2月4日(日)

第157回しがくセミナーを開催しました!!!!

 

講師は…

 

きもの さわらび
野倉 幸男 先生 
ですキラキラキラキラ

 

 


テーマは…
『私の歩む道 ご縁で生かされて』

 

 

野倉先生は、過去に第74回凜華塾、第7回俠塾でもご講演いただいています。

また、着物塾生との旅をはじめ、着物塾卒業祝いにとお茶会や、

お能・琵琶・居合など日本の伝統文化に触れる鑑賞会のコーディネートもしていただいたり、しがく新聞でも対談インタビューをさせていただいたりと、

日頃から大変お世話になっている先生です!!!!

 

 

 

今回のしがくセミナー来場者の中には、

きもの さわらび にて購入したお着物を着て参加されている方も……着物 着物キラキラキラキラ

(ブログの最後にご紹介しますねウインク♪

 

それでは、野倉先生のご講演内容を振り返ります↑

 

 

 

◆悉皆業(しっかいぎょう)の道へ

高校卒業後、進学を諦め、悉皆業の道へ進む覚悟を決める。

10年間、いっさいを自分に投資しようと仕事漬けの毎日。

10年後に独立する際には、お客様や取引先からの支えもあり、開業から忙しい日々。

独立には逆境を味わうが、それまでのお客様一人ひとりを大切に、ご縁を大切に、

とにかく一生懸命やってきたからこそ、応援してくれる人に恵まれた。

 

 

◆日本の美とは

夜空に浮かぶ月を見たら、外国人は「ムーン」と言う。

日本人は月を見ても、呼び名はたくさんある。下弦の月、朧月、薄月、明月……。

季節、天候、風情、見え方により、使い分けていた。

月の呼び名からも、美を感じとる感性を持っているのが日本人。

美とは、心で表現するもの。

 

 

◆着物、日本の伝統文化を伝える

着物業界に携わり40年、業界の繁栄と衰退をみてきた。

200軒以上あった問屋は、いまでは20軒ほどと落ち込むばかり。

一度、廃れた文化は二度と復活することはできない。

ただ、愛があるものは不変。ずっと残り続ける。

だからこそ、着物への愛、着物の素晴らしさ、伝統文化を若い世代に伝えたい。

 

日本人が海外に行ったとき、着物を着ていたら目を引く・魅力的に写る。

最初はプリントされた、ミシンで縫われた着物からでも構わない。

着物の良さを知ったら、ぜひ本物に触れて欲しい。

職人さんが手間をかけてつくった、手縫いの本物の着物を着れば良さが分かる。

着物や伝統文化に触れ、魅力を知り、共に伝統文化のよさを広めていきましょう。

 

 

 

お茶のお話や、室舘代表との出会いなど、

他にもさまざまなエピソードをお話いただきました電球

 

 

また「ご縁は、どこにあるかわからない。

人付き合いは、損得じゃない。人間的魅力が大事」と、

ご縁で生かされてこられたという、先生のお話にたくさんの学びがありましたえんぴつ

 

「おかげさま」の精神を忘れず、志高く、

これからも人間的魅力を高めていきたいと思いますビックリビックリ

 

 

 

 

 

ここからは、着物での来場者をご紹介します~お願いカメラハッ

 

開演前、会場に現れたのは…… きもの倶楽部??

 

女子社員ハート

 

いけめんの集いハート

 

ご講演後、ホワイエにて大人気の野倉先生↑↑

 

お子さんも♥

 

最後は、野倉先生を囲んでの記念写真キラキラキラキラ

 

野倉先生、本当にありがとうございました!!!!