チエでつながる, ワザでつながる、ココロでつながる、価値を生みだす           ~ 物語思考が世界をかえる

チエでつながる, ワザでつながる、ココロでつながる、価値を生みだす           ~ 物語思考が世界をかえる

この世に生まれて間もなく、人は「ものがたり」と出会い、そこで広い世界とのつながりを作ります。このblogでは、「ものがたり」と共にある人の可能性を探求していきます。

体験の語りを通して、

過去の出来事の意味が創造されていきます。

 

出来事の一つひとつは、

語りを通じて今の自分とつながり、

出来事と出来事がつながることでストーリーが生まれてきます。

 

ストーリーが生まれると同時に、個々の出来事の意味が、

本人の内側で了解可能なものとなり、

出来事の背後にある自分の意志や

こだわりの真意が認められると、

自らの“心の声”の姿が見え始めてきます。

 

シリア出身で難民選手団のイブラヒムさんは、

砲弾に会って片足を失い、人生を大きく狂わされました。

 

障害を持つ難民として苦難の日々を送り、

様々な逆境を克服して練習を続け、難民選手団の代表として

リオや東京のパラリンピックに出場できるまでに実績を積みました。

 

彼は、難民として苦しんでいる人々に、

自分の頑張る姿を見せて勇気を与えたい、と語ります。

ここで、彼が人に与えたいと望む勇気の源が過去形のものでなく、

現在進行中のものである点に、注意を向ける必要があります。

 

リオや東京のパラリンピックに“出場した”という

過去の勲章で人々に語りかけるのでなく、

“今頑張る自分の姿“で人々を勇気づけたいというのが、

彼の望んでいることだからです。

 

イブラヒムさんの頭の中には、

ハンデを抱えながら頑張る自分の姿に勇気づけられ、

前を向いて歩き始める大勢の難民の子供たちの

映像があるのでしょう。

 

ここに、過去から未来へとつながる独自のストーリーの中に

今の自分を置き、そこに自身の存在意義を見い出す、

イブラヒムさんの生きる姿勢が見えてきます。

 

過去の体験を語ることは、

その体験の中に写し出される自分の生き方の確認作業であり

それは、自らの心の声をつかみ上げる機会でもあります。

 

そこに表現されたストーリーは、これから先の自分の生き方に

方向を与え、

 

語りと共にげ浮き上がってくる“心の声”を正しく捉えることが出来れば、

それは強烈なビジョンとなって、

自分を勇気づけてくれるもの(=希望)になり得ます。

 

“心の声”を別の言い方をすれば、“運命の導き“とか

(まだ会ったことの無い)“自分を待っている人々の声”などと

言いうるものです。

 

世界が私に求めているものは何か?

私を待ってくれている人々は誰か

その人々の期待はなにか?

期待に応える為に、私はどうしたらいいのか?

 

こうした問いへの答えは、全て自らする語りの中から

引き出すことが出来るものです。

 

あるものはすんなりと見えてくるかもしれないけれど、

あるものは、何度も何度も語り直さない限り、

見えてこないものかもしれません。

 

本物の“心の声”を聞くには、自分との深い対話が不可欠です。

そして、自ら体験を繰り返し語っていくことが、

その有効な手段であることは、ここで強調しておきたいと思います。

 

 

希望は待っていてもやってこない。

希望は自ら構築しなければいけないものだ。

そう書きました。

 

では、自ら構築するにはどうすればいいのか。

 

希望は「きっとある、と信じられる何か」

とも書きました。

 

「ある」と信じられるためには、

何らかの根拠が必要な訳ですが、

 

21世紀日本の現実として、見える形で

「きっとある」と思える明るいものが、あまりない。

 

それどころか、明るさが目の前から

どんどん消え去っていく様な状況があります。

 

半世紀前の日本なら、昨日より今日が、今日より明日が、

良くなっていると、誰もが感じることができた。

今は、そういう感覚の共有はありません。

 

じゃあ、もはや希望は持ちえないのかと言えば、そうではない。

自分の内側にある真実の声を聴くことで、

「きっとある」の確信につながる、

希望の種を生みだすことが出来るからです。

 

これは、従来は希望の種が外にあったけれど、

今はそれが期待できないから、内に求めていこう、

という話ではありません。

 

元々希望の種は心の中のものであって、

その実体は、自分が世界をどのように解釈しているか、

 

あるいは、

自分が自分自身をどんな存在として捉えているか、

といった認識とつながるものです。

 

東京パラリンピックに難民選手団の一員として出場した

シリア人アスリートのイブラヒムさんは、

母国の内戦で砲弾を受け、片足を失いました。

 

治療を求め、決死の思いで戦乱の地から脱出するも、

その後難民として様々な苦難や屈辱に出会い、

 

“何故、自分がこんな目に合わなければいけないのか”と

何度も絶望的な気持ちになったそうです。

 

しかし彼は、今や世界に8400万人もいると言われる、

難民として苦しんでいる人々に、

自分の頑張る姿で勇気を与えたい、と思うに至り、

 

現在はアスリートとして活動する傍ら、世界各地に赴いて、

人々を勇気づける様々な活動を行っています。

 

この

「難民として苦しんでいる人たちに勇気を与えたい」

という内なる声が、イブラヒムさんの生きる姿勢を決め、

目指す世界の姿を確定させています。

 

その一言が、イブラヒムさんの希望の種になっていることに、

特段の説明は不要でしょう。

 

重要な点は、「きっとある何か」と「自分自身のありたい姿」が

融合され、一体化されていることです。

 

そこで表現される未来構築の物語には、

変化の一翼を担う重要な存在としての自分が、

意識されることになります。

 

自分が自ら参画することで「きっとある何か」が実現する。

自分は、そのために必要とされている

かけがえのない存在である、と言う関係。

 

それが希望の種を形成していきます。

 

イブラヒムさんも、自分自身の心の声をしっかり

聞き取ることで、

自身の希望の種を生み出したのだろう、と思われます。

 

そしてその礎が、

望ましい未来に向けた自身の行動イメージ(これこそが

希望の構築です)を、現出させていると考えるのに、

無理はないでしょう。

 

厳しい時代であればあるほど、

内にある声をしっかり聞くことが、求められてきます。

それが、希望を取り戻す最初の一歩だということを、

私たちはよく覚えておくべきなのだと思います。

 

 

東京大学の社会科学研究所というところが、

2007年から実施している

「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査」には、

人々の抱く“希望”の度合いを調べる項目があります。

 

“自分の生活や仕事に希望があるか”という問いに対して

「ある」、「ある程度ある」、と答えた人の割合は、

2007年に55%だったものが、

2014年には37%まで下がってしまい、その後も低レベル

で推移しています。(公表されたグラフからはそう見えます)

 

半世紀前、つまり高度成長期の日本人にとって、

「希望」は当然に与えられたものでした。

当時の生活水準は、現在の日本人よりかなり低かったと

思われますが、

 

明日は今日よりよくなる、未来は今より豊かになる、

自分達はよりよい世界に向かって、一歩一歩前進している、

と、そう信じることができた時代でした。

 

おそらく当時抱かれていた「希望」のイメージは、

単純に生活の豊かさとか、

結婚・出産・マイホームの獲得、家族での海外旅行、

といった人生イベントに

強く結びついていたのではないかと思われます。

 

そして、数値では残されていないものの、

当時の人々に“希望があるか”と問えば、

8-9割がYESと答えていただろうと推測できます。

(2007年の調査は、人々から希望が失われているのでは、

といった危機意識から行われたものでした)

 

人々の心から徐々に“希望”が失われてしまった現象が、

過去30年間の日本の衰退と結びついていることは、

まず、間違いないことでしょう。

 

加えて地球温暖化と異常気象、地震や原発と放射能の不安、

新型コロナの先行きなども、

私たちが“希望”を抱きにくい要因になっていると思われます。

 

21世紀に生きる日本人は、

希望が当然の様に与えられたかつての時代とは

全く違う環境の中にいることを、自覚する必要があるでしょう。

 

つまり希望は、待っていれば届けてもらえたもの、から

自覚的に創造し作っていかなければ手に入れられないもの、

になったのです。

 

その自覚がないままに、希望、希望と求めることは、

きわめて僅かな可能性に、自らの運命を委ねる様な話です。

 

“希望”は「まだない」ものでありながら「きっとある」

と信じられる何かです。

そんな風に、“希望”は姿かたちが無いものだけれど、

私たちの行動を支える力を持っています。

 

“希望”はお金で買うことは出来ないけれど、

人とつながったり、

何かをやりとげたり、

誰かに認めてもらったり、

自ら能力を高めたりすることで、

獲得したり、強化したりすることが可能なものです。

 

21世紀の日本人に、

そして、もしかしたらいま人類に求められているものは、

自らの手で自分の”希望“を創造していく力、

自らと対話しながら、未来に向けての展望を描いていく力、

そんな力なのではないかと、私は考えています。

 

“希望”は待っていてもやってこない。

そのことを、

特に日本人は、忘れてはいけないのだと思います。

 

 

 

 

 

 

※ワークショップの参加者募集中です。詳しくは↓

 

「未来への道を灯すワークショップ」 8月-9月対面開催 | Peatix

 

「未来への道を灯すワークショップ」 9月オンライン開催 | Peatix

 

 

 

5年前からコミュニケション系の一部授業を行っている

A女子大で、

4月から新たに“ファシリテーション”を教えてきました。

 

13回ある講義が一昨日で全て終了したので、

進めながら発見した事柄のいくつかを、

共有したいと思います。

何かのお役に立てば嬉しいです。

 

ちなみに私のファシリテーションの基盤は、

中島崇学氏(組織共創アカデミー)が主宰する

「ファシリテーション塾」(通称 ファシリ塾)での学びにあり、

授業をデザインするにあたっても、骨格に当たる部分は

ここで学ばせて頂いたものに拠っています。

 

本題に入ります。

 

発見1:皆“ファシリテーション”という言葉も知らなかった

 

授業タイトルが『実践日本語』だったため、シラバスに

“ファシリテーションの授業です”と書いておいたのですが、

実際には“ファシリテーション”が何かも知らずに

履修した学生が大部分でした。コミュニケーション系を専攻する

学生が殆どだったのですが、大学という場では、

まだまだ浸透していない概念なのだと、改めて思いました。

 

発見2:場を体験すると学生は強く反応してくる

 

殆ど初対面同士の4-5人でグループになり、ワークショップ的な

対話をまずは体験してもらいました。すると、

「やってきたのと全然違う」「緊張せずに話が出来た」

「初対面なのにすぐに仲良くなれた」と強い反応が出てきました。

「積極的に話せた」「自信がついた」等の声がコメントに並び、

彼女たちの、対話できたことの純粋な喜びに触れた気がしました。

 

発見3:3-4年生は「ゼミ発表」「就活」とダイレクトにつながる

 

この授業は何がいいか、と尋ねると、

「ゼミ発表で使える」「就活で使える」「これを学べば

グループワークに自信が持てる」等、具体的な使いどころの

イメージが多く語られました。

3-4年生限定の授業なので、ある意味当然かもしれませんが、

改めてそういうものか、と思いました。。

 

発見4:自分達でテーマを決め、何とか場を作ってしまう

 

今回講師側として一番のチャレンジは、チームを作り、彼女達

に“場づくり体験をしてもらう”ことでした。

コミュニティーづくりや社会課題の解決、チームビルディングなど、

いくつか場のタイプを紹介し、夫々に標準的なデザインを教え、

あとは自分達で作りたい場を作って、と、ぶん投げた感じでしたが、

皆何とか作って来ました。 正直、これは嬉しい発見でした。

 

発見5:ヘビーな予習復習、時間外ワークもこなしてくる

 

予習(テキスト=「ファシリテーション入門」(堀公俊著)を

一章づつ読んで要点を整理)、復習(毎回授業で“収穫”できた内容を

300字で整理)は、9割強の学生が毎回きっちりこなしてきました。

更に、チームの場づくりに向けて、授業時間外でのチームミーティング

を自主的に開いているので、相当の時間を費やしているはずです。

脱落者が1割ほど出ましたが、いずれも4年生で就活との関わり上

やむを得ない様でした。(チームメンバーに迷惑が掛かるので、という)

 

発見6:作る場はネットワーク、政治参加、SDGs,ガクチカ、…

 

4-5人のチームを6つ作り、それぞれテーマを決めて

場を作ってもらいました。

アイスブレークを通して友達を増やしてもらう場、身近な困りごと

の共有から政治意識を高める場、チームメンバーが知恵を出し

合いながら信頼強化していく場、動画から対話を起こしてSDGsの

意識を高めていく場、ガクチカを考える場。

*ガクチカとは、「学生時代に力をいれた事柄」なんだそうで、

就活の必須項目だそうです。

 

学生たちの作る場はどれもがとても新鮮でした。

 

発見7:場をつくり場に参加することで学習が進む

 

履修生はチームに分かれて場をつくり、他チームの

メンバーからフィードバックをもらう一方で、

他チームの場に参加した際は、そのチームに向けての

フィードバックをしました。 

6チームが順に発表し、都度フィードバックを交換しましたが、

回を追って発表の質もフィードバックの質も上がっていったのは、

当に場からの学びの賜物でした。

 

特に授業の中で学んだYes And(しっかり認め、率直に伝える)

の発想が、彼女たちに受け入れやすかった様子で、

相互に送りあったフィードバックからは

各々かなりの収穫を得ていた様でした。

 

***********

この経験を通じて、

様々な形のコミュニケーションを“容易にする”

ファシリテーションの大学生側のニーズは

間違いなく大きなものだと実感することができました。

 

そして、場を活性化させるための法則が少しでも分かり出すと、

彼女らは、凄い勢いで学び始める。

そのことが確信できた体験でもありました。

“未来への道を灯すワークショップ”を

よろしくお願いいたします。

 

素敵な未来を手に入れたい、と、

人間なら誰もが願っていると思います。

 

では、素敵な未来へつながる物語を描き、

それを実行に移してみては、と考えてみるものの、

中々簡単にはいきません。

 

いまある現実から発想すれば、

現実の延長にある世界に捕らわれてしまうし、

 

想像逞しくビジョンを描いて、

逆算方式で行動プランを作ろうとすると、

どうしても無理な飛躍が出てきてしまう。

 

やっぱり難しいなあ、と

結局元の木阿弥に戻ってしまうからです。

 

このパターンから離れるには、

しっかりした成功パターンを持った

物語の型に沿わせる形で

自分の物語を創作する方法が強力です。

 

この考え方は、慶応大学の梅本龍夫教授が、

同氏の発案した“物語マトリクス”を説明される中に、

型に引っ張られて物語が生まれてくる、と

仰っていたところから出てきたものです。

 

“未来への道を灯すワークショップ”は、

物語マトリクスをベースとした“未来実現チャート”上に

自分の未来ストーリーを展開させる形で、

冒頭の“木阿弥”の壁を克服したものです。

 

だから、このチャート上に物語を描いていくと、

今の延長とは異なる、

とはいえ、

まぎれもなく自分が主人公で望む未来を手に入れていく、

そういう物語が描かれることになります。

 

受講された皆さんが、

新しい自分の物語(=新しい自分の可能性)に気づき、

目を輝かせて会場から去っていく。

 

そんな場面に、場を作る毎に出会わせて頂いています。

 

7月から、このワークショップを一般公開で行うことに

いたしました。

 

こんな話を読んで面白そうだな、と感じた方、

是非試してみて下さい。

 

 「未来への道を灯すワークショップ」 (オンライン開催) | Peatix

 

 「未来への道を灯すワークショップ」 (対面開催) | Peatix