講師は生徒さんの向上心を常に応援しています。



 ☆もっと上手になりたい。


 ☆もっと難しい曲が弾けるようになりたい。



テクニック的な力をつけないと、いわゆる「名曲」と呼ばれる作品群は


弾きこなせません。・・でもテクニックだけじゃ、ね。



私の生徒さんの中で希望する子に、グレードを受けさせています。


自分が今どのあたりのレヴェルなのか。


どんな子が受けているのか。


興味を示し、挑戦してみたい気持ちがあればいつでも!



せっかく受けるのだから、その子の良さをいっぱい引き出して


合格してもらいたい気持ちが・・・講師にはあります。



でもね、何を一番大事に演奏して欲しいかというと、”表現力”です。


だって、テクニックは努力次第である程度身につくものだから。


表現力を会得するのは非常に難しい。


美しい音を出すにはどうしたらいいのか?


取り組んでいる曲について一緒に語り合い、


どう表現したいのかを、生徒さんの心の中から引き出す。



 出したいのは、かわいい音?はなやかな音?


 いばった感じ?さみしい感じ?晴れやかな気持ち?

 そうしたら、手や指、身体の使い方はどうする?

 動きだけじゃなくて、いつも気持ちを込めていかなきゃね。



今回、グレードを受験した3人の生徒さん。


それぞれに仕上がるまでのドラマがありましたが、


無事に全員合格しました。やったね♪



受験後のレッスンで、その3人とも表現力がUPしていました。


人前で弾くことは一番勉強になりますね。


ほかの人の演奏を生で聴くことも。


発表会や、コンクール、グレード、学校の伴奏。


どんな形であれ、人に聴いてもらう経験が多ければ多いほど、


その子の演奏レヴェルは格段にアップします。



私は、生徒さんの演奏の表現力が上がることが一番嬉しいです。


 自分で考えて弾く力を身につけていくこと。


 それは生きていく上でも大きな意味があるから・・・!


何より、演奏する楽しみがより増えるではないですか。


人から与えられたものではなく、自分の心から生み出したものは


とっても尊いですよね。そう簡単に得られるものではない。



将来子供たちは、さまざまな場面において


自分で道を選択して行動しなければならなくなりますね。


どんな選択をしたとしても、”自分の意思で決めて前進する”


姿勢を忘れないでくれたら・・・と願います。



演奏する意味を毎日の練習の中で探っていくうちに、


その姿勢はしっかりとついてくると信じます。



ただし、練習のやり方を間違えずに、ね♪



どうやって弾くのが、自分にとって一番楽しいのか。


みんな、そこを考えながら練習して欲しいなァ。


ほかの誰でもない自分にとって、だよ。


それから、聴いてくれる人に何を伝えたいのか。


取り組む曲についていろいろ想像し、寄り道をしてもいいから


弾き方を工夫してあれこれ試して弾いてください。



試し弾き、遊び弾きもOKOK!


だけど節度を守って。



みんなの豊かな想像力と表現力のために。



先生はできる限りそんなみんなを応援しています。


いつだって、ね。



やすこ先生の日記帳





ぽちっ!応援してね ニコニコ

    全国の素晴らしい先生方のブログに出会えますキラキラ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ ブログランキングに参加しています星
にほんブログ村





 あらき音楽教室ホームページ


♪お問い合わせは、HPアップのお問い合わせフォームからどうぞ 馬