あの世ほけん

テーマ:

「人間って必ず死ぬでしょ、でもほとんどの連中は幸せにあの世に行くわけじゃない、そこでだ!現世の不幸を来世で穴埋めしましょうって保険、「あの世保険」っていうのを考えたんだョ。来世の幸せを保障しますよ~って売り歩くんだ。」ねずみ男 =ゲゲゲの鬼太郎 2007年公開=

 

来世を信じる人々は僕を含めて確かに存在しますが、ヒロイン三浦実花のように見られるもの触れるものしか信じない人も多いことでしょう。それでも将来の不安を考えて人々は生命保険、火災保険、自動車保険、健康保険と様々な保険をかけてます。シアーズで販売している工具のブランドCRAFTSMANの一部は「永久保障」が付いていて過去に柄が割れた金づち、穴が空いて水が噴き出したホース、鉄部が折れた農工具などお店に持っていって「無料交換」してくれたことがあります。去年の夏にフロリダに引っ越したカピラ、自動車を自分名義にして自分だけの保険をかけようとしたのですが、ノースカロライナで家族と一緒にしていた時より三倍以上の金額になることがわかり断念。毎年「家」にかけていた災害保険の請求書、30日以上テーブルの上に置いて考えぬいた末、払うのを止めました。この世で起こるかもしれない災難を最小限にしたいというのは誰でも持ち合わせているものですし不幸より幸福を望むのは自然なことです。どんな夜でも必ず朝がやってくるように、永遠に不幸ばかり続くことはなく、また永遠に幸せばかり続くこともありません。

 

様々な保険をかけてこの世の難を振り切ろうという想いがある人、どうぞあの世にも想いを馳せてみませんか。ねずみ男の発想は悪くないと思いますが、もう少し掘り下げられたらいいでしょう。「どんな人が幸せにあの世にいくのだろう」「どうしたら幸せにあの世にいけるのだろう」「そもそもあの世ってあるんだろうか」ハイあります。「あの世ほけん」もお金で買えるものではありませんがあります。

 

古来インドのヨギー達は様々な瞑想をして来世への準備をしています。彼らにとって財産、地位など関心がないのです。世間一般に沸き起こる事象とは縁がありません。僕はそういう人々の一人になりたい。いつなれるかわかりません、今世では無理かもしれません。何度も生まれ変わって三歩しか進めないかもしれません。

 

ナーラダ仙 「いったいどうやってこの俗社会を渡っていけば良いのでしょう」

梵天    「よう聞いた、全てのヴェーダが秘蔵してきたそれを通していれば渡り切れるであろう」

ナーラダ仙 「それとは何でしょう」

梵天    「至高なる人格主神ナーラーヤナの称名を通すこと」

ナーラダ仙 「その称名とは」

梵天    「ハレ ラーマ ハレ ラーマ ラーマ ラーマ ハレ ハレ

          ハレ クリシュナ ハレ クリシュナ クリシュナ クリシュナ ハレ ハレ」

 

「カリサンタラナ・ウパニシャッド」より簡約抜粋

 

 

神の手

テーマ:
ある人が妊娠したかどうかお医者さんに診てもらいに行って初めの言葉が


「中絶しますか?」


「○ヶ月以内なら〇○○円、△ヶ月以内なら△△△円、×ヶ月いないなら×××円ですョ」

「産みます」

胎内で道を断てば何も問われることはなく、一度外気に触れて「誕生」した後に道を断つと「法」で裁かれる。

堕胎する同じ手で、誕生を促す医者の手には、どんな将来が待ってるか、私にはわかりません。


天の声を聞かずに自分の都合で子の道を断ち

天の声を聞かずに医者の都合で産み落とされ

天の声を聞かずに感覚の都合で歩む人のなみ

アンロック

テーマ:
去年の一月横浜のソフマップ、お正月安売りで買った限定10台(だったと思う)中古のiphone4。アメリカに持って帰ってさて使おうかとおもいきや、「動かない」。当時はsimカードとかテザリングだとか何のことかさっぱりわからず、手元にあるipod替わりに使えればと軽く考えていたのですが、要は携帯電話の契約をしないと使えない。「文鎮化」という言葉も初めて知り17800円だったか14800円だったかすでに記憶もないけどそのお金をドブに捨てたきぶんでしたが、ホントに捨てるわけにもいかず、ネットで調べたり知り合いに聞いたりunlockできるsimカードをアメリカで一度、日本で一度購入したものの、無駄な努力に終わりました。去年の11月に日本に里帰りした時、横浜のヨドバシのカウンターでは鼻の高そうなお兄さんが冷たく「アンロックしてません」。買ったお店のソフマップに行ったら「3000円で買い取りはできます。橋の近くのドスパラに聞いてみたら?」ドスパラでは相手にされず「隣のソフトバングに聞いたら?」。そこでは「以前はやってたんですけど今は、すみません。ダイヤモンド地下街のお店なら出来るかもしれません。」こういうのを日本語では「たらいまわし」というわけですが、お役所の方がまだましかもしれません。ダイヤモンド地下街のソフトバンクでは、かなり対応のやわらかいマネージャーさんが応対してくれて結局5月の解禁になるまでどうしようもないという結論に達し、わざわざ手土産まで頂きました。さてその5月になったのはいいけどここから横浜までわざわざ足を運ぶわけにはいかず、閃いたのはグーグル検索。いまや分からないことはまずこの「グーグル先生」に尋ねればだいたい事は済むので「unlock iphone4」でやってみたら案の定何件か「これなら」というサイトを発見。

http://iphone-unlocker.org/

ここのサイトは今日11日にアップデートされていて、とりあえずやってみようとダウンロード。最近はダウンロードする前にいろいろアンケートがあったりダウンロードする時に不必要なソフトもいっしょに来てあとで大変な目に会うこともあるわけで、恐る恐る慎重にやってみて2時間後、

「iphoneが使えるようになった」

購入してから14ヶ月後に「スライドでロック解除」の画面が出てきてようやく帯状疱疹の痛みから解放された気分になったのでした。この気分よりもっと高い所にあるのが「生まれること」「死ぬこと」からの「解放」です。世の中にはiphoneよりギャラクシーがいい、Xperiaの方がもっといいと思ってる人もいます。日本人の体、アメリカ人の体、インド人の体、それぞれいい所もあるし悪い所もあるわけですが、どんなスマホを所有してもキャリアと繋がらなければ文鎮と同じようにせっかく高性能な「人の体」を所有してもその本質、本源を掴まないと、動物と変わりません。 

同じような境遇で自分のipodを「アンロック」したい方は自己責任でご利用ください。私は関知できませんが、もし「自分の体」を「アンロック」したい方からのご相談はよろこんで承ります。

ラーマヤン

テーマ:
「良縁には良果、悪縁には悪果が伴う」34p

『ラーマーヤン』ツルシ・ダース著 池田 運訳 は講談社出版サービスセンターから発行されてます。アマゾンでは5000円あれば買えるでしょう。「ツルシ」は正確には「トゥラシー」文中の言葉もところどころ不可解に聞こえますが、そんなのたいしたことない!日本の出版界にラーマの物語が開示されたことは後々歴史に残ると思います。ただ非人格的な論理が随所にちりばめられてますので、ある程度の予備知識がないと、人生の究極目標を見誤ります。僕は「神との融合」により個性を失うより「神に仕える」ことで歓喜を味わいたいと望んでますので。

50歳を前にして

テーマ:
「人間の命と、人格とを尊重して、
  すべての人がたすけあって生きられる世界、私はそれを望むのだ。
   この望みは子供らしいかも知れない、その点私は子供だ。
    母の乳をもとめる赤坊のように
     私は世界の平和と、人々の生活の安定を望むのだ。」


 ─ 武者小路 実篤 ─  (『第五十回の誕生日の朝の感想』)



だれもが、平和と、生活の安定を望んでることでしょう。そしてそのためにたくさんの努力を重ねてます。生活の安定? 困った事に僕らは資本経済社会の中に住んでいて、みんなで好きなものを生産して売って買ってお互いハッピーエンドというわけには行きません。もしそう信じてる人がいるなら、どうかその「思い込み」を捨ててほしい。きっと大昔「サッチャ・ユガ」と呼ばれる金の時代なら、人々の志も高く、誰もが徳の質をもって、お互いに全く疑いのない信頼関係が築ける社会なら、生活の安定は、向こうからやってくることでしょう。ところが現代社会は、すでに「カリ・ユガ」と呼ばれる偽善と闘争の社会として、神様が「セッティング」してます。1時間、7ドルのお金を得るために、理不尽なマネージャーの下で黙々働く、パートタイムを2年以上過ごしてようやく正規社員になったと思ったら、その仕事は「犬の糞そうじ」。そうかと思えば、ある人は親の七光りで、プライベート飛行機で一瞬にして○百万円を出費、でも痛くも痒くもない。今月のローンをどうやって捻出しようかと頭を抱えている人の隣りでは、学生ローンを200万円以上借りつつまだピンとこない人が、結構高めのオルガニックの冷凍食品を電子レンジで温めてる。110ドルもするナイキシューズを子供からねだれられている親は20ドルのウォールマートで売ってる最低の靴を履いてる。 犬はとてもかわいがるけど、牛を見れば「ステーキ」としか思えない人が、やさしさを人に説き、猫のスマイルには微笑みを返せる人が子豚のスマイルに「刃」を向ける。8千万円を持ってる人の一万円の寄付と100万円持ってる人の一万円のお布施の違いがわからないお坊さん、タバコを吸いながら生徒には「タバコはいかん」と疑念なく説く先生。

神様なしで、世界平和と生活の安定を望むことは、残念ながら無理です。一部の人は、その人の前世の良いカルマでこの一生を不安なく過ごせるかもしれません。でも来世の良い道は全く保障なし。ヴェーダではさまざまな経典でこの時代に生きる知恵を伝えてます。信じない人は死後「信じるを得ない状況に置かれます」信じる人は救われます。

先日、インドのナレンドラ首相が、天皇に「バガヴァッド・ギーター」を進呈してましたが、読む読まないは、本人次第。ギーターの叡智を学んで日本国民に広めてほしいなあと思います。

僕の望み? ギーターを1人でも多くの人が真剣に読んで 自分が何者かを理解し、人生の完成を歩む人が増えること。そして、現代社会から受けてきた教育のしがらみから抜け出して「もう二度とこの世に生れ落ちないよう」と意思の固められるお手伝いが出来るようになりたいなあと。

あと1ヶ月と20日で僕も50歳になります。3週間咳が止まらず体は苦しみ、仕事収入なしで生活は完全に不安定、日本で托鉢はじめた方がいいかもしれない。