現在、世に送り出されている楽器たちは、もともとは


誰かが「いい音を出したいな」と小さく思ったところから


出発していると思うのです。



私たちが毎日触れているピアノは大型の楽器ですが、


機械で量産できるところは機械にお任せし、


人の手と耳が必要な個所は、やはり手を抜かずにきっちりと


手作業を加えています。



そう、手作りが出発点。


機械も最初から存在したわけではなく、長い時を経て必要に応じて


生まれてきたもの。



昔は、楽器を作る道具だって職人さんの手作りだったでしょう。


自分の手になじむ道具を使い、材料を吟味し試行錯誤を重ね、


納得のいく一台を仕上げたのではないでしょうか?



楽器の王様とたたえられ、美しく力強く人の心に響く音色を


届けてくれるピアノ。


今の子供たちには、身近な場所にたくさんピアノがありますから


特にめずらしいと感じてはいないでしょうし、


それはそこにあって当たり前のものだと認識しているでしょう。


学校、体育館、ホール、教室、楽器屋さんで、家で…


どこででもピアノに触れることができますね。…すごく幸せなことです。



暮らしの中にピアノが溶け込んでいる、といういうことは


非常にすばらしいことです。


しかし、本当にそのありがたみをわかっている子は少ないと感じます。



もちろん、ピアノは高価な楽器であり、おうちの方から買っていただけたら


飛びあがって喜び、ますますピアノに熱中してくれるのですが。



…手作り楽器を私が教えるのには、単に「楽しいから」という


理由だけではなく、”音を奏でる何か”を生み出す側の苦労


知って欲しい、そういう思いからです。



手作りをすると、必ず失敗します。


思い通りに最初からできることはありません。


それは、ピアノや声楽などを勉強していても同じ。



「良い音」を目指してもうまくいかないことの方が断然多いですね。


ガッカリもしますが、だからこそ「うまくできた!きれいな音が出せた!」と


成功した時の驚きや喜びは大きいものです。


演奏を人から褒められたならなおさら…!



この夏休み、『むかしむかしの素敵なピアノ展』に行き、


6台の素晴らしい楽器の音色を聴き、レクチャーコンサートで


小倉貴久子さんのフォルテピアノと一体になって紡ぎだされる


華麗で繊細な音を堪能した私は、そんな思いを更に深めたのでした。



ということで…!


昨日からピアノのレッスン再開とともに、楽器講座もラスト一週間。


生徒さんたちは、小さな瞳をキラキラさせながらピアノを弾いてくれました。


そして、楽器講座に参加してくれた子たちは、


レッスンをはまた違った一面を見せてくれました。


作ることは手先に意識を集中して、一心に取り組むこと。




やすこ先生の日記帳


 ・材料は、何が最適か?




 ・良い音にするためには、どんな工夫が必要なのか。




 ・壊れないように丈夫に作ること。




 ・見た目も大事。でも、飾りは鳴らすのに邪魔にならない程度に。




 ・純粋にその音色を楽しむ、またはアンサンブルの中で


  効果的に鳴らしてみる。



真剣な目をして楽器を製作、できあがった時に見せてくれた満面の笑み。


嬉しいなぁ。



音が出るものを作れるって、楽しいよね♪


自分で作れたなら、嬉しさはさらに倍!



みんなっ。夏休みはあと一週間もないけれど、この経験を忘れないで


ピアノに向かう気持ちも新たに、これからも頑張って欲しいと先生は思う。


一緒にがんばろうね。ニコニコ



音譜昨日の楽器講座では音譜


 ・マリンカン

 ・ウェーブサウンド

 ・なんちゃってマリンバ

 ・ぺちぺちくん


…を製作しました。みんな上手だったよビックリマーク




やすこ先生の日記帳-マリンカン
マリンカン



やすこ先生の日記帳

ウェーブサウンド



やすこ先生の日記帳

ぺちぺちくん



やすこ先生の日記帳

なんちゃってマリンバ









ぽちっ!一日一回の1クリックで応援してね ニコニコ

    全国の素晴らしい先生方のブログに出会えますキラキラ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ ブログランキングに参加しています星
にほんブログ村





 ♪あらき音楽教室♪HP


  クローバー お問い合わせは、HPのお問い合わせフォームからどうぞ ヒマワリ