸補助なし。

109 名。
中央年齢, 65。
女子21 [19%]

28日の呼吸補助なしは、
ヘルメット 20 (IQR, 0-25)
NasalHigh 18 (IQR, 0-22) 。
mean difference, 2 days [95% CI, −2 to 6]; P = .26).
で、有意差なし。

secondary outcomesは、7/9で、差はない。

差があったのは、
挿管率 (30% vs 51%)
difference, −21% [95% CI, −38% to −3%]; P = .03).
ヘルメットで低かった。

挿管管理なしDaysも、
(28 [IQR, 13-28] vs 25 [IQR 4-28];
mean difference, 3 days [95% CI, 0-7]; P = .04).
で、ヘルメットで低かった。

院内死亡は、
ヘルメット 24%
NasalHigh 25%
difference, −1% [95% CI, −17% to 15%]; P > .99).
で、差がなかった。

ま、
ヘルメットのがちょっといい傾向。
ま、
大差ないと。

ただねえ、、、、
コロナの場合、
酸素化、P/Fだけで分類しちゃっていいのかわかりかねるけど。。。
酸素化より、分時換気量とかのが影響あるかもしれんし、
色々、、、、病変違うよね、一個一個。。。
難しい問題っすわ。




Diagnosis and Management of Stable Angina
A Review

安定狭心症。
この内、
3% 〜4% /Yearで、MIに進行するらしい。

ここ10年で、対応はいかに変化したのか?


診断には Coronary CTが、第一選択。
CoronaryCT angiography は、
更なる情報を与えてくれる。

真新しい治療としては、
標準治療(抗血小板)と併用する、
脂質管理(proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 inhibitors, ezetimibe, and icosapent ethyl)
type 2 diabetes (sodium-glucose cotransporter 2 inhibitors, glucagon-like peptide 1 receptor agonists)
で、
心臓血管イベントが減るとされている。
(そのた、β遮断、Ca拮抗、ニトロ、なども)

RCTで、
標準薬剤治療と比べ、PCIなどの血行再建は、MIや死亡は減らないことが示されている。
コレは虚血が、Mod、Severe、でも変わっていない。

一方、
血行再建で、
虚血発作、QOLは改善することが示されている。

ん。
MIや死亡は、PCIじゃ良くならんことは、近年、常識化しつつある。と、信じたい。。。
が、
狭心発作頻度や、QOLを改善する効果はある。
比較的若い人では、
それは大事な可能性もある。
、、、、、
ただ、、、、
無症状患者で、バンバンPCIしてるの見ると、、、、
ちょっとひきますけどね。。。




Efficacy of NVX-CoV2373 Covid-19 Vaccine against the B.1.351 Variant

NVX-CoV2373 nanoparticle vaccine。
Phase 2a–b trial。
南アフリカ‼︎
1番、従来ワクチンが効果薄いんでは、とされてるやつだ。

既往なし、18〜84歳、
HIV安定アリ18〜64歳。
を、
NVX-CoV2373 vaccine2回、
と、プラセボ比較。

4387 名。
ベースで、 30%程度がコロナ陽性だった。
2684 名のベース陰性者。 (94% HIV陰性、6% 陽性)

で。
mild-to-moderate コロナ発症は、
ワクチン 15名
プラセボ  29 名
vaccine efficacy, 49.4%; 95% [CI], 6.1 to 72.8
だった。

HIV陰性者での、Vaccine efficacyは、
60.1% (95% CI, 19.9 to 80.1).

41 名の陽性検討で、
38 (92.7%) が、 B.1.351 variant. だった。
俗に言う南アフリカ型っスね。

Post hoc で、
vaccine efficacy against B.1.351 は、
Hiv陰性者で、 51.0% (95% CI, −0.6 to 76.2)

重大副作用は、差がない。
(ちょっとした、、、は増える)

なんだか、
80%とか90%なんて数字を身過ぎているからね、、、
低く感じますが、
効果あり、なんすよ。
ま、、、
低くは感じますがね、
それでも、ね、
半分になるだけでも、、、、
ワクチンが苦しくても、、、、
どげんかせんといかんけんね。



Effectiveness of the BNT162b2 Covid-19 Vaccine against the B.1.1.7 and B.1.351 Variants

messenger RNA vaccine。
BNT162b2 (Pfizer–BioNTech) は、
従来コロナに、95% efficacyという高い値を示した。

カタール。
March 31, 2021, 迄に、
385,853 名が、少なくとも一度のワクチン接種をした。
265,410 名が2回目も接種完了した。

第2、3波の最中に、ワクチンは、 scale-upした。
この間は、
B.1.1.7 variant (mid-January 2021) イギリス型っス。
B.1.351 variant (mid-February 2021)南アフリカ型っス。によるものだった。

B.1.1.7 の波は、March第1週に始まった
B.1.351 は、March 中旬に始まり、現在猛威をふるう。

February 23〜 March 18 の検査では、
50.0% が、 B.1.351
44.5%が、 B.1.1.7.
によるものだった。

で、、、
ワクチン効果。

B.1.1.7 variant に対するワクチン効果は、、、
89.5% (95% [CI], 85.9 to 92.3)‼︎
(2回摂取後14日以降の場合)

B.1.351 variantに対するワクチン効果は、
75.0% (95% CI, 70.5 to 78.9). ‼︎

コロナによる、重症、死亡への効果は、
97.4% (95% CI, 92.2 to 99.5)‼︎、と、超効果的‼︎

感染抑制効果は、
87.0% (95% CI, 81.8 to 90.7) 、 B.1.1.7 variant
72.1% (95% CI, 66.4 to 76.8) 、 B.1.351 variant。

ということで、
イギリス、南アフリカ型が流行中のカタールで、
ファイザーワクチンは、
有効性を示すことができました。

が、
従来型と比べると、南アフリカ型は、20%も有効性が下がってはいます。

March 31, 迄に、
ワクチン1回摂取者、6689 名
2回摂取者 1616 名、
で、
コロナ感染が報告されている。

ワクチン摂取者で、7名の死亡も報告されている。
(5名は一回、2名は2回摂取後)

南アフリカ型での有効性は従来型より下がってはいるが、重症入院患者は90%程度下がっており、有効性を感じると。(T Cell系関与?)

へえ〜、
変異型情報、だんだん出てきました。
なんだかんだ、結構有効っぽいっスね。
なんだかんだ、ファイザーはイイんすね。
副作用も、、、、結構ですが。
90%病床利用が減れば、
なんとかなりますもんね。



追加。

Association Between Vaccination With BNT162b2 and Incidence of Symptomatic and Asymptomatic SARS-CoV-2 Infections Among Health Care Workers

同じくファイザーワクチン。

6710名の医療従事者。
年齢, 44.3 [12.5] ; 4465 [66.5%] 女性。
63日、、、、Follow。

5953 名 (88.7%) は、少なくとも一回。
5517 (82.2%) 名は、2回摂取した。
757 (11.3%) 名はワクチン接種しなかった。

ワクチン接種者の方が歳上だった。
( 44.8 vs 40.7 years)
男性が多かった。
(31.4% vs 17.7%).

有症状コロナは、
2回摂取者 8 名、
ワクチンなし 38 名、
頻度, 4.7 vs 149.8 per 100 000 person-days,
IRR, 0.03 [95% CI, 0.01-0.06]

無症状コロナは、
ワクチン2回  19名
ワクチンなし  17 名
頻度, 11.3 vs 67.0 per 100 000 person-days,
IRR, 0.14 [95% CI, 0.07-0.31]

マッチングさせても同じ結果。

ま、
変異型かどうかは置いといて。
イスラエル、ですから、それほど変異型はなかったかもですが。

ワクチンで、有症状、無症状、
どっちも減ります、という結果。
もう、、、、
コレを信じるしかないっスな。