全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

全州にひとめぼれ!大邱が恋しくて!

韓国全自治体162市郡を制覇!
全州にひとめぼれし、大邱に恋い焦がれるビョンが、
大好きな韓国の地方旅についてのレポを熱くお届けします。
전주에 첫눈에 반하다! 대구가 그리워서!

記事の上部にある「記事一覧」→「テーマ別記事一覧」と進み、ご覧になりたいテーマ

(例えば「全州宿泊」)をクリックすると、そのテーマの記事が一覧表示されます。


※本ブログに掲載している記事や写真の無断転載は、固くお断りいたします。

※アフィリエイト・ステマを目的としたコメントは削除いたします。同目的の読者登録申請もお断りいたします。

黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさいあじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい黄色い花あじさい


NEW !
テーマ:

178回目の韓旅

10月の韓旅(10/18~24)レポ

こちらの記事↓のつづきです

10/20 10月の韓旅⑥太白編 大人気のムルタッカルビ店と上長洞壁画マウル

 

18:45に江陵(カンヌン)駅に到着。

江陵(カンヌン)市は太白(テベッ)山脈の東側にあり、

東海(トンヘ 日本海)に面した64.5kmの海岸線が伸びた港町。

今年開催された平昌(ピョンチャン)五輪では

カーリングやフィギュアスケートなどの氷上競技の会場となり、

それに伴いソウル-江陵を結ぶKTX京江線が開通しました。

2012年7月に撮影した旧駅舎↓と比べると、

あまりにオシャレに生まれ変わってビックリ!

 

この日の宿は、江陵市外・高速バスターミナル向かいの

モーテル群の中にあるMOTEL OLIVIA

土曜日の夜に江陵入りとなるため、ネットで見つけ電話予約しておきました。

↑中央の高さがあるモーテルです

予約時に右矢印恋愛ガイドというサイトで「週末5万ウォン→4万ウォン」だと伝えたところ、

「現在は料金が上がったので5万ウォン」と言われました。

そこでフロントで「もう一声!」とお願いしたところ、4万5千ウォンにまけてくれました(笑)

広さも備品もまずまず。

冷蔵庫にはミネラルウォーター2本とミックス珈琲の粉末が2袋。

ウォシュレット付きの便座あり。

紅葉MOTEL OLIVIA(모텔 올리비아)
住所 江陵市洪済洞998-8(강릉시 홍제동 998-8)
道路名住所 江陵市洪済路85番キル24(강릉시 홍제로85번길 24)
電話番号 033-648-7511
チェックイン 15時/チェックアウト 10時

KONEST地図

 

チェックイン後直ちに、江陵に来た1番の目的地であるポドゥナムブルアリーへ。

1926年にの江陵合同醸造場として設立、

2015年にクラフトビール店のポドゥナムブルワリーとして生まれ変わりました。

土曜日の20時前だったので、店内は超満員。

ロングヘアーの女性が立っているデスクに置いてある

用紙に名前と電話番号、人数を書いてしばし待ちました。

醸造タンクやオーク樽が置かれたスペース。

ロゴ入りグッズを販売しています。

夜は冷え込むにも拘わらず、

屋外の席で飲んでいらっしゃる方たちも大勢いらしてビックリ!

数分後に背中を向けた女性が座っている

カウンター席なら案内できると言われました。

クラフトビール(上と中)とおつまみ(下)のメニュー。

おつまみはピッツァ、チキン、ソーセージや

タコライス、牛のステーキなど。

まずは、地域住民と共同で育てた生のホップを使っているという
季節限定のハーベストハスラーIPA(하베스트 하글라 IPA 7千ウォン)。

IPA独特の柑橘系の香りとコクがあり、私の好きなタイプ。


おつまみは燻製ピッツァ(흥제피자 23,000ウォン)をオーダー。

トマトソースの上にキムチとベーコン、モッツアレラチーズと玉ねぎが

載っているクリスピータイプのピッツァは、かなりのボリュームがありました。

(残りはテイクアウトできます)

江陵合同醸造場が開業した1926年と言えば

日本統治時代。

天井や梁を見ると、日本式建物のように見受けられます。

2杯目はレモンとトロピカルフルーツの風味がするという

ブリューIPA(브뤼IPA 7千ウォン)。

1杯目に比べると、かなりライトな感じでした。 

混みあっているから仕方がないのでしょうが、

オーダーしてからビールやおつまみが出てくるまで

かなり待たなければいけないのが、ちょっと残念でした。

 

紅葉ポドゥナムブルアリー(버드나무브르어리)
住所 江陵市洪済洞93-8(강릉시 홍제동 93-8)
道路名住所 江陵市洪済路1961(강릉시 홍제로1961)
電話番号 033-920-9380
営業時間 12~24時(16~17時はアルコール・ソフトドリンク飲み提供)

江陵市外・高速ターミナルからタクシーで3分(2,800ウォン)

徒歩なら21分

KONEST地図

 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


テーマ:

178回目の旅

10月の韓旅(10/18~24)レポ

こちらの記事↓のつづきです

10/19 10月の韓旅⑤横城編③ 新羅&高麗時代の石仏・石塔と横城郡庁訪問記

 

3日目は太白(テベッ)へ移動。

横城(フェンソン)からの直通バスがないため、

原州(ウォンジュ)経由で向かいました。

太白(テベッ)にはムル(水)タッカルビといって、

春川(チュンチョン)タッカルビとは違い、

骨付きの鶏肉をスープで煮込むタッカルビがあります。

2年前に食べた右矢印ムルタッカルビの美味しさが忘れられず、

別のお店の味も試してみようと太白を再訪したというわけです。

今回訪ねたお店は太白タッカルビ

ペク・ジョンウォンの三大天王にも登場した有名店

13時を廻っていましたが、待ちが発生していました。

ひとりなので、それほど待たずに席に案内されました。

太白タッカルビ 1人前は7千ウォンですが、

注文は2人前からとなります。

注文の仕方と美味しい食べ方が書いてあります。

1.タッカルビをもっと美味しくするサリ(うどん・ラーメン・チョルミョン・トッポキ)を一緒に注文

2.グツグツ煮たったら、スープをぐるぐるかき混ぜる
3.まず麺サリと野菜を食べてから、ヤンニョム(薬味)が良くしみ込んだ鶏肉をむしゃむしゃ
4.スープが程よく煮詰まってきたら、「おねーさん、ポックムパッを」と叫べば仕上げ

タッカルビ2人前とうどんを注文しました

大量のえごまの葉が、このお鍋にはとてもマッチします。

11月~3月の間は、えごまの葉の代わりに
ナズナがトッピングされるので、また行かなくては!(笑)

いい感じに煮込まれてきました。

先のルール通りうどんと野菜から先に食べちゃうと、鶏肉を食べるまでに

お腹がいっぱいになっちゃいそうなので、掟破りの全部同時食べをしました(笑)

骨付きだから、鶏の旨味が濃くて美味しいんですよ。

頑張って撮り肉は全部食べましたが、

うどんはかなり残してしまいました(勿体ない。ごめんなさい)

いろんなお店のムルタッカルビを食べ比べしてみたいです。

紅葉太白タッカルビ(태백닭갈비)

住所 太白市黄池洞44-63(태백시 황지동 44-63)
道路名住所 太白市中央南1キル10(태백시 중앙남1길 10)
電話番号 033-553-8119
営業時間 11~22時

不定休

KONEST地図

すぐ傍には韓国一長い1,300里(525km)の洛東江(ナクトンガン)の源である

黄池蓮池(ファンジヨンモ)があります。

1日5千トンも湧き出る美しい水が黄池川(ファンジチョン)となって

洛東江(ナクトンガン)と合流し、慶尚道を経由して釜山から南海へと注いでいます。

紅葉黄池蓮池(황지연못 ファンジヨンモ)
住所 太白市黄池洞623(태백시 황지동623)
道路名住所 太白市黄池蓮池キル12(태백시 황지연못길12)

KONEST地図

 

お次はバスに乗って、上長洞(サンジャンドン)壁画マウルへ移動。

2011年に太白市ニューヴィレッジ運動の一環として、

専門家により元炭鉱村らしい壁画が描かれるようになりました。

レンコン?と思ったら練炭でした(笑)

ワンコが描かれたお宅には、

本当にワンコがいたりして~

「なんで写真撮ってるの~?」と話しかけられたオモニたち。

「壁画がステキなので」とお答えしたら、誇らしそうに「そうでしょう!」と。

楽しそうに井戸端会議をしていらっしゃいました。

表札がライト付きのヘルメットを被ったワンコに

統一されているのもステキ。

洗濯ものとともに、

ぬいぐるみのくまのぷーさんも干されていました(笑)

魚や唐辛子、ナツメや野菜が干してあり、

生活感があるのが楽しいです。

長時間狭い炭鉱での労働に従事していた鉱夫たちの生活は苦しく過酷だったことを、

2年前に訪問した右矢印鉄岩(チョラム)炭鉱歴史村で学びました。

炭鉱夫たちは夕食にサムギョプサルを食べ、

喉に張り付いた石炭の粉を洗い流していたそうです。

紅葉上長洞壁画マウル(상장동벽화마을)
住所 太白市黄池洞一帯(태백시 황지동)
道路名住所 太白市上長南キル一帯(태백시 상장남길)

太白バスターミナルから7番バスに乗車し15分

KONEST地図

 

Korail太白駅からムグンファ号に揺られ、江原道(カンウォンド)での

3番目の訪問地となる江陵(カンヌン)へ移動しました。

(太白バスターミナルにロッカーはありませんが、

すぐ傍の太白駅2階にあります)

くるくるソウルからの行き方

バス東ソウルターミナル(동서울)→太白市外バスターミナル(태백)

所要時間 3時間10分

料金 28,100ウォン

時刻表→ 

 

電車清涼里駅(Cheongnyangni)→太白駅(Gangneung)

所要時間 ムグンファ号で3時間20分

料金 26,000ウォン

時刻表→ 

 

くるくる太白市文化観光ホームページ→ 

 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

 

<備忘録>

7:55 横城BT発→ 8:25 原州市外BT着(30分/2,100ウォン)

時刻表→ 

ボーッとしていて、8:51 原州発のバスに乗りそこなうガーン

(チコちゃんに叱られそう!)

10:30(10:15のバスが遅延)原州市外BT発→12:45 太白BT着(2時間半/15,700ウォン)

時刻表→ 

16:35 太白駅発(Taebaek) -(ムグンファ号)→ 18:43 江陵駅着(Gangneung)

時刻表→ 

 

 

 


テーマ:

178回目の韓旅
10月の韓旅(10/18~24)レポ

こちらの記事↓のつづきです。

10/19 10月の韓旅④横城編②韓国人神父が建てた初めての聖堂@豊水院聖堂と旨味が濃い横城韓牛

先程のタクシーキサニム(ドライバー)にコールして向かったのが

上洞里(サンドンニ)石仏座像・三層石塔

キサニムは上洞里にお住まいだそうで、

農作業中のこちらのアジョッシともお知り合いでした。

田んぼの中にいきなり登場する石仏と石塔。

動画でもどうぞ↓

上洞里 石仏座像は統一新羅時代後期(9世紀)に作られた仏像で、

江原道有形文化財第20号に指定されており、高さは1.38m。
当初あった光背(身体から出る光を表す)は消失し、

切断された頭部は、最近新しく作り直したものだそうです。
左手の手のひらを上に向けお腹の前に置き、右手は膝の上に載せ地面を差す
降魔觸地印(항마촉지인)は、
釈迦牟尼が修行を妨害する全ての悪魔を降伏させることの象徴。

上洞里 三層石塔は畑から出土したもので、高麗時代の成徳寺という

寺址である石仏が立つ場所の隣に、1993年に移設したそうです。

屋蓋石は下の線が水平で上部が軒の部分から少し上っていることから、

新羅時代の石塔の様式を受け継いだ高麗時代の石塔であると考えられています。

高さ1.5m。江原道有形文化財第21号に指定されています。

紅葉上洞里石仏座像・三層石塔(상동리석불좌상 상동리삼층석탑)
住所 横城郡公根面上洞里495-3(횡성군 공근면 상동리 495-3)

バスはないので、タクシーで横城市外バスターミナルから25分(約2万ウォン)

KONEST地図

 

「折角遠くから来てくれたのだから、この近くにもう一ヶ所紹介したい場所がある」と仰り

キサニムが連れて行ってくださったのが仙降亭(ソンガンジョン)

キサニムは「仙女が月の光の中を沐浴するために降りてきた場所」って説明してくださいましたが、

1697年にユイ・チャンという人物が都からここに移転し、
学問に才能を見出した優秀な孫のために東屋を建てた場所のようです。
反対側には城隍堂(성황당)城隍之神位(성황지산위)がありました。
やはり何か神がかりな雰囲気が漂っておりましたよ。

紅葉仙降亭(선강정 ソンガンジャン)
道路名住所 横城郡公根面錦渓路上洞2キル(횡성군 공근면 금계로상동2길)

KONEST地図

親切だったキサニムとお別れし、

<タクシー料金 備忘録>

豊水院聖堂→横城畜協韓牛プラザ本店 22,000ウォン

横城畜協韓牛プラザ本店→上洞里→モーテル(横城市外BT) 49,300ウォン(45,000ウォンにおまけ)

 

モーテルで一休みしてから、横城(フェンソン)郡庁を訪ねました。

郡守様(郡のトップ)が右矢印東亜日報の記事で私が10月に

162市郡目として横城郡を訪問することをお知りになり、

職員の方を通じて連絡をくださったのです。

自治行政課のソさんが庁舎内を案内してくださいました。

屋上からの素晴らしい眺望。

横城郡は鳥取県八頭町および静岡県掛川市と姉妹都市。

韓牛やツルニンジンの生産で有名です。

分刻みのスケジュールでお忙しい中、

ハン・ギュホ郡守とお目にかかることができました。

郡守様「なんで横城郡が最後の訪問地だったんですか?」

ビョン「10月の韓牛祭りに合わせて訪問したいと思っていまして。

去年と同じ時期に開催だと思っていたんですが、

今年は10月初旬に終わってしまったんですよね(汗)」

↑横城郡提供↓

先にお伝えした通り、その様子は聯合ニュースで報道されました→ 日本語 韓国語

 

郡守様「この後はどんなスケジュールなの」

ビョン「明日は太白(テベク)で太白タッカルビを食べる予定でして・・・」

郡守様「横城(フェンソン)にはもっと美味しいタッカルビの店があるから、

後で連れて行って差し上げなさい(と職員さんに)」

そんな流れで、ソさんをはじめ3名の職員の方が連れて行ってくださったのが

メジュネチャムスップルタッカルビ

リーズナブルなお値段で、地元で人気のお店のようです。

炭火で焼くタッカルビ。

しっかりと下味が付いています。

香ばしくて美味しかったです。

横城郡のお隣にある原州市(ウォンジュシ)のマッコリもいただきました。

タッパル(鶏足)まで!

こちらは1組だけいただきましたが、めっちゃ辛い!

楽しい夕食会をありがとうございました。

紅葉メジュネチャムスップルタッカルビ(메주네참숯불닭갈비)
住所 横城郡横城邑邑下里507-10(횡성군 횡성읍 읍하리 507-10)
道路名住所 横城郡横城邑三一路61(횡성군 횡성읍 삼일로 61)
電話番号 033-345-2266
営業時間 11~22時(14:30~17:30は休憩)
不定休(月1回程度)

KONEST地図

 

モーテルに戻ってから、横城郡に本社がある

右矢印麹醇堂(コクスンダン)の百歳酒(ペクセジュ)をいただきました。

郡守様をはじめ、横城郡庁の皆様、

大変お世話になりました。

横城(フェンソン)特産のツルニンジン(더덕)が入った

トドッスンデ(더덕순대)が美味しい店もあるそうなので、

再訪問の際にチャレンジしてみたいです。

乙女のトキメキ한규호 군수님, 장유진 자치행정과장님

서용민님을 비롯해서 횡성군청 직원분들께

신세 많이 젔습니다.乙女のトキメキ

 

  

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


テーマ:

178回目の韓旅

10月の韓旅(10/18~24)レポ 

こちらの記事↓のつづきです。

10/19 10月の韓旅③横城編① バスターミナルの隣にある便利なモーテル@シェロビルモーテル

 

横城(フェンソン)観光をスタート。

万歳公園前から郡内バスに乗車し、豊水院聖堂(プンスウォンソンダン)へ向かいます。

ミニバスなのかと思いきや、現在(なぜか?)郡内バスが運行されていないので

代わりに聖堂が無料シャトルバスを運行しているそうです。

聖堂までの路地には、なぜかサンタの壁画が描かれていました。

美しく紅葉したケヤキの樹の向こう側に、

目的の聖堂が見えてきました。

1801年の辛酉迫害(貞純大妃が摂政のために、キリスト教禁止令を下した)により
1803年頃京畿道 龍仁(ヨンジン)に住む40人余りの信者が
避難場所を求めて8日間彷徨った後、ここに定着したのが聖水院聖堂の始まり。

80年間聖職者不在のまま信仰生活を送った後、
1888年にフランス人神父が派遣され本堂を創設、初代神父に任命されました。
その後、イエス聖心学校出身で初めて司祭になったチョン・ギュハ神父が、
私財を投げうち、それまで藁ぶき屋根だった聖堂を
高さ5m、建坪120坪の西洋聖堂に建て替え1907年に竣工。

韓国で4番目に建てられた聖堂で、韓国人神父が建てたものとしては初めて。
1982年、江原道地方有形文化財第69号に指定されました。
残念ながら、内部は撮影禁止。
大変シンプルでしたが、敬虔な信者の方たちが
熱心にお祈りしていらっしゃいました。
紅葉豊水院聖堂(풍수원성당 プンスウォンソンダン)
住所 横城郡書院面楡峴里1097(횡성군 서원면 유현리 1097)
道路名住所 横城郡書院面京江路楡峴1キル30(횡성군 서원면 경강로유현1길 30)
電話番号 033-342-0035 
万歳公園バス停から2-8(풍수원)バスに乗車し約30分、徒歩5分
万歳公園発バス時刻表→ 
豊水院発時刻表→ 11:50 13:20 16:00 19:25
または、万歳公園からタクシーで25分(約2万ウォン)

 

※豊水院エリアでは「カカオタクシーはありません」

コールタクシー 033-920-8356

(正午前後は、Korail横城駅と原州空港へのお出迎えで

車が出払っており、かなり待たされました)

KONEST地図

 

横城(フェンソン)で最も楽しみにしていた韓牛ちゃん。

1995年から横城郡庁と畜産農家組合員が一丸となって努力を重ねた結果、

韓国最高の韓牛ブランド「横城韓牛」を作りあげました。
偽ブランドが氾濫したことを受けて、2005年から「横城畜協韓牛」として

横城畜産農家中1,100軒、約4万頭だけが認証されているそうです。

そんな横城畜協韓牛を食べるために

タクシーで向かったのが

横城畜協韓牛プラザ本店

ハナロマートの2階にあります。こちらの階段を利用して・・・

食堂の手前に韓牛の直売場が。

ここでお好みの部位を購入し、食堂に持ち込み食べることができます。

ひとりだと、その方がお安く済みます(笑)

先にお肉代の会計を済ませ、

食後にパンチャン(おかず)代(상차림비 5千ウォン)と他の飲食料を清算します。

食堂のメニューです。

個室もある広い店内には、次から次へとお客さんが来店し

大変賑わっていました。

194g入りのカルビをチョイス。

100gずつ売っていてくれたら、2種類の部位を選べたのになぁ。

キノコセット(3千ウォン)とビールをオーダー。

炭がセットされ、いよいよ焼きます!

オニオンスライス入りのソースとこれらのパンチャン(おかず)は

セルフでお代わり自由です。

カルビの割には脂分が少なく見えます。

横城(フェンソン)韓牛特有のしっかりとした噛み応えと

ジュワーと溢れる旨味エキスが貯まりません。

オニオンスライス&キャベツ入りのソースまたは焼き塩を浸けていただきました。

旨味が濃い横城韓牛そのものの味を満喫してからは、

サンチュやえごまの葉、サンム(薄切り大根の酢漬け)に巻いて。

美味しすぎて笑っちゃうほど!

はち切れそうなほどお腹がいっぱいになりました。

紅葉横城畜協韓牛プラザ本店(횡성축협 한우프라자본점)
住所 横城郡横城邑橋項里34(횡성군 횡성읍 교항리 34)
道路名住所 横城郡横城邑横城路337(횡성군 횡성읍 횡성로 337)
電話番号 033-343-9908
営業時間 11:00~21:30
年中無休

横城市外バスターミナルから徒歩9分

KONEST地図

 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


テーマ:

179回目の韓旅

最終日は、

大邱市内にある啓明大学の二つのキャンパスで

で紅葉狩りを楽しみました。

大好きなお店で
待望のイチゴショートも食べ、
金海空港から無事に帰国しました。

  

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


テーマ:

179回目の韓旅

5日目。

大邱からバスで2時間50分、

慶尚北道の青松(チョンソン)郡 

周王山(チュワンサン)へ行ってきました。

6月末に来たばかりですが、

秋はまた景色が変わりますね。

手作り豆腐と絶品ドンドン酒をいただき、
次の訪問地を見学した後に、
日本ではあり得ない韓国あるあるが!
心温まるエピソードと共に、詳細は後日。
とはいえ、無事に大邱に戻り、
民族酒場で楽しい一人酒。
かなり冷えてきましたが、
オモニのキムチチゲで心も身体もポッカポカ。
明けて最終日。
大邱の紅葉を求めて、
街歩きに出掛けまーす。

  

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


テーマ:

179回目の韓旅

4日目。

大邱から、韓牛と柿の産地である

慶尚北道の尚州(サンジュ)へ。

新羅時代のお寺を参拝後、
干し柿作りのために吊るされた
オレンジのカーテンを見学。
大邱に戻って、紅葉の寿城池で
スイーツタイム。
友人たちと美味しいオリグイ(アヒルの串焼き)を
楽しみました。
もちろんこれも(笑)

本日は紅葉を楽しみに、慶北の青松(チョンソン)へ行ってきます。
 

 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


テーマ:

179回目の韓旅

3日目。

黒山島(フクサンド)に缶詰状態になったものの、

地元の方のご厚意で、前日観光タクシーで

ご一緒だった4名とともに

黒山島を案内してくださることに。

石垣道や湧水、ウサギの森など、
地元の方しか知らないような黒山島の魅力を
満喫させていただきました。
昼食には、遂に黒山島特産のホンオ(発酵したガンギエイ)を食べることに!

感想は後日。

午後は海を見ながら、ビールタイム&コーヒーブレイク。
行きよりも揺れが激しかったものの、
無事に木浦(モッポ)に戻ってきました。
これから大邱へ移動します。

 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


テーマ:

179回目の韓旅

2日目。

無事に黒山島(フクサンド)に到着。

民泊で紹介してもらった観光タクシーで

紅島から到着なさった他の観光客と
一緒に島内観光を
途中から、予報通り風が強まり
どしゃ降りの雨に。
天然ホタテスープのランチ後、

 どうしても見学したかった聖堂まで

歩いて行ったら、全身ずぶ濡れに😢

一休みしてから夕食に訪ねた食堂で、
観光タクシーでご一緒だったメンバーに再会。
鰻のお鍋をお裾分けし、うなぎの刺身と
蒸しホタテをご馳走になりました。
3日目の今日は、紅島(ホンド)行きの船が欠航となったので、引き続き黒山島で過ごします。

 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ


テーマ:

エアプサンで行く

成田発着

(現地集合プランもあります)

「冬の中の春を訪ねて 大邱3日間」

(2018年12月7~9日)

催行決定!

まだ募集しています→ 



突然ですが、

179回目の韓旅にきています

昨日の夕刻、金海空港着。

タイ料理店で軽くつまんで、

バスを乗り継ぎ、全羅南道の木浦に到着。

こんな広いモーテルに泊まったのは、

初めてかも!

一夜明けて2日目。
大雨ですが、
9月にフェリーが欠航となり行けなかった
新安郡 黒山島(フクサンド)へ行ってきます。

予約していたフェリーは欠航になりましたが、
20分前のフェリーは予定通り航行。
早めにターミナルに到着しておいてよかったです。


 

長音記号2大邱の情報は↓こちら↓をクリック

 大邱についての情報はこちら↑をクリックしてね!

ブログランキングに参加中。

お時間のある時に、2つのバナーをポチッとしていただけると嬉しいですラブラブ 

      ↓                 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス