子育てには、終わりがありませんね。

親の思うように育てることは、難しいです。

いえ、思う様に育てたいとは思わないのですが、それでもどこか

我が子には厳しい自分がいます。

私は教育ママではありません(笑)。

かなりいい加減な親だと思いますが、それでもやはり我が子と

向き合う時、かなりコワイと思います。

ピアノを教えるとき、勉強を教えるとき、どうしても冷静に対応

できないことがあります。

感情的になってしまうんでしょうね。

生徒さんに対峙するときとは、明らかに違う自分がいます。

それでもなるべく穏便に、丁寧に接しようと努力はしています。

…が、それは時と場合により、彼女に適した言葉掛けや態度が

できないときもあるんです。

親と子。

いつも良い距離を保って、対峙することは難しい。

もちろん心が通じ合うこともありますが、我が家の場合は

かみ合わない会話も多く、気持ちもすれ違うことも多いです(^-^;。

それでも幼少期に比べればコミュニケーションが取れるように

なりました。


自閉症児・者は、他人とのかかわり方に問題を抱えています。

他人がどう思うのかを推し測り、行動することが難しいです。

また、コミュニケーション能力も極めて乏しいです。

指さしがなく、幼児期も児童期もクレーン現象ばかりでした。Jはですが。

言葉もなく、模倣もできない。誰かと遊ぶこともできない。

赤ちゃんの時から、疑問符ばかりの子供でした。

そして、イマジネーション能力の乏しさ。

彼女にとって想像することは、今でも難しいようです。


障碍児であれ、定型発達児であれ、子育ての苦労はどちらが

大変だとか、比べることはできないです。

どの子もどの親も、一生懸命生きている。

嬉しいことも悲しいことも、たくさんありますね。

その出来事にいちいち一喜一憂しながら、毎日を過ごしています。


親の心が子供に反映しますから、笑顔で温かな心で接したい。

できることを増やしてあげたい、その一心で。

その子の未来が明るいものでありますように。

そしてその根底には、我が子がずっと健康でしあわせであるようにと、

親の切なる願いがあるのです。


最近、娘がかなり不安定です。

親でも、サポートをしてくださる先生方でも、精一杯の愛情を込めて

対応をしても彼女の不安を取り除くことができずにいます。

嵐の中を一緒に旅しています。

一番苦しいのは、娘自身。

どうにかしてあげたいけれど、どうにもできない親でいることが

歯がゆくて仕方ないです。





ぽちっ! ブログランキングに参加しています♪ 応援してね ニコニコ 

   個性豊かな先生方に出逢えますキラキラ

 にほんブログ村 





 2014年12月20日オープン!
 レッスングッズのネットショップです。
 講師のみなさまのお役に立てましたら幸いです。

 やすこ先生のお店 

   ぜひ一度お訪ねくださいね。

※ただいま製作はできませんが、在庫がある分は
発送できます。お気軽にご注文くださいませ。





 
教室についてのお問い合わせはHPからどうぞ 

    あらき音楽教室