小学校4年生になったSちゃん。
ミラクル面白いことを発言したり発案してくれるので、
毎回のレッスンがとても楽しいです。
根は真面目。嫌なものはイヤ~とはっきり言う子ですが、
練習に取り組む姿勢は一途です。真っ直ぐです。

最近は特に課題が難しくなり、レッスンに来たら必ずしもマルが
つくとは限らなかったりして…。
マルにならないと、
「え~また一週間弾かないといけないの~(◎`ε´◎ )?」
などと宣いますけれど、お家に帰るとまたコツコツと練習に励んでいる
ようです。(かあちゃん談)

そうだよねぇ、一回で合格できないとすっきりしないよねぇ。。
でもご本人、自分でも(まだ合格にはならないだろうな~)と内心
感じていたりして、ある程度どこまで行ったら合格かなというラインは
わかっているらしい。

Sちゃん。お名前はさきちゃん。(←お名前掲載OKいただきました♡)
さきちゃんの性格からして、恐らく一発合格できないことが増えると、
モチベーションが下がって普段の練習に支障が出ないか、もしくは
ピアノそのものがキライにならないか、少し心配していました。

只今の課題の数曲より、苦戦中のこの一曲。
ケーラーの「小川の水車」です。
テクニック的にもハードルの高い曲ですね。
最初から最後まで16分音符のつぶを揃えてきれいに弾かないと、
すぐに実力がわかってしまいます。
普段どんなことを重要視してピアノに向かっているかが、ね。
そして”小川の水車”がくるくると軽快に回っている様子を
音で表現するのもまた難しい。

昨日のレッスンで初めて聴かせてもらいました。
両手で弾けるのですが、もう一度片手ずつで徹底的に弱点を
洗いだしました。
超ゆっくりで弾くこと、ここから一週間は片手のみの練習をすること、
リズム練習をとことんすることを宿題に。
両手はガマンです。一週間片手のみでそれぞれの役割を分析し、
強化していただこうと思いました。

相当忍耐が要る練習になると思います。
レッスンが終わって、かあちゃんとメールで少しお話を。

「さきちゃん、大丈夫でしょうか?
煮えきらなくってストレスばかりなってないでしょうか。」

と質問する私に、

「その点は大丈夫みたいです。
私の子供の頃には考えられなかったことですが
ひたすらコツコツ練習して、
次のステップに進めることでモチベーションを
保っているようです。
なので、家での練習で1度も練習が嫌だと言ったことが
ありません。
不思議な子です。」

とのかあちゃんからの返信。
ホッとしました。
明るくって芯の強い子ですが、でも少し心配になりまして。

何事も続ける、ことが一番大変だと思います。
恐らく子供時代にしかできない努力を、毎日地味に重ねている
さきちゃんは、とても偉いです。
継続は力なり。
よく言われる言葉ですが、それを体現しているさきちゃんの
たくましさに、私も励まされました。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 



いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。
一日一回クリックしていただけると嬉しいです
  矢印矢印矢印

 にほんブログ村 
 ブログランキングに参加しておりますキラキラ
応援ありがとうございます♪



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 



 只今「春の大感謝祭」開催中!!
 レッスングッズのネットショップです。
 講師のみなさまのお役に立てましたら幸いです。

 やすこ先生のお店 

   ぜひ一度お訪ねくださいね



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


 
教室についてのお問い合わせはHPからどうぞ 


YASUKO音楽教室

こちらから


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚