毎日がどんなに忙しくても、「やろう!」という気持ちがあれば、


時間の使い方を工夫して、練習はできるはずです。



そうは言っても、行事とか体調とかお家の都合などで、


まったく音を出せない日もあるでしょう。



だから、何事も完璧にしてきなさいとは先生も言いません。


できなかったことを責めることもしません。



だけど、自分で工夫して努力もせずにただ練習できなかった、と


言って投げだす姿勢では、いつまで経っても上達しませんね~。



できなかった理由を、言葉にして並べたからと言って、


上手になるわけではないのです。



どうしてできなかったのか、それは先生にではなく、


自らの心に問いかければ、それから先どうしたら良いのか…


答えは必ず自分の中にあります。



私からいつも出される課題、指導された事柄、直された箇所、


うまく弾くコツ、短時間で効率よく弾けるようになるヒント…など、


レッスンの中で学んだはずのことに、生徒さん自身を磨くヒントが


たくさん隠されているはずですから。



いえ、隠されているというより、


しっかりとネタばれしているのですけれど~ね。



私からの投げられたボールを、ど真ん中でキャッチするには、


レッスンから帰った後すぐに復習するのが一番良い方法です。


…がっ、


そうはいかないのが、毎日習い事で忙しい子供たちの現実です。


でも、だからといってその現実に埋もれて


ただ時間の流れのまま行くのではなく、


じゃあ、隙間時間がどこで取れるか、


どうしたら、先生に出された課題をこなせるか、


それを考えるのも、生徒さん自身の勉強です。


そういう姿勢が感じられない時、私は叱ったり諭したりします。



本人が気が付かなければ、意味がありませんから、ね。


ただ弾く・歌うのではなく、


時間があるから練習できた!…というものでもなく、


本気でやる気持ちがあるなら、工夫次第でどうとでも時間を取ることは


できるような…気がするのですが…。



私の、妄想?…私の一方的な言い分??でしょうか。。


いえ、そうではないと思うのです。



完璧にできる人などこの世にいません。


ですが、困難な壁を目の前にしても、目的があるなら


なんとかしてよじ登ろうと真剣に取り組めるはず。


よじ登りに失敗して、ケガをすることもあるでしょう。


てっぺんかと安心したら、まだ上があった~なんて


ショックを受けることもあるでしょう。



それでも、アクションを起こした結果なのだから、


それは堂々と胸を張っていて欲しいです。



できなかった達成できなかったことより、


「やろうと必死になって努力した」…その過程を、先生は褒めたいです。



そして、そこであきらめずにさらに努力をし続けていくところに、


本当の喜びを得ることができるのではないでしょうか。



本当の喜び、それは


自分なりの工夫と努力を重ね、


できないと思っていたことができるようになること。


経験し、学び取ったのは生徒さん自身です。


得られた達成感、美しい音色が出せた喜びはひとしお♪


その人の大事な宝物になるでしょう。



きっと、それは他の分野にも活かされる経験だと感じます。



七転び八起き、みんな転んでも立ちあがって


たくましく歩いて行くんだよ~!


まわりのみんなが、いつだって応援しているからねドキドキ



やすこ先生の日記帳




音譜ころんだ おきた だるまさん


  ころんだと おもったら またおきた音譜





ぽちっ!一日一回の1クリックで応援してねニコニコ

    全国の素晴らしい先生方のブログに出会えますキラキラ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ ブログランキングに参加していますカメ
にほんブログ村





 ♪あらき音楽教室♪HP


  星お問い合わせは、HPのお問い合わせフォームからどうぞニコニコ