11月29日のゆめおとプロジェクトは
宮城県白石市立福岡小学校へ。


特別支援級、3年生が1時間ずつ、6年生では2時間続けて授業をして参りました。
支援級のみなさんには実際にドラムを叩いてもらいました♪それからドラムに合わせてリズム遊びをしたり一緒に歌を歌って楽しみましたよドラム


6年生は、全盲の尋宣さんだけではなく誰もが楽しめる
遊びをグループごとに考えてもらい実践しました!!
白石市の社協さんからアイマスクをお借りして、(社協の方が前の仕事が押して間に合わず最初はタオルをアイマスク替わりに)何人かにアイマスクを着けてもらい考えた遊びを一緒にトライグラサン






5グループどの遊びもみんなが楽しめました音譜
先生の手助け無しの児童達だけで尋宣さんだけではなく支援級のお友達も楽しめるように配慮した遊びを考えていて、案内などもすごく自然で支援級の児童も尋宣さんもスッと輪の中に入れる雰囲気も素晴らしかったですアップアップ


3年生は、最初に音楽で楽しみ、素直で透き通るような歌声が響きました♪後半は紙芝居やトークセッションをして視覚障害について知ってもらいました。
充実の4時間でした(^-^)

中華な給食美味しかったですニコニコ