小さな生徒さんのための、足代(補助台)があります。


私は、シンプルな足台(ペダルなし)とペダル付きの足台を


レッスンで使用していますが、3~4歳のお子様でも


この足台のMAX一番上でもなお、足がつかない場合があるのです。



それが、以前から気になっていて


「つま先でいいから、足を台につけようね~ニコニコ


と言葉かけ等していてもなかなか定着せずでした。



小さいお子様でも、やっぱり足をぺったり台に乗せたい。


構想期間2日、設計図10分、ホームセンターで木材選び&カット、


ほかの材料も購入。準備万端。制作時間1時間。。


日曜大工を火曜日にしました(笑)。


私にはこういう作業は、なんにも苦になりません~。



・・・できました!!




やすこ先生の日記帳



足台の補助台です。真ん中の赤い物体がそうです。


・・・いえあの、足台と踏み台(画像手前の、私手作りの台)が黒なので


ちょっと、安全のため注意喚起していただくためににしてみました。


レッスン室のカラーは黒か赤かベージュか茶色と決めています。


なんとなく・・ですが。


だから、その中の赤をチョイスしてみたのですけれど。。



しかし・・・やっぱ・・・派手だわ。。σ(^_^;)



お子様は、台の上に足を乗せて立ち上がったりする場合もあります。


この台たちは”補助”であって、


その上に立って何か作業をするための台ではないです。


だから怪我等無いように、わざと色を変えてみたのですが。。



やっぱ・・なんか・・眩しい!



でも、しばらくは生徒さんたちの反応を見ながらこのまま行きます。


ブーイングが多かったら、黒に衣替えします。



ちなみにこの手前の踏み台ですが、


 この踏み台に足を乗せ(①と番号を振ったシールが貼ってあります)


 そのあとお尻からピアノ椅子に座り(②のシール)


 お尻を軸にクルッと体をピアノに向け、


 足台(③)に両足を乗せる。



やすこ先生の日記帳


これは私が考えた方法です。


以前もブログでご紹介いたしましたが、


先生が何度も座り方を教えなくても、


また生徒さんが「一人で座れた!」という自信を持ってもらえるように、


ということで作りました。


座る順番のシールが貼ってあるので、


字がまだ読めない小さなお子様でも、これで一発で座れます。ニコニコ



それでですね、今回作ったのはピアノ椅子とピアノ本体の間の


足台の上に乗せる補助台でした。



やすこ先生の日記帳


使用している材料は主に木材です。


サイズは、下の足台と同じにしてあります(27cm×42cm×厚さは薄く3,5cm)。


中は空洞にしてあります。軽量化しないと使いにくいからです。


それは日々、ほかの台を使っていて痛感していますから・・。



ただ、中が空洞だと耐久性&安定性があまりないので、


中に使い古しのタオルを、これでもか~というほど詰め込んでいます。


そして最後に側面も木材で塞いで、またトンテンカン。




やすこ先生の日記帳


↑これは、まだタオルを入れる前。


そして最後にこの側面も閉じて。


そのあとは滑り止めシートで全体をたるみなく包み、ガムテープで固定。


足が引っかかったりすることのないように、ぴっちりきっちりと。



・・・いやァ~~。


明日からの生徒さんの反応が・・楽しみ・・・?


というよりなんかコワイかもです。





音譜しばしも休まず つち打つ響き


  飛び散る火花よ 走る湯玉


  ふいごの風さえ 息をもつがず


  仕事に精出す 村の鍛冶屋音譜



・・・私の父方の祖父は、鍛冶屋でした。






ぽちっ!応援してね ニコニコ

    全国の素晴らしい先生方のブログに出会えますキラキラ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ ブログランキングに参加しています星
にほんブログ村





 あらき音楽教室ホームページ


♪お問い合わせは、HPアップのお問い合わせフォームからどうぞ 馬