ver.5 - 洋楽チャートをデータと共に

ver.5 - 洋楽チャートをデータと共に

過去と現在の洋楽シーンをチャートデータをもとに紹介するページ(週一更新予定)


Billboard Chart 7/4



Single Chart


1(2) : Rockstar / DaBaby f. Roddy Ricch (3 Weeks)
2(4) : Savage / Megan Thee Stallion f. Beyonce
3(5) : Blinding Lights / The Weeknd
4(8) : Roses / Saint Jhn
5(7) : Intentions / Justin Bieber f. Quavo
6(6) : Say So / Doja Cat f.Nicki Minaj
7(3) : The Bigger Picture / Lil Baby
8(18) : Whats Poppin / Jack Harlow
9(11) : Blueberry Faygo / Lil Mosey
10(13) : Circles / Post Malone



DaBabyとRoddy Ricchの「Rockstar」が1位に復帰して3週目の1位を獲得しています。Streamingsは37.9Mで1位、Digital Salesは12,000回で3位から2位に、Radio Airplayは39.7Mで14位から12位でした。6月26日にPVが公開されて、6月28日にはBET Award 2020でのパフォーマンスの影響もあり、しばらくは強そうです。



今週8位に急上昇しているのはケンタッキー出身のラッパーJack Harlowの「Whats Poppin」でした。6月24日にアップされたDaBaby, Tory Lanez & Lil Wayne Remixの影響によるもので、来週はポイントがフルで加算されるため1位争いとなることが予想されます。ピアノの軽快なメロディが印象的なラップです。


Whats Poppin / Jack Harlow



9位にはTikTokから火が付いたLil Moseyの「Bluebery Faygo」が登場。Johnny Gillの「My My My」をサンプリングしたメロディアスなラップで、StreamingsはSpotifyなどでは好調でしたが、Radio Airplayが36.5Mで13位まで上がっています。


Blueberry Faygo / Lil Mosey



Jack Harlow、Lil MoseyとCole BennettがPVの監督をしている曲が2曲Top10に入ってきました。このCole Bennettという監督の作品は個人的に注目していて、日常的でありながらシュールで、印象的なカットを挟んできて、80年代のPVに通じる味があるんですよね。Cole Bennettの代表的な作品はこちら。



Lucid Dreams / Juice WRLD
Robbery / Juice WRLD
Ransom / Lil Tecca
Godzilla / Eminem
Blueberry Faygo / Lil Mosey
Whats Poppin / Jack Harlow
Bandit / Juice WRLD f. NBA Youngboy
Shotta Flow / NLE Choppa
Thotiana / Blueface



YoutubeのCole Bennett作品のページ

 

12(16) : Adore You / Harry Styles
13(15) : The Bones / Maren Morris
16(19) : Watermelon Sugar / Harry Styles
17(23) : I Hope / Gabby Barrett
18(27) : We Paid / Lil Baby & 42 Duggs
19(20) : Falling / Trevor Daniel
23(25) : Break My Heart / Dua Lipa
26(28) : Hard To Forget / Sam Hunt
27(29) : Before You Go / Lewis Capaldi
29(35) : One Margarita / Luke Bryan
32(34) : Go Crazy / Chris Brown & Young Thug
36(37) : Emotionally Scarred / Lil Baby
37(-) : Black Parade / Beyonce
38(46) : Here And Now / Kenny Chesney



11位以下で初登場だったのは2曲ありました。まずは奴隷解放記念日に突如リリースされたBeyonceの新曲「Black Parade」が37位登場。BeyonceはLion Kingの映画『Black Is King』も手掛けることが報道されています。38位には5月に発売されたカントリーシンガーKenny Chesneyの全米1位アルバム『Here And Now』からタイトルトラックが登場しています。


Black Parade / Beyonce
Here And Now / Kenny Chesney



Streamings Songs #1 : Rockstar / DaBaby f. Roddy Ricch 37.9M
Digital Sales #1 : Black Parade / Beyonce 18,000
Radio Airplay #1 : Blinding Lights / The Weeknd 76.8M



Album Chart (Units/Sales)


1(1) : My Turn / Lil Baby 70,000/?
2(-) : Rough And Rowdy Ways / Bob Dylan 53,000/51,000
3(80) : Artist 2.0 / A Boogie Wit Da Hoodie 43,000/41,000
4(3) : Blame It On Baby / DaBaby 37,000/?
5(4) : Hollywood's Bleeding / Post Malone 36,000/?
6(2) : Chromatica / Lady Gaga 33,000/?
7(5) : Dark Lane Demo Tapes / Drake 32,000/?
8(-) : The Album / Teyana Taylor 32,000/4,000
9(8) : Eternal Atake / Lil Uzi Vert 31,000/?
10(9) : The Goat / Polo G 31,000/?



Lil Babyの『My Turn』が4週目の1位を獲得しています。


2位に登場したのはBob Dylanの新作『Rough And Rowdy Ways』でした。Bob Dylanにとって23枚目のTop10アルバムで、50枚目のTop40アルバムとなりました。Top40アルバムということでは60年代から70年代、80年代、90年代、00年代、10年代、20年代と7 Decadeに渡って記録していて超人的な記録となります。今回のアルバムにはケネディ大統領暗殺事件を歌った17分の「Murder Most Foul」が収録されています。恐らくは来年のGrammy賞でも本命になるであろうアルバムです。



3位にはA Boogie Wit Da Hoodieの『Artist 2.0』が再浮上しています。これはDeluxe盤リリースによるもので、オリジナルは今年2月29日付で2位を記録していました。



8位にはニューヨーク出身の女優でありシンガーソングライターTeyana Taylorの『The Album』が8位に登場しています。MTVの「My Super Sweet 16」に2012年に出演して名前を知られるようになりDef Jamと契約。これまで2014年に『Vii』が19位、2018年に『K.T.S.E.』が17位を記録していました。この『The Album』というのは変則的なアルバムでSide Aが5曲、Side Lが5曲、Side Bが4曲、Side Uが4曲、Side Mが5曲で計23曲77分という大作で、Rick Ross、Erykah Badu、Qvuavo、Kehlani、Missy Elliott、Future、Big Sean、Lauryn Hillと豪華なゲスト陣もあります。賛否両論ですがR&Bソウルアルバムとして面白いアルバムです。


Wake Up Love / Teyana Taylor f. Iman
How You Want It / Teyana Taylor
We Got Love / Teyana Taylor f. Lauryn Hill



15(-) : Lamb Of God / Lamb Of God
17(-) : Homegrown / Neil Young
19(-) : Bigger Love / John Legend
22(-) : The Smartest / Tenn Grizzley
27(-) : Goldmine / Gabby Barrett
29(-) : City On Lock / City Girls



43(-) : Punisher / Phoebe Bridgers



人気ブログランキングへ

UK Chart 7/3



Single Chart


1(4) : Savage Love (Laxed - Siren Beat) / Jawsh 685 & Jason Derulo
2(1) : Rockstar / Dababy f. Roddy Ricch
3(2) : Rain On Me / Lady Gaga & Ariana Grande
4(3) : Breaking Me / Topic f. A7S
5(5) : Rover / Simba f. DTG
6(7) : Watermelon Sugar / Harry Styles
7(10) : Secrets / Regard & Raye
8(6) : Dinner Guest / AJ Tracey f. Mostack
9(9) : Don't Need Love / 220 Kid & Gracey
10(8) : Savage / Megan Thee Stallion



20(-) : How You Like That / Blackpink
28(-) : Parasite Eve / Bring Me Horizon



ニュージーランド出身のプロデューサーJawsh 685とR&BシンガーJason Deruloの「Savage Love」が1位に輝いています。元々はJawsh 685が2019年にYoutubeにアップした「Laxed (Siren Beat)」というインストがTiktokで人気となり2020年4月20日に正式にリリース、2020年5月にはコロンビアレコードと契約を結びます。Jason DeruloはCulture DanceチャレンジとしてTiktokに投稿し、「Laxed」をサンプリングした「Savage Love」をアップしました。6月11日にコロンビアレコードはJawsh 685とJason Deruloに対してJawsh 685はJason Deruloにサンプリングを許可する代わりに、作プロデュースにクレジットするということをアナウンスし、「Savage Love(Laxed - Siren Beat)」という曲目になりました。


レゲエのリズムが心地いい夏向けの曲で、ひょっとして今年夏のビッグヒットになる可能性ありです。


Savage Love (Laxed - Siren Beat) / Jawsh 685 Jason Derulo



Album Chart


1(-) : Woman In Music Pt3 / Haim
2(1) : Rough And Rowdy Ways / Bob Dylan
3(-) : What's Your Pleasure / Jessie Ware
4(4) : Divinely Uninspired To A Hellish Extent / Lewis Capaldi
5(5) : Fine Line / Harry Styles
6(3) : Chromatica / Lady Gaga
7(-) : Mordechai / khruangbin
8(7) : Future Nostalgia
9(9) : Diamonds / Elton John
10(12) : No.6 Collaboration Project / Ed Sheeran



ロサンゼルス出身のEste Haim、Danielle Haim、Alana Haimの三姉妹によるHaimの3rdアルバム『Woman In Music Pt3』が1位に輝いています。


BBCが期待するSound Of 2013でWinnerになった他に2013年のGrammy賞 Best New Artistにノミネートするなど早くから注目を集めていたバンドですが、今回の3枚目はブレイクするのではと思うほどの力作です。女性ロックバンドとしてハードでポップなロックがある一方でヒップホップな「3AM」、レゲエチックな「Another Try」など幅広い音楽が魅力です。NME誌が★5、Rolling Stone誌が★4、Metacricsで88/100。



Don't Wanna / Haim
3am / Haim
Another Try / Haim



3位に登場したのはロンドン出身のシンガーソングライターJassie Wareの4枚目のアルバム『What's Your Pleasure?』でした。タイトルトラック「What's Your Pleasure」「Spotlight」など80年代な感じのレトロなテクノダンスチューンが良い感じです。Dua Lipaの『Future Nostalgia』に近い香りがしました。NME誌が★4、Rolling Stone誌が★4.5、Metacritcが84/100と高い評価です。



Spotlight / Jessie Ware
What's Your Pleasure / Jessie Ware
Mirage / Jessie Ware



7位に登場したのはテキサスで結成されたファンクロックバンドKhruangbinの3rdアルバム『Mordechai』でした。70年代後半のファンクディスコサウンドが心地いいアルバムでNME誌が★5でMetacriticは82/100と高い評価です。



Time / Khruangbin
So We Won't Forget / Khruangbin
Pelota / Khruangbin



今日はTop10に入った3枚ともポップ・ロック・ファンクとレトロな雰囲気もありながらどれも良いアルバムで驚きました。



14(-) : The Memories We Make / Lathums
29(-) : Kitchen Sink / Nadine Shah
32(-) : Can't Stop Won't Stop / Meekz


人気ブログランキングへ


RIAA 認定情報 6月編 5/28- 6/29



 RIAA認定データは、全米でのシングル・アルバム売上の認定記録です。★1つが100万枚。●は50万枚のセールスがあったことを示します。★5になると500万枚のセールスということになります。
シングル分については★3以上を、アルバムについては期間内の認定はすべてアップします。



Single


Girls Like You / Maroon 5 f. Cardi B ★8
Low Life / Future f. The Weeknd ★7
Mask Off / Future ★7
Without Me / Halsey ★7
I Don't Fuck With You / Big Sean ★6
Riptide / Vance Joy ★6
Happier / Marshmello f. Bastille ★6
7 Rings / Ariana Grande ★5
Bottoms Up / Brantley Gilbert ★5
Bad At Love / Halsey ★5
Where Ya At / Future f. Drake ★4
Bad Things / Machin Gun Kelly & Camila Cabello ★4
I Like Me Better / Lauv ★4
Good As Hell / Lizzo  ★3
The London / Young Thug f. J.Cole & Travis Scott ★3
Break Up With Your Girlfriend , I'm Bored / Ariana Grande ★3
Fuck Up Some Commas / Future ★3
First Day Out / Tee Grizzley ★3
Dance Monkey / Tones & I ★3
Buy Me A Boat / Chris Janson ★3



Album


Purpose / Justin Bieber ★5
My World 2.0 / Justin Bieber ★4
My World / Justin Bieber ★3
Under The Mistletoe / Justin Bieber ★2
Thank U Next / Ariana Grande ★2
Bad Lands / Halsey ★2
Eternal Atake / Lil Uzi Vert ★1
So Much Fun / Young Thug ★1
Gradiator / Soundtrack ★1
Jungle Rules / French Montana ★1
Motion / Calvin Harris ★1
18 Months / Calvin Harris ★1
4275 / Jacquees ●
Journals / Justin Bieber ●
My World Acoustic / Justin Bieber ●
Everready / Tech N9ne ●
Jesus Is King / Kanye West ●
God Loves When You're Dancing / Vance Joy ●
I'm Him / Kevin Gates ●
Dylan Scott / Dylan Scott ●
I Met You When I Was 18 / Lauv ●



人気ブログランキングへ

洋楽情報7月編



■ 最新ニュースなど



■ 新曲Express (新曲を随時ここで更新していきます)



■  New Release Information 



6/26



Woman In Music Pt Ⅲ / HAIM
The Absence Of Presence / Kansas
Spirits In The Forest / Depeche Mode
I Can Feel You Forgetting Me / Neon Trees
Exodus / Brian McKnight
Amends / Grey Daze
Home Tapes / Oh Wonder
Hindsight / Emmure
Mordechai / Khruangbin
Kicki / Arca
Monovision / Ray LaMontane
Frankensteina Strataemontanus / Carach Angren
She's Not From Around Here / Wendy Maybury
Agricultural Tragic / Corb Lund
The Balladeer / Lori McKeena
She's Not From Around Here / Wendy Maybury
Tiny Little Movies / Will Hoge



7/3


Shoot For The Stars Aim For The Moob / Pop Smke
On Sunset / Paul Weller
Shadow Work / Trapt
City In The Stars / Astropolis
Inner World / Dalai Lama
Come Alive / All Nations Music
My Own / Trevor Hall
The Things That Goat Us Here / Sidewalk Porphetts
Red,White & BOozed / Moonshine Bandits
First Rose Of Spring / Willie Nelson
Time For A Change / Hotboy Shane O
Cannibal / Bury Tomorrow
The Progression Tape Part Two / Mizzike The Great
Same Town / Bryan Lanning
A Line In The Sand / American Arson
The Adventures Of Big Yank / Big Yank



7/10


None Of Us Getting Out Of This Life Alive / The Streets
Use Me / Pvris
Unfollow The Rules / Rufus Wainwright
A Letter To My Younger Self / Quinn XCII
The Real World / J Stalin & DJ Fresh
The Gereg / The HU
Sunday Drive / Brett Eldredge
Xoxo / The Jayhawks
Project Regeneration Vol.1 / Static X
Thalassic / Ensiferum
Dinner Party / Terrace Martin, Robert Glasper, 9th Wonder , Kamasi Whashington
Monsters / The Midnight
A Letter To Coastin / Iration
Mozart Y Mambo / Sarah Willis
Miracle Pill / Goo Goo Dolls
You're Still God / Phillips , Craig & Dean
Co Starring / Ray Wylie Hubbard
Hurt People / Brandon Stansell



7/17


Map Of The Soul 7 The Journey / BTS
Wah! / Rosalia
Gaslighter / The Chicks
Brightest Blue / Ellie Goulding
Hate For Sale / Pretenders
The Loyal Order / The Loyal Order
Lianne La Havas / Lianne La Havas
Ugly Is Beautiful / Oliver Tree
The Lasers / Gareth Emery
This Too / LNS
The Kingdom / Bush
Skelton Coast / The Lawrence Arms
Feeling Are Good / Lonely Robot



7/24


Trampoline In A Ditch / Kyle Kinane
Hardcastle 9 / Paul Hardcastle
The Pale Tourist / Jim Gaffigan
Into The Raging Sea / Broadside
Metal Commando / Primal Fear
Dry Demos / PJ Harvey
Twenty Twenty / Ronan Keating
Fear / Valkyrie
Superbloom / Misterwives
The Sanquinqry Impetus / Defeated Sanity
How To Survive A Funeral / Make Them Suffer
The Balladeer / Lori McKenna



7/31


Black Is King / Soundtrack(Beyonce)
A Hero's Death / Fontaines D.C
Re Stitch These Wounds / Black Veil Brides
How They Remember You / Rascal Flatts
Chris Tomlin & Frineds / Chris Tomlin
Such Pretty Forks In The Road / Alanis Morissette
1000 Hands / Jon Anderson
Yes Lord / Jorad L Holmes
Welcome To Hard Times / Charley Crockett
Born Innocent / Alcatrazz



8/7


Born Here Live Here Die Here / Luke Bryan
To Better Days / Slaves
Whoosh! / Deep Purple
Rise And Shine / Cassandee Pope
Unity / AmaLee
A New Day Now / Joe Bonamassa
Pink Elephant / Stand Atlantic
Dreamland / Glass Animals
Hunter Gatherer / Avatar
The Dirt And The Stars / Mary Chapin Capenter



8/14


Hert Theory / Lindsay Ell
Wild Heart / Kim Walker Smith
Ain't Lookin Back / Mo Pitney
16670 / Matthew Mayer
If It Wasn't For You / Caylee Hammack
Shine On / Adelitas Way
Valentine / Bill Frisell
Total Freedom / Kathleen Edwards
Matt Rollig Mosaic / Matt Rollins
Twenty / Kendrick Lamar
TBA / Katy Perry
A Celebration Of Ending / Biffy Clyro
Wide Awake / Johnny Hates Jazz



8/21


Abyss / Unleash The Archers
En Espanol / The Mavericks
Songs For The General Public / The Lemon Twigs

8/28
So Vis Pacem , Para Bellum / Seether
Out Of Body / Needtobreathe
Panic / From Ashes To New
Clayman (20th Edit) / In Flames
Western Swings & Waltzes & The Other Punchy Songs / Colter Wall
Bless Your Heart / The Allman Bretts Band
No Stranger / Natalie Grant
Arcdia / Smash Into Pieces
The Lost Songs:1978-1981 / Dokken
All Rise / Gregory Porter
The Call Within / Tigran Hamasyan



9/4


Even The Devil Belives / Stryper
The Country / Tennessee Jet
Versions Of The Truth / The Pineapple Thief
Levels / Fame On Fire
Faith / Hurts
Celeste / Celeste
One World / Billy Ocean
Chemtrails Over The Country Club / Lana Del Rey



9/11


American Head / Flaming Lips



9/18


Tea For The Tillerman 2 / Yusuf/Cat Stevens
You're Not Alone / Semisonic



9/25


Sign O The Times (Deluxe) / Prince
Nectar / Joji
Blue Hearts / Bob Mould



未定



TBA / Adele (9月?)
Culture Ⅲ / Migos
Tiger Woods / Cardi B
The Fall Off / J.Cole
Song Machine / Gorillaz
TBA / AC/DC
Bon Jovi 2020 / Bon Jovi
Gods Country / Kanye West
TBA / Evanescence


人気ブログランキングへ

1985年の全米1位曲 (26) 前半10曲



1985年はとにかくバラードが多く、サントラのヒットが多かった年でした。音楽全体としてはブリティッシュインヴェイジョンのブームは収まり、ブリティッシュ出身のアーチストもUKらしさが抜けて、全米向けの曲を出すアーチストだけが生き残ります。その代表はWhamであり、この年に一番活躍したPhil Collinsでした。そしてこの年にWhitney Houstonがデビューをしました。80年代を代表する歌姫はそのパワフルな歌声とともに一躍スターダムに駆け上がります。



■ I Want To Know What Love Is / Foreigner 2W

ニューヨークで結成されたハードロックバンドForeignerの全米1位曲です。2月2日付から2月9日付まで2週間1位を記録しています。Foreignerは1977年にデビューすると「Feels Like The First Time」(全米4位)、「Cool As Ice」(全米6位)などのシングルヒットを放ち人気ロックバンドとなります。バンドはハードなギターロックが特長でしたが、1981年にはアルバム『4』からバラードの「Waiting For A Girl Like You」が2位を10週間記録するビッグヒットが生まれていました。「I Want To Know What Love Is」はバラードの85年の最初にふさわしい曲で、イントロからサビの大合唱まで荘厳な雰囲気が漂います。



■ Careless Whisper / Wham! ( Geroge Michael) 3W

Whamの最大のヒット曲にして、George Michaelの名前を世界中に広めることになったナンバーです。アルバム『Make It Big』から2曲目の全米1位で、2月16日付から3月2日付まで3週間1位を獲得し、1985年の全米年間シングル1位曲でもあります。歌詞はストーリーになっていて、切ないメロディと歌詞が見事に融合しています。タイトルの「Careless Whisper」は途中に出てくるフレーズですが、PVでは歌詞の世界そのままにまるでドラマのように展開します。80年代の名曲の一つと言えるでしょう。この曲が85年の全米年間1位シングルで日本でもカバーされて大ヒットしました。



■ Can't Fight This Feeling / REO Speedwagon 3W

1980年にアルバム『Hi Infidelity』が大ヒットし、シングル「Keep On Loving You」が1981年に全米1位を獲得したChampaignで結成されたロックバンドREO Speedwagonの2曲目の全米1位曲です。3月9日付から3月23日付まで3週間1位を記録しています。邦題が「涙のフィーリング」ですが、タイトルそのままの愛する気持ちを抑えられないと歌う切ないラブソングです。PVがまた秀逸で、子供が誕生するところから始まり、恋愛、結婚、子供の誕生、そして最後までドラマチックに描きます。シンプルなラブソングながらPVと併せて抑えきれない感情によって人生が動かされているということを感じさせます。



■ One More Night / Phil Collins 2W

UKのロックバンドGenesisのメンバーPhil Collinsは80年代は世界的なビッグヒットを連発していくヒットメイカーでしたが、その絶頂期となったのが1985年でした。アルバム『No Jacket Required』はGrammy賞のAlbum Of The Yearに輝き、「One More Night」を含む2曲が全米1位に、4曲がTop10ヒットにはいりました。その最初となった「One More Night」は3月30日付から4月6日付まで2週間全米1位を獲得し、通算で2曲目の全米1位獲得となりました。曲はシンプルなコードながら一度聴いたら忘れられないメロディのバラードで、Phil Collinsのメロディメイカーとしての才能が感じさせられる1曲になっています。Phil Collinsといえば名バラードという感じで、この後80年代には数々のヒットを手掛けるようになります。



■ We Are The World / USA For Africa 4W

UKのアーチストが参加したBand Aidとチャリティーソング「Do They Know It's Christmas1」はアーチストによる社会参加のきっかけとなったナンバーでしたが、その流れは全米に移り、USA For Africaの「We Are The World」になりました。中心となったのは作曲をしたMichael JacksonとLionel RichieとプロデューサーQuincy Jones。アフリカ援助のためのチャリティーソングですが、大物アーチストによる参加が話題となって、当時としては異例ともいえる400万枚を売り上げて4月13日付から5月4日付まで4週間1位を記録しました。アーチストそれぞれが個性を出していますが、Cyndi Lauperのアドリブで入れた合いの手、そしてBruce Springsteenの魂から歌った歌がアクセントになっていました。歌っているのは登場順にLionel Richie、Stevie Wonder、Paul Simon、Kenny Rogers、James Ingram、Tina Turner、Billy Joel、Michael Jackson、Diana Ross、Dionne Warwick、Willie Nelson、Al Jarreau、Bruce Springsteen、Kenny Loggins、Steve Perry、Daryl Hall、Huey Lewis、Cyndi Lauper、Kim Carnes、 Bob DylanにRay Charles。ChorusでPointer SistersやSmokey Robinson、Bette Midler、Sheila E、Bob Geldof、Randy JacksonやLatoya Jacksonなどが参加しています。



■ Crazy For You / Madonna 1W

「Like A Virgin」で一躍時の人となったMadonnaの恋人ショーンペン主演映画『Vision Quest』からのシングルで、5月11日付で1週間1位を記録し、Madonnaにとって2曲目の全米1位となりました。「Like A Virgin」の1位で一気にブレイクしたMadonnaでしたが、2曲目にカットされた「Material Girl」はREO Speed WagonとPhil Collinsに阻まれ最高2位を2週間に留まります。4月6日付ではいきなり登場したUSA For Africaが2位まで上昇したことにより「Material Girl」は3位に後退してしまいます。しかしこの時に4位に上昇してきたのが第2の矢となった「Crazy For You」でした。強敵USA for Africaが1位を獲る間、4月20日付から3週間2位をキープし、4週目にしてUSA For Africaを破り1位を獲得したのでした。Madonnaにとって2曲目の全米1位はMadonnaの勢いを加速させ、さらにはダンスポップだけじゃなくバラードも歌えることを証明したということで「Like A Virgin」以上に大きな意味があるものでした。曲はCarpentersの「Top Of The World」を書いたJohn BettisとEarth Wind & Fireの「Boogie Wonderland」を書いたJon Lindという想像つかないコンビによるものですが、サビに向けてドラマチックに盛り上がる感動的なバラードで、「Crazy For You」というタイトル通りに切ないラブソングになっています。



■ Don't You ( Forget About Me) / Simple Minds 1W

スコットランドはグラスゴーで結成されたロックバンドSimple Mindsの初の全米1位曲で、5月18日付で1週間1位を獲得しています。映画『Breakfast Club』から。ポップで勢いのあるロックトラックですが、「Don't You」というタイトルと共に当時は評価が真っ二つに分かれたナンバーでした。Simple Mindsは続けてサントラからではなくアルバム『Once Upon A Time』から「Alive And Kicking」というSimple Mindsらしい壮大なロックトラックで全米3位を記録するなど活躍をしました



■ Everything She Wants / Wham ! 2W

Whamの大ヒットアルバム『Make It Big』から3曲目の全米1位曲で、5月25日付から6月1日付まで2週間1位を記録しました。アルバム『Make It Big』はこの後にも全米1位こそなりませんでしたが代表曲とも言える「Freedom」(4位)のヒットも生まれ、一気に世界の頂点に立ちます。しかし続くアルバムで解散を発表し、George Michael はソロとして活動していくことになります。「Everything Whe Wants」はGeorge Michaelらしいメロディアスでこねくりまわすような長尺なバラードナンバーで、後半に同じような展開にならずに最後まで変化していくあたりが素晴らしいです。



■ Everybody Wants To Rule The World / Tears For Fears 2W

Roland OrzabalとCurt Smithを中心としてEnglandはBathで結成されたTears For Fearsはブリティシュインベイジョン盛り上がる1982年に登場して「Mad World」(全英3位)、「Change」(全英4位)、「Pale Shelter」(全英5位)とヒットを放ちますが、全米上陸とまではいきませんでした。そして1985年にブリティシュインベイジョンの波が収まった時に2ndアルバム『Songs From The Big Chair』を発表し、「Everybody Wants To Rule The World」が6月8日付から6月15日付まで2週間全米1位に輝きました。初期のようなシンセサイザーポップスからうって変って壮大で心地いいメロディラインにメッセージの強い歌詞が加わりブリティシュインベイジョン後の活躍に繋がっていきました。



■ Heaven / Bryan Adams 2W

カナダはオンタリオ出身のロックシンガーBryan Adamsの初の全米1位曲で、6月22日付と6月29日付の2週間1位を記録しています。Bryan Adamsは1980年にデビューすると1983年のアルバム『Cuts Like A Knife』から「Straight From The Heart」が全米10位のヒットを記録してブレイクします。1984年に発売された『Reckless』では先行シングルの「Run To You」が全米6位し、パワーバラード「Heaven」で全米の頂点に立ちました。美しすぎるメロディの光るバラードで、多くのTVをバックに歌うSteve Barron監督のPVもまた秀逸でした。2001年にはDJ Sammy & Yanouがダンス曲にカバーして全米8位を記録しています。アルバム『Reckless』からは6曲の全米Top40ヒットを放ち、ヒットメイカーとしての活躍に繋がっていきました。


人気ブログランキングへ

2020年全米チャート(Billboard) 前半のまとめ



■ Single Chart (Hot 100) No.1 Song (No.1 Weeks)



1/4 All I Want For Christmas Is You / Mariah Carey (3)
1/11 Circles / Post Malone (3)
1/18 The Box / Roddy Ricch (1)
1/25 The Box / Roddy Ricch (2)
2/1 The Box / Roddy Ricch (3)
2/8 The Box / Roddy Ricch (4)
2/15 The Box / Roddy Ricch (5)
2/22 The Box / Roddy Ricch (6)
2/29 The Box / Roddy Ricch (7)
3/7 The Box / Roddy Ricch (8)
3/14 The Box / Roddy Ricch (9)
3/21 The Box / Roddy Ricch (10)
3/28 The Box / Roddy Ricch (11)
4/4 Blinding Lights / The Weeknd (1)
4/11 Blinding Lights / The Weeknd (2)
4/18 Toosie Slide / Drake (1)
4/25 Blinding Lights / The Weeknd (3)
5/2 Blinding Lights / The Weeknd (4)
5/9 The Scotts / The Scotts,Travis Scott & Kid Cudi (1)
5/16 Say So / Doja Cat f. Nicki Minaj (1)
5/23 Stuck With U / Ariana Grande & Justin Bieber (1)
5/30 Savage / Megan Thee Stallion f. Beyonce (1)
6/6 Rain On Me / Lady Gaga & Ariana Grande (1)
6/13 Rockstar / DaBaby f. Roddy Ricch (1)
6/20 Rockstar / DaBaby f. Roddy Ricch (2)
6/27 Trollz / 6ix9ine & Nicki Minaj (1)



■ Album Chart No.1 (Units/Sales)



1/4 Fine Line / Harry Styles 89,000/47,000
1/11 Jackboys / Jackboys 154,000/79,000
1/18 Please Excuse Me For Being Antisocial / Roddy Ricch 97,000/?
1/25 Rare / Selena Gomez 112,000/53,000
2/1 Music To Be Murderd By / Eminem 279,000/154,000
2/8 Please Excuse Me For Being Antisocial / Roddy Ricch 95,000/1,000
2/15 Funeral / Lil Wayne 139,000/2,000
2/22 Please Excuse Me For Being Antisocial / Roddy Ricch 79,000/?
2/29 Changes / Justin Bieber 231,000/126,000
3/7 Map Of The Soul:7 / BTS 422,000/347,000
3/14 My Turn / Lil Baby 197,000/10,000
3/21 Eternal Atake / Lil Uzi Vert 288,000/2,000
3/28 Eternal Atake / Lil Uzi Vert 247,000/?
4/4 After Hours / The Weeknd 444,000/275,000
4/11 After Hours / The Weeknd 138,000/?
4/18 After Hours / The Weeknd 90,000/23,000
4/25 After Hours / The Weeknd 75,000/20,000
5/2 Blame It On Baby / DaBaby 124,000/12,000
5/9 38 Baby 2 / Youngboy Never Broke Again 67,000/4,000
5/16 Here And Now / Kenny Chesney 233,000/222,000
5/23 Good Intentions / Nav 135,000/73,000
5/30 High Off Life / Future 153,000/16,000
6/6 Wunna / Gunna 111,000/1,000
6/13 Chromatica / Lady Gaga 274,000/205,000
6/20 My Turn / Lil Baby 65,000/?
6/27 My Turn / Lil Baby 72,000/?



■ アルバムチャート初動(初週Units数) ランキング



1: After Hours / The Weeknd 4/4 #1 444,000/275,000
2: Map Of The Soul:7 / BTS 3/7 #1 422,000/347,000
3: Eternal Atake / Lil Uzi Vert 3/21 #1 288,000/2,000
4: Music To Be Murderd By / Eminem 2/1 #1 279,000/154,000
5: Chromatica / Lady Gaga 6/13 #1 274,000/205,000
6: Manic / Halsey 2/1 #2 239,000/180,000
7: Here And Now / Kenny Chesney 5/16 #1 233,000/222,000
8: Changes / Justin Bieber 2/29 #1 231,000/126,000
9: Dark Lane Demo Tapes / Drake 5/16 #2 223,000/19,000
10: My Turn / Lil Baby 3/14 #1 197,000/10,000

Billboard Chart 6/27



Single Chart


1(-) : Trollz / 6ix9ine & Nicki Minaj
2(1) : Rockstar / DaBaby f. Roddy Ricch
3(-) : The Bigger Picture / Lil Baby
4(2) : Savage / Megan Thee Stallion f. Beyonce
5(3) : Blinding Lights / The Weeknd
6(4) : Say So / Doja Cat f. Nicki Minaj
7(5) : Intentions / Justin Bieber f. Quavo
8(7) : Roses / Saint Jhn
9(10) : Rain On Me / Lady Gaga & Ariana Grande
10(9) : The Box / Roddy Ricch



ニューヨーク出身のラッパー6ix9ineとNicki Minajの「Trollz」が1位に輝きました。6ix9ineにとっては初の、Nicki MinajにとってはDoja Cat f. Nicki Minajの「Say So」以来となる2曲目の1位獲得となります。6ix9ineは2017年に「Gummo」が全米12位のヒットとなりブレイクし、2018年にはNicki Minajとの「Fefe」が初のTop10入りとなる3位に入り、人気ラッパーとなります。今年に入ってからも「Gooba」が全米3位を記録していましたが、勢いのままに一気に全米1位まで達しました。この曲はイントロの入り方が良くて、6ix9ineの曲もリリースするたびにキャッチーになっていきます。独特のキャラクターにガナリ系のラッピン。アルバムが楽しみな一人です。


Streamingsは36Mで3位、Digital Salesは116,000回で1位、Radio Airplayは1.2Mでした。


Trollz / 6ix9ine & Nicki Minaj



6ix9ineが嫌われている理由Top10というのがありました。独特のキャラクターを理解するのには良いかもしれないので紹介します。


6ix9ineが嫌われている理由



2位に下がったDaBabyとRoddy Ricchの「Rockstar」ですがBlack Lives Matter RemixがリリースされたことでStreamingsは前の週から11%アップして39.8Mで5週目の1位を獲得しています。Digital Salesは13,000回で3位、Radio Airplayは31.4Mで26位から14位と好調です。



3位に登場したのはアルバムチャートで現在1位のアトランタ出身のラッパーLil Babyの「The Bigger Picture」でした。PVからわかるように、現在世界各国で大きな動きとなっているBlack Lives Matterを受けて急きょリリースされた曲で、Streamingsが39.8Mで2位と稼いで3位に登場となりました。Lil Babyにとっては2018年のGunnaとの「Drip Too Hard」(全米4位)、Drakeとの「Yes Indeed」(全米6位)を超える自己最高記録となりました。


The Bigger Picture / Lil Baby



11(12) : Blueberry Faygo / Lil Mosey
19(29) : Watermelon Sugar / Harry Styles
25(26) : Brek My Heart / Dua Lipa
27(34) : We Paid / Lil Baby & 42 Dugg
28(30) : Hard To Forget / Sam Hunt
33(45) : Bluebird / Miranda Lambet
34(37) : Go Crazy / Chris Brown & Young Thug
36(43) : Gooba / 6ix9ine *
37(47) : Emotionally Scarred / Lil Baby *
38(44) : Walk Em Down / NLE Choppa f. Roddy Ricch *
* Top40再登場



Top40内で他に初登場だったのは1曲ありました。テキサス出身のカントリー新g-Miranda Lambertのアルバム『Wildcard』からのカット「Bluebird」が33位に登場しています。Miranda Lambertが籠の中で歌うPVが話題です



Bluebird / Miranda Lambert



37位にはLil Babyの「Emotionally Scarred」が入っていますが、今年の3月14日付でLil Babyの『My Turn』がアルバム1位になった時に他の5曲と一緒に31位に登場していました。今回はアルバムからの正式なカットとしての再登場です。


Emotionally Scarred / Lil Baby



Streamings Songs #1 : Rockstar / Dababy f.Roddy Ricch 39.8M
Digital Sales #1 : Trollz / 6ix9ine & Nicki Minaj 116,000
Radio Airplay #1 : Blinding Lights / The Weeknd 74.3M



Album Chart (Units/Sales)


1(1) : My Turn / Lil Baby 72,000/?
2(2) : Chromatica / Lady Gaga 44,000/?
3(6) : Blame It On Baby / DaBaby 40,000/?
4(8) : Hollywood's Bleeding / Post Malone 38,000/?
5(5) : Dark Lane Demo Tapes / Drake 36,000/?
6(4) : High Off Life / Future 36,000/?
7(3) : Wunna / Gunna 35,000/?
8(9) : Eternal Atake / Lil Uzi Vert 34,000/?
9(7) : The GOAT / Polo G 34,000/?
10(10) : After Hours / The Weeknd 34,000/?



16(-) : Ungodly Hour / Chioe × Halle



Lil Babyの『My Turn』が3週目の1位を獲得しています。



人気ブログランキングへ

UK Chart 6/26



Signle Chart


1(1) : Rockstar / DaBaby f. Roddy Ricch (6 Weeks)
2(2) : Rain On Me / Lady Gaga & Ariana Grande
3(4) : Breaking Me / Topic f. A7S
4(22) : Savage Love (Laxed -Siren Beat) / Jawsh 685 & Jason Derulo
5(3) : Rover / Simba f. DTG
6(5) : Dinner Guest / AJ Tracey f. Mostack
7(11) : Watermelon Sugar / Harry Styles
8(6) : Savage / Megan Thee Stallion
9(10) : Don't Need Love / 220 Kid & Gracey
10(8) : Secrets / Regard & Raye



DaBabyとRoddy Ricchの「Rockstar」が6週目の1位を獲得しています。



4位にはJason Deruloの「Savage Love」をニュージーランドのプロデューサーJawsh 685がプロデュースしたものです。Tiktokの「Culture Dance」チャレンジがViralとなりました。曲はラテンのリズムが楽しい夏向きのナンバー。


Savage Love (Laxed -Siren Beat) / Jawsh 685 & Jason Derulo



7位にはHarry Stylesの「Watermelon Sugar」がTop10入りしています。Harry Stylesのアルバムからプロもシングルとしてカットされていましたが、正式なカットとなりPVが到着してからは好調です。すいかを食べるPVが新鮮です。


Watermelon Sugar / Harry Styles



Album Chart


1(-) : Rough And Rowdy Ways / Bob Dylan
2(-) : Homegrown / Neil Young
3(2) : Chromatica / Lady Gaga
4(3) : Divinely Uninspired To A Hellish Extent / Lewis Capaldi
5(5) : Fine Line / Harry Styles
6(-) : Punisher / Phoebe Bridgers
7(4) : Future Nostalgia / Dua Lipa
8(1) : MTV Unplugged / Liam Gallagher
9(7) : Diamonds / Elton John
10(13) : Legend / Bob Marley & The Wailers



16(-) : Lamb Of God / Lamb Of God
37(-) : Roots / NSG



現在79歳、Bob Dylanの『Rough And Rowdy Waye』が1位に輝いています。全英アルバムとしては2015年の『Shadows In The Night』以来9枚目の1位獲得でした。今回はアメリカのケネディ大統領暗殺事件を歌った16分の曲「Murder Most Foul」が話題です。


Muder Most Foul / Bob Dylan



2位もまた大ベテランのNeil Youngの『Homegrown』が登場しています。御年74歳。1974年から1975年にレコーディングされた幻の未発表アルバムで、当時恋人だったCarrie Snodgressとの内容がプライベートすぎてお蔵入りになっていたものが登場したものです。


Try / Neil Young



6位にはカリフォルニア出身のシンガーソングライターPhoebe Bridgersの2ndアルバム『Punisher』が登場しています。メロディが美しいロックアルバムで、NME誌で★5、Rolling Stone誌で★4、Metacriticsで90/100と絶賛されています。「Kyoto」はレトロな映像と作り方が面白いです。


Kyoto / Phoebe Bridgers
I See You / Phoebe Bridgers


人気ブログランキングへ


Amazon Primeで洋楽の名盤を聴く 8 番外編 CKB



サブスクが主流となっている最近の音楽事業で、一定の金額を払えばSpotifyなどで新譜旧譜問わずに名盤が聴けますが、そこまででなくても、Amazon Prime(月額500円)でもかなりのアルバムを聴くことができます。2020年6月現在で、Amazon Primeできける洋楽の名盤を紹介します。(もしリストから無くなっていたり、アルバム全曲でなくなっていたらご容赦下さい)



最後に番外編として洋楽ではなくて邦楽を紹介します。恐らく邦楽アルバムも同程度の名盤があると思いますが、そこまで詳しくはないので、今回は洋楽を知っていれば結構楽しめる何度となく紹介しているCKB(Crazy Ken Band)のAmazon Primeに入っているアルバムを紹介します。6月24日に「Ivory」EPシングルを発売し、秋にはニューアルバムが予定されています。先日「Ivory」EPが届いて聞いていますが、メロウなサウンドに勇気づけられる歌詞で楽しみました。



そんなCrazy Ken Bandは1998年にデビューアルバムをリリースしてから現在までオリジナルアルバムは19枚リリースしています。その中でAmazon Primeでは10枚聴くことができます。



■ Punch Punch Punch / Crazy Ken Band



1998年に発売された1stアルバムです。現在もライブでかなりの曲が演奏されるなどデビューアルバムにして充実した内容になっています。50年代~60年代のブルースロックンロールと言う感じの「長者町ブルース」や「葉山ツイスト」、ハードロックな「けむり」、70年代R&Bサウンドの「空っぽの街角」が収録されています。


けむり / Crazy Ken Band



■ Goldfish Bowl / Crazy Ken Band



1999年に発売された2ndアルバムです。昨年はアルバム発売20周年ということでイベントもしていました。ハワイアンな「ハワイの夜」、ライブでは盛り上がる「ベレット1600GT」、70年代歌謡曲のような懐かしい音の「ある晴れた悲しい朝」などが収録されています。



■ GT / Crazy Ken Band



2002年に発売された4thアルバムで、メジャーレーベルからのデビューアルバムになります。夏の解放感ただよう「GT」やギターロックな「スポルマティック」、ラテンポップな「太陽のモンテカルロ」にメロウな70年代ロックな「透明高速」、切ないブルースの「ヒルトップ・マンション」などなどポップでカラフルなアルバムになっています。


GT / Crazy Ken Band
透明高速 / Crazy Ken Band



■ 777 / Crazy Ken Band



2003年に発売された5thアルバムで、個人的には私が最初にハマったのがこの時期でした。ライムスターとの「夜のヴィブラート」、シングルカットされた「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ」、超名曲「横顔」などなどが収録されています。


あ、やるときゃやらなきゃだめなのよ / Crazy Ken Band



■ Brown Metalic / Crazy Ken Band



2004年に発売された6thアルバムです。中華街というテーマでのトータルアルバムですが、古きよきレコードへの愛情ただよう「レコード」、映画の主題歌としてシングルカットされた「あぶく」、Earth Wind & Fireのようなファンキーな横浜賛歌「☆☆☆☆☆」、ライブのエンディングにはかかせない命を削った「木彫りの龍」などが収録されています。


☆☆☆☆☆ / Crazy Ken Band



■ Soul Punch / Crazy Ken Band



2005年に発売された7thアルバムです。Crazy Ken Bandの代表曲「タイガー&ドラゴン」がアルバムバージョンで収録されていますが、それ以外にもソウル、ロック、ラテンポップと幅広い音楽が楽しめます。男のダンディズムを歌った「男の滑走路」やライブのエンディングに使われる「流星ドライブ」などが収録されています。


タイガー&ドラゴン / Crazy Ken Band
流星ドライブ / Crazy Ken Band



■ Galaxy / Crazy Ken Band



2006年に発売された8thアルバムです。個人的にはCrazy Ken Bandの中で一番と思っているのがこのアルバムです。どの曲も凝っていて、いろいろな音楽がクロスオーバーするCrazy Ken Bandの魅力が溢れています。90年代ソウルというメロディに三味線を絡ませる「Amanogawa」、James Brownばりのファンクネスが炸裂する「アイワナゲチョラ」、70年代Isley Brothersのメロウなサウンドが懐かしい「秋になっちゃった」と聴きどころが満載のアルバムになっています。


Amanogawa / Crazy Ken Band



■ Soul電波 / Crazy Ken Band



2007年に発表された9thアルバムです。『Galaxy』に続く創造性あふれるサウンド全開で、イントロからクールなサウンドが詰まっています。夏の甘い香りがする「タオル」や東南アジアなサウンドの「路面電車」、シングルで10位に入った「てんやわんやですよ」、泣かずにはいられない歌詞の「生きる。」「Respect Otosan」と名曲が揃っています。


路面電車 / Crazy Ken Band
てんやわんやですよ / Crazy Ken Band
生きる。/ Crazy Ken Band



■ Zero / Crazy Ken Band



2008年に発売された10thアルバムです。10枚目ということで最初に戻ってゼロというタイトル通りこれまでとは違った構成、切り口になっています。フランス映画のような「猫」、タイトルトラックのインストゥルメンタル「零」、歌詞が深い「亀」、高速ラッピンが凄い「音楽力」などが収録されています。



亀 / Crazy Ken Band
音楽力 / Crazy Ken Band



■ 香港的士 / Crazy Ken Band



2016年に発売された17thアルバムで、これまで横山剣が作詞作曲したアーチストの曲をセルフカバーしている内容になっています。グループ魂に提供した「欧陽菲菲」は歌詞の意外性もさることながらノリの良い名曲。若き日の横山剣が提供した「シンデレラ・リバティ」もゴールデンポップスという感じで、他のアルバムとは違った味わいがあります。


香港的士 / Crazy Ken Band
欧陽菲菲 / Crazy Ken Band



といった10枚の他にコンピレーションアルバムがあります。



■ Single Collection P-Vine Years / Crazy Ken Band



初期のシングルをB面・オマケまで収録したコレクション。B面でありながら渚ようこの歌声が美しい「夜のエアポケット」や、ライブでは盛り上がるナンバーの「香港グランプリ」、「ヨコスカンショック」などが聴けます。


香港グランプリ / Crazy Ken Band



そして最新シングル「Ivory」も聞くことができます。Amazon Primeでは1曲ですが、CDシングル「Ivory」EPは映画「嘘八百ロワイヤル」主題歌「門松」など新曲4曲+αで全11曲EPで発売中です。


Ivory / Crazy Ken Band


ということでなんとか6月中に終わりましたAmazon Primeで聞く洋楽名盤でした。



人気ブログランキングへ  

Amazon Primeで洋楽の名盤を聴く 7 Best Album & Soundtrack & More



サブスクが主流となっている最近の音楽事業で、一定の金額を払えばSpotifyなどで新譜旧譜問わずに名盤が聴けますが、そこまででなくても、Amazon Prime(月額500円)でもかなりのアルバムを聴くことができます。2020年6月現在で、Amazon Primeできける洋楽の名盤を紹介します。(もしリストから無くなっていたり、アルバム全曲でなくなっていたらご容赦下さい)



50年代から現在まで700枚を選びましたが、その後に気が付いた入れ忘れや、サントラ関係、ベスト盤もまだまだあるということで、追加で200枚リストアップしています。



□ 入れ忘れた名盤など 50



Freak Out! / Mother Of Invetion (Frank Zappa) (66)
At Home / Shocking Blue (69)
The Man Who Sold The World / David Bowie (70)
Toy In The Attic / Aerosmith (75)
Venus And Mars / Paul McCartney & Wings (75)
Live / Jeff Beck With The Jan Hammer Group (77)
Dandy In The Underworld / T.Rex (77)
The Age Of Plastic / Baggles (79)
White Feather / Kaja Goo Goo (83)
Island / Kaja Goo Goo (84)



The Glamorous Life / Sheila E (84)
Falco Ⅲ / Falco (85) 
The Golden Miles / Workshy (89)
Dreamland / Blackbox (90)
Sex Packets / Digital Underground (90)
Naughty By Nature / Naughty By Nature (91)
It Takes A Thief / Coolio (93)
Return Of The Space Cowboy / Jamiroquai (94)
Rise And Shine / Aswad (94)
Sweetest Illusion / Basia (94)



Merry Christmas / Mariah Carey (94)
Fly / Sara Brightman (95)
The Screen Behind The Mirror / Enigma (99)
The New Favourite Band / The Hives (01)
Yankee Hotel Fotrot / Wilco (02)
Stacie Orrico / Stacie Orrico (03)
Collision Course / Jay-Z & Linkin Park (04)
Disco Zone / O-Zone (05)
Blue Record / Baroness (09)
Bangrang EP / Skrillex (11) 



Clarity / Zedd (12)
Wolf / Tyler The Creator (13)
PTX Vol.2 / Pentatonix (13)
Settle / Discloser (13)
LP1 / FKA Twigs (14)
Chaleur Humaine / Christine & The Queen (14)
Reces / Skrillex (14)
Bloodstone & Diamonds / Machine Head (14)
Pinata / Freddie Gibbs & Malib (14)
Pharmacy / Galantis (15)



Hand Cannot Erase / Steven Wilson (15)
Wilder Mind / Mumford & Sons (15)
Run The Jewels 3 / Run The Jewels (16)
We Got It From Here Thank You 4 Your Service / Atribe Called Quest (16)
Nine Track Mind / Charlie Puth (16)
Vision Of Alice / Wolf Alice (17)
Apricot Princess / Rex Orange County (17)
The Future And The Past / Natalie Prass (18)
Tell Me What You Really Want / Courtney Barnett (18)
Negro Swan / Blood Orange (18)



■ Toy In The Attic / Aerosmith (75)



Aerosmithの中で最も売れたアルバムで、全米最高位は11位ながら800万枚のセールスを記録しています。初のTop40ヒットとなった「Sweet Emotion」(全米36位)と「Walk This Way」(全米10位)が収録されています。80年代後半に再ブレイクのきっかけとなったRun DMCの「Walk This Way」のオリジナルです。


Walk This Way / Aerosmith



■ The Golden Miles / Workshy (89)



UKはロンドンで結成されたポップグループWorkshyのデビューアルバム。日本ではTodd Rundgrenのカバー「I Saw The Light」が話題となりましたが、ボーカルの優しい声とボサノバのアレンジが素晴らしいカバーです。全体として夏向けのお洒落サウンドです。



I Saw The Light / Workshy



■ Fly / Sara Brightman (95)



UKはBerkhamsted出身のクラッシックシンガーですが、日本での人気が高いのはこの「A Question Of Honour」が大きいでしょうか。日本代表のサッカー中継で流れるアレです。収録されているアルバム『Fly』は邦題『クエスチョン・オブ・オナー』になっています。



A Question Of Honour / Sara Brightman


■ Disco Zone / O-Zone (05)


モルドバ出身のポップグループO-Zoneの大ヒットアルバムです。シングル「Doragostea Din Tei」は全英3位に輝いた他に、日本でも「恋のマイアヒ」としてヒットしました。「ノマノマ・イエィ」と英語とは違った面白さと懐かしさのあるポップサウンドが魅力です。



Dragostea Din Tei / O-Zone



■ PTX Vol.2 / Pentatonix (13)



テキサスで結成されたアカペラコーラスグループPentatonixはそれまでのアカペラには無かったポップソングのカバーということで一気にブレイクしました。Daft Punkの「One More Time」「Get Lucky」などをメドレーでカバーした「Daft Punk」はその構成が素晴らしいカバーです。



Daft Punk / Pentatonix



□ Soundtrack 20



Rocky / Soundtrack (76)
Grease / Soundtrack (78)
Goonies / Soundtrack (85)
Rocky 4 / Soundtrack (85)
Lion King / Soundtrack (94)
Evita / Soundtrack (96)
Armageddon / Soundtrack (98)
Dreamgirls / Soundtrack (06)
High School Musical / Soundtrack (07)

Mamma Mia / Soundtrack (08)


Glee The Complete Season 1 / Glee Cast (10)
Frozen(アナと雪の女王)/ Soundtrack (14)
Fifty Shade Of Grey / Soundtrack (15)
Hamilton / Original Broadway Cast (15)

Moana (モアナと伝説の海) / Soundtrack (16)
Suicide Squad / Soundtrack (16)
Black Panther / Soundtrack (18)
A Star Is Born / Lady Gaga & Bradley Cooper (18)
Bohemian Rhapsody / Soundtrack (18)
Rocketman / Soundtrack (19)



■ Rocky / Soundtrack (76)



映画『Rocky』サントラですが、「Gonna Fly Now(ロッキーのテーマ)」は全米1位を獲得した超有名曲で、一度は耳にした人が多いはず。これだけでもアドレナリンが出ますが、極めつけは「Going The Distance(ロードワーク)」で、ラップのサンプリングによく使われるナンバーですが、こちらも良く使われる音楽の一つです。



Gonna Fly Now / Bill Conti
Going The Distance / Bill Conti



□ Best Album / Compilation 130



60年代編、70年代編、80年代編、90年代編で紹介した20枚を含めて130枚のBest Albumを選んでいます。



30 #1 Hits / Elvis Presley
Ultimate Sinatra / Frank Sinatra
Best Of / Connie Francis
The Very Best Of Nat King Cole / Nat King Cole
Feeling / Nina Simon
The Very Best Of Ben E King / Ben E King
Diamond Head Ventures Best / Ventures
The Very Best Of Ray Charles / Ray Charles
Neil Sedaka Sings His Greatest Hits / Neil Sedaka
The Complete US & UK Singles / Paul Anka



The Greatest / James Brown
The Very Best Of Otis Redding / Otis Redding
The Best Of Temptations / Temptations
30 Greatest Hits / Aretha Franklin
Sam & Dave All Time Greaetst Hits / Sam & Dave
Love And Life / Diana Ross (Supremes)
The Ultimate Collection Jackson 5 / Jackson 5
Ten Songs For You / Smokey Robinson
Sing The Bacharach & David Songbook / Dionne Warwick
Dusty Springfield Hits Collection / Dusty Springfield



Love / Beatles
Hot Rocks 1964-1971 / Rolling Stones
The Very Best Of The Beach Boys / Beach Boys
The 25 Best Songs / The Who
The Best Of The Monkeys / The Monkeys
The Very Best Of / The Doors
The Best Of Jefferson Airplane / Jefferson Airplane
Very Best Of Fifth Dimension / Fifth Dimension 
The Best Of Jimi Hendrix / Jimi Hendrix
A Taste Of Honey / Herb Alpert



Chronicle Greatest Hits / Creedence Clearwater Revival
Four Tops Greatest Hits / Four Tops
Power To The People / John Lennon
Greatest Hits / Neil Young
Greatest Hits / James Taylor
The Best Of / Gilbert O Sullivan
John Denver The Collection / John Dennver
Nos Maux Mots D'Amour / Michel Polnareff
Greatest Hits / Carole King
The Very Best Of Todd Rundgren / Todd Rundgren



ABBA Gold / ABBA
Gold Greatest Hits / Carpenters
The Greatest Hits 1971-1975 / Eagles
Best Of Chicago / Chicago
Best Of The Doobie / Doobie Brothers
Greatest Hits / Fleetwood Mac
The Best Of ELO / ELO
Great Hits / T'Rex
The Platinum Collection / Queen
Ultimate Manilow / Barry Manilow



Bee Ges Golden History / Bee Gees
Essential / Earth Wind & Fire
Kool & The Gang / Kool & The Gang
The Very Best Of / KC & The Sunshine Band
Barry White / Barry White
Dance Dance Dance / Chic
Original Muisquarium / Stevie Wonder
Epiphany / Chaka Kahn
The Very Best Of The Stylistics / Stylistics
Gold / The Crusaders



Diamonds / Elton John
The Essential Billy Joel / Billy Joel
The Essential / Michael Jackson
4 Ever / Prince
Celebration / Madonna
Back To Front / Lionel Richie
Greatest Hits / Bruce Springsteen
The Final / Wham
Ladies & The Gentleman / George Michael
The Essential Hall & Oates / Hall & Oates



The Very Best Of Sting And Police / Sting & Police
The Complete Adventure / Style Council
Greatst Hits / Journey
The Essential / Air Supply
Essential / Toto
The Best Of Both Worlds / Van Halen
Singles / Huey Lewis & The News
Bon Jovi Greatest Hits / Bon Jovi
Eternal Flame / Bangles
All The Best / Tina Turner



The Singls / Phil Collins
Greatest Hits Vol.2 / Linda Rondsdat
Need You Tonight (And Other Hits) / INXS
Greatest Hits / Cyndi Lauper
Greatest / Duran Duran
The Best Of Kajagoogoo & Limahl / Kaja Goo Goo
The Very Best Of UB40 / UB40
Greatest Hits / Debbie Gibson
The Best Of 1980/1987 / David Bowie
Ultimate / Pet Shop Boys



A Collection Of Roxette Hits Their 20 Greatest Hits / Roxette
Greatest Hits / Kylie Minogue
The Greatest Hits / Bananarama
Best Of / Howard Jones
Tell It To My Heart (Best) / Taylor Dayne
Essential Gipsy Kings / Gipsy Kings
U2 18 Singles / U2
Our Hits / Pointer Sisters
Essential Baby Face / Baby Face
The Time Has Come / Bobby Caldwell



The R, In R&B Collection Vol.1 / R Kelly
The Very Best Of En Vogue / En Vogue
Best Of SWV / SWV
Ultimate Toni Braxton / Toni Braxton
Greatest 20 Hits / TLC
2 Pac Greaest Hits / 2Pac
Greatest Hits / Will Smith (DJ Jezzy Jeff & Fresh Prince )
#1 Infinity / Mariah Carey
The Very Best / Celine Dion
Love Songs / Michael Bolton



Greatest Hits / Lenny Kravitz
Time Flies 1994-2009 / Oasis
Blur: The Best Of / Blur
The Best Of Kula Shaker / Kula Shaker
#1's / Destiny's Child
Greatest Hits / Pink
The Hits Collection Vol.1 / Jay-Z
Greatest Hits With A Twist / DMX
Curtain Call / Eminem
Best Of Nelly / Nelly



The Hits Chapter One / Backstreet Boys
Essential / Nsync
Take That Greatest Hits / Take That
Greatest Hits / Westlife
Greatest Hits / Britney Spears
The Very Best Of / Sugar Ray
Platinum Hits / Jason Derulo
Greatest Hits / Kelly Clarkson 
35 Biggest Hits / Tim McGraw
Ultimate Hits / Garth Brooks



この中から耳にしたことが多い曲をセレクトしてみました。



■ Nos Maux Mots D'Amour / Michel Polnareff



フランスのポップシンガーMicherl Polnareffは60年代末から70年代に活躍しましたが、その中でも有名曲が「Tout Tout Pour Ma Cherie(シェリーに口づけ)」です。それ以外にもポップでメロディアスな曲が目白押しのベストです。



Tout Tout Pour Ma Cherie / Michel Polnareff



■ Gold / The Crusaders


Jazz Fusionグループの代表Crusadersですが、ポップファンにも聴きやすさが魅力です。「Put It Where You Want It」や「Spiral」「Free As The Wind」という名曲の他に全米36位を記録した「Street Life」が収録されています。



Street Life / Crusaders



■ The Very Best Of The Stylistics / Stylistics



70年代フィリーソウルの中心だったStylisicsは全米2位に輝いた「You Make Me Feel Brand New」や全米3位の「Betcha By Golly Wow」、ソウルクラッシック「You Are Everything」(全米9位)は勿論のこと、日本では特に有名なのがCMでも使われた「Can't Give You Anything But My Love」(全米51位)でしょうか。ホーンのイントロからメロウなサウンドが最高です。



Can't Give You Anything But My Love / Stylistics



■ Greatest Hits / Lenny Kravitz



90年代に活躍したLenny KravitzはハードなギターサウンドとBeatlesマニアらしいメロディが魅力でした。全英4位を記録した「Are You Gonna Go My Way」は突き抜けたギターロックが壮快な1曲。ベストアルバムには個人的には名曲と思っている「Heaven Help」(悲しみの十字架)も収録されています。



Are You Gonna Go My Way / Lenny Kravitz



■ Essential Gipsy Kings / Gipsy Kings



南フランスはプロバンスで結成されたフラメンコサウンドのGipsy Kingsは80年代終わりごろから人気のバンドでした。日本ではCMで使われている「Volare」(ボラーレ)を耳にした人は多いはず。



Volare / Gipsy Kings


人気ブログランキングへ