昨日は再び浜松市楽器博物館に行ってきました。

イヴニングコンサートを聴くためです。

この日は「バグパイプの歴史と文化~ダンスを交えて」

というタイトルで、贅沢にも3時間ほどバグパイプの世界に

どっぷりと浸っておりました。

貴重な画像や資料も見せていただきながら~の、

バグパイプの歴史のお話。

研究によると、紀元前5世紀あたりから存在していたであろうと
考えられているそうです。
東はインドから中近東、北アフリカの一部と地中海、
全ヨーロッパにかけておよそ80箇所あまりの場所で、独自の
発展をしました。
羊飼いや放浪楽師、農民など庶民や下級階層の人たちが
奏でていた楽器です。
人々の暮らしに寄り添い、人を元気づけ、ともに祝い、
癒しを与え、時に士気を高めたバグパイプ。
それぞれの地域に根差したバグパイプたち。
形や仕組みや材料、音色もさまざま。
物語も無数にあるようです。
出演者のみなさんのお話がとても面白く、魅力的でした。

バグパイプは、バッグ(空気を貯める袋)に
パイプ(その地域によって数や形状に違いがあります)を
繋げて音を出す、というところからその名がついています。
パイプは、
ブロウ管=バッグに空気を送る役割を果たす管
(口吹き、またはフイゴ式)、
チャンター(メロディー管)、
持続音を出すドローン管、があります。

さて、昨夜の曲目をご紹介しますね。
どの楽器も奏者も魅力的!素晴らしいパフォーマンスでした。

・ルネサンスバグパイプ with ルネサンスダンス

・ベーミッシャーボック(チェコのバグパイプ)、
 セックピーパ(スウェーデンのバグパイプ)

・ドゥーデルザック(ドイツ)、シャブレット(フランス)

・バロックミュゼット(古楽バグパイプ、フランス) with バロックダンス

・ノーザンブリアン・スモールパイプ(イギリス)

・ガイダ(ブルガリア、マケドニア) with ブルガリアンダンス

・ガイタ(スペイン)

・イーリアン・パイプス(アイルランド) withアイリッシュダンス

・ハイランドパイプ(イギリス、スコットランド) withハイランドダンス


『全体合奏』 アメイジング・グレース

 (これはすごく大変なことだったろうと思います。
 だって作られた年代も国も、作りも、調性も違う楽器が
 一度に演奏するのは~~~かなり~~、ね。
 司会の方も、「むちゃなのですが~」とおっしゃっていました。
 
 その楽器固有の調で順番に演奏してから、最後にGdurで
 合奏していました。(E♭→F→C→G)
 ドローン菅を演奏しながら変えたりもしていました。
 調性だけではなく、得意な音域も違うわけですから。
 でもみなさん揃っての演奏はこれまた圧巻でした。)


コンサート後の集合写真。みなさん良いお顔!






少し早めに会場に着きましたら、ミニコンサートの最中でした。
ハイランドバグパイプの演奏、迫力…!


(アンソニーがいっぱい♪)




ミニコンサートも、イヴ二ングコンサート(←撮影不可)も、
たくさんのお客様が集まっていました。
見応え、聴きごたえ、もんのすごくありました。
もっとお話も演奏も聞きたかったくらいです。







コンサート後、一緒に聴いていた生徒さんとお母様と
「良かったですね~!楽しいですね♡」
と感動を分かち合い。
その生徒ちゃんは、アンソニーのお兄さんにご質問があり、
思い切って聞いていました。
ほかの演奏者さんにも感想を伝えたところ、
とっても喜ばれたとか。

ふふふ…
その好奇心と勇気と行動力に、花丸をあげたいです。
夏休みの良い思い出の一つになったでしょう。

演奏する喜びや苦労は、どんな楽器にもあります。
バグパイプを奏でる人のお話が直に聞けて、私も楽しかったです。



ぽちっ! ブログランキングに参加しています♪ 応援してね ニコニコ 

   個性豊かな先生方に出逢えますキラキラ

 にほんブログ村 



お問い合わせは、HPからどうぞ 

    あらき音楽教室