ver.5 - 洋楽チャートをデータと共に

ver.5 - 洋楽チャートをデータと共に

過去と現在の洋楽シーンをチャートデータをもとに紹介するページ(週一更新予定)


21世紀のヒットメイカーランキング 22



2000年から2021年の間に全米Top40ヒット(Top40内5週間以上ランクインを対象、1位曲は除く)を多く放ったヒットメイカーのランキングです。



さて6位になったアーチストですが





6: Justin Bieber



justin bieber

6位はJustin Bieberでした。チャートに詳しい人は23曲しかなかった?と思った人がいるかもしれませんが、Top40内5週間以上だけをカウントしているためこの数字になっていて、実際のTop40曲はその倍以上の51曲ありました。



Justin Bieberはカナダはオンタリオ州ロンドン出身のシンガーソングライターです。Youtuberとして活動を始め、それがスクーターブラウンに見いだされてアトランタに移動して、アイランドレコードと契約を結びます。2009年にデビューEP『My World』をリリース。全米5位に輝き、「One Time」(全米17位)、「One Less Lonely Girl」(全米16位)、「Love Me」(全米37位)、「Favorite Girl」(全米26位)がシングルヒットします。2010年にデビューフルアルバム『My World 2.0』をリリースして全米1位を記録。シングル「Baby」が全米5位のヒットを記録するなど世界中で大ヒットを記録して、トップスターへと駆け上がります。その後リミックスアルバム『My World Acoustic』、伝記映画『Never Say Never』、クリスマスアルバム『Under The Mistletoe』も全て1位を獲得するなどいきなり絶頂期を迎えます。



2012年に2ndアルバム『Believe』をリリースして、シングル「Boyfriend」がDigital Salesで初動521,000回を記録しながらも全米2位を記録します。このアルバムでティーンポップからエレクトロ、R&Bを取り入れるアーチストへの転身を図ります。2013年10月7日からは毎週シングルが10週間リリースされるということもありました。そんな中で2015年にSkrillexとともに「Where Are U Now」をリリース。またSkrillexを中心に作った『Purpose』から「What Do You Mean?」をリリースし、これが初の全米1位に輝きます、その後「Sorry」「Love Yourself」と3曲連続で全米1位に輝きました。2016年にはLous FonsiとDaddy Yankeeの「Despacito」のリミックスにフューチャーされてこれが全米1位を16週記録します。この頃はフューチャリングゲストとして参加してもビッグヒットが相次いでいました。



2018年頃にはヘイリーと結婚していて、2019年には結婚生活を優先するために音楽活動を休止。2019年に5枚目のアルバム『Changes』をリリース。それまでの破天荒なイメージとは一変するような「Intention」のようなシングルヒットも生まれました。2021年には6枚目のアルバム『Justice』をリリース。アルバムから6曲がTop40ヒットとなり、「Peaches」が全米1位に輝きました。2021年にはThe Kid Laroiとの「Stay」も全米1位に輝くなど、ここにきてキャリア最高のヒットが続いています。



Justin Bieberといえば最近ではちょっとハスキーがかった声が特徴的で、それがフューチャーされたときに存在感あり、ソウルフルです。また、音楽ジャンルもバラエティ豊かで、ゲスト参加を含めて常にチャートを賑わせるなど曲も間をあけずにリリースしています。また「Holy」「Intentions」など強いメッセージ性の曲もあり、目の離せないアーチストとなっています。



Top40 Hits(40内集計期間5週以上) 32曲(内Justin Bieber自身の曲23曲)1位獲得曲 8曲(内Justin Bieber自身の曲6曲)



1: One Time / Justin Bieber 0 17 17*1 2010 1/9
2: Baby / Justin Bieber f. Ludacris 5 18 5*1 2010 2/6
3: Eenie Meenie / Sean Kingston & Justin Bieber 0 11 15*1 2010 5/15
4: Somebody To Love / Justin Bieber 0 6 15*1 2010 7/17
5: Never Say Never / Justin Bieber f. Jaden Smith 1 5 8*1 2011 3/5
6: Boyfriend / Justin Bieber 12 16 2*1 2012 4/14
7: As Long As You Love Me / Justin Bieber f. Big Sean 12 25 6*5 2012 9/29
8: Beauty And A Beat / Justin Bieber f. Nicki Minaj 10 19 5*2 2013 1/5
9: #thatPOWER / Will.i.am f. Justin Bieber 0 7 17*1 2013 5/11
10: Where Are U Now / Skrillex & Diplo f. Justin Bieber 3 33 8*1 2015 7/25
11: What Do You Mean? / Justin Bieber 21 30 1*1 2015 9/19
12: Sorry / Justin Bieber 21 37 1*3 2016 1/16
13: Love Yourself / Justin Bieber 24 38 1*2 2016 2/6
14: Cold Water / Major Lazer f. Justin Bieber & M0 14 25 2*4 2016 8/13
15: Let Me Love You / DJ Snake f. Justin Bieber 17 31 4*5 2016 10/8
16: I'm The One / DJ Khaled f. Justin Bieber, Quavo,Chance The Rapper & Lil Wayne 15 21 1*1 2017 5/20
17: Despacito / Luis Fonsi & Daddy Yankee f.Justin Bieber 25 39 1*16 2017 5/27
18: 2U / David Guetta f. Justin Bieber 0 7 16*1 2017 7/1
19: Friends / Justin Bieber + BloodPop 0 6 20*1 2017 9/9
20: No Brainer / DJ Khaled f.Justin Bieber,Chance The Rapper & Quavo 2 11 5*1 2018 8/11
21: I Don't Care / Ed Sheeran & Justin Bieber 17 35 2*2 2019 5/25
22: 10,000 Hours / Dan + Shay & Justin Bieber 17 28 4*1 2019 10/19
23: Yummy / Justin Bieber 2 9 2*1 2020 1/11
24: Stuck With U / Ariana Grande & Justin Bieber 1 8 1*1 2020 5/23
25: Intentions / Justin Bieber f.Quavo 19 28 5*2 2020 6/20
26: Holy / Justin Bieber f.Chance The Rapper 14 24 3*1 2020 10/3
27: Lonely / Justin Bieber & Benny blanco 0 15 12*2 2021 1/23
28: Anyone / Justin Bieber 1 13 6*1 2021 1/16
29: Peaches / Justin Bieber f. Daniel Caesar & Giveon 16 27 1*1 2021 4/3
30: Stay / The Kid LAROI & Justin Bieber 23 23 1*7 2021 8/14
31: Essence / Wizkid f. Justin Bieber & Tems 2 18 9*1 2021 10/23
32: Ghost / Justin Bieber 0 10 32*1 2021 10/23


「Ghost」は2021年末時点でのデータを掲載しています。



2010-2021 (□Top40Hits ■NolHits)



2010 □□□□
2011 □ 
2012 □□
2013 □□
2014
2015 □■
2016 ■■□□
2017 ■■□□
2018 □
2019 □□
2020 □■□□
2021 □□■■□□



Baby / Justin Bieber
Love Yourself / Justin Bieber
Peaches / Justin Bieber



次はいよいよTop5。5位の発表です。


Billboard Chart 5/21



Single Chart




1(3) : First Class / Jack Harlow (2 Weeks)
2(2) : As It Was / Harry Styles
3(1) : Wait For U / Future f. Drake & Tems
4(-) : Moscow Mule / Bad Bunny
5(-) : Titi Me Pregunto / Bad Bunny
6(-) : Desputes De La Playa / Bad Bunny
7(5) : Heat Waves / Glass Animals
8(6) : Big Energy / Latto
9(19) : About Damn Time / Lizzo
10(-) : Me Porto Bonito / Bad Bunny & Chencho Corleone



Jack Harlowの「First Class」がアルバム発売もあって1位に復帰、2週目の1位を獲得しています。Streamingsは31.1Mで3位から2位、Digital Salesは8,000回で6位から7位、Radio Airplyは47.9Mで10位から8位でした。



Harry Stylesの「As It Was」は2位をキープですが、Streamingsが23.2M、Radio Airplyが65.9M、Digital Salesが7,500回でした。



今週嵐のようにチャートを席巻したのはプエルトリコ出身のBad Bunnyでした。アルバム『Un Verano Sin Ti』から12曲がTop40入り、4曲がTop10入りをしました。4位の「Moscow Mule」は30.4MのStreamings、5位の「Titi Me Pregunto」は25.1MのStreamings、6位の「Despues De La Playa」は24.9MのStreamings、10位の「Me Porto Bonito」は23.7MのStreamingsでした。


Moscow Mule / Bad Bunny
Titi Me Pregunto / Bad Bunny
Desputes De La Playa / Bad Bunny
Me Porto Bonito / Bad Bunny & Chencho Corleone



9位にはLizzoの「About Damn Time」が入っています。7月15日に発売されるアルバム『Special』からのカットで70'sのディスコサウンドです。TikTokで人気で、Streamingsは50%アップの16.9M、セールスは72%アップの17,500回、Radio Airplayも32%アップの21Mでした。Lizzoにとっては「Truth Hurts」、「Good As Hell」、「Rumors」(f. Cardi B)に続く4曲目のTop10ヒットとなりました。


About Damn Time / Lizzo



12(-) : Thought You Should Know / Morgan Wallen
14(-) : Party / Bad Bunny & Rauw Alejandro
15(-) : The Heart Part 5 / Kendrick Lamar
16(-) : Un Ratito / Bad Bunny
18(-) : Tarot / Bad Bunny
21(-) : Dua Lipa / Jack Harlow
22(-) : Yo No Soy Celoso / Bad Bunny
23(-) : Churchill Downs / Jack Harlow f. Drake
26(-) : Ojitos Limdos / Bad Bunny & Bomba Estereo
31(-) : Neverita / Bad Bunny
32(-) : La Corriente / Bad Bunny & Tony Dize
34(-) : Efecto / Bad Bunny
39(41) : Sweetest Pie / Megan Thee Stallion & Dua Lipa *
* Top40再登場



Bad Bunnyが8曲、Jack Harlowが2曲入っています。


それ以外では12位にテネシー州Sneedville出身のカントリーシンガーMorgan Wallenの「Thought You Should Know」が入っています。Hot Country Songsでは初登場1位を獲得しています。


Thought You Should Know / Morgan Wallen



15位にはアメリカはカリフォルニア州Compton出身のラッパーKendrick Lamarの「The Heart Part 5」が入っています。イントロからMarvin Gayeの「I Want You」使いの曲です。


The Heart Part 5 / Kendrick Lamar



Streamings Songs #1 : Wait For U / Future f.Drake & Tems 31.5M
Digital Sales #1 : Thought You Should Know / Morgan Wallen
Radio Airplay #1 : As It Was / Harry Styles 65.9M



Album Chart (Units/Sales)


1(-) : Un Verano Sin Ti / Bad Bunny 274,000/12,000
2(1) : I Never Liked You / Future 116,000/?
3(-) : Come Home The Kids Miss You / Jack Harlow 113,000/8,000
4(3) : Dangerous The Double Album / Morgan Wallen 53,000/?
5(5) : Sour / Olivia Rodrigo 32,000/?
6(-) : We / Arcade Fire 32,000/26,000
7(6) : 7220 / Lil Durk 31,000/?
8(7) : Encanto / Soundtrack 30,000
9(-) : Nostalgia / Eslabon Armado 29,500/?
10(9) : Certified Lover Boy / Drake 28,000/?



15(-) : Heart On My Sleeve / Ella Mai
36(-) : Back From The Dead / Halestorm



プエルトリコ出身のBad Bunnyの『U Verano Sin Ti』が1位に輝いています。2020年の『El Ultimo Tour Del Mundo』に続く2枚目の全米1位になります。2021年に全米10位を記録した「Yonaguni」は収録されていません。



3位には「First Class」が大ヒット中のアメリカはLouisville出身のラッパーJack Harlowの2ndアルバム『Come Home The Kids Miss You』が入っています。メディアの評価は低いですが、ゲストはPharell Williams、Drake、Justin Timberlake、Lil Wayneと豪華です。



6位にはカナダはモントリオールで結成されたロックバンドArcade Fireの6枚目のアルバム『We』が入っています。



9位にはメキシコのバンドEslabon Armadoの『Nostalgia』が入っています。スペイン語のアルバムで、メキシカンアルバムチャートにランクインしたアルバムがTop10入りするのは初とのことです、

UK Chart 5/20



Single Chart


1(1) : As It Was / Harry Styles (7 Weeks)
2(78) : Space Man / Sam Ryder
3(3) : Go / Cat Burns
4(4) : About Damn Time / Lizzo
5(2) : First Class / Jack Harlow
6(-) : N95 / Kendrick Lamar
7(-) : Die Hard / Kendrick Lamar f. Blxst,Amanda
8(7) : Peru / Fireboy DML & Ed Sheeran
9(5) : Starlight / Dave
10(6) : Baby / Aitch,Ashanti



Harry Stylesの「As It Was」が7週目の1位を獲得しています。


2位に急上昇しているのはイングランドはMaldon出身のシンガーSam Ryderの「Space Man」でした。2022年のEurovision コンテストで2位だったことが影響して急上昇となりました。透明感のある声と壮大な歌詞が魅力です。


Space Man / Sam Ryder


6位に「N95」、7位に「Die Hard」とKendrick Lamarのニューアルバムからのシングルが2曲入っています。全英ではこの順位ですが、全米ではとんでもないことになりそうです。


N95 / Kendrick Lamar
Die Hard / Kendrick Lamar f. Blxst,Amanda


14(-) : Unnited Grief / Kendrick Lamar
16(-) : IFTK / Tion Wayne & La Roux
25(-) : Cooped Up / Post Malone f. Roddy Ricch
35(-) : Black Beates / D-Block Europe
37(-) : The Foundations Of Decay / My Chemical Romance



Album Chart


1(-) : Dance Fever / Florence + The Machine
2(-) : Mr.Morale & The Big Steppers / Kendrick Lamar
3(5) : = / Ed Sheeran
4(6) : Between Us / Little Mix
5(-) : Dropout Boogie / The Black Keys
6(-) : Blue Hours / Bear's Den
7(10) : Sour / Olivia Rodrigo
8(13) : 50 Years Don't Stop / Fleetwood Mac
9(14) : The Highlights / The Weeknd
10(15) : Curtain Call The Hits / Eminem



19(-) : A Light For Attracting Attention / Smile
24(-) : Live At The El Mocambo / Rolling Stones



1位はイングランドはロンドンで結成されたロックバンドFlorence + The Machineの5枚目のアルバム『Dance Fever』でした。前作が2位でしたが、これで4枚目の全英1位獲得となっています。プロデューサーはTaylor Swiftの作品を手掛けているJack Antonoff。


Free / Florence And The Machine
My Love / Florence And The Machine



2位にはアメリカはカリフォルニア州Compton出身のラッパーKendrick Lamarの5枚目のアルバム『Mr.Morale & The Big Steppers』が入っています。2枚組18曲の大作で、NME誌が★5、Metacriticsが89/100と高い評価を受けています。ちなみにアルバムの「We Cry Together」は今週1位のFlorence And The Machineの「June」をサンプリングしています。


Purple Hearts / Kendrick Lamar



5位はアメリカはAkronで結成されたロックデュオThe Black Keysの11枚目のアルバム『Dropout Boogie』が入っています。「Wild Child」がロック系のラジオでヒットしています。


Wild Child / The Black Keys



6位にはロンドンで結成されたフォークロックバンドBear's Denの5枚目のアルバム『Blue Hours』が入っています。バンドにとっては2016年の『Red Earth & Pouring Rain』以来のTop10ヒットで、バンド最高位を記録しています。


Blue Hours / Bear's Den



19位にはRadioheadのThom Yorke、Jonny Greenwoodに、Sons Of KemetのTom Skinner、プロデュースにNigel GodrichというほぼRadioheadの別プロジェクト的なThe Smileの『A Light For Attracting Attention』が登場しています。

21世紀のヒットメイカーランキング 21



2000年から2021年の間に全米Top40ヒット(Top40内5週間以上ランクインを対象、1位曲は除く)を多く放ったヒットメイカーのランキングです。



さて7位になったアーチストですが



Yeah 3X



7: Chris Brown



chris


7位はChris Brownでした。Usherと共に男性R&Bボーカルの中心として息の長い活躍を続けています。



Chris Brownはバージニア州Tappahanock出身のR&Bシンガーです。13歳の時に地元のスカウトがChrisの父親が働くガソリンスタンドに立ち寄ったことがきっかけとなります。2004年にJiveレコードと契約し、2005年にデビューアルバム『Chris Brown』をリリース。当時男性R&Bソウルブームの中、アルバムは全米2位に、シングル「Run It」は全米1位を獲得します。アルバムから「Yo」、「Gimme That」、「Say Goodbye」が立て続けにヒットを記録して、人気R&Bシンガーとなりました。2007年には2ndアルバム『Excrusive』をリリース。リードシングル「Wall To Wall」は79位と惨敗ながら、2ndシングル「Kiss Kiss」が2度目の全米1位に輝きます。アルバムからStargateが手掛けた「With You」が全米2位を記録し、続けてJordan Sparkとの「No Air」が全米3位を記録。『Exclusive』の再装盤から「Forever」が全米2位を記録するなどキャリアの最初のピークを迎えます。



2009年2月に当時付き合っていたRihannaとの暴行事件があり、Chris Brownのアイドルとしての人気に影響が出てきます。2009年の3rdアルバム『Graffiti』は全米7位を記録。シングル「I Can Transform Ya」は全米20位とTop10入りを逃します。2010年ラッパーTygaとのコラボで作ったMixtapeから「Deuces」がR&Bチャートで1位のヒットを記録すると2011年に4thアルバム『F.A.M.E.』をリリース。当時流行していたエレクトロサウンドを取り込んだり、これまでと違ったサウンドプロダクトで作られたアルバムは初の全米1位を獲得。シングル「Yeah 3X」は全米で15位ながら世界中でヒットし、Chris Brownの新しいスタイルが確立していきます。この路線をさらに強めた5枚目のアルバム『Fortune』も全米1位を獲得。シングル「Turn Up The Music」と「Don't Wake Me Up」はともに全米10位を記録しました。



2014年に5枚目のアルバム『X』をリリースしたあたりから、シングル・アルバムともに量産するようになり、2016年に『Royalty』、2017年に2枚組の『Heartbreak Anniversary』、2019年にも2枚組で『Indigo』をリリース。その間にも2015年にTygaとの『Fan Of A Fan Album』やMixtapeもリリース。私生活では問題が続く中でも各アルバムからは数曲のシングルとPVが作られるなど精力的な活動が続いていきます。



Chris Brownは時代の音楽に合わせたR&Bソウルを作り続けています。パフォーマンスのキレは常にハイレベルで、PVではMichael Jacksonの後継者ともいうべきダンスが魅力です。またほぼ休みなしにシングルとアルバムをリリースし続けて、エネルギッシュな活動を続けています。



Top40 Hits(40内集計期間5週以上) 32曲(内Chris Brown自身の曲23曲)1位獲得曲 2曲(内Chris Brown自身の曲2曲)



1: Run It ! / Chris Brown 17 31 1*5 2005 11/26
2: Yo (Excuse Me Miss) / Chris Brown 8 16 7*3 2006 2/18
3: Gimme That / Chris Brown f. Lil' Wayne 0 14 15*1 2006 6/17
4: Say Goodbye / Chris Brown 2 20 10*2 2006 11/11
5: Shortie Like Mine / Bow Wow f. Chris Brown & Johnta Austin 4 17 9*3 2006 12/16
6: Kiss Kiss / Chris Brown f. T-Pain 15 23 1*3 2007 11/10
7: With You / Chris Brown 16 27 2*6 2008 2/16
8: No Air / Jordan Sparks With Chris Brown 16 28 3*4 2008 4/26
9: Forever / Chris Brown 14 32 2*2 2008 8/16
10: Get Like Me / David Banner f. Chris Brown 0 15 16*2 2008 8/23
11: I Can Transform Ya / Chris Brown f. Lil Wayne & Swizz Beatz 0 12 20*1 2009 12/12
12: Deuces / Chris Brown f. Kevin McCall 0 19 14*1 2010 10/16
13: Yeah 3X / Chris Brown 0 19 15*1 2011 1/29
14: Look At Me Now / Chris Brown f. Lil Wayne & Busta Rhymes 10 25 6*1 2011 4/16
15: My Last / Big Sean f. Chris Brown 0 7 30*1 2011 7/23
16: She Ain't You / Chris Brown 0 12 27*1 2011 8/6
17: International Love / Pitbull f. Chris Brown 0 18 13*3 2012 2/11
18: Turn Up The Music / Chris Brown 1 9 10*1 2012 3/3
19: Birthday Cake / Rihanna f. Chris Brown 0 12 24*4 2012 5/5
20: Don't Wake Me Up / Chris Brown 1 18 10*1 2012 11/10
21: Love More / Chris Brown f. Nicki Minaj 0 17 23*2 2013 11/9
22: Show Me / Kid Ink f. Chris Brown 0 23 13*1 2014 4/5
23: Loyal / Chris Brown f. Lil Wayne & French Montana Or Too $hort 2 27 9*1 2014 5/3
24: New Flame / Chris Brown f. Usher & Rick Ross 0 14 27*3 2014 9/27
25: Only / Nicki Minaj f. Drake,Lil Wayne & Chris Brown 0 21 12*1 2014 12/27
26: Post To Be / Omarion f. Chris Brown & Jhene Aiko 0 26 13*2 2015 5/9
27: All Eyes On You / Meek Mill f. Chris Brown & Nicki Minaj 0 13 21*1 2015 8/15
28: Ayo / Chris Brown & Tyga 0 15 21*1 2015 3/21
29: Back To Sleep / Chris Brown 0 7 20*1 2016 3/19
30: Freaky Friday / Lil Dicky f.Chris Brown 5 13 8*2 2018 4/7
31: No Guidance / Chris Brown f. Drake 23 44 5*4 2019 10/5
32: Go Crazy / Chris Brown & Young Thug 13 48 3*1 2021 3/6


2005-2021 (□Top40Hits ■NolHits)



2005 ■
2006 □□□□
2007 ■
2008 □□□□
2009 □
2010 □
2011 □□□□ 
2012 □□□□
2013 □
2014 □□□□
2015 □□□
2016 □
2017
2018 □
2019 □
2020
2021 □



Run It / Chris Brown
Turn Up The Music / Chris Brown

Go Crazy / Chris Brown & Young Thug



次は6位の発表です。

Billboard Chart 5/14



Single Chart




1(-) : Wait For U / Future f. Drake & Tems
2(1) : As It Was / Harry Styles
3(2) : First Class / Jack Harlow
4(-) : Puffin On Zootiez / Future
5(3) : Heat Waves / Glass Animals
6(4) : Big Energy / Latto
7(5) : Enemy / Imagine Dragons ×JID
8(-) : 712PM / Future
9(6) : Stay / The Kid Laroi & Justin Bieber
10(-) : I'm Dat N***a / Future



アトランタ出身のラッパーFutureの「Wait For U」が登場しています。アルバム『I Never Liked You」からのシングルで、ナイジェリア出身のラッパーTemsの2020年の曲「Higher」をバックトラックにDrakeをフューチャリングしています。Futureにとっては2021年の「Way 2 Sexy」(Drake f.Future & Young Thug)以来2曲目の全米1位で、Drake にとっては10曲目の記念すべき全米1位となっています。Drakeの10曲全米1位というのは歴代8位タイの記録です。(加えて55曲目のTop10ヒット、146曲目のHot100ヒット)ナイジェリアのラッパーTemsはWizkidの「Essence」でフューチャリングされていましたが初の全米1位獲得となっています。


Streamingsは40.2Mで1位、Digital Salesは6,400回で7位、Radio Airplayは7.9Mでした。



■ Drake US No.1 Hits (# =獲得週)



1: What's My Name? / Rihanna f. Drake 2010 #1
2: Work / Rihanna f. Drake 2016 #9
3: One Dance / Drake f. Wizkid & Kyla 2016 #10
4: God's Plan / Drake 2018 #11
5: Nice For What / Drake 2018 #8
6: In My Feelings / Drake 2018 #10
7: Toosie Slide / Drake 2020 #1
8: What's Next / Drake 2021 #1
9: Way 2 Sexy / Drake f. Future & Young Thug 2021 #1
10: Wait For U / Future f. Drake & Tems 2022 #1



■ 全米シングルチャート1位獲得数



1: The Beatles 20曲
2: Mariah Carey 19曲
3: Rihanna 14曲
4: Michael Jackson 13曲
5: Madonna 12曲
  The Supremes 12曲
7: Whitney Houston 11曲
8: Drake 10曲
   Janet Jackson 10曲
   Stevie Wonder 10曲



今週はFutureのアルバムから「Puffin On Zootiez」が4位、「712PM」が8位、「I'm Dat N***a」が10位に入っています。今週Kendrick Lamarの新作が登場しましたが、2枚組というボリュームを考えると再来週はとんでもないことになりそうです。ちなみに来週はJack Harlow、Bad Bunnyと強力なアルバムが登場するので、チャートは荒れそうです。



Wait For U / Future f. Drake & Tems
Puffin On Zootiez / Future
712PM / Future
I'm Dat N***a / Future



2位に落ちたHarry Stylesの「As It Was」ですが、Streamingsが25.7M、Digital Salesが16,300回(1位)、Radio Airplayは60Mでした。



11(-) : I'm On One / Future f. Drake
12(-) : Love You Better / Future
15(-) : Keep It Burnin / Future
19(60) : About Damn Time / Lizzo
20(-) : Massaging Me / Future
24(-) : For A Nut / Future f. Gunna & Young Thug
25(36) : Provenza / Karol G
26(-) : Chickens / Future f. EST Gee
29(-) : Gold Stacks / Future
39(-) : Voodoo / Future f. Kodak Black



Top40内でもFutureの曲が8曲入っています。


それ以外ではLizzoの「About Damn Time」が19位に急上昇しています。70年代ディスコサウンドな曲で、ラジオでどう反応してくるかが興味があります。7月15日に発売されるアルバム『Special』からのシングルです。


About Damn Time / Lizzo


Streamings Songs #1 : Wait For U / Future f. Drake & Tems 40.2M
Digital Sales #1 : As It Was / Harry Styles 16,300
Radio Airplay #1 : Enemy / Imagine Dragons ×JID 65.9M



Album Chart (Units/Sales)


1(-) : I Never Liked You / Future 222,000/6,500
2(35) : Dawn FM / The Weeknd 57,000/44,000
3(2) : Dangerous The Double Album / Morgan Wallen 50,000/?
4(-) : Palomino / Miranda Lambert 36,000/24,000
5(4) : Sour / Olivia Rodrigo 34,000/?
6(3) : 7220 / Lil Durk 33,000/?
7(5) : Encanto / Soundtrack 32,000/?
8(-) : Mr.Crawford / NoCap 29,000/0
9(7) : Certifiled Lover Boy / Drake 29,000/?
10(6) : Planet Her / Doja Cat 29,000/?



12(-) : Dave's Pick Volume42 / Grateful Dead
13(-) : Blue Water Road / Kehlani
15(-) : Zeit / Rammstein



シングルが1位のFuture『I Never Liked You』が1位を獲得しています。Futureにとっては8枚目の全米1位で、15枚目のTop10アルバムとなりました。



■ Future 全米1位アルバム



DS2 / Future 2015年1位 ★2
What A Time To Be Alive / Drake & Future 2015年1位 ★
Evol 2016年1位 ★
Future 2017年1位 ★
HNDRXX 2017年1位 ●(『Future』と2週連続リリース)
Future Hndrxx Presents The Wizard 2019年1位 ●
High Off Life 2020年1位 ★
I Never Liked You 2022年1位 



4位にはテキサス州Lindale出身のカントリーシンガーMiranda Lambertの9枚目のアルバム『Palomino』が入っています。



8位にはアラバマ州Mobile出身のラッパーNoCapのデビューアルバム『Mr.Craford』が入っています。切ないメロディに乗せる「Vaccine」がバブリングチャートで2位と勢いがあります。


Vaccine / NoCap